修羅場速報(^_^;)

飼い猫の背中というか肩口のところにもう何年も前からあったイボが直径6ミリくらいに大きくなっていることに気がつき、一回獣医さんに診せた方がいいのは分かっていたんだけど連れて行くのは何とも気が重くて、とりあえずデジカメで撮ってフードを買いがてら見てもらったところ、当然ながら実際に見ないと何とも言えないと言われ・・・。

で、人間が風邪を引いたりなんかしたこともあって、3週間たってようやく連れて行った次第なんですが。
まあ、結果は、獣医さんの経験からすると「根も張っていないし、悪いものではないと思う」ということだったのですが。

あ~もうホント、気疲れした。通院が平気なペットの飼い主さんが羨ましい。

私が急に覚悟を決めたから(いつもは「何日に行こう」と前もって決めている)、寝ているところを拉致られた猫にとっては本気で不意打ちだったせいか、往路はいつにもまして鳴きわめきっぱなし&失禁。ワクチン注射の時なら診察台に乗せられてチクッとされてハイ終了~なのに、今回は背中をいじくられて、その後も話を聞いている間しばらくそのままにされていたため、ものすごく機嫌が悪くなって、シャーシャー怒り始めて。帰宅するためにキャリーバックに入れようとしたら、本気で腕に噛みつきやがんの~。でかい猫なので力が強く、コートを着たままだったのに腕に4つ穴が開きました。

獣医さん曰く、悪性に変わるということもあるし、今後3ヶ月とか半年で急に大きくなったら切除した方が安心だけど、この子は手術するのも大変だよねぇ、麻酔が覚めたら大暴れするだろうし。

はい、まだ2歳になる前に9階から転落したときも、内臓がダメージを受けていて麻酔が使えず、点滴で体調を整えてから手術ということになったものの、ようやく手術できるまでに回復したら今度は大暴れして、どうにか決行した手術の翌日に「もう退院して下さい」ということでしたからねぇ。しかも、今ではあの頃よりさらにでかくなってしまいましたよ。

今日は帰宅してからもしばらく怒っていたけれど、今は疲れてぐっすり眠っています。
これからも本猫のためにも飼い主のためにも健康でいてほしいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード