1位指名権をゲットしたら

えーと、ボブキャッツの観客動員は1試合平均1万4757人でリーグ25位だったそうです。それでも前年より12%増で、チケット収益も13%増とのこと。
でもって、5月3日からドラフトロッタリーがある5月30日まで“Pay the Pick”というプロモーションを行い、2階席の約500シートをドラフト指名順位と同じ値段で販売する。つまり、まんまと1位指名権をゲットしたら1試合1ドル(あるいは全シーズン43ドル)、最悪でも4位指名なので1試合4ドル(全シーズン172ドル)という。
ちなみに、普通のシーズンチケットは一番安くても344ドルだそうな。 
(ところで、ミネソタは2008-09シーズンからこのプロモーションをやったけど、ついに1位指名権はゲットできなかった、と書いてある…) Charlotte Observer

ドラフト1位指名権を引き当てたらコーチ選びにも効果があるかも、というボーネルさん。
Charlotte Observer
ヒギンス球団社長はコーチ探しに期限は設定しないと言った。(現コーチ陣の契約は6月末日まで残っているので、プレドラフト・ワークアウトを任せることができる)
もし1位指名権を手にできたら、コーチ候補との面談で「アンソニー・デイビスをコーチできます」と言うことができる。
私は24年間NBAを取材してきたが、コーチが仕事をオファーされたとき、何にも勝る問題は「どんな勝つチャンスがあるか」だ。
マイアミ・ヒートのロスターを受け継ぐなら、リングのサイズを気にしたり優勝バナーの掲揚シーンを夢想できる。
最高のコーチを雇うためには勝つチャンスが必要になる。コーチにとって勝つことは生き残ることとイコールだから。
このオフシーズン、ボブキャッツは3本の柱を建てなければならない。
まずはドラフト指名。
そして次はコーチ:大御所か無名のアシスタントか、口うるさいタイプか育てるタイプか。
それから、サラリーキャップの余裕をどうするか:フリーエージェントと契約するか、トレードを絡めるか、2013年までとっておくか。
それぞれは別々のようで関連がある。運良くデイビスを指名できたら、良いコーチを雇うのも容易になる。デイビスと良いコーチがいれば、有力FAの気を引くのも簡単になる。
とにかくロッタリーがうまくいけば。

*****

とりあえず毎日祈っとくか… ( ̄人 ̄)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード