コーチ解任(コメント追加)

【NBA】ボブキャッツ、1シーズンでM.ダンラップHCを解任

ISM 4月24日(水)16時52分配信

 シャーロット・ボブキャッツは現地23日、今季から就任マイク・ダンラップHCを解任したと発表した。
 ダンラップHC指揮下のボブキャッツは今季、リーグワースト2位の21勝61敗を記録。ロックアウトで短縮シーズンとなった2011-12シーズンより勝利数は3倍に増え、3連勝でシーズンを終えたが、来季続投には至らなかった。
 ボブキャッツ球団社長のロッド・ヒギンス氏によると、まず同氏とリッチ・チョーGMが、選手とダンラップHCと面談を行い、その後、オーナーのマイケル・ジョーダン氏に監督の変更について申し出たという。
 昨季6月にボブキャッツHCに抜擢されるまで、セント・ジョーンズ大のアシスタントコーチを務めていたダンラップHC。しかし、練習中にベテランガードのベン・ゴードンと口論になったことが報じられるなど、選手とのトラブルも伝えられていた。



順番待ちの記事がまだ残っているのに、ダンラップHC解任でまた大増量・・・さらに、ファウラーさんもソレンセンさんもブログ&記事・・・まあ、ブログで走り書きしたものを記事でまとめたという感じだから、ブログの方は読む必要もなさそう?

すでにキャブスやシクサーズやピストンズやサンズで粛清が始まっているのにボブキャッツは動きがなかったので、とりあえず来シーズンも任せてみるつもりかと思っていた私としてはいきなりな気がしたのですが、毎シーズン終了後の恒例である面談で何人かの選手からコーチについてネガティブな評価があり、ヒギンス球団社長も、「それはプロセスの一部(だが唯一の指標ではない)」ということは認めていて。

で、オブザーバーのファウラーさんもソレンセンさんも解任そのものには賛成というか、「そもそも雇ったことが間違い。だったら、雇った側の責任は?」(スコット・ファウラー)、「もう実験的なコーチ採用はうんざり。本格的にチームを任せられるコーチを雇ってくれ」(トム・ソレンセン)と言っているみたいな。
あとでもっとちゃんと読むつもりです。

Bobcats.com: Release
Yahoo! Sports (AP): Bobcats fire coach Mike Dunlap after 1 season
Charlotte Observer: Bobcats fire coach Mike Dunlap after 21-61 season

ファウラーさんブログ:Bobcats a mess as usual as Dunlap gets fired
記事:Mike Dunlap’s firing raises questions for drifting Bobcats
ソレンセンさんブログ:Dunlap gone and forgotten. Bobcats have to stop hiring temps
記事:Time for Charlotte Bobcats to stop renting coaches
ボーネルさんブログ:ダンラップHCのメンターであるジョージ・カールの反応
ヒギンス球団社長&チョーGMとの問答の筆記録

それにしてもダンラップさん、ここへ来て「戦術面では切れ者だが」、ガミガミ、傲慢、試合中に細かく指図しすぎ、付き合いにくい等々、ずい分言われちゃって。(^_^;)
とりあえずオブザーバーの解任の記事からざっくり。

10人の候補の中からダンラップが選ばれたのは、基礎を教え、選手を育成する役割に最も適していると判断されたからで、実際にケンバ・ウォーカーの成長を始めとして、その面では成果があった。しかし、何と言ってもNBAでのコーチ経験はデンバーでACを務めた2シーズンしかなく、彼の厳しい流儀は特にベテラン選手との間に摩擦を引き起こした。2月には試合前のシュート練習中にベン・ゴードンと口論し、メディアの注目するところとなった。
ある選手のパフォーマンスが気に入らないと、すぐさまベンチ送りにして数週間も冷遇した。経営陣から出場時間の管理を完全に任され、時間配分の中で高圧的に見えることもあった。
ダンラップがNBAコーチとして自分を改革するのに苦労したかどうか尋ねられ、ヒギンスは「それが認められた時期もあった。マイクを雇ったときに、いわば未知の水域がありそうだということは分かっていたが」と答えた。
ダンラップの解雇についてヒギンス球団社長とチョーGMは取材に応じたが、ジョーダンはコメントを出さず、ダンラップ本人も火曜の夜にステートメントを発表しただけだった。土曜日のインタビューでは、自分が過ちを犯し(試合中に指示しすぎたこと、休養より練習を重んじすぎたことなど)、学んだことを認めている。

ダンラップの契約はまだ1シーズン残っているが、金額は不明である。
ヒギンスは、解雇に対するダンラップの反応を「非常にプロフェッショナルで、機会を与えられたことに感謝していた」と言った。
アシスタントの誰かが留任するかは不明だが、情報源によるとスティーブン・サイラスの契約期間は残っているようだ。
ボブキャッツはこれで6シーズンで4人目のヘッドコーチ採用を行うことになる。
こんなに早く次のコーチ探しをすることに驚きはあるか? ヒギンスは、「それがNBAだ。多くのことに驚きはない。それはビジネスで、私たちは明日起こることに備えている」と答えた。

今のボブキャッツは以前よりもコーチ職の魅力を増すだけの資産を備えている。サラリーキャップの余裕、2013年の5位以内のドラフト指名、2014年には3つの1巡目指名権(ポートランドとデトロイトのもの)もあるかもしれない。
ある現役ボブキャッツ選手のエージェントは、ボブキャッツはダンラップの存在がFA争奪戦においてマイナスになる可能性に気がついたのかもしれない、と匿名を条件に語った。ヒギンスはそれが問題になることを否定したが。「選手はチャンスを求める。金銭面、出場時間、おそらく三番目に勝利のシナリオ」

ヒギンスとチョーは潜在的候補者リストを集め始めた。彼らの電話はコーチたちからの売り込みで「爆発している」そうだ。次のコーチを雇うための時間の制約はないという。
今回はどんなコーチを探しているか?
「素晴らしいリーダーであり、まだ若い我々のチームにとって育成の面でも手腕を発揮してくれることが非常に重要だ」と、ヒギンスは言った。「もちろん素晴らしい戦術家であることも」
ダンラップやサム・ヴィンセントのあと、経験の有無がプライオリティーであるかどうかという問いにチョーは、必ずしもそうではないと答えた。「我々は、モデルを限定したくない。かなりオープンマインドな状態でいる」
ヒギンスはまったく候補者の名前を明かさなかった。雇用可能な経験豊かなコーチには、ジェフ・バン・ガンディ、スタン・バン・ガンディ、バイロン・スコット、アルビン・ジェントリーらがいる。

*****************************

でもって、何かあると「ボブキャッツがダメな元凶はオーナー(初代オーナー含む)」と言われるのも相変わらず~。


*****************************

「不正な投稿だと判断されました」とか言われて全然コメント投稿ができないのでこっちに。
何が不正なんだよ、わけわからん。

◎ゆ~すけさんへ
現役時代だったら絶対いびり殺す勢いだったろうし、本人的にはきっとそうしたくてウズウズじゃないかと思うンデスよ。
でも、あまり選手と関わらないようにしている、とか言ってたし。
普通のオーナーになってチームは球団社長とGMに任せるとも宣言したし。
そんなこんなで口を出さないんじゃないかと・・・。

◎トモさんへ
>コートサイドにスーツ姿のMJが選手や審判にギャーギャー言っているのも絵になってかっこいいだろうなあ・・・^^

まさに!!(^^)v
なんですが、本人は確か「自分は競争心が強すぎて我慢がないからヘッドコーチは無理」と何度か言っていたと思います。
あと、現場に近づくと今でもプレーしたくて苦しいらしいですから。(^_^;)


それにしても、この記事だけ何回トライしてもコメント投稿ができない~!


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラリーブラウンを希望いたします。

No title

いや~ラリー・ブラウンさん、まだサザン・メソジスト大学をクビになってませんよね?(^_^;)

とりあえずプレイで実力証明できてない大金貰いのベテランがブーブー言うのなんかジョーダンが一喝して納めたりくらいしないとダメだと思うの。
あなた普通のオーナーさんちゃうんやから。

No title

MJにヘッドコーチをやってほしいなあ・・・。彼ってヘッドコーチという職には興味ないんですかね? 彼の口から自身のヘッドコーチの可能性についての発言とかって、まきさん、過去に記憶ございますか^^?

コートサイドにスーツ姿のMJが選手や審判にギャーギャー言っているのも絵になってかっこいいだろうなあ・・・^^
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード