ルーキーズ紹介

南の方で風雲急を告げそうなチームもあれば、ボブキャッツは「J.J.ヒクソンに関心を示している」程度の話題しかありません。
・ヒクソンはブレイザーズからクォリファイイングオファーを提示されなかったので完全FA。
・ボブキャッツは2008年のドラフトでロイ・ヒバートかヒクソンを指名したくてデンバーから20位指名権を得たものの、ヒバートは17位、ヒクソンは19位で指名されてしまった。その後、ヒクソンがサクラメントからウェイブされたときもウェイバー公示期間中に獲得を考えたが、キャップに余裕がなくて断念した。
・で、そのとき、ウェイバーが明けてからの獲得を狙っていたゴールデンステイトが(結局、公示期間中にポートランドにもっていかれた)今回もヒクソンに興味を示しているようだ、とのこと。
Charlotte Observer

ま、とりあえず、ドラフト当日のルーキーズ紹介記事を軽く――

マイケル・キッド=ギルクリストKidd-Gilchrist's success is hard-earned

 マイケル・キッド=ギルクリストの成功は苦労して手に入れたものだが、バスケットボールは苦労のうちに入らないかもしれない。
 彼が3度目の誕生日を迎える前に、父親はニュージャージー州カムデンで射殺された。幼かった頃、キッド=ギルクリストと父のマイケルは、ほとんど毎日、映画「ライオン・キング」を見ていた。
 今は18歳(9月26日に19歳になる)のキッド=ギルクリストだが、まだ週に一回は、父親の死を自分の生命の一部にして成長するシンバの映画を観る。
 キッド=ギルクリストの父は、1980年代にバスケットボールをするためにサウスカロライナ州のベネディクト・カレッジに進学したが、やがて学校を退学し、陸軍に入隊した。
 キッド=ギルクリストがケンタッキー大学への進学を口頭で約束した日、2010年4月14日は父の44回目の誕生日だった。
 彼の多才さ、粘り強さ、容赦のなさはボブキャッツに2位での指名を確信させた。12月のノースカロライナ戦では17得点&11リバウンド、最大のライバルである全米4位のルイビル戦では24得点&19リバウンド、ターンオーバーゼロという成績を残している。
 「彼は誰よりもハードにプレーする」と、ESPN解説者のジェイ・バイラスは言った。 「ポイントガードからインサイドでプレーするフォワードまで、複数のポジションを守ることができる。とてつもない精神力の持ち主だ」
 それは苦しんで手に入れたものだ。
 夫の死後、キッド=ギルクリストの母は自分の兄弟であるダーリン・キッドを頼って引っ越し、ダーリン・キッドはマイケルの父親代わりになった。キッド=ギルクリストがケンタッキー大学進学への同意書に署名することになっていた日、そのおじが倒れた。キッド=ギルクリストは心肺停止の蘇生救急を行ったが、おじを救うことはできなかった。
 その日、彼はケンタッキーの同意書にサインした。
 去年の7月、彼はおじに敬意を表するために自分の名字をキッド=ギルクリストに変えるとツイッターで発表した。
 彼はまた、キッドの息子Deanteのメンターになった。Deanteは他の家族と一緒にドラフト会場にも来ている。100人以上の友人と家族が、キッド=ギルクリストのバスケットボール・ドリームの頂点を分かち合うために、ニューアークのプルーデンシャル・タワーへやって来た。
 「楽しいこともつらいこともたくさんあった」と、キッド=ギルクリストはドラフト前にニューアーク・スター・レッジャーに語っている。「僕はまだ18歳だ。本当は高校生のはずだけど、これで一人前の男になる」

背中がMKG本人、お母さんの再婚相手、たぶんDeanteくん、お母さん。
0628_gilchrist_05.jpg
(Photo by Elsa/Getty Images)

ジェフリー・テイラーBobcats’ No. 2 bolstered Vandy’s D

 6年前にスウェーデンからニューメキシコへ行くことを決めたとき、ジェフリー・テイラーはその旅がシャーロットへ続くことを知らなかった。
 テイラーは、ヒューストン・ロケッツやデトロイト・ピストンズで短期間プレーしたジェフ・テイラーの息子である。ジェフ・テイラーはその後スウェーデンへ移り、プロでプレーして、そのままスウェーデンにとどまった。テイラーは父親の跡を追うためにスウェーデンのノルチェピングを離れ、ニューメキシコ州ホッブスのホッブス高校へ進学した。彼の5人のきょうだいもアメリカでバスケットボールをやっている。
 彼は祖母と一緒にホッブスへ引っ越して、やがて母校を州チャンピオンへ導いた。1試合の平均得点は30点を越え、バンダービルトやテキサス、アリゾナ、ケンタッキー、ゴンザガから奨学金のオファーをもらった。彼はバンダービルトを選んだ。
 テイラーはスウェーデンとアメリカ合衆国の二重国籍を持ち、報道によれば、自分はスウェーデン人だと考えているようだ。
 バンダービルトでは身体的スキルを使い、4年のキャリアで大学史上最も生産的な選手となった。
 「彼は、ずばぬけた走力と跳躍力を持つアスリートだ」と、ジェイ・バイラスは言う。 「キャッチ・アンド・シュートのウイング・プレイヤーだが、今年のドラフトでは屈指のウイング・ディフェンダーでもある」
 大学の下級生の頃は特に目立つペリメーター・シューターではなかった。1年生のシーズンの3Pの成績は22パーセント、2年生のシーズンは9パーセントだったが、最後の2シーズンで34パーセント、42パーセントと著しく上達した。また、4年間で25ポンドも体重を増やして225ポンドまで体を大きくした。

手前がMKGのお母さんと継父で、その隣がたぶんおばあちゃんとお姉さんかな?
0629observer-12.jpg
(Jeff Siner - Charlotte Observer)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード