Michael Jordan has not left the building (8)

そうだ、この筆者の感想が知りたくて読んでいるわけじゃないし、そういう部分はサクサクいってしまえ!

◇◇◇◆◇◇◇

物議をかもした殿堂入りセレモニーのスピーチから3年半。彼を偉大さへと駆り立てた軽視を中心に構成されたスピーチは、あるバスケットボール記者が書いたように、ジョーダンのことを「異様に冷酷」と信じる人々にとって証拠物件Aとなった。彼らは必ずしも間違っていない。しかし、あのスピーチが膨れ上がったエゴと自己認識の欠如の象徴となったとき、大切なことが隠された。

もう一度見返すと、あのスピーチそのものはプライベートでのジョーダンがどういう人間なのかを垣間見せる窓である:おかしくて、辛辣で、自信たっぷりで、口が悪くて、負けず嫌い。彼は自分のことを天賦の才能に恵まれたアスリートとしてではなく負けることを拒む人間として考えている。それで、演壇に立ち ―― 始まる前に9度も涙をぬぐい、第一節で鼻をすすり、気持ちを落ち着かせたあと ―― 自分の体内には炎があり、「人々はその火に薪をくべた」と述べた。 それから彼は、自分を疑った人々の名前をことごとく並べ、その行為を大小問わず列挙した。まず兄たちから始め、高校、大学、NBAと続いた。長年の宿敵であるジェリー・クラウスのことも狙い撃った:「誰が彼を招待したのか知りません・・・私はしていません」。それはささいなことだったが、また、驚くほど正直でもあった。

批判の中に流れる言外のメッセージは、ジョーダンは引退したアスリートが求められるものは懐旧と内省の混合であることを理解しなかったということだ。現役引退から殿堂入りの資格を得るまでの5年という待ち時間は、それらの感情が芽生え、育つ時間を与えるものと考えられている。人々は、勝つためにならどんなことでもするジョーダンではなく、隠されたジョーダンを望んだ。それが殿堂入りスピーチの魅力だ。それは、彼らのように偶像視される人々も我々と変わらなかったことを明らかにする。ジョーダンはそのスピーチをしなかった。理由は単純で、明らかだ。彼は自分を過去の一部として、あるいは将来の展望を見つけた人間として見ていない。その夜の彼はノスタルジックではなかった。彼のキャリアを駆り立てた怒りは消えず、彼はそれをどう処理すべきか分からなかった。それで、スピーチの最後に、おそらく最も効果的で大切なことを言い、それはほとんど忘れられた。

彼は、自分にとってゲームは何を意味したか述べた。ジョーダンはそれを自分の「逃げ場」であり「癒しや安らぎを見つけたいときに行く場所」と呼んだ。バスケットボールは彼に完全であると感じさせた。そして、それはなくなった。

「いつか」と、彼は言った。「皆さんは私が50歳でプレーしている姿を見るかもしれません」

くすくす笑いがさざ波のように広がった。彼は頭をグイッと動かし、挑戦を受けたときのような目になり、「ああ、笑わないでください」と言った。

笑いはさらに大きくなった。

「絶対ないとは言いません」と、彼は言った。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード