☆祝☆オールNBAサードチーム

オールNBAファーストチームにデュラント、ジェームズら

AFP=時事 6月5日(木)16時4分配信

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)は4日、13-14シーズンのオールNBAファーストチーム(13-14 All NBA First Team)を発表し、得点王に輝いたオクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)のケビン・デュラント(Kevin Durant)、NBAファイナル3連覇を狙うマイアミ・ヒート(Miami Heat)のレブロン・ジェームズ(LeBron James)らが選出された。

 北米のメディア関係者からなる選考委員の投票で決定するこの名誉あるチームには、レギュラーシーズンの最優秀選手(MVP)を獲得したデュラントが満場一致で選出され、ジェームズを1票差で上回った。
 その他ファーストチームには、ロサンゼルス・クリッパーズ(Los Angeles Clippers)のクリス・ポール(Chris Paul)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のジェームス・ハーデン(James Harden)、シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)のヨアキム・ノア(Joakim Noah)が名を連ねた。
 これが初選出となったノアとハーデンに対し、ポールは4度目、デュラントは5度目、ジェームズは8度目のファーストチーム入りを果たしている。

 デュラントは今季、1試合平均32.0得点を挙げてキャリアハイを更新すると、7.4リバウンド、キャリアハイの5.5アシストを記録し、サンダーに大きく貢献した。
 歴代3位タイとなる通算4度目の得点王に輝いたデュラントは、ウィルト・チェンバレン(Wilt Chamberlain)氏の7回、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)氏の10回を追っている。

 今季、キャリアハイとなるフィールドゴール(FG)成功率56.7パーセントをマークしたジェームズは、7年連続でシュートの正確さが向上している。
 ジェームズは、5日から始まるNBAファイナルで2連覇中のヒートをけん引し、サンアントニオ・スパーズ(San Antonio Spurs)と対戦する。

 ノアの記録した1試合平均11.3リバウンドは、リーグ6位の成績で、これに加えて1試合平均1.51ブロック、1.24スティールをマークしている。
 ポールは今季1試合平均10.7アシストを決め、アシスト王を獲得すると、2.48スティール、19.1得点、4.3リバウンドを記録して、チーム史上最多のシーズン57勝に大きく貢献した。
 リーグ5位となる1試合平均25.4得点をマークしたハーデンは、さらに6.1アシスト、4.7リバウンドを記録している。ハーデンは、出場時間でもリーグ5位となる平均38.0分をマークした。

 オールNBAセカンドチーム(13-14 All NBA Second Team)には、フランス出身でスパーズに所属するトニー・パーカー(Tony Parker)、ゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)のスティーブン・カリー(Stephen Curry)、クリッパーズのブレイク・グリフィン(Blake Griffin)、ミネソタ・ティンバーウルブス(Minnesota Timberwolves)のケビン・ラブ(Kevin Love)、ロケッツのドワイト・ハワード(Dwight Howard)が並んだ。

 オールNBAサードチーム(13-14 All NBA Third Team)には、ポートランド・トレイルブレイザーズ(Portland Trail Blazers)のダミアン・リラード(Damian Lillard)とラマーカス・アルドリッジ(LaMarcus Aldridge)、フェニックス・サンズ(Phoenix Suns)のゴラン・ドラジック(Goran Dragic)、インディアナ・ペイサーズ(Indiana Pacers)のポール・ジョージ(Paul George)、シャーロット・ボブキャッツ(Charlotte Bobcats)のアル・ジェファーソン(Al Jefferson)が入っている。【翻訳編集】 AFPBB News


Hornets.com
1stチーム4票、2ndチーム43票、3rdチーム34票の合計191ポイント。ちなみに2ndチームのハワードは226ポイント。

おめでとう!


Charlotte Observer (だいたい・・・)
ジェファーソンは受賞記者会見をシャーロット・ホーネッツでの自分の今後を論じる機会に利用した。
「みんなが同じ考えを持ち続け、ディフェンシブ・エンドで正しくプレーすれば、我々は素晴らしいチームになれる。昨シーズンは勝つべきゲームをたくさん落とした」「我々はもっと強くなれる。満足してなどいられない」

ジェファーソンがオールNBAに選ばれるまで10シーズンかかった。そして、まだオールスターには選ばれていないが、平均21.8得点、10.8リバウンド、FG 51パーセントという2013-14シーズンの活躍に基づけば、それも来年の冬には変わるだろう。

ジェファーソンは成功の歴史がなかったチームと契約することで信頼に基づく賭けを受け入れた。
「ここと契約したとき、我々はコーチのシステムに合うと感じた。自分はディフェンシブ・エンドで上達することに努力した。我々は大きな進歩を遂げたと思う」
「自分にとって、やり終えたことには満足しないことが重要なんだ。(シーズン終了後の経営陣との)ミーティングでは、後退したくないと伝えた」
そのために、ジェファーソンはケンバ・ウォーカーが1年前にしたことを今オフシーズンに始めているという:7月になったらFAなる選手を勧誘すること。
昨年、ボブキャッツがジェファーソンと会えるようになるずっと前からウォーカーは彼にシャーロットとの契約を働きかけていた。 2人はエージェントが同じで(ジェフ・シュワルツ)、ウォーカーは昨年の春に根回しをしていた。
今年は自分が同じような役割を受け入れるか尋ねられたジェファーソンは、すでにそれを受け入れたような口ぶりだった。

ジェファーソンは次のシーズン後にオプトアウトしてフリーエージェントになることができる。しかし、彼は疑いなく、チームメイトや地元やホーネッツ・フランチャイズを楽しむサインを出していた。ホーネッツはロスターをグレードアップするためのトレードを容易にしたりFA選手と契約するために、少なくとも1300万ドルのサラリーキャップ・スペースを持っている。

ジェファーソンは、経営陣とのミーティングでホーネッツが改善に尽力することを改めて確信したと言い、さらに、4人か5人のチームメイトがすでにタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナで定期的にトレーニングしているのを確かめて満足しているとも言った。ジェファーソン本人は足底筋膜を休ませるために、シーズン終了後に3週間の休みが必要だったが、今は痛みもなくなり、今週はトレッドミルでランニングを始め、来週には少しずつバスケットボールのワークアウトも始められるという。

ジェファーソンいわく、これらの自発的なトレーニングへの参加はクリフォードHCが実施したワーク・カルチャーを表している。「(クリフォードは)ちょっと、愛のむちを信じていた自分の祖母を思い出させるよ。あれこれ言うが、最後には褒めてくれて・・・」「個人の選手だけでなく、チームもモチベートするすべを持っている」

そして、オールNBAという結果に至った。
「自分は、ここに座って、そんなものは重要じゃないと言うこともできる。でも、重要なんだ」と、ジェファーソンは言った。「自分のキャリアのこの時点でそういう認知を得ることは大いに意味がある」


5日(木)の朝7時30分にホーネッツのマスコットのヒューゴがタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナの屋根に登場して公式復帰とのこと。その後、市内の数か所にも出没するらしい。 Charlotte Observer

水曜日のワークアウトについては明日まとめてやるつもりデス。

もう朝の7時30分過ぎたジャン、と思ったら、もうAJ XI履いて屋根の上に登場してた。
10387782_804748426210305_1888783726_n.jpg
https://www.facebook.com/hornets/app_267091300008193

コメントの投稿

非公開コメント

昔語学力なんて無いからヒュゴ君を見てハエだと思ってましたwww バイクのホーネットが蜂をモデルにしたと聞いて…
アルジェは向上心も有るし成績も優秀だし本当にいい選手ですなぁ

No title

ジェファーソンおめでとう!
オールスターに選ばれるだけの実力がありながら、諸事情で選ばれなかった選手なので本当に喜ばしいです。

ホーネッツが来シーズン、プレイオフ1回戦を突破するビジョンを描くとするなら、何度か記事になっているアーロン・アフラロの獲得が一番それに近づけると考えています。
ジェファーソンをもっと活かすなら実績のあるシューターが必要で、ディフェンスもタフと評されるアフラロはまさにぴったり当てはまることでしょう。加齢で急速に衰えるようなプレイスタイルでもないので、来年に30歳となりますが十分獲得に値する選手だと思います。

近直はケンバ-ジェファーソン-アフラロを主軸とし、将来はケンバ-MKG-ゼラーを主軸とする。そんなことを妄想しております。

No title

◎蜂の子さん
マスコットがハエって。(笑)
でも、スズメバチというよりはハエって感じですね、実際。(^_^;)

ジェファーソン、ここまでいい選手だとは思っていませんでした。ミネソタ時代まではブラックホールだったと本人も認めているので、いい時期に契約できたボブキャッツはラッキーだったと思います。

◎ぞのさん
オールスターに選ばれなかったのは怪我で出遅れたせいもあったかもしれませんね~。
でも、来年こそ選ばれるはずだと思ってます!

どこかでチラッと見たんですけど、今年のドラフトは豊作と言われているわりに、9位指名ではさほどの選手がとれそうもない感じで、ホーネッツはトレードを模索しているとか何とか・・・。
そうなると、アフラロが現実味を帯びてきそうですね。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード