PO 1st Round Game 4 @TWCA

98-109 (Boxscore) 0勝4敗

やはり中一日では間に合わず、ジェファーソンは欠場のようです。 Charlotte Observer
クリフォードHCいわく、レギュラーシーズンなら2~3週間は欠場するような怪我。
センターで先発するのはBizだけれども、ジェファーソンの代わりに出番が増えるのはゼラーみたい。
ジェファーソン:「今夜の結果がどうだろうと、素晴らしいシーズンだった。我々は今後もチームを確立し上達し続ける必要がある」

ボブキャッツもヒートも黒ソックスと黒シューズで抗議の意を表しているんですね。
(いや、シューズは赤もオレンジもグレーも白もいるわ)
ヒートはクリッパーズにならってシューティングシャツも裏返しと紹介されている。

みんな頑張って頑張って頑張っているんだけど、やっぱりファウル=ヒートのFTが多い・・・。

スティールから速攻、さらにスティールで締めくくり、54対52で前半終了。

3Q、レブロンの打撲から一気に畳み掛けられて残り4分55秒で66対73の7点差に開いてしまった。
というか、ホークス@ペイサーズはいったい何があって48対27なんかになっているんだろう。

ヒートの本気のディフェンスと、最後にブザービーター3Pまで決まっちゃって3Q終了71対84。


・・・ああ、終わってしまった。
でも、43勝もプレイオフも望外の喜びで、素晴らしく楽しいシーズンでした。
皆、お疲れさま!ありがとう!!


******************************************************************************************

オブザーバーの記事もあとで読むつもりなんですけど、一応まとめとして。

レブロン31得点、ヒートがボブキャッツをスイープ、一番乗りで1回戦突破

ISM 4月29日(火)14時30分配信

 NBAでは現地28日、プレーオフ1回戦(7回戦制)第4戦が行われ、イースタン・カンファレンス第2シードのマイアミ・ヒートは、109対98で第7シードのシャーロット・ボブキャッツに勝利。シリーズ対戦成績を4勝0敗とし、リーグ2連覇中の王者が一番乗りでカンファレンス準決勝に駒を進めた。
 レブロン・ジェイムスは第3Qに太ももを痛めたが、そこから19得点を挙げてチーム最多の31得点をマーク。フィールドゴール(FG)は19本中10本成功、9アシスト、7リバウンドをマークした。クリス・ボッシュは17得点、ドウェイン・ウェイドはファウルトラブルに見舞われながらも15得点を記録。ヒートはボブキャッツとの直接対決を20連勝とした。
 ヒートは、4年前のレブロン加入以降のプレーオフ1回戦での成績が16勝2敗に。昨年のミルウォーキー・バックスとのシリーズに続き、2年連続でスイープ勝ちでの1回戦突破となった。
 カンファレンス準決勝では、ブルックリン・ネッツ対トロント・ラプターズの勝者と対戦する。ネッツとラプターズのシリーズは、第4戦を終えて2勝2敗のイーブンとなっている。
 試合は第3Q中盤からヒートがペースを握った。レブロンはボブキャッツのビスマック・ビオンボの膝が右太ももに入ってしばらく倒れ込み、チームをヒヤリとさせたが、タイムアウト明けに一気に爆発。スリーポイントシュートを沈めると、ジャンプシュート、ワンハンドダンクと畳みかけた。第3Q残り4分51秒に73対66とリードを奪ったヒートは、13点リードで第4Qに突入し、最後まで7点以上の得点差を守り続けた。
 ボブキャッツは、ケンバ・ウォーカーが29得点と奮起。得点とリバウンドでチームトップのアル・ジェファーソンは、第1戦の第1Qに足を負傷。その後も痛みを抱えながらチームを引っ張ってきたが、この試合は欠場した。
 チームはボブキャッツ時代に幕を閉じ、来季からは「シャーロット・ホーネッツ」として新たに生まれ変わる。



Bobcats.comのトップページにうるっとしてしまいました。
私はMJがかかわるまでの最初の数シーズンは別にボブキャッツ・ファンではなかったんですけどね。
140428bobcatscom_thanks.jpg


試合後に健闘を称え合うシーンは大好きだな~。レブロンやウェイドと挨拶しているMJの隣はマーカスだったのね。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

初勝利は来季にお預けですねー。
しかし皆よく頑張ってくれましたし、何よりケンバの凄まじい活躍ぶりに感動しました。
もう来季が待ちきれません。

本当に、皆にありがとう! ですね。

No title

アルがいない中で引き離されずにしっかり戦ってくれたのが良かったですね。
クリフォードHCはほんとにいい仕事をしてくれました。
若い選手たちがこのプレイオフの経験を活かして
オフにしっかり練習して来シーズンステップアップして欲しいです。

No title

◎ぽぽんさん
ホントに、今日のケンバは素晴らしかったですよね!
ボブキャッツの本領は来シーズン以降ということで、今シーズンはこれで十分です。(*^_^*)
今から新生ホーネッツのシーズンが楽しみでわくわくします。

ボブキャッツのシーズンは終わってしまって、ぽぽんさんに教わった「自動更新の解約方法」を実行しようかと思ったんですが、とりあえず5月は継続することにしました。(^_^;)

◎futakotoさん
今日は3Qだけなんですよね・・・そこが実力の差というものなんでしょうけど。

クリフォードHCは本当に良いコーチだと思います。
フロントには今オフも良い補強をしてもらって、来シーズンは成長した若手ぞろいの活気あるホーネッツを応援したいですね!


No title

シャーロットには今シーズン、1戦1戦一喜一憂させてもらいました。
これも まき さんの日々の更新のおかげです。今シーズンもお疲れ様でした。そしてありがとうございます。

プレイオフでスウィープされたことで、チームの構造的な課題が見えてきたと思います。それはケンバ&ジェファーソンが封じられたときに活躍できる三番目の選手の必要性です。
今の選手たちだけでも、プレイオフに出続けることはできると思います。しかし2回戦やカンファレンスファイナルまで行こうとするなら三番目の選手を獲得する必要があると感じました。
オフでとるとなると・・・器用さが売りのエバン・ターナー。この選手がチームの底上げをしてくれそうな気がしています。

ボブキャッツの選手、コーチ、スタッフみんなお疲れ様でした!

プレーオフ初勝利とはなりませんでしたが、この経験を来季に活かしていけるといいですね。

No title

◎ぞのさん
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
来シーズンも引き続き“ホーネッツ”をよろしくお願いします。(*^_^*)

確かに、オフェンス面で確実に計算できる選手が必要ですね。それでいて、エースではなく三番手に甘んじてくれるスコアラーでなくてはいけませんけど・・・。
一時はトレードで獲得の噂もあったエバン・ターナーですが、FA争奪戦で取れそうでしょうか。もうロッタリーではないので、ドラフトで強力なスコアラーを指名するのは無理でしょうね~。(今さらちょっと惜しいと思ったりはしてませんヨ、もちろん!(^_^;))


◎Aさん
プレーオフ初勝利ならずは、何しろ相手が悪かったですよね。
それでも、ジェファーソンが万全なら1勝くらいは何とかなったはず!と今でも信じていますが。

まあ、私は好きなものは最後にとっておくタイプなので、プレーオフ初勝利も来年の楽しみにとっておきます。(笑)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード