球団社長とGMの会見から

今日は遅い時間の方のゲームなら見られるよ~ンと思ったのに、2試合ともマチネーとか知らなかったし・・・orz

140430_chohiggins_main.jpg Bobcats.com 動画はこちら

Charlotte Bobcats have cap space, say they’re ready to spend for top talent

クリフォードHCが考える、FAが契約先を決める際の3つのファクター:
「もちろん、金。・・・誰とプレーするか。・・・そして、勝つことができるか」
ボブキャッツのグレードはその3点ともなかなか良い、とクリフォードは指摘する。彼らは今夏、最高1900万ドルのキャップ・スペースを持ち得る。ロッカールームの雰囲気は好ましく、2012-13シーズンの21勝から2013-14シーズンの43勝への改善は上昇を示している。

アル・ジェファーソンが年俸1350万ドルの3年契約を受け入れたとき、ボブキャッツは初めてメジャーなFAの獲得に成功した。ジェファーソンはこのチームのオフェンスを劇的に改善した。現在、コーチとフロントは、ジェファーソンやケンバ・ウォーカーとプレーする機会が他の優秀な選手をシャーロットへ引きつけることを期待している。
「私はそう願っている」と、クリフォードHCはシーズンを終える記者会見で言った。「選手たちは、住みよくて勝つチャンスがある場所へ来たいものだ。そして、彼らはうちがグッドガイ揃いなことも知っている」

それは、今シーズンのボブキャッツが期待以上の成功を収める一因となったニュアンスの1つだ:選手たちは本当に互いの成功に帰属し合っているようだった。ベテランのクリス・ダグラス=ロバーツは、現代のプロ・スポーツ界では得難いものだと言った。「ここにはロッカールームを破壊しかねないような強いエゴがない。スポーツにおいては珍しいことだ」

クリフォードHCは、それは意図的なことだと言い、ロッド・ヒギンス球団社長とリッチ・チョーGMがロスターを作る際にどれほど慎重に個性を組み合わせているかと称賛した。

「チームには共通の特質の選手たちを必要とする」と、チョーGMは言った。「Good people, good teammates, competitiveness.」

現在、彼らはチームの雰囲気とジェファーソンやウォーカーの能力とキャップ・スペースをロスターの改善のためにパックにしたいと考えている。それは、FA契約のことだけでなく、キャップ・スペースはローテーション選手を補強するためのトレードを容易にすることもできる。

ヒギンズ社長とチョーGMは、7月にFA戦線が始まるとき、自分たちにはタイラス・トーマスをアムネスティーし、ジェファーソンと契約した昨夏と同じく、資金を投入する権限があることを強調した。
「もちろん。だから我々は、アル・ジェファーソンを獲得するためにこの柔軟性を作った」と、ヒギンスは言った。「我々のオーナー(マイケル・ジョーダン)は、チームが良くなることを望んでいる。我々は本格的に仕事を開始する」

ボブキャッツは現在、フリーエージェントについて議論することが禁じられている。しかし、ヒギンスは必要なエリアについて語った。具体的には、ペリメーターのシューティングとポイントガードのバックアップ。助けになるかもしれないメンバーは、スモールフォワードのルオル・デン、トレバー・アリーザ、シューティングガードのランス・スティーブンソン、前ボブキャッツのラマン・セッションズらが考えられる。
トレードでは、例えばオーランドのシューティングガード、アーロン・アフラロの検討も意味をなすだろう。

ボブキャッツが本気で上を狙うのなら、この夏はレブロン・ジェームズやカーメロ・アンソニー、クリス・ボッシュも契約からオプトアウトする権利を持っている。
しかし、ヒギンスはスーパースターを追いかけるチャレンジには現実的だった。ジェファーソンの場合は、ユタ・ジャズが再建モードだったために獲得できたという事情がある。
「もちろん、スーパースターはほしい」と、ヒギンスは言った。 「しかし、彼らと契約するのは難しい」

ボーネルさんによるアルファベット順12名のリスト

Carmelo Anthony (would have to opt-out):He’s one of the hardest players to guard in the NBA. But he puts up a lot of ill-advised(無分別な) shots.

Chris Bosh (would have to opt-out):He’s increasingly become a range shooter more than a center. So he and Al Jefferson would complement each other.

Darren Collison:The Bobcats need a backup point guard. But if he’s resigned to be a backup, wouldn’t he rather be with Chris Paul?

Luol Deng:A strong defender, but he didn’t have the offensive impact the Cleveland Cavaliers hoped for.

Spencer Hawes:Would be a different kind of backup center who would stretch defenses.

Gordon Hayward (restricted):Would be the night-in/night-out scorer at small forward Michael Kidd-Gilchrist hasn’t been.

Kirk Hinrich:Would be a defense-first backup point guard/leader.

LeBron James (opt-out):If he leaves Miami, Charlotte wouldn’t seem a preferred destination.

Shaun Livingston:Ex-Bobcat showed with Nets he’s still got mileage left on those long legs.

Greg Monroe (restricted):Would probably require some kind of sign-and-trade to be in Charlotte.

Ramon Sessions:Was a good fit with Bobcats, both on court and in the locker room.

Lance Stephenson:He shot 55 percent in three games against the Bobcats this past season.

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このリストを見ると、このオフは下手に動かなくてよいのでは?と思ってしまいます。
ロッカールームのことは多少気になりますが、本気で獲得してランス・スティーブンソンかなと思います。
自分は来シーズンからの1.2年より、4.5年先まで見据えているかです。
そうなると必然的にルオル・デンなどは除外されます。

ダレル・コリソンやここに名前が出ていないDJ.オーガスティンは、できれば今のチームに残ったほうが本人にとってもよいと思っています。二人とも他のチームではなかなか結果が出なかったのですが、現所属チームでは違いました。またHCが代わる心配もそんなにはなさそうなので、多少条件が悪くてもNBAで居場所を作りたいなら現所属チームに残った方得策だと考えています。

No title

確かに劇的な効果をもたらしそうな選手はいませんよね。
デンやハインリックじゃ、本当に「つなぎ」な感じですし。

ランス・スティーブンソンは、誰かともめたんでしたっけ?(^_^;)
なんか、ヒバートが「自分勝手な選手がいる」と批判したのが実はランス・スティーブンソンのことだったみたい?というのはどこかで目にしました。
まあ、環境が変わればまた違ってくるかもしれませんしね。
とりあえず、今後ペイサーズがどうなるかにもかかってきそうですし、ちょっとペイサーズのゲームをスカウトしてみたくなりました。(実はまだペイサーズのプレイオフを1試合も見ていないことに気がつきました・・・)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード