【60】@LAレイカーズ

○109-104 (ボックススコア) 26勝34敗(HOME: 16-13, ROAD: 10-21)

ニコラとラムのシューティングは懸念通りになってしまいましたが(^_^;) カミンスキーとマービンが好調だったのと、やっぱり頼りになるケンバ。



Hornets Finish Off Lakers in Fourth
ホーネッツにとってゲームを締めくくることはシーズン中ずっと課題だったが、火曜日のレイカーズ戦に勝ったことで何とか一歩前へ進んだ。コーディ・ゼラーの復帰にも助けられ、ホーネッツは30得点中11得点を4Qに集中したケンバ・ウォーカーからもう一つのビッグ・パフォーマンスを得た。これで、直近のロード3試合で2勝目、レイカーズに対してはフランチャイズ記録となる5連勝中。

Turning Point
残り1分55秒で97対98と1点差を追う展開、ケンバ・ウォーカーは3Pシュートでホーネッツの8-0ランの口火を切った。次のポゼッションではマービン・ウィリアムズの長距離砲が続き、フランク・カミンスキーは残り17.2秒でホーネッツのリードを105対97に広げるフリースローを決めた。残り15秒でデアンドレ・ラッセルは何とか3点差まで点差を縮めたが、ウォーカーは再びシャーロットの勝利を固めるフリースローを2本とも決めた。

Hornets Player of the Game
ケンバ・ウォーカーは、FG9-18(3P5-9)でチームハイの30得点、5リバウンド、チームハイの7アシスト。30得点オーバーは今シーズン11試合目ながら、2試合連続は2016年12月31日と2017年1月2日に続いてまだ2度目。

Lakers Player of the Game
ジュリアス・ランドルは10-14のシューティングでチームハイ・タイの23得点にゲームハイの18リバウンド、6アシスト、3スティールというモンスターな活躍。今シーズン13度目のダブルダブルで、リバウンド数は2番目に多い(2016年11月30日のシカゴ戦の20に次ぐ)。

Game Notes
フランク・カミンスキーはFG8-15で24得点にチームハイの12リバウンドで今シーズン4度目のダブルダブル(すべて2月) … マービン・ウィリアムズは16得点、6リバウンドを加えた … マルコ・ベリネリ(11得点)とマイケル・キッド=ギルクリスト(10得点)も二桁得点 … 5試合欠場したコーディ・ゼラーが復帰してベンチから18分プレーして6得点、5リバウンド … ホーネッツは3Pを16-39(41.0パーセント)決め、レイカーズは12-32(37.5パーセント)だった … リバウンド争いはホーネッツの46対39、オフェンスリバウンドは12対6 … スティーブ・クリフォードHCはホーネッツ史上3人目となる150勝を記録(アラン・ブリストウが207勝、ポール・サイラスが192勝)。

Quote of the Night
「終盤にしっかりディフェンスが出来たと思う。(ロサンゼルスが)何本かすごいショットを決めたけれど、特に大事な第4Qで素晴らしい仕事をしたと思うよ。結束して守りを固め、オフェンスでもすごいプレーをした。素晴らしい取り組みだった」 -- ケンバ・ウォーカー

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード