【41】vs. ロケッツ

◆94-100 (Boxscore) 10勝31敗(HOME: 5-17, ROAD: 5-14)

お、接戦じゃん!と喜んだら、第4Qの失速さえなければ勝っていたわけなのね。
第4Qは13対26、ボブキャッツのFGは4-19、ケンバが7得点、セッションズが6得点のみ。
ダンラップHC:「第3のスコアラーを見つけなければ」

時にはゴードン、時にはヘンダーソンがいるんですけどねぇ・・・。

ケンバはキャリアハイの35pts (FG 12-21, 3P 6-7!!, FT 5-6), 5ast.
ただ、第4Qのロケッツは、ケンバをディフェンスできなかったリンをベンチに下げ、トラップをかけてケンバにボールを持たせない作戦。で、第4Qは2-5、0アシスト。
「トラップに対してもっと良い仕事をしなければいけなかった。自分のショットが無理だったら、もっと良い判断をして、プレーを作るべきだった」

一方、シュートはさっぱりだった(5-20)ハーデンはフリースローを20本ももらい、エースの責任をまっとう。
特に第4Qは10-10だそうです。
さすがです・・・。

ホームで15連敗はフランチャイズ記録だそうな。 (そんなんは別にいいけど、NBA最長記録は93-94のダラス19連敗とのこと)
ケンバ:「ホームでの連敗はつらいな。皆して勝つために全力で頑張っているんだけど、今のところ良い結果が出ていない。いろいろな面がうまくいくようになってくれたらいいんだけど」
Charlotte Observer  

・ヘンダーソンは腰背部を痛めていて、コーチが言うには、プレーするには試合前に2時間のリハビリが必要な状態。ただ、本人は、快方に向かっている、欠場するつもりはない、と言い、デューク大学時代から出っ張った椎間板(? a bulging disk)があり、ここ1年半では初めて症状が現れているところ。たいていは痛みより凝りを感じる。なので、ベンチにいるときはヒートパックを当てている、とのこと。

・土曜日は0点、0ブロック、3リバウンドと最悪に近かったビヨンボが、今日はキャリアハイ・タイの7ブロック(うち、4ブロックの餌食はハーデン)。
ダンラップHCは「まだ20歳なんだ」と弁護、「彼の問題は、20歳の選手なら誰でもそうだが、一貫性だね」

・マレンズの復帰はまだまだ先のよう。
Charlotte Observer

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード