Draft Workout - Day 4

キャブス、球団OBのM.プライス氏と面接

ISM 6月11日(水)15時42分配信

 マイク・ブラウン前HCの後任探しをするクリーブランド・キャバリアーズが現地10日、シャーロット・ホーネッツ(旧ボブキャッツ)アシスタントコーチのマーク・プライス氏(50)と面接を行った。
 プライス氏は現役時代、キャブスに在籍した9シーズンでオールスターに4回出場。コーチ経験は、2005年の豪州メルボルン・サウス・ドラゴンズとサマーリーグでオーランド・マジックを率いたのみと乏しいが、ホーネッツのスティーブ・クリフォードHCは、プライス氏は監督になる準備ができていると太鼓判を押している。
 クリフォードHCは「彼を失いたくないのは言うまでもない。ここですばらしい仕事をしてくれた。彼にはチームを率いる準備ができており、キャブスが彼との面接許可を求めてきたことが、その証しである。うまくいくといいね。我々としては残念だが、彼のことを考えると良かったと思っている」と語った。
 キャブスが面接をしたのは、知られているなかではプライス氏が6人目。他にはロサンゼルス・クリッパーズACのアルビン・ジェントリー氏、同じくクリッパーズACのタイロン・ルー氏、シカゴ・ブルズACのエイドリアン・グリフィン氏、元メンフィス・グリズリーズHCのライオネル・ホリンズ氏、クリッパーズとブルズで監督経験のあるヴィニー・デルネグロ氏と面談を行った。
 監督の人選においては、実績のないコーチを採用するのが最近のリーグのトレンドとなっており、今オフは監督未経験のスティーブ・カー氏がゴールデンステイト・ウォリアーズ、デレック・フィッシャー氏がニューヨーク・ニックスの次期監督にそれぞれ就任した。


プライスAC、午前中はいつも通りMKGのシューティングに取り組んでいたそうなんですが~。
というか、キャブスのHCに決まったらおめでたいことだと思うけど、MKGプロジェクトは完了させてってほしいデス。(^_^;)

・クリフォードHCのコメントの続き:「彼だけではない。スティーブン(サイラス)もパトリックもヘッドコーチになる準備はできている。(オーナー、球団社長、GMを含め)我々は、このスタッフをまとめるために多くの時間と資金を費やした。うちには素晴らしいスタッフがいるから、私はずいぶん助けられている」

・さらに、クリフォードHCは、アル・ジェファーソンの存在がホーネッツをFA選手にとって魅力的な移籍先にしていると。
「フリーエージェントにおいて一番重要なことは金になる・・・それはこの世のことわりだ。そして2番目が、勝つことができて暮らすのに良い場所だ。FA争奪戦に加わるだけの資金があるなら、我々は素晴らしいバスケットボール地帯という、プレーするのに好ましい立地条件にある。そして、(ジェファーソンは)我々のチームをさらに魅力的なオプションにしてくれる」

10日のワークアウトは、予定された6人のうち3人が移動の問題でシャーロットへ来られず、急きょノースカロライナ大出身のレスリー・マクドナルドを加えた4人。全員2巡目指名候補。
C.J. Wilcox (Washington)、Roy Devyn Marble (Iowa)、Casey Prather (Florida)、Leslie McDonald (UNC)

140610_draftworkouts_19.jpg
(Shane Skeary / hornets.com)

11日のワークアウトにはようやく9位指名候補のNik Stauskas (Michigan)が参加予定だそうです。
他は、 Semaj Christon (Xavier)、Drew Crawford (Northwestern)、DeAndre Kane (Iowa State)、Sebastian Koch (Elon)、Talib Zanna (Pittsburgh)  Charlotte Observer

そう言えば、私が初めてしっかり見たオールスター・ウィークエンドで、3Pコンテストを制したのがマーク・プライスだったことを思い出しました。あれって、93年だったのか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マーク・プライスの現役の頃プレイは見たことないんですよね・・・
数字からもすごい選手なのは分かるのですが、チームに与えた影響とかはどうだったのだろうかとプライスACが記事に出てくるとき考えてしまいます。

ケンバはFGは低いのですが、ダンクシュートによると第4Qのラスト3分、プラスマイナス5点差の得点数は、デュラント→レブロンに続いてリーグで3位にきていました。チーム内の影響力は計り知れないと思います。

No title

私も全盛期はリアルタイムで見ていなくて。
私が本気でNBAを見るようになった頃にはもうキャブスを出て、怪我のせいか影が薄く、ワシントンではチームメイトだった弟のブレント・プライスの方が目立ってました。
でも、ブルズとのプレイオフのビデオを見ると、やっぱり全盛期はすごいPGだったと思います。

にしても、うわ~、ケンバってそんななんですか!?
すごいですねe-343

・・・ダンクシュート、買いたくなってきた。(笑)


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード