筋トレ動画

この記事が言うほどレアとも思わないけど、紹介されていたので。

In the debate of who the best NBA player of all-time is, there is no debate. It's Michael Jordan. Jordan finished his NBA career averaging 30.1 points per game, (which is insane over the course of a 15 year career, especially when you consider he left in his prime to pursue baseball, then retired later and came back to play two seasons with the Wizards) 5.3 assists and 6.2 rebounds. He amassed 32,292 points and won six NBA championships. And his accolades go on and on..

史上最高の選手は誰かという議論に論争はない。それはマイケル・ジョーダンである。ジョーダンは15シーズンで平均30.1得点(全盛期に引退して野球をやり、復帰し、引退し、再び復帰してウィザーズで2シーズン現役生活を送るという波乱のキャリアを考えるととんでもない数字)、5.3アシスト、6.2リバウンドという成績を残した。総得点3万2292、6度の優勝、称賛は延々と続く・・・

しかし、バスケットボールやジョーダンを知る人々は、ジョーダンが成功した理由に同じことをあげる。
とにかく人より努力した、と。

Hoopsvibe: Michael Jordan was the best because he worked the hardest; rare workout footage (VIDEO)



ティム・グローバー:マイケルは「私が出会った中で一番の負けず嫌いで、何事においても負けたがらなかった。いつも、他の誰かが自分よりトレーニングに励んでいるように感じ、その相手を上回ろうとした。ものすごくハードな練習を積んでいたから、彼にとってゲームはとてもイージーだった」

我々のほとんどはそうではないし、プロスポーツ選手でもない。しかし、ジョーダンのオフ・コートでの労働観と準備に向ける姿勢は、どんな職業にも当てはまる。私の親友の父上はこう言ったものだ。「成功(success)が労働(work)の前に来るのは辞書だけ」

*******

あ、うまいこと言う。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード