ボブキャッツ、新シーズンの行く手は

一応、参考までに載せとこ。
もう「史上最低勝率を記録した」ことなんて忘れてましたよ。(^_^;)

元記事はこれですね。
NBA.com: After a season to forget, Bobcats face a long, bumpy road

0906-charlotte-bobcats-526.jpg

NBA史上最低勝率を記録したボブキャッツ、新シーズンの行く手は

Sep 07, 2012 15:44

ボブキャッツのルーキー、マイケル・キッド=ギルクリスト 昨季はロックアウトで短縮されたとは言え、7勝59敗とNBA史上最低の勝率を記録して終わったことは、シャーロット・ボブキャッツにとって屈辱以外のなにものでもなかっただろう。昨シーズンのことはすべて忘れて、前に進むしかない。

だが、2010年3月にチームを買収し、筆頭オーナーとなったマイケル・ジョーダン氏、新コーチとして招へいされたマイク・ダンラップ氏、そして選手たちにとって、前に進むことは簡単ではない。

2009-10シーズンは殿堂入りの名将ラリー・ブラウンHCの下、スティーブン・ジャクソン、タイソン・チャンドラー、チーム史上初のオールスター選手となったジェラルド・ウォーレスが中心となってチームを牽引した。チーム創設6年目にして初めて勝ち越し、プレイオフに出場。ファーストラウンドでオーランド・マジックにスウィープされたとはいえ、前途洋々に見えた。

2010-11シーズンは9勝19敗としたところで、ブラウンHCからポール・サイラスHCに交代したが、結果34勝48敗で終了。そして昨シーズンは序盤に16連敗、その後には23連敗を喫してシーズンを終え、NBA史上最低勝率を塗り替えた。

その屈辱を上塗りするかのように、ドラフトロッタリーではNo.1ピック獲得の大きなチャンスがありながらも1位指名権を逃し、ニューオーリンズ・ホーネッツにアンソニー・デイビスをさらわれた。だが、NCAA優勝を果たしたケンタッキー大のスイングマン、マイケル・キッド=ギルクリストを2位指名で獲得。オクラホマシティ・サンダーでは、同じく2位で獲得したケビン・デュラントがNBAトップスタークラスの活躍をみせているが、ギルクリストには同じ活躍が期待されている。

またベテランのブレンダン・ヘイウッド、レイモン・セッションズ、ベン・ゴードンを獲得したのも大きいが、さらに成長するためには、さらにベテラン選手を獲得する必要がある。数少ない残留プレイヤーのジェラルド・ヘンダーソン、2年目のポイントガード、ケンバ・ウォーカー、そしてビッグマンのビスマック・ビオンボが奮起することも必須となる。

ダンラップ新HCの手腕は未知数だが、一番の仕事はチームの負け文化を一掃することだろう。ボブキャッツはエクパンションチームということを言い訳にしてきたが、その時代はもう終わった。.チームには今シーズン、ロッタリーチームを抜けだせという外からのプレッシャーはないと思われる。余計な期待がないだけ、ダンラップHCや新加入の選手にとっては楽かもしれない。だがイースタン・カンファレンス最下位から抜け出すためには、やはり小さな歩みから始めるしかないだろう。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード