ドラフトロッタリー

あーあ。

2位でしたね~。

ホーネッツがドラフトロッタリーでNo.1ドラフトピックを獲得

May 31, 2012 10:19

現地時間30日に行われたドラフトロッタリーで、ニューオーリンズ・ホーネッツがドラフト全体1位指名権を獲得。ホーネッツは最近、NBAからニューオーリンズ・セインツのオーナー、トム・ベンソン氏に売却されたばかりで、再建を図るチームにとって幸先よい出だしとなった。

ホーネッツはオールスター、クリス・ポールを今シーズン前にトレードに出したこともあり、ウェスタン・カンファレンス最下位の21勝45敗に終わったが、1位指名権を獲得。ケンタッキー大の1年生、アンソニー・デイビスを指名すると思われる。
7勝59敗とNBA史上最低成績で終わったシャーロット・ボブキャッツは2位指名権に終わり、それ以下の1巡目指名権順位は次の通りとなった。

3位 ワシントン・ウィザーズ
4位 クリーブランド・キャバリアーズ
5位 サクラメント・キングス
6位 ブルックリン(指名権はポートランド・トレイルブレイザーズに移動)
7位 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
8位 トロント・ラプターズ
9位 デトロイト・ピストンズ
10位 ニューオーリンズ・ホーネッツ
11位 ポートランド・トレイルブレイザーズ
12位 ミルウォーキー・バックス
13位 フェニックス・サンズ
14位 ヒューストン・ロケッツ
15位 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
16位 ヒューストン・ロケッツ(ニューヨーク・ニックスから)
17位 ダラス・マーベリックス
18位 ミネソタ・ティンバーウルブズ(ユタ・ジャズから)
19位 オーランド・マジック
20位 デンバー・ナゲッツ
21位 ボストン・セルティックス
22位 ボストン・セルティックス(オクラホマシティ・サンダーを経由してロサンゼルス・クリッパーズから)
23位 アトランタ・ホークス
24位 クリーブランド・キャバリアーズ(ロサンゼルス・レイカーズから)
25位 メンフィス・グリズリーズ
26位 インディアナ・ペイサーズ
27位 マイアミ・ヒート
28位 オクラホマシティ・サンダー
29位 シカゴ・ブルズ
30位 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(サンアントニオ・スパーズから)


幸運ってなかなかないもんだなぁ…確率13.7%のホーネッツに奪られてしまうなんて。
今日食べたダノンビオのふたの裏、「超!大吉!!」だったのにさ~。(笑)

それでも私は、また1位になったらラッキーすぎて不公平なワシントンやクリーブランドよりホーネッツでまだ良かった気がするんだけど、シャーロットの人にとっては「よりにもよってホーネッツにしてやられるとはな」って感じらしい。(内容はこれから読むんですが)
Charlotte Observer: You gotta be kidding -- the Bobcats lose again (Scott Fowler)
That’s gonna sting After losing Hornets, Charlotte loses to New Orleans again (Tom Sorensen)

これってつまり、ホーネッツの新オーナーにご祝儀ってことなんでしょ?┐(´ー`)┌

まあ、2位も8位も一緒とかいう世評だけど、それでも3位や4位よりは2位がいい。
約一名を除いてよりどりみどりですやん。
だからこそ1番悩むポジションかもしれないし、1番失敗しそうなポジションかもしれないけど。(^_^;)

1年前の今ごろは、デイビスとコネチカットのドラモンドとUNCのバーンズの三択みたいに言われていたけど、今はケンタッキーのマイケル・キッド-ギルクリストが2位の本命らしいですね。

Bobcats.comにアクセスしたら、こんななってました。

120530bobcatscom.jpg

ビデオに登場するのが、マイケル・キッド-ギルクリスト、トーマス・ロビンソン(カンザス)、ブラッドリー・ビール(フロリダ)、アンドレ・ドラモンド(コネチカット)、ハリソン・バーンズ(ノースカロライナ)、ペリー・ジョーンズ(ベイラー)・・・最後にアンソニー・デイビス。(ホーネッツの経営陣が脳死状態に陥らないとも限らないからね!(笑)=「他にとんでもないことが起きないかぎり--つまり、シカゴとダラスが脳死状態に陥ってマイケルを指名し忘れたりしないかぎりは、俺に白羽の矢を立てる、とシクサーズから約束されていた」チャールズ・バークリーの自伝より)

ともかく、衆目が一致するNo. 1ピックを獲得できたって、ユーイング&ニックスもシャック&マジックもヤオ・ミン&ロケッツもレブロン&キャブスも(ハワード&マジックも?)優勝できなかったわけだし。<ファイナルまで行くだけでさすがですが。
デュラントだって2位だしね。

それから、コーチ探しの件。

M・ジョーダン氏、P・ユーイング氏にボブキャッツHC就任は無しと伝える

May 31, 2012 13:25

シャーロット・ボブキャッツのバスケットボール・オペレーションズ社長、ロッド・ヒギンス氏は、ここ2週間以内に新HCを決めるが、それはパトリック・ユーイング氏ではないことを明らかにした。
オーナーのマイケル・ジョーダン氏がユーイング氏に対して、ポール・サイラス前任コーチに代わる新HCはユーイング氏以外の人物になることを伝えた、とヒギンス氏は話した。
誰が後任のHCに招へいされるかは、まだ未定となっている。
ヒギンス氏は、「パトリック*パトリック氏は変でしょ。元記事は「パトリック」)はコーチとして非常に多くの資質を持っており、いつかはヘッドコーチになるだろう」とコメント。
ボブキャッツはここまで同職に対して8人と面談し、来週にはさらに数人と面談する。そのプロセスが完了した時点で数名に絞り、最後はジョーダン氏と面談。それから最終決定が下される。


コメントの投稿

非公開コメント

あーあ…

やっぱり人生そう簡単には行かないですね(T-T)

でもまぁ、ボブキャッツにはPFは豊富にいるし、攻撃力のあるSFかCはよりチームのニーズには合ってると思うので、前向きに考えましょう!

とはいえ、デイビスを絶賛する記事ばかり読んでたから立ち直るのにもう少し時間がかかりそう(笑)

残念でしたね~(>_<)
けど2位なのがまだ救いですかね。
2~4位は差がない年と言われていますが(ーー;)

まだホーネッツが100%デイビス指名するとは限りませんし、最後まで祈りましょう\(^o^)/

No title

◎くわみさん
確かに、ボブキャッツにとってデイビスの唯一の欠点はパワーフォワードってことでしたからね。(^_^;)

2位指名でむしろ良かった!という日が来るといいですよね~。
いや、そこまでいかなくても、2位指名でも十分だった、くらいになってくれたなぁ。

◎D・Wさん
私も、2位なら一応まだマシじゃないかと思っています。
とりあえず3位や4位より選択権がありますもんね。

もしかしてホーネッツにはひそかに目をつけている選手がいて、デイビスじゃなくそっちを選ぶ、という可能性とかないでしょうか。(笑)


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード