祝オール・ルーキー2ndチーム

ルーキーベスト5、シクサーズのM.カーター・ウィリアムスが満票で選出

ISM 5月23日(金)16時54分配信

 NBAは現地22日、2013-14シーズンのオールルーキーチーム(新人ベスト5)を発表。フィラデルフィア・セブンティシクサーズのマイケル・カーター・ウィリアムスが、125票250ポイントの満票でファーストチームに選出された。
 オールルーキーチームは、アメリカおよびカナダのスポーツライターと報道関係者125名の投票により決定。ポジションに関係なく、ファーストチームに選出したい5人に2ポイント、セカンドチームに選出したい5人に対して1ポイントを与え、得点の多い順に決定する。
 2013年のドラフト1巡目11位でシクサーズに指名されたカーター・ウィリアムスは今季、1試合平均16.7得点、6.3アシスト、6.2リバウンド、1.86スティールをマーク。オスカー・ロバートソン、マジック・ジョンソンに次いで、平均16得点、6リバウンド、6アシストを達成したNBA史上3人目の新人となり、10-11月、1月、3月、4月にイースタン・カンファレンスのルーキー・オブ・ザ・マンスに選ばれた。
 なお、オーランド・マジックのビクター・オラディポは、124票248ポイントと僅差でファーストチームに選出。ファーストチームにはそのほか、ユタ・ジャズのトレイ・バーク、ブルックリン・ネッツのメイスン・プラムリー、ニューヨーク・ニックスのティム・ハーダウェイJr.が入った。
 セカンドチームには、ボストン・セルティックスのケリー・オリニクを筆頭に、ミルウォーキー・バックスのギアニス・アネトクンボ、ミネソタ・ティンバーウルブズのゴルグイ・ディエン、シャーロット・ホーネッツ(前ボブキャッツ)のコディー・ゼラー、オクラホマシティ・サンダーのスティーブン・アダムスが名を連ねた。


ゼラーは1stチームを3票、2ndチームを61票獲得。 Hornets.com
ボブキャッツでは唯一人(ルーキーでは2人のうちの1人)全82試合に出場し、平均17.3分、6.0得点、4.3リバウンド、1.1アシスト。ルーキーの中で、FG成功率が6位(42.6%)、リバウンドが6位タイ、FT成功率は7位(73%)、得点が13位タイ、アシストが16位タイ。最後の27試合では平均8.0得点(FG成功率51.8%)、4.9リバウンド、二桁得点11試合と成長。

おめでとう☆彡
シーズン終盤、「一通り対戦して相手のことも分かってきた」と言っていたから、来シーズンはもっと楽しみです。^^


コメントの投稿

非公開コメント

コディー・ゼラーやりましたね。
去年のドラフトでペリカンズの6位指名が決まった時、注目してた1人でした。
ノエル指名でデイビスとのコンビが楽しみだったのにトレードされてガッカリした思い出があります。
ゼラーは長身で走力もあり器用なイメージがありますがプレーを見て無いので早く見てみたいです。
ホーネッツはどのポジションの補強が必要なのでしょうか?
SG、SFあたりでしょうか。
毎年ドラフト直前が1番楽しみな時期です。
しばらくは妄想して来季を待ちます☻

No title

私はカレッジの知識がほぼ皆無なので、ドラフト前にあれこれ想像して楽しむことができないんですよね・・・
とりあえず、ボブキャッツ(ホーネッツ)の指名が予想される選手について泥縄でビデオをチェックしたりしています。
今年もyouTubeでダリオ・サリッチは見ました。(^_^;)

ゼラーはとにかく、7フィートと思えない走力が一番の驚きでした。
本人はクイックネス優先であまり筋肉をつけたくないみたいですけど、うまいことトレーニングして両立させてほしいものです。

ホーネッツが今オフ必要なポジションは、まずリドナーがFAになるのでPGの控えと、あとマクロバーツと契約できなかったらPFも絶対必要ですが・・・
ここはマクロバーツと再契約できることを願っています。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード