4時間みっちり練習

最近特に、ややこしいところはスルーしてしまう怠け癖が。(^_^;)
ま、こうやって自分用にまとめておきたいだけなので・・・。

Charlotte Observer: A 4-hour practice? It’s most in Bobcats history

土曜日は午前10時少し前から練習が始まって、最後の一人、フリースローに取り組んでいたビスマック・ビヨンボがコートを去ったのは午後2時過ぎだった。
「何時か分からなくなるほど長かった。午後5時だと言われれば、たぶんそう信じたと思う」と、共同キャプテンのマット・キャロルは言った。
これはボブキャッツの8年の歴史でも余裕で最長の練習時間だった。ホーネッツを初めから取材した私は、シャーロットのNBAチーム史上最も長い練習にまず間違いないと思う。金曜日を休みにしたマイク・ダンラップは、土曜日に選手たちを疲れるまで働かせることに躊躇しなかった。
「ぼんやり立っていた場面など記憶にないよ」と、ベテランのキャロルは言う。「コーチは僕たちに考え続けさせるし、肉体的にもハードだから、ついていくのに一生懸命で何時間たったか気がつかないんだ」

ダンラップはこれを「オーバーローディング」と呼ぶ。
「選手たちには、間違った判定などがあっても試合から気をそらさずプレーし続けるという考えを持ってほしい。練習では試合よりも負担をかけようとしている。そうすれば試合はシンプルになる」と、ダンラップは説明した。
選手たちは、トレーニングキャンプに「最高の状態」で集まることを期待する、と警告されていた。そして、ほとんどの選手はそうした。7勝59敗のシーズンのあとで、修正すべきことは山ほどある。
「意思決定まで速いゲーム、という我々が目指すプレーからすれば、フィットネス・レベルはハイエンドでなければならない」と、ダンラップは言った。

標準的なNBAの練習は2時間、長くても2時間半だ。マイアミ・ヒートのパット・ライリーは3時間の練習を行ったもので、それはリーグで最も厳しい練習と見られていた。で、この4時間のマラソンでカバーされたことは?
「フィルムを見て修正可能なエラーについて指導し」と、ダンラップは言った。「それから、パッシング、キャッチング、ボールのディフェンス、シチュエーション・プレーなど、速く上達できると分かっている部分に取り組んだ」

彼らは日曜日の午前10時に練習コートに戻る。これはめずらしい土曜の夜の休みだったかもしれない。しかし、誰かがパーティーへ出かけるところは想像できない。ほとんど皆、体力を回復するための昼寝がしたくてたまらないように見えた。あとは、マッサージと大量のゲータレードを。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード