プレシーズン第5戦

◆80-85 (Boxscore) @デトロイト 1勝4敗

(ISM)シャーロット・ボブキャッツ対デトロイト・ピストンズ

 ピストンズは、ロドニー・スタッキーが16得点、グレッグ・モンローとブランドン・ナイトがそれぞれ15得点を稼ぎ、85対80でボブキャッツを下した。プレシーズン3勝目(3敗)。ボブキャッツはケンバ・ウォーカーが15得点、タイラス・トーマスが14得点、16リバウンドするなど序盤の19点ビハインドを一桁差に縮めたが、惜しくも敗れてプレシーズン1勝4敗となった。


Play by Playを見ると、第1Q終盤には19点リードされ、第4Q残り7分で68 62対73だったのが、3分間で73対73の同点に追いつき、ゴードンのスリーで一瞬76対75と逆転しているんだけど~。
タイラス・トーマスが先発で14pts (FG 7-12), 16rebなのは嬉しい。

今、フィギュアを見ているので、記事はあとで読もう。(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リーグパスありがとう、ようやく試合放送してくれました。
オーオー、ケンバが暴走し出しよったナァ。と冷めた感じで見てたら、いつの間にか追いついてました(´д`;)
サマーリーグではひたすらフルコートプレスやってましたが、今日はそれほど多用してはいませんでした。
それでも他チームよりも多くのポゼッションで早めのプレッシャーかけてましたね。

タイラスも中から外からバランスよく攻めていましたし、昨季のように弾き飛ばされることはありませんでした。増量のおかげですね!
相変わらず演技くさい倒れ方をしてたので、シーズン中にフロップの警告受けるのは確実な気もしますが・・・

マレンズを見られなかったのは残念ですが、何にせよ今季も我慢の年だなぁ、と(^_^;)
色々と未熟な部分が多かったですわ。

No title

おぉ、詳しくありがとうございます。
タイラスは増量の成果が出ていましたか!良かったです。

やはり、フルコートプレスもサマーリーグのようなわけにはいかないんでしょうねぇ。
でも、攻守の切り替えが速い面白いゲームをやってくれたら、負けても少し楽しめそうな気がします。(^_^;)

もちろん、勝てるようになるのはまだまだ先なんでしょうね・・・
まあ、とっくに覚悟していますけど。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード