【71】vs.ロケッツ

89-100 (Boxscore) 34勝37敗(HOME: 20-16, ROAD: 14-21)

まあ、ホークスもネッツも負けているから傷は浅いかと。(^_^;)

さすがにウエスト4位は伊達ではなく、ロケッツのディフェンスがいいからボブキャッツのオフェンスが窮屈な感じで、ブレイザーズ相手に絶好調!だったショットがわずか37パーセント・・・。
欠場中だったハワードが戻ってきちゃうし、やっぱりハーデンはすごくて(FG11-19, 3P4-7, 31pts)。
さらに、パーソンズとかPGのビバリーとか、確率は悪いくせに大事なところでサックリ3P決めるとかね、もう。
いったん13点差つけられた4Qの残り2分ちょっとで5点差に詰めてからパーソンズとビバリーの2本連続3Pは痛すぎ。

Charlotte Observer
・ジェファーソン:「(ハーデンは)アメージングな選手だ。ベストの1 on 1プレイヤーだと思う」

・コーチに言わせれば、敗因はボール・ムーブメントが悪すぎたこと。
ボブキャッツは3Pを19本撃って成功は4本のみ。ペイント内の得点は38対50だった。

・今夜のボブキャッツはブレイザーズに30点差つけたチームのようには見えなかった。ブレイザーズ戦ではインサイドに効果的にボールを入れ、ジェファーソンのポストアップかワイドオープンのジャンプショットに至った。ブレイザーズは、オフェンス力は素晴らしいがディフェンス力ではロケッツと比較にならない。

・ジェファーソンは20得点11リバウンドしたが、最初の5本中4本のショットを外した。「オールスター・センターに加えて、ベンチにスターター級のセンター(アシック)がいるチームなんかめったにない」
クリフォードHCは、ハワードとアシックは二人ともリーグでベスト7に入るセンターだと言う。そこにハーデンのダイナミックな得点力とパーソンズのシューティングが加われば、マッチするのはタフだ。

・ひざに痛みがあったゲイリー・ニールは8本のショットをすべて外した。

・トランジションから21得点されたのも痛い。
クリフォードHC:「あれがプレイオフのバスケットボールだ。速攻から得点されるのをあきらめてはいけない」


今日もボスがコートサイドにいたんだけどな~。
140324rockets-mj.jpg

ジャケットにネクタイは久しぶりだからアップも。
140324observer-mj.jpg
(David T. Foster, III - Charlotte Observer)


だけでなく、アダム・シルバー新コミッショナーも来たから、その分の記事が多くて読み切れるかしらん。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり、ジョーダン氏のスーツ姿はやばいなあ。かっこよすぎる・・・^^
すんません、ミーハー的な事書き込んで。

No title

いえいえ、ミーハーな反応、大好きです。^^

わたし的にも、試合に負けちゃったから、MJのスーツ姿がメインイベントでした。(^_^;)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード