ドラフト関係

ボーネルさん、少し記事を休んでくれないと全然追いつけないんですが・・・。

今日の短信から:Charlotte Observer
・ベン・ゴードンは、今夏に契約のアプトアウトを考える理由はないと言った。来シーズンの契約(プレイヤーズ・オプション)は1320万ドルなのだから当然だろう。

・一部のファンから、ボブキャッツがニックネームを変えるのに18ヶ月もかかるという理由を質問された。数人の専門家に聞いたところ、18ヶ月というのは信じられないほどタイトなスケジュールだそうだ。


15日のケンタッキー大学のノエル君についての記事。 Noel could offer risk, reward to Bobcats in NBA draft

ノエルを指名するチームはかなりのリスクを冒すことになる。
もちろん、2013年のドラフトで、それが当てはまらない候補が誰かいるだろうか?
ただ、ノエルは2月にひどいひざの怪我(前十字靭帯損傷)を負ったという点で少し異なる。
つまり、彼が再びプレーできるまでに1年かかるかもしれず、ショットブロックで大学バスケ界を支配した選手に戻れる保証もない。しかし、そのショットブロックは、彼のことを待つ価値がある選手にするかもしれない。
大学での24試合で、ノエルは平均10.5得点、9.46リバウンド、4.5ブロックだった。アンソニー・デイビスほどではないが、手頃な複製。SECの最優秀ディフェンス選手とオールSECチームにも選ばれている。
最後の10分はファウルアウトでプレーできなかったにもかかわらず、12ブロックを記録した試合もあった。6フィート10インチ、225ポンドのノエルはレーンの番人であり、ボブキャッツはリムのディフェンスに優れていたとは言えない。
チームにはすでにビスマック・ビヨンボというショット・ブロッカー兼リバウンダーがいるが、ボブキャッツはノエルを徹底して調べるだろう。
問題の一部は、2013年のドラフト候補の中で明らかに群を抜いた存在がいないということだ。カンザスのシューティングガード、ベン・マクレモア(*ちなみに23番)とオクラホマ・ステートのポイントガード、マーカス・スマートはこのドラフトのトップグループだが、どちらもNCAAトーナメントで自分の優位性を確固たるものにするほどのプレーができなかった。
ノエルは怪我をしたかもしれない。しかし、彼は最後にスカウト陣に強い印象を残している。怪我をしたのはフロリダ戦だったが、チームメイトがターンオーバーを犯したあと、ノエルは速攻に追いつき、ショットをブロックし、着地でACLを傷めたのだった。
彼は、タフで競争心の強い家庭に育ったタフで競争心の強い若者だ。子供時代には、やがてメジャーな大学のフットボール選手に成長する二人の兄にしごかれた。
たぶん、ノエルの価値を測る最高の尺度は、彼の不在によってケンタッキーが崩壊したことだろう。前年度のチャンピオンはNCAAトーナメントに出場すらできず、NITトーナメントの1回戦でロバート・モリスに敗れた。
ケンタッキーは彼の力をどれほど必要としたか。そして、NBAが必要とする力はまだありそうか。

それで、金曜日の抽選で勝率が同じチーム同士の順位も決まって、ドラフト指名順はこうなったそうです。もちろん上位3位はロッタリー待ちですが。 Yahoo! Sports (The Sports Xchange)

First-round order
1. Orlando Magic.
2. Charlotte Bobcats.
3. Cleveland Cavaliers.
4. Phoenix Suns
5. New Orleans Hornets.
6. Sacramento Kings
7. Detroit Pistons
8. Washington Wizards
9. Minnesota Timberwolves
10. Portland Trail Blazers
11. Philadelphia 76ers.
12. Toronto Raptors
13. Dallas Mavericks
14. Utah Jazz
15. Milwaukee Bucks
16. Boston Celtics
17. Atlanta Hawks
18. Houston Rockets (To Atlanta via Brooklyn)
19. LA Lakers (To Cleveland)
20. Chicago Bulls.
21. Golden State Warrior (To Utah via Brooklyn)
22. Brooklyn Nets
23. Indiana Pacers
24. New York Knicks
25. Los Angeles Clippers
26. Memphis Grizzlies (To Minnesota via Houston)
27. Denver Nuggets
28. San Antonio Spurs
29. Oklahoma City Thunder
30. Miami (To Phoenix via LA Lakers & Cleveland)

Second round:
31. Orlando (To Cleveland)
32. Charlotte (To Oklahoma City)
33. Cleveland
34. Phoenix (To Houston)
35. New Orleans (To Philadelphia)
36. Sacramento
37/38. Washington
37/38. Detroit
39. Minnesota (To Portland via Boston and Cleveland)
40. Portland
41/42. Toronto (To Memphis)
41/42. Philadelphia
43. Milwaukee
44. Dallas[
45. Boston (To Portland)
46. Utah
47. Atlanta
48. LA Lakers
49. Chicago
50. Houston (To Atlanta)
51. Golden State (To Orlando via Denver and New York)
52. Brooklyn (To Minnesota)
53. Indiana
54. New York (To Washington)
55. Memphis
56. LA Clippers (To Detroit)
57. Denver (To Phoenix via LA Lakers)
58. San Antonio
59. Oklahoma City (To Minnesota)
60. Miami (To Memphis)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード