Michael Jordan has not left the building (14)

アナウンサーはレブロンについて大げさにまくしたて、ジョーダンと同じセンテンスで彼に言及している。ジョーダンはその一言一句を耳に留め、それらの言葉に動かされる。彼はテレビに集中し、レブロンのゲームの弱点を指摘する。

「俺は彼を研究するぞ」と、彼は言う。

レブロンは、右へ動くとだいたいドライブする。左へ行くとジャンパーを撃つ。それは、彼のメカニクスとリリースに向けてどのようにボールをロードするかに関係がある。「つまり、俺が彼をガードしなければいけないなら」と、ジョーダンは言う。「左へプッシュする。そうすれば、10回のうち9回はジャンプショットを撃つだろう。右へ行かせたらゴールへ向かう。そうなったら俺には止められない。だから、右へは行かせない」

試合の残りの間ずっと、レブロンがボールを手にして動き始めるとき、ジョーダンは次のバリエーションを「ドライブ」あるいは「シュート」と叫ぶ。レブロンだけではない。彼は、オフィシャルが見落としたファウルにも気づく。そして、リプレーは彼が正しいことを証明する。誰かがシュートを撃つと、それが入るかどうか即座に見分ける。選手たちが動く前にどう動くか言い当てる。彼は、実際にコートでプレーしている選手たちの一部よりゲームの流れを理解している。実況アナウンサーがレブロンのジャンプショットをアナウンスしたとき、彼は携帯電話でメールの返信に没頭している。そして、画面に目も向けず、「左?」と言う。

ポーチは屋外のヒーターのおかげで暖かい。時間が流れ、ボブキャッツの敗戦を遠ざける。誰もあまり口をきかない。ジョージはiPadでビジュエルドをしている。空気はバスケットボールの音で満たされている:ホーン、スニーカーのきしる音、リムの金属的な響き。それらはジョーダンの青年期の音だ。

彼は、手にした葉巻を時々再点火する。ブタントーチ(ライター)の音が静寂を破る。ヒーターの炎は3枚のウインドウに反射し、ジョーダンの顔に影がゆらめいている。本人は決してそれを口にしないが、彼はあたかもその目的のために自分の怒りを利用して、脳内でゲームをしているように見える。ジョーダンはまだどうプレーすべきか知っている。もしも肉体が裏切らなければ、彼はレブロンをシャットダウンできるかもしれない。もしも時間を遠ざけることができれば。218ポンドに戻れたら。

ジョージが寝室へ行く。1時間後、その夜の最後の試合が終わる。バックナーはいとまを告げ、エレベーターで降りて行く。イベットと友人のローラは、とっくに奥へ引き揚げた。

ジョーダンは一人だ。

彼は一人でいるのが嫌いだ。静かだから。彼は静寂が嫌いなのだ。雑音がないと眠ることができない。彼にとって、睡眠はいつも努力を要する。深夜のトランプ遊びも、プレーオフ期間中のカジノ行きも、全部誤解されてきた。それは病気ではなく治療なのだった。彼にとっては、雑音をもたらし、気を散らすための一連の防御行為だった。彼は、27歳で医師に不眠を訴えるまで飲酒もしていなかった。試合後にビールを少し飲みなさい、と医師は助言した。緊張がほぐれるだろう。

家は暗い。もうすぐ午前1時だ。彼は、ロフトの視聴覚システムを制御するiPadのアプリケーションを開き、毎晩やっていることをする:寝室のテレビを西部劇チャンネルに変えるのだ。カウボーイ映画が暗闇と静寂を破リ、彼を眠らせてくれる。それは、まるで父親と一緒にいた昔の日々のようだ。ジョーダンはベッドにもぐり込む。画面には『許されざる者』が映っている。彼はその映画のあらゆる場面を知っている。そして、いつしか、サルーンの撃ち合いの前に、ジョーダンは眠りに落ちる。

ESPN: Michael Jordan has not left the building
As he turns 50, MJ is Wondering whether there are any more asses to kick
By Wright Thompson

**************

あ"~~~~たどり着いたっ!ひーひー。
でも、知らないことがいろいろ出てきて面白かった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シリーズを通して面白いエピソードが満載、面白かったです。ありがとうございました。

No title

ありがとうございます。

密着レポートはめずらしくて興味深かったのですが、なかなかスラスラ読めなかったため、
日本語もぎくしゃくした気がします・・・お粗末さまでした。(^_^;)

No title

レブロンをジョーダンと比較して偉大だと思わせたいのはリーグの策略なだけであって、比較に値すると思っているのはマイアミ市民だけではないかと。
とにかく、3Qまでどれだけ素晴らしくても、4Qに圧倒的支配が出来ない限り、ジョーダンと比較すべきでは無いかと。
コービーや最初の優勝時のウェイドの方が現実味があるかと。

ジョーダンって不眠症なんですね。
私も寝付きが悪く、テレビ付けっぱなしじゃないと眠れません。
分かるわー、その気持ち。
しかも、西部劇ってのが、不慮の事故で無くなった父上への思いが未だに拭い去ることが出来ずにいる、普通の人 が感じられて良いですね。

まきさん、、長編和訳有り難うございました。
最初から読み直してみます(^.^)

No title

ありがとうございます。

私も時間があるときに最初から読み直して、少し推敲し直したいと思っているんですが~。(^_^;)

で、実は私も寝つきの悪さが悩みで、普段はともかく精神的に不安定なときは雑音がないと眠れません。私もテレビかラジオをつけっ放しです。
なので、MJといっしょやん!と嬉しかったり。^^
まあ、最近は飼い猫のせいで夜更かしが多いせいか、わりと眠れるようになってきました、そう言えば。(以前は単に寝過ぎだったのだろうか?(爆))

レブロンについては、リーグやマスコミの思惑が働いていないとは言えない気がしますね~。
とは言え、私は客観的に判断できないので保留にします。(^_^;)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード