Season in Review:MKG

み~んなの良いところを探すのも大変だろうな。

2016-17 Season in Review | Michael Kidd-Gilchrist
Tipping Off
昨シーズンは複数回の肩の手術のせいで7試合しかプレーできなかったマイケル・キッド=ギルクリストだが、再び実り多いシーズンを過ごすために復帰した。チーム最多となる81試合の先発のみならず、5年目の今シーズンもさまざまな分野で結果を生み出し続けた。

Making Up for Lost Time
キッド=ギルクリストは、10月26日の開幕戦で得点(23)とリバウンド(14)でシーズン・ハイを記録。12月5日までのシャーロットの最初の21試合中20試合でプレーし、10.0得点、FG46.8パーセント、7.2リバウンド、1.3アシスト、1.1ブロックを挙げた。

この間、11月26日から12月5の6試合連続(自己2番目の長さ)で2桁得点を記録。12月31日までの33試合では9.1得点、44.8パーセント、6.9リバウンド、1.2アシスト、1.0ブロックだった。

2017 Starts Off Strong
スタッツ的にシーズン中最も好調だったのは1月で、9.4得点、FG46.7パーセント、8.4リバウンド(OR2.3)、1.6アシスト、1.1ブロックという成績を残した。1月のリバウンドとオフェンス・リバウンドの数字はリーグの全スモールフォワード中最多タイと最多だった。

2月の11試合では、7.9得点、FG46.3パーセント、月ごとの成績でシーズンハイの8.7リバウンド、1.9アシスト、1.4スティールだった。2月15日から25日にかけては、2015年1月10日から17日のビスマック・ビヨンボ以来となる3試合連続12リバウンド以上(キャリア最長)を記録した。2月のキッド=ギルクリストの平均リバウンドとオフェンス・リバウンドはNBAのスモールフォワードの中で2番目に良い成績だった。

Spike in Shooting Percentage
3月2日から4月11日のラスト22試合でキッド=ギルクリストのリバウンドは少し低下した(5.1)が、FG成功率とFT成功率は大幅に改善して53.7パーセントと83.3パーセントで平均9.8得点を記録。3月13日のホームでのブルズ戦(115対109で敗北)はFG9-12で22得点を挙げ、12本以上試投した試合ではキャリア2番目の成功率(75.0パーセント)に並んだ。

Final Numbers
最終的に、キッド=ギルクリストはFG47.7パーセントで9.2得点、チーム最多の7.0リバウンド(OR1.9)、1.4アシストにキャリア最高のフリースロー成功率(78.4パーセント)、スティール(1.0)、ブロック(1.0)、ターンオーバー(0.7)を残した。彼は、今シーズン少なくとも81試合に先発したリーグ中でわずか13選手の1人であり、ホーネッツの選手としては2012-13シーズン以降3人目。

「シーズン中ずっと健康なままでいることは今シーズンの目標だったし、それが実現できた。その点では自分に満足している。自分の中では健康でいることへの不安はない」と、4月12日のエグジットインタビューでキッド=ギルクリストは言った。

今シーズン、6フィート7インチ以下の選手で500リバウンド、75スティール、75ブロックを記録したのは、キッド=ギルクリストとオール・ディフェンシブ1stチームに2度選ばれたゴールデンステイトのドレイモンド・グリーンだけである。2002-03シーズンのスタートから、1シーズンでそれらの数字を記録した選手は4人(グリーン、ショーン・マリオン、ジェラルド・ウォレス)しかいない。

また、全スモールフォワード中、ディフェンシブ・リアルplus-minus(+2.47)が4位だった。このスタッツは、つまりキッド=ギルクリストがフロアにいる場合はいない場合に比べてホーネッツが100ディフェンシブ・ポゼッション当たり約2.5失点少ないことを示す。

2017-18 Season Outlook
キッド=ギルクリストの契約は、次の2シーズンと2019-20シーズンのプレイヤー・オプションが残っている。キッド=ギルクリストは、2015-16シーズンにほとんどプレーしていないことを今シーズン耐えたかもしれない個人の限界の言い訳にすることを拒否した。
「僕は弁解はしない。理由は分からない。今シーズンは少しルーキーのような気がした。来シーズンはどうなるか見よう」

「私は、(マイケル・キッド=ギルクリストの)シーズンにアップ&ダウンがあったと思う」と、4月13日の会見でリッチ・チョーGMは言った。「本当に優れているひらめきを示すこともあり、フロアの両端で良かったり悪かったりしたこともある。昨日の面談で本人にそう伝えたし、自分でもそれは認識していると思う。この夏は、かつての姿に戻り、それを超えるために猛練習するはずだ」
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード