【66】vs.ニックス

82-102 (boxscore) 7勝59敗(HOME:4-30, ROAD:3-29)

短くて長いシーズンが終わりました~。
チームの皆、お疲れさま。

ファンの皆さんもお疲れっした。(^_^;)

私は思っていたよりへこんでしまい、今日は記事を読む気もしないし、しばらくNBA関係のサイトに近寄りたくないです。
まあ、どん底からどれだけの期間でどこまで行けるか楽しみにもできますけど。
そのためにはぜひとも欲しいアンソニー・デイビス!
それなのに、こんな成績で1位指名権の確率がたった25パーセントなんて酷だよなぁ。
勝率1割6厘のあげく、ウィザーズやキングスやホーネッツあたりにフランチャイズプレイヤーを持ってかれちゃったら、もう何を楽しみにすればいいやら…。
9勝73敗、1割1分だったシクサーズが無事に1位指名権をゲットした時代は(で、ダグ・コリンズってのはビミョーですけど(^_^;))ドラフトロッタリーなんていう考えようによっちゃ不公平なシステムはなかったからさぁぁ。

【28日】一応、記録。

NYK vs. CHA:ニックスに敗れたボブキャッツ、史上最低の勝率で終了

Apr 27, 2012 14:28

 現地時間26日にシャーロット・ボブキャッツのホームで行われた今シーズン最終戦。オーナーのマイケル・ジョーダン氏はボックス席から試合を見守っていた。だが、シャーロット・ボブキャッツはカーメロ・アンソニー、タイソン・チャンドラー、バロン・デイビスらの主力を休ませたニューヨーク・ニックスに敵わず、104-84で敗退。
 NBA史上ワースト3となる23連敗を喫したボブキャッツは、単一シーズンとして最低となる.106(7勝59敗)の勝率でシーズンを終了した。
 試合は、前半こそボブキャッツが互角に戦って2度のリードを奪い、ハーフは46-44と2点ビハインドで折り返す展開。だが、第3Qにはアマレ・スターダマイヤーに11得点を許す。そのままニックスに二桁リードを与え、最後まで挽回できなかった。
 ニックスではスターダマイヤーが21得点、ジョッシュ・ハレルソンが18得点、イマン・シャンパートが12得点、マイク・ビビーが12アシストを記録。また控え陣もJR・スミスが22得点、ジェローム・ジョーダンが13得点するなど活躍した。
 この勝利でイースタン・カンファレンス7位を確定したニックスは、28日から始まるプレイオフでイースト2位のマイアミ・ヒートと戦うことになった。
 「これ以上幸せなことはない。素晴らしいレギュラーシーズンだった。これからプレイオフだ。選手たちも準備万端で始めるだろう」と、シーズン途中にマイク・ダントーニHCに代わって指揮を執り、18勝6敗の好成績で終了したマイク・ダントーニ暫定HCは笑顔を見せた。
 一方、ボブキャッツではジェラルド・ヘンダーソンが21得点、ケンバ・ウォーカーが13得点、DJ・オーガスティンが12得点、DJ・ホワイトが11得点を記録。だが、39年前の1972-73シーズンにフィラデルフィア・セブンティシクサーズがフルシーズンで記録した9勝73敗(.110)を下回る、有難くない記録を更新してシーズン終了となった。
 ヘンダーソンは、「7勝59敗という成績は我々が計画したものではない。受け入れられない成績だ。最後の10試合、何とか最低記録を免れようと頑張ったが、上手くいかなかった」と嘆いた。一方で、続投が疑問視されているポール・サイラスHCは、「選手たちは本当に頑張ってくれた。責めることはできない。もし選手たちがハードにプレイせず、態度もひどかったら、そうは言えない。だが選手たちは前向きに取り組み、必要なすべてのことをしてくれた」とねぎらった。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

見事!!!!
逆・95-96ブルズ記録!

恐ろしい数字です。
未来永劫、更新できない気がします。

(*´・ω・`)ノポンポン

もうこれがどん底だと思うしかないですよねほんと

MJには今後、史上最高勝率のチームの絶対的エースであり史上最低勝率のチームのオーナーであった男って肩書きがつきまとうんですね…

来年はその汚名を返上出来るくらいの素晴らしいチームを頑張って作って欲しいです。

No title

◎KenKenさん
私だって以前は、9勝73敗勝率=1割1厘なんてどうやったらそんなに勝てないんだ?
と思ってましたからね。(^_^;)
ホント、7勝59敗にはびっくりですけど、記録は破られるためにある!ってことで、
ぜひどこかに破ってほしいもんです。
(いや、もう永久にそっとしておいてほしい気も…(笑))

◎ゆ~すけさん
かたじけない…(TωT。)

まあ、堕ちるだけ落ちたら後は上昇するしかないわけですからね!
…って、これでどん底じゃなかったらどーしよう。(^_^;)

◎元大学生さん
>史上最高勝率のチームの絶対的エースであり史上最低勝率のチームのオーナー

こう並べるとそんなに悪くないかもって思います。(笑)
そして、いつかこの肩書に「史上最低勝率を記録したチームから常勝チームへ育てた」という追記が加われば、むしろそちらの方がドラマチックですよね。

そう言えば私は、95年の復帰後、プレーオフで敗退という挫折を味わい、「やっぱMJももう年」とか言われたことで余計に熱心なファンになったのでした。(^^)v
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード