【13】@オクラホマシティ

◆69-114 (Boxscore) 7勝6敗(HOME: 5-3, ROAD: 2-3)

う~わ~。

今日はもう本当に、20点差以内でいけるか?程度しか思っていませんでしたけど・・・

NBA.co.jp CHA vs. OKC:ハーフタイムまでに史上5番目の大差をつけ、サンダーが完勝!

Nov 27, 2012 14:38

現地時間26日(月)に行われたシャーロット・ボブキャッツ対オクラホマシティ・サンダー戦は、サンダーがハーフタイムまでに64-24と40点差をつけ、114-69で完勝。昨季のウェスタン・カンファレンス王者が、成長段階にあるチームに実力差をみせつけた。

サンダーは第3Q中盤までに79-25とすると、スコット・ブルックスHCは先発全員をベンチに下げた。
ケビン・デュラントが18得点、タボ・セフォローシャが14得点、ラッセル・ウェストブルックが12得点、11アシスト、ケビン・マーティンも12得点を記録し、勝利に貢献。

ショットクロックが導入された1954-55シーズン以降としては、ハーフタイムの時点で史上5番目となる大差をつけての完勝だった。
史上1位はゴールデンステート・ウォリアーズが1991年の11月2日にサクラメント・キングス戦で記録した88-41。3位には、サンダーの前身でもあるシアトルを本拠地としていたスーパーソニックスがランクインしており、1967年の11月23日に行われたボストン・セルティックス戦で、ハーフタイムまでに75-31とした。

ウェストブルックは大勝にも気を引き締め、「相手がどういうチームであろうと、自分達のプレイを実行したまで」、「相手は良いチーム。今日の試合までに強豪に勝っているからね」とコメント。

敗れたボブキャッツでは、ジェフ・テイラーが10得点を記録。他の選手は一桁台の得点に終わった。

以前サンダーでプレイしたセンターのバイロン・ムレンズは、「チームは間違いなく昨シーズンよりも強い。戦績をみればわかるようにね」、「ただ今日は完膚無きまでに圧倒された。何と言っていいのかわからない」と語った。

ボブキャッツは昨季のレギュラーシーズンで挙げた7勝を既に記録。若手を中心とした再建段階にある。


さらに言えば、ボブキャッツにとってはフランチャイズ史上最大の大敗。
(今までの記録は今年2月1日の@ポートランド戦の68対112)

第1Qは12対28、第2Qが12対36、で決まっちゃいました・・・
しかも、後半入って5分も経たないうちに25対79になり。
えげつないな。(^_^;)

ダンラップHC:「こういう状況に取り乱すこともできるが、我々がなすべきことはこれに対処し、対応することだ」
「OKCが試練になることはある程度分かっていた。今夜は惨めに敗れたが、それでも、これからもっと良い日も来る」

ダンラップHCもヘイウッドも、今の状況で満足するにはあまりにも若いチームで、このような経験をしたこともない、この結果を真剣にとらえ、今後の糧としなければならない、とにかく修練あるのみ、という感じのコメントでした。



やっぱ甘くないですね~。
それでも、今の成績はシーズン前の期待よりはずーーーっと上なので、まあ、私は十分です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういう大敗のほうがかえって引きずらないもんですよ!!
悪い夢でも見たと思って、明日からまたがんばってください!!

やられましたね(T ^ T)
ちょうどアプリ開いたら25ー79のとこで、鼻水噴き出す所でしたσ(^_^;)

とにかくシュートが入ってなかったようですが、地力の差なんですかね~(T_T)?

No title

同じ「NBA」選手の対戦なのにここまで開くとは・・・。すごいですね。

No title

システム的に相手の方が運動能力があれば、こういう結果になるかと。
ま、でもシステムが浸透するまでは、このままでいいんじゃないですかね?
下位チームには、十分勝てますし。
オールスター明けから、プレイオフを睨んでハーフコートディフェンス、特にゾーンを導入してゴール下を固めるようにすれば、上位チームとも良い勝負出来るかと。
有望なディフェンダーが居るわけですから。
心配ないですよ。

No title

◎pietrusさん
きっとそうですね。
応援している立場でも、たとえば今日のレイカーズみたいな負け方は余計ガックリきそうです。
これだけ差をつけられたらもう、振っ切るしかないですもんね。

◎ D・Wさん
>ちょうどアプリ開いたら25ー79のとこで、鼻水噴き出す所でしたσ(^_^;)

(爆)
私がいきなり25-79なんか見たら、絶対何かの間違いだろうと思いそう!
すさまじいですよね、ホント。(^_^;)

もちろん自力にも大差はあると思うんですけど、それでもここまでやられるもんなんでしょうか~。
ボブキャッツが昨日だけ大殺界とかだったり?(笑)


◎トモさん
ボブキャッツを応援している私もびっくりしました。
同じNBAの選手なんですよね~ホント。
まあ、昨シーズンに引き続き、NBAファンの皆さんに歴史的事象の目撃者になる機会を提供しておりますね・・・。(^_^;)

◎akrさん
なるほど、確かにそういう面はありそうですねぇ。
はまってしまうと相手チームに気持ち良く走られてしまうシステムというか・・・。
(90年代後期のキャブスがめちゃくちゃスローダウンした戦術で、リズムに乗れないMJブルズが結構苦しんでいたことを思い出しました・・・)

今のところ私も下位チームにしっかり勝てていることだけで満足です。
何しろ昨季が昨季でしたから。
なので、そう言っていただけると、先の楽しみが増して嬉しいです!

♪若い猫には明日がある~♪

黄色組にはアトがない~ラララ~♪
ガックリ通り越してます_| ̄|○ il||li
アンチから転向宣言した途端・・・じ、自重しますだ・

No title

PGいないと辛いですよね。
特にあのHCとあのPGは特別な関係だし。

む~ぶさん、しばらくアンチのふりしてみるとか・・・

私も久しぶりにアンチ全開になってあげましょうか。
そうそう、優勝回数でコービーに追いつかれるのも面白くないしね!(^_^;)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード