絶滅危惧種

はしょってます。だいたいこんなことかな、程度で。(^_^;)

Charlotte Observer: Charlotte Bobcats' Jefferson possesses rare skills
Posted: Saturday, Jul. 13, 2013

それがダーク・ノビツキーのせいであれ、マジック・ジョンソンのせいであれ、カレッジの審判や子供の頃のバスケットボール文化のせいであれ、アル・ジェファーソンのようなバスケットを背にしたプレースタイルは絶滅しかかっている。
「ここ5年ほどの問題だ」と、ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHCは言った。
「我々のリーグは、ローポストで働くビッグマンがいない時代を経験している。今のビッグマンたちは外からシュートを撃ち、もっと幅広いプレーをしたがっている」
「彼らは腕を磨こうとしているが、自分にふさわしくないスキルに取り組んでいることも多い」

ジェファーソンやメンフィス・グリズリーズのザック・ランドルフのようなローポストのスコアラーは、敵のダブルチームを引きつけ、チームメイトにシュートのアドバンテージを与えるには最高の戦力だ。彼らはそのために、プロの基準から考えても高額な年俸を支払われている――そういうプレーをする選手が少なくなっているからさらに。
「オールド・スクールがニュー・スクールになったから、僕が目立つんだ」と、ジェファーソンは言った。「もうゲームは昔と違う」
しかし、なぜ? ラスべガスのサマーリーグで周囲に尋ねれば、1ダースの理由が聞けるだろう。

Imitation leads to outside migration

ジェファーソンは、「彼のせいにはしたくないが、ダークから始まったと思うよ。あれから、パワーフォワードがシューターになった。でも、ダークは別格なんだけどね」
7フッターのノビツキーはリーグ最高のジャンプシューターの一人である。ジェファーソンが言ったように、ノビツキーは別格なのだが、それでも他の背が高い選手たちは真似ようとすることをやめない。それは、ビッグマンをどんどんバスケットから遠ざける。

一方、リバースHCは異なる名前を挙げた。
「私は、マジック・ジョンソンがゲームを滅ぼそうとしていると冗談で言うよ。今のビッグマンたちは子供の頃に6フィート9インチのマジックがボールを運ぶところを見て育ち、そういうプレーに憧れている」
「ビッグマンとしてのプレーは忘れ去られた技術だ」
リバースはまた、根底にあるもう一つの理由も指摘する。カレッジのルールはディフェンスがレーン内に集中することを許す。そうなるとビッグマンのスコアリングが機能しないため、全員がペリメーターに散る。さらに、カレッジのレフェリーは二人のビッグマンがポジション争いでぶつかり合うと簡単にファウルを吹く。
リバースは2007年のNCAAトーナメントでオハイオ州立大のグレッグ・オデンとジョージタウンのロイ・ヒバートのマッチアップを楽しみにしていた。しかし、「(カレッジではレーン内で)誰にもさわることができない。2人とも3分たたずにファウルトラブルでベンチだったよ」

Big Mo the muse

2004年にボストン・セルティックスから15位指名されたジェファーソンの最初のNBAコーチがリバースだった。コーチは彼に、体格もオフェンスもとても良く似ているモーゼス・マローンを知っているかと尋ねた。

マローンは1995年に引退していたため、リバースはセルティックスのビデオ部門に頼んでマローンのポスト・ムーブのDVDを焼いてもらった。ジェファーソンはすぐに関連性を理解し、マローンが19シーズンで平均20.6得点という成績を残すことができたスタイルの一部をコピーし始めた。
しかし、彼は他の選手からすべてを流用する必要もなかった。
「アルはNBAで一番の天性のポスト・スコアラーだ」と、リバースは言った。
「セルティックス入りして2回目の練習で、まだ19歳だった彼は、私が『誰もあんなプレーは教えていないぞ!』と言うような動きを見せていたよ」
「君も彼がどれほど優れたスコアラーか驚くと思う」

ジェファーソンのモデルであるマローンも同意する。
先週、ボブキャッツのフレッド・ホイットフィールドCOOが主催したチャリティ・ゴルフに参加したマローンは、
「この選手は競り合いを恐れない。体のぶつかり合いを恐れない。ゲームにセンターというものを取り戻している」と言った。
マローンは、ジェファーソンがボブキャッツに9シーズンなかったものをもたらすと言う:ポストのオフェンス力。
「ローポストで敵を止めるのは一番難しいことだ。彼はシャーロット・ボブキャッツに敵のディフェンスを変化させる存在を与えるだろう」

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ああ、なるほど。あのルール変更は大きいですよね。
何でこの記事はその話題が出てこなかったんでしょうか。

それにしても、本当に典型的なセンターが少なくなりましたね~。
私はオールラウンダー中心(もちろんMJ & PIPコンビが筆頭)のゲームが好きでしたが、こうもガツガツ系が少なくなるとそういう選手もいいなぁと。
だから余計に来季のボブキャッツは楽しみデス。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード