ロスターまとめ

ずい分今さらですが、ロスターが固まったところでボーネルさんのマトメでもちょっくら。
Analysis: Charlotte Bobcats hit balanced roster goal

ボブキャッツのロスターは大きく改造され、明らかに過去2シーズンで28勝120敗だったチームより競争力がありそうに見える。
ドラフトではインディアナ大のパワーフォワード、コディ・ゼラーを指名し、フリーエージェントのセンター、アル・ジェファーソンと契約。シューティングガードのジェラルド・ヘンダーソンとパワーフォワードのジョシュ・マクロバーツとも再契約した。さらに、スティーブ・クリフォード新HCのニーズを満たすために、ベテランのジャネロ・パーゴとアンソニー・トリバーもポイントガードとパワーフォワードのサードオプションとして加えた。
トリバーの加入により、ボブキャッツのロスターには契約が保証された選手が13名いる。また、ジェフ・エイドリアンとは保証のない契約があり、ドラフトで指名されなかったデューク大のセス・カリーのワークアウトも予定されているようだ。(*この記事は8月10日付)
10月にUNCアッシュビルでトレーニングキャンプを迎えるロスターはこの13名でほぼ固まっただろう。
ジェファーソンとゼラーを加えることでローポストの得点力を改善し、ヘンダーソンとの再契約で強さを維持した。

若いコア
中心選手は若手が多い:ヘンダーソン、ゼラー、ケンバ・ウォーカー、マイケル・キッド=ギルクリスト、ジェフ・テイラーは全員5シーズン未満の経験しかなく、これからプロとしての全盛期を迎えそうだ。例外は10シーズン目のジェファーソンだが、年齢はまだ28歳だし、過去2シーズンで148試合中9試合しか欠場していない。
ウォーカーは2シーズン目でポイントガードとして大きく成長し、平均で17.7得点、5.7アシストに成績を伸ばした。ボブキャッツは2年目のキッド=ギルクリストとテイラーにも同じような成長を望んでいる。キッド=ギルクリストはジャンプショットを劇的に改善しなければならないが、マーク・プライスACという良い教師がいる。
テイラーは、ラスべガスのサマーリーグで平均20.3得点してオール・トーナメント・チームに選出されたあと、9月はスウェーデンの代表チームの一員としてユーロバスケットでプレーする。ゼラーも平均16.3得点、9.3リバウンドでサマーリーグのオール・トーナメントに選ばれた。

ベテランのサポート
セカンド・ユニットは、ポイントガードのラマン・セッションズ(7シーズン目)、シューティングガードのベン・ゴードン(10シーズン目)、マクロバーツ(7シーズン目)らベテランが中心だ。
ジェファーソンの加入で、C/PFのビスマック・ビヨンボはベンチからの出場が多くなるだろう。リバウンダーとショット・ブロッカーとしてはファクターになり得るが、まだ得点に四苦八苦している。13シーズン目のブレンダン・ヘイウッドがどれほどの役割を務めるかは不明だ。

ロスター・マネージメント
ガナ・ジョップの契約が切れ、タイラス・トーマスをアムネスティした現在、ボブキャッツの選手人件費は理にかない始めている。9シーズン以上のベテランの中でベン・ゴードンの年俸は1320万ドルだが、来シーズンが契約最終年だ。その他、ヘイウッドは2014-15シーズンまで年俸200万ドル、パーゴはベテラン・ミニマムの1年契約である。
ゴードンの契約は、トレード・デッドラインで役立たせることもできる。多くのチームがより懲罰的なラグジャリータックスを心配し、タックス回避のためにゴードンの期限切れの契約を欲しがるかもしれない。

ポジションごとのアナリシス
<Point guard>
Kemba Walker, Ramon Sessions, Jannero Pargo.
ポイントガードの中心はウォーカー。セッションズは、ひざの捻挫で欠場するまで良いシーズンを送っていた。パーゴはセッションズの代役としてシーズン終盤に加わり、ボブキャッツの弱点である3Pを改善した。

<Shooting guard>
Gerald Henderson, Ben Gordon, Jeff Taylor.
ヘンダーソンとの再契約は重要だった。彼はリーダーで、タフさが不十分なチームのタフガイだ。ゴードンは大量得点で役立つ。

<Small forward>
Michael Kidd-Gilchrist, Taylor.
キッド=ギルクリストもテイラーも強固なディフェンスをもたらす。キッド=ギルクリストはジャンプ・シューティングを改善しなければならない。テイラーはラスベガスで自信を持ってプレーしていた。

<Power forward>
Cody Zeller, Josh McRoberts, Anthony Tolliver, Jeff Adrien.
ゼラーはハイポストで使われるだろう。マクロバーツは昨シーズンのトレードによる加入後、ボブキャッツのボール回しを改善した。

<Center>
Al Jefferson, Bismack Biyombo, Brendan Haywood.
ジェファーソンには敵にダブルチームを強いるローポストの得点力があるが、大したディフェンダーではない。ビヨンボはまさに正反対で、オフェンスのスキルがないゴールキーパー。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード