補強:PGとビッグマン

オブザーバーにはドラフト前のマトメのような記事がいくつか。
・・・一度に掲載するのは読み切れないからやめてほしい。

今日は時間がなかったので、とりあえず一番短い(^_^;)のからいきます。
Charlotte Hornets seek backup point guard, frontcourt depth

シューティングはホーネッツの最も明らかなニーズかもしれないが、バックアップのポイントガードも必要だし、リッチ・チョーGMはフロントコートの補強も望んでいる。

・ホーネッツが1巡目指名権(9位と24位)の1つをポイントガードに使うなら、注目に値する3人はUCLAのザック・ラビーン、ルイジアナ大ラファイエットのエルフリッド・ペイトンとコネチカットのシャバス・ネイピアだ。ラビーンとペイトンは、6フィート1インチのケンバ・ウォーカーに大型の控えを提供する。ネイピアは身長もプレースタイルもウォーカーによく似ている。

・1巡目指名権をビッグマンに使うとしたら: アリゾナのアーロン・ゴードン、ミシガン・ステートのエイドリアン・ペインとヨーロッパのセンター、ユスフ・ナーキッチ(Jusuf Nurkic)に留意。ゴードンはたぶん9位より前に指名されそうだ。ペインは、ジョシュ・マクロバーツがFAで去るとしたら、コーディ・ゼラーより勝る保険ともなり得る。

・ホーネッツが自由契約でポイントガードに対処するなら、候補となる3人は:カーク・ハインリック、スティーブ・ブレイクと元ボブキャッツのラマン・セッションズ。

・ホーネッツがもう一人ビッグマンを必要とするなら、元ボブキャッツのジェフ・エイドリアンは完全フリーエージェントで、ほとんど毎日ホーネッツの練習施設でトレーニングしている。

・このドラフト以降、ホーネッツは将来の1巡目指名権を他チームに譲渡することも他チームから譲渡されることにもなっていない。

・中心選手の多くがフリーエージェントになるかもしれない2015年の夏に、今ほどサラリーキャップに余裕があると見込むのは難しい。 ウォーカーは制限付FAになり、ジェフ・テイラーやゲイリー・ニールはフリーエージェントになる。そして、アル・ジェファーソンとジェラルド・ヘンダーソンには、2015-16シーズンの契約を破棄して完全FAになる選択権がある。

***********************

今から頭が痛いなぁ、来オフ。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード