【17】vs. ニックス

◆98-100 (Boxscore) 7勝10敗(HOME: 5-6, ROAD: 2-4)

ニックス4連勝、JR.スミスがブザービーター!

ISM 12月6日(木)13時51分配信

 現地5日に行われたニューヨーク・ニックス対シャーロット・ボブキャッツの一戦は、JR・スミスが試合終了のブザーと同時にフェイダウェイシュートを決め、ニックスが100対98で劇的勝利を収めた。ニックスは4連勝を飾り、シーズン成績13勝4敗でイースタン・カンファレンス首位を守っている。
 試合は、98対98の同点で迎えた第4Q残り19秒にレイモンド・フェルトン(ニックス)がシュートを外した時点で、次の攻撃権を持つボブキャッツが勝利を引き寄せたかに見えた。ところが、ルーキーのマイケル・キッド・ギルクリストが痛恨のパスミスを犯し、スミスがスティールに成功。タイムアウト明け、左ウイングへドライブしたスミスは残り0.5秒にキッド・ギルクリスト越しにフェイダウェイシュートを沈め、土壇場で強さをみせたニックスが勝利をもぎとった。
 カーメロ・アンソニーは23得点中20得点を前半に稼いで序盤のオフェンスをけん引したが、ルーズボールを追って味方ベンチに飛び込んだ際に左手を負傷し、正念場となった最後の2分10秒は出場できなかった。マイク・ウッドソンHCによると、アンソニーは左手中指を5針縫うケガを負ったという。また、センターのタイソン・チャンドラーは18得点、17リバウンド、フェルトンは17得点、9アシスト、勝利の立て役者となたスミスは13得点をマークした。
 一方のボブキャッツは、ケンバ・ウォーカーが25得点、11リバウンドと健闘するも、昨季の勝ち星の7勝に並んで以降は停滞しておりこれで5連敗。今季成績は7勝10敗となった。前戦に13試合ぶりに復帰したジェラルド・ヘンダーソンは第4Qに11得点を集中し18得点を挙げている。




あああ、惜しすぎる。orz
まあ・・・

NBA.co.jp NYK vs. CHA:JR・スミスのジャンパーでニックスがボブキャッツとの接戦を制す!

Dec 06, 2012 14:14

 現地時間5日に行われたニューヨーク・ニックス対シャーロット・ボブキャッツの試合は、JR・スミスが試合最終盤にジャンパーを決め、100-98でニックスが勝利。ニックスは通算成績を13勝4敗とし、イースタン・カンファレンス単独首位に浮上した。
 ニックスではカーメロ・アンソニーが23得点中20得点を前半に記録。だが後半は調子を落とし、ルーズボールを追ってニックスのベンチにダイブした際、左手を負傷。ラスト2分10秒間はプレイしなかった。
 ニックスのマイク・ウッドソンHCは、「アンソニーは左手中指を5針縫う怪我をした」と説明。アンソニーは「俺は怪我をしたが、JRが気分を良くしてくれた」と喜んだ。だが「指は麻痺しており、6日にマイアミで行われるヒート戦に出場できるかどうかは分からない」と話した。
 ニックスでは他にタイソン・チャンドラーが18得点、17リバウンド、レイモンド・フェルトンが17得点、スミスが13得点を記録。
 惜しくも敗れたボブキャッツでは、ケンバ・ウォーカーが25得点、11リバウンド、13試合欠場したジェラルド・ヘンダーソンが復帰2試合目となるこの試合で18得点中11得点を第4Qに記録。ベン・ゴードンも17得点を記録した。昨シーズンの勝利数に並ぶ7勝目を挙げた後、これで5連敗。通算成績は7勝10敗となった。
 試合最後、98-98の同点の場面、レイモンド・フェルトンが残り14秒にショットをミスし、ボブキャッツに勝利のチャンスが巡る。だがルーキーのマイケル・キッド=ギルクリストが不用意なパスを出し、スミスがインターセプト。タイムアウト後、スミスがレフトサイドにドライブし、キッド=ギルクリストの上から決勝弾を決めた。
 ボブキャッツのマイク・ダンラップHCは「現在は結果を残せていないだけだ。こういう接戦の経験を積んでいけば、若い選手たちはもっと良いプレイができるようになると信じている」と、前向きに話した。


コーチの言うとおり!
うちらは明日のチームですもん。

MKGが11月の Eastern Conference Rookie of the Month に選ばれました。
全15試合先発で、平均27.3分、10.9ポイント、6.5リバウンド、1.5アシスト、1.3ブロック、1.2スティール。
ルーキー全員の中でリバウンドとブロックが2位、スティールが4位、得点が5位、出場時間が6位、アシストが8位と、全カテゴリーでトップ10に入ったのはMKGだけだそうです。さらに、1アシスト、1スティール、1ブロック以上をクリアしているのも一人だけ。1試合5スティール(3日の@ダラス)したのも一人だけ&1試合4ブロック(23日のホークス戦)以上を記録した5人のルーキーの一人。ホームのマブス戦で記録した25得点&12リバンドはレブロンに次ぐ史上2番目の若さで達成し、20歳以下でこれらの数字を残した選手は史上7人しかいない。
Bobcats.com: MKG East's November Rookie of the Month

つまり、やはりバーサトルということですね。
ついでにデイビスもリラードも西だしね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニックス相手に2点差か・・・。この調子でがんばっていただきたいですね。

このまま行けばルーキー三番目くらいな位置には行ける?
リラと眉毛が怪我でもすりゃぁマジにありうるな神の子…

No title

◎トモさん
2点差だったボブキャッツは、今日ホームで20点差で負けているヒートより上!ってことでいいでしょうか?(笑)

◎ゆ~すけさん
ルーキーって、あと誰いましたっけ?(^_^;)
神の子というには地味すぎなMKGですけどね~。


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード