ホーム17連敗を阻止できるか

土曜日に対戦するティンバーウルブスには11月にミネアポリスで勝っているし、ラブとペコビッチは欠場だし、てことで「勝てるはずのゲーム」(セッションズ)って。「最近もロードでは勝っているから、別にホームの連敗を重荷に感じてはいないけど。ただ、来てくれるファンをガッカリさせたくはないよね」
ホームの最初の7試合で5勝しているのだから、TWCAに不利な何かがあるわけではない、というヘンダーソン。
「ロードで勝つ方が間違いなく難しいんだ。ホームでは観客という大きなアドバンテージもあるし、自分たちのコートなんだから。僕たちはここでプレーすることにもう少しプライドを持つべきかもしれない」

シカゴでブルズに勝ったのだから、ホームでウルブスに勝たなきゃね、という感じ・・・
Charlotte Observer
何か、完全にフラグ立ってない?(^_^;)


ボーネルさんが推測するボブキャッツのトレード候補。 Charlotte Observer
・ルディ・ゲイ(は、先日のメンフィスのトレードでなくなったか)

・ジェイソン・トンプソン、サクラメント・キングスのビッグマン:ルーキーのトーマス・ロビンソンは今までのところさほど活躍していないが、キングスは彼に高順位の指名権を投資した。今シーズン平均7.2リバウンドのトンプソンはロビンソンとかぶっている。トンプソンには次の4シーズンで平均年俸600万ドル以上という契約がある。

・J.J.ヒクソン、ポートランド・トレイルブレザーズのビッグマン:ノースカロライナ州立大出身のヒクソンは、現在のボブキャッツのビッグマンにはないバスケットに背を向けた動きができる。すでにオルドリッジと高額契約を結び、ルーキーのリラードも最高額契約になりそうなブレイザーズは、ヒクソンに大きな投資をする余裕があるだろうか。

・ジャレッド・ダドリー、フェニックス・サンズのガード/フォワード:2007年の1巡目下位でダドリーをとったのは、おそらくボブキャッツ史上最高のドラフト指名だった。
サンズは今、明らかにアルヴィン・ジェントリーのロスターを見直している。シューティングガードからパワーフォワードまでこなせるダドリーは、ボブキャッツのロスターにサイズと多才さとファイトを加える。彼には3年の契約が残っているが、平均年俸は450万ドルと手ごろだ。

*********************

ついでに、一週間ほど前の報道ですが、ハイランドパークの旧MJ邸が2900万ドルから2100万ドルへ800万ドル値下げだそうです。 Chicago Tribune

コメントの投稿

非公開コメント

なつかしいです

1998年にシカゴに行った時、マイケルの家の玄関で記念撮影をして、デニスの家も外から見て、バートセンターにも行きましたので、なつかしいです。
当時、今のようにデジタルカメラやスマートフォンがあれば、簡単にブログに載せられるんですけどね。
フィルムと比べていかにカメラが便利になったかをすごく感じます。

No title

あーあ・・・、ワシントンに抜かれ最下位とは・・・。
開幕序盤、プレイオフ圏内だったのが懐かしいですね。

No title

◎BE LIKE MIKEさん
本当にデジカメって便利ですよね~。
私もBE LIKE MIKEさんの「ブルズ観戦旅行記」ブログを見たかったです。

DVDも含めてデジタル機器がもう少し早く普及していたら良かったのにと思います。

◎トモさん
とうとう抜かれましたね・・・。
しかも、今日もワシントンがブルズに謎の勝利(^_^;)してますし。
まあ、ウォールが復帰すれば抜かれるかなとは思ってましたが・・・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード