でも、主眼は若手の育成

ダンラップHCは、メンバーのスキルにフィットするシステムを導入し、ケンバ・ウォーカーやバイロン・マレンズを磨くことに夏を費やし、チームの最優先事項としてディフェンスを要求するなど、NBAコーチとして最初の年に非常に素晴らしい仕事をした。
けれども、先週しばしば尋ねられた、「ダンラップはどうやって昨シーズン7勝59敗のチームに10試合で6勝させたのか?」という質問は正しくない。今のボブキャッツは7勝59敗したチームではないのだから。
昨シーズンはいなかった選手が5人、いずれもローテーション入りし、貢献している。つまり、ここまでの成功のより大きな要因は、世間一般が思うよりロッド・ヒギンス球団社長とリッチ・チョーGMだろう。
彼らはビッグスターFAと契約しなかった。史上最低勝率を更新し、ニューヨークやマイアミのような魅力的なフランチャイズでもないシャーロットにとって、それは決して現実的な目標ではなかった。
だから、よそで過小評価されている選手を探し、賢く金を使い、賢いドラフトをすることが必要だった。ベン・ゴードンのトレード、マイケル・キッド=ギルクリストとジェフ・テイラーの指名、ラマーン・セッションズとの契約、ブレンダン・ヘイウッドの獲得(日付順)はいずれもヒギンス/チョーのヒットだった。

と、昨日ボーネルさんは書いていました。
Hardly the old Charlotte Bobcats: Here are 5 reasons why

で、今日の記事は:Bobcats committed to developing Bismack Biyombo

7勝5敗という成績はファンをハッピーにさせるし、コーチのビジョンを選手たちに納得させるのも容易になるから良いことだが、6月にマイク・ダンラップが雇われたとき、経営陣は新しいコーチに、選手たちの育成が何よりも優先されると率直に伝えていた。
「まさしく、それが組織の総意だ」と、最近ダンラップは言った。「我々は急いでいない」
それは、ケンバ・ウォーカーやバイロン・マレンズに当てはまることだが、おそらく、未熟ながらも運動能力が高いビスマック・ビヨンボにもっと当てはまるだろう。

ビヨンボは左下肢挫傷で土曜日の試合を欠場し、月曜日にプレーするかどうかも不確かだ。明確なのは、ダンラップがビヨンボの出場時間を見つけ、多少のミスに目をつぶってもプレーさせるつもりでいることだ。
ビヨンボはNBA入りしたときリーグ最年少だった。さらに、アフリカで育ったこともあり、バスケットボールの経歴は極めて限られていた。当時、ボブキャッツのビッグマン担当だったロブ・ウェルダンACは、文字通りボールの捕り方から教えなければならなかった。

しかし、ビヨンボにはショットブロッカー/リバウンダーとして大きなポテンシャルがある。先日のラプターズ戦で、最後の5度の攻撃をしのいだディフェンスの中心はビヨンボだった。その試合後、ダンラップは、ビヨンボが自分のポテンシャルに達するのを援助するために、出場時間を工面すると言った。
「彼はアスレティックで、パワフルで、強い。そして、誰もが忍耐を必要とする。我々は彼を使い続けるつもりだ」

フロントからそういう指示があったのは驚きではない。リッチ・チョーGMはシアトル(今のサンダー)での経歴が長い。サンダーのフィロソフィーは、ドラフトした若手を一緒に根気よく育成することだ。それが現在、ケビン・デュラントやラッセル・ウェストブルック、サージ・イバカを中心とする有力チームを生んだ。
チームの期待は、ビヨンボがイバカのようなインパクトのあるディフェンダーに育つことである。それは、時には修正を意味し、ミスしてもプレーさせることを意味し、単純化を意味する。シーズン前のしばらく、コーチ陣はビヨンボに多くのことを教え込みすぎ、彼の本能(直感)を奪ったように思えた。本能的(直感的)なディフェンスはビヨンボが最も得意なことだ。
「プレッシャーを軽くするために教えることを少し減らした」と、ダンラップは言った。
ビヨンボや他の若手の出場時間は変動するかもしれないが、彼らに注意を払わないことはない、とダンラップは言った。「若手の育成という主眼はぶれない」

**************************************************************************************

育てることと勝つことを両立できたら最高なんですが。(*^_^*)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード