13日:サマーリーグ初戦

セッションズとの契約が公式に発表されました。 Bobcats.com
えーと、Ramon の発音は ruh-MAHN と書いてあるので、少なくともレイモンじゃないよね。

120713-Sessions-Main.jpg


サマーリーグの試合結果に一喜一憂する気はないけど、どん底からのスタートとしては、やはり負けるより勝つ方が嬉しいし、幸先も良いんじゃないかと。ということで、初戦のキングス戦は121対87の圧勝でした。
Bobcats.com

・アップテンポなオフェンスでスターター全員が2桁得点(マレンズ20、MKG18、テイラー17、ケンバ16、ビヨンボ12)、控えではヒギンスが10得点。
ほぼ全カテゴリーでキングスを圧倒:シュート成功率は48.4パーセント(46 of 95)対37.7パーセント(26 of 69)、3P成功率は35パーセント(7 of 20)対20.8パーセント(5 of 24)。ターンオーバーはボブキャッツ11、キングス23。ペイント内の得点は66対34、オフェンスリバウンドは21対14。

BOBCATS PLAYERS OF THE GAME
マイケル・キッド・ギルクリスト:18得点、8リバウンド、5アシスト、4スティール。
ケンバ・ウォーカーは効果的にオフェンスを動かし、16得点、7アシスト、2スティール。

ボーネルさんの感想
・ボブキャッツが前半の速いテンポを続けることができたら面白くなる。同様に、マイケル・キッド=ギルクリストが今夜のようにスリーを決めることができれば、リムへのドライブを防ぐのも楽ではない。

・ジェフ・テイラーはシューターという宣伝にふさわしい活躍(FG 7-10, 3P 3-4)だった。鍵となるのはクイックでワンモーションのリリース。そのため、ディフェンダーとの間隔をさほど必要としない。

・キッド=ギルクリストはジェラルド・ウォレスのような最高の速攻のフィニッシャー。トランジションからのリバースレイアップで素晴らしいボディコントロールを披露し、どちらの手でも力強いフィニッシュをした。

あと、ボブキャッツはクリス・ハンフリーズとアントワン・ジェイミソンからの返事待ちだが、どちらも契約できなかった場合、カール・ランドリーが次のオプションかもしれないそうです。ただ、過去3シーズンとも怪我のために少なくとも25試合は欠場していることがネックとか・・・。
で、ツイッターの方では、ネッツがハンフリーズに2年2000万ドルか3年2600万ドルのオファーをしているらしいので、ネッツに残るだろう、というツイートがあります~。
ついでに、ビヨンボは16分で6ファウルしたらしい。(^_^;)

******

セッションズのことをチェックしに行ったら、日本語公式サイトの方のボブキャッツのロゴが前のままなんですよ・・・ダメじゃん。(新・旧)
bobcats_logo.jpg bobcats_logo_jp.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日は気持ちよかったですねー。
1試合ぶっ通しでフルコートプレスなんて初めて見ました。
さすがに疲労が半端ないのか、後半はオフェンスのテンポも若干鈍っちゃいましたけども。
でも単なるラン&ガンじゃなくて、ディフェンスも激しくってのは、続けられるとしたらすごいワクワクしますね。
……続けられるとしたら。

No title

お~昨日の試合をご覧になったんですね、うらやましいです。
私はNBA TVを契約していなくて・・・
1試合ぶっ通しのフルコートプレス、大好物です!(笑)

ラン&ガンとアップテンポなディフェンスって、確かにワクワクですね。
体力的に大変でしょうし、誰も怪我することなくシーズンを乗り切ってほしいですね~。

ああ、来シーズンこそNBA TVにしようかな~。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード