TWCA以外で公式戦の可能性

Charlotte Observer: Home game in Triangle?
によると、火曜日にローリー(ノースカロライナ州の州都)でやるヒート戦のチケットがほぼ完売ということもあって(まあ、相手がヒートだからなんだけど)、ボブキャッツの経営陣はカロライナ2州での市場拡大を狙って、いつかそのうち“Triangle”(ローリーとデューク大のあるダーラム&チャペルヒル一帯をそう称するらしい)で公式戦を開催することも考えているそうです。
プレジデントのフレッド・ホイットフィールドによれば「内部の非常に高いレベルで」議論されたと。で、ボブキャッツはシャーロット(つまりタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナ)の外で1シーズンに最大2試合レギュラーシーズンの試合を行うことが認められているのだそうな。

って、初めて知りました。つまり、ブルズもユナイテッド・センター以外でホームゲームを行ってもOKということ?

えーと、会場はNBAクォリティでなければいけないので、カロライナ2州で条件に合うのは、火曜日にヒート戦を行うローリーのPNCアリーナとグリーンズボロ・コロシアム、UNCチャペルヒルのディーン・スミス・センターくらいだそうですが。(デュークのキャメロン・インドア・スタジアムはキャパが小さいですからね)
中でもNHLカロライナ・ハリケーンズとノースカロライナ州立大のホームを兼ねるPNCアリーナは、過去にボブキャッツとハリケーンズが互いのアリーナでプレシーズンゲームを開催することで合意した経緯があり(ハリケーンズは去年の秋にTWCAで試合を開催、火曜日にはそのお返しでボブキャッツがPNCアリーナを使う)最有力みたいな。

シャーロットはNBAの中でも小規模なマーケットだけれども、周囲にはグリーンズボロ、ウィンストンセーラム、コロンビア、サウスカロライナ州のグリーンビルなどがあり、マーケティング次第でチケット販売やテレビ視聴率の上昇が見込める。
ボブキャッツのPete Guelliチーフ・マーケティング・オフィサーはNFLバッファロー・ビルズ(ニューヨーク州バッファロー都市圏を本拠とし、オーチャードパークの郊外にメインスジアムを置く)で働いたことがあり、収益を増やすために同じような地域戦略を用いた。ビルズはトレーニング・キャンプをニューヨーク州ロチェスターへ移し、今はレギュラーシーズンの1試合をトロントで行っている。
「ある時点で、我々はそのオプションについて真剣に考るべきだ。ここは、それが意味をなす少数のマーケットの1つなのだから」

あ、そうか。ブルズが魅力的なマーケットであるシカゴ以外で試合をするなんて逆に愚の骨頂なわけか。(^_^;)
NBAでは寡聞にして聞いたことないですけどね。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード