現状

ヘンダーソンとの再契約が無事に公式発表されました。Bobcats.com

これで、
PG:ケンバ・ウォーカー、ラマン・セッションズ(契約最終年)
SG:ジェラルド・ヘンダーソン、ベン・ゴードン(契約最終年)
SG/SF:ジェフ・テイラー
SF:マイケル・キッド=ギルクリスト
PF:コディ・ゼラー、ジョシュ・マクロバーツ 
C:アル・ジェファーソン、ビスマック・ビヨンボ、ブレンダン・ヘイウッド

・・・誰か抜けてませんよね?

マクロバーツは2014-15がプレイヤーズ・オプションらしいけど、とにかく2シーズンは中心メンバーをキープできると。(その後、ケンバたちの再契約が来るけどね~)

あとは三番手のPGと6人目のビッグマンを加えるのか。とりあえず、ジェフ・エイドリアンとは保証のない契約があり(チームオプション)。あと、ジャネロ・パーゴはまだ売れ残っていたような。

昨シーズンのメンバーのうち、レジー・ウィリアムズはロケッツへ、バイロン・マレンズはクリッパーズへ。
で、タイラスとジョップはとうとうNBAから消えるのだろうか。

足跡@シカゴその9

MJ's Chicago footprints:新コミスキーパーク

mlb_ap_new_comiskey1_200.jpg
(AP Photo/Charles Bennett)

ジェリー・ラインズドルフはもちろん知っていた。そして、ジェリー・クラウスも。フィル・ジャクソンも知っていた。スコッティ・ピッペンは前夜に「それらしいこと」を聞かされたが、本気にしていなかった。

しかし、それは、その情報が新コミスキー・パーク周辺で、感電が人の手から手へ伝わるようにあっという間に拡散するまでのこと。マイケル・ジョーダンが30歳でバスケットボールから引退すると。

ジョーダンは、10月5日の夜にホワイトソックスとトロント・ブルージェイズが戦うアメリカンリーグ・チャンピオンシップ・シリーズの第一戦で始球式を行うことになっていた。

すでに大変な一日だった。

ジョーダンはその日の午後、フィル・ジャクソンとゼネラルマネージャーのジェリー・クラウスに自分の考えを打ち明けた。ジャクソンは彼を説得して思いとどまらせようとし、ジョーダンがもう心を決めたと言うと、涙ぐんだ。

「そうなるのが嫌だったんだ」と、1年後にバーミングハムのマイナーリーグに所属していたジョーダンはインタビューで語っている。「あれはすごくつらかった。フィルが泣くところなんて、それまで見たことがなかった。本当に偽りのない涙だったから余計にね。自分は引退を決めるまで、多くの人のエモーショナルな面を知らなかったと思う」

ラインズドルフは数日前に確実なことを知っていた。ジョーダン・ファンデーションの年中行事である夕食会のアフター・ディナー・ドリンクの席で、ジョーダンの代理人のデイビッド・フォークが爆弾を落としたときに。

「彼は、『あなたは信じないでしょうが、マイケルは引退したがっています』と言った」と、ラインズドルフはフォークの言葉を思い出した。「もちろん、私は唖然とした。すると彼は、『そして、野球をやりたがっています』と続けたんだ」

火曜日の夜、翌日にはジョーダンの引退発表記者会見があるというニュースが流れたとき、何人かのチームメイトは球場のスイートやその周辺にいた。

「私は皆に、『これは秘密にしておこう』と伝えていたんだ。プレーオフへの注目を奪いたくなかったからね。その後、(NBC幹部の)ケニー・シャンザーと(試合前に)歩いていたら、彼は私に、マイケルの引退にどれほどショックを受けているかと話すんだ。私は、『どこから知った?』と尋ねたよ。私たちがマイケルの始球式を見るためにボックス席へ着くころには、もう全員がニュースを知っていた。(テレビレポーターの)ジム・グレイは私のボックスを襲おうとしていたし、エディ(ソックスのオーナー、エディ・アインホーン)のボックスにいたクップ(サンタイムズのコラムニスト、Irv Kupcinet)は、そのアドバンテージを活かしてネタを通報していた」

「メジャーリーグは私に腹を立てるだろうと思ったよ。そもそも、マイケルに始球式をさせたことにご立腹だったが」

別のスイートにいたピッペンも記者に襲撃されていた。

「俺は何も知らない、と答えたし、本当に自分が確かなことを知っている気はしなかった」と、数ヶ月後のインタビューでピッペンは応えた。「あれをただの流言とは思わなかったが、とにかく本人から話を聞きたかった。それで、中へ戻って彼のスイートに電話をかけ、本人から事実だと告げられた。ものすごくショックだった。ショックでこたえたし、驚いた」

もう一人のチームメイト、スコット・ウィリアムズは、ジョーダンのことを親友でありメンターと思っていた。彼もまたピッペンとは別のスイートにいて、ジョーダンが引退するというテレビのニュースを見た自分の広報係から電話で話を伝えられた。

ウィリアムズはバルコニーに出て、ラインズドルフのボックスを期待を込めて見上げた。そこからジョーダンが身を乗り出してこちらを見下ろし、全部いたずらさ、引っかかったか?と笑っているのではないかと。

「何だかずいぶん長い間、上を見詰めていたように思う」と、ウィリアムズは言った。彼は結局、エレベーターで上へ行き、ジョーダン本人からニュースを聞いた。

「涙が出た」と、ウィリアムズは言った。「彼を目にした途端、全部真実だと分かったんだ。ショックで彼の言葉も覚えていない。すべてがぼんやりしていて。でも、私が彼を励ますよりも、彼が私を元気づけてくれたことは覚えている」

ジョーダンは試合を観なかった。

「私たちはマイケルを外へ出した」と、ラインズドルフは回想した。「そこから、トンネルを通って球場の外へ」

そして、ホワイトソックスは7対3で初戦を失った。

-- Melissa Isaacson

********************************

情報夏枯れのさなか、michael jordanでニュース検索したら、マーカスが間違ってTwitterに全裸の写真をアップしてしまい、あれは自分じゃなかったと言ってるとか何とか、タイトルだけ眺めて本文は読んでいないので詳細は分かりません。マーカスはどうも長男のジェフリーに比べていろいろと脇が甘い。(^_^;)

IT'S OFFICIAL!!!!

IT'S OFFICIAL!!!!.....I am a Charlotte Bobcat again!! I'm glad to be back and am ready for another season in the Queen City!!!! と、ヘンダーソンがツイートしています。


えーと、で、ドラフト前の記事なんですがマトメ的に。
ボブキャッツの現有資産トップ10 (Charlotte Observer

1)豊作と噂の2014年のドラフトで最大3つのロッタリーピック
ブレイザーズの指名権(トップ13以下の場合)、ピストンズの指名権(トップ9以下の場合)、自分たちの指名権。カンザスのアンドリュー・ウィギンス、デュークのジャバリ・パーカー、オクラホマ州立大のマーカス・スマートが来シーズン終了後にプロ入りする可能性は大きい。3つの1巡目指名権(最高なら1位と9位と13位)は、自分たちで使うにしろトレードするにしろ最高の資産になり得る。しかし、最悪の場合、ボブキャッツは1巡目指名権がゼロになる可能性もある。ピストンズが8位以内、ブレイザーズが12位以内だと指名権はプロテクトされる。自分たちの指名順位がトップ10から落ちると、タイラス・トーマスの見返りとしてブルズに譲渡される。

2)ケンバ・ウォーカー
現時点で彼は、次のプレーオフチームの中心選手となる若手の中で最も洗練された選手だ。昨シーズンは得点(17.7)とアシスト(5.7)とスティール(2.0)でチームトップだった。2年目のウォーカーはルーキーシーズンから劇的に成長し、母校のコネチカット大学を全米制覇へ導いた攻撃的で断固とした選手に戻った。ディフェンス面ではマイナスと言われていたが、敵チームのパッシングレーンからボールを逸らしてオフェンスを中断させる場面が多かった。2012-13シーズンの成果を探すなら、それはウォーカーが重要なポジションのキーパーであることを示したことだ。彼にはリーグのトップ10ポイントガードの1人になるポテンシャルがある。

3)十分なキャップスペース
4)ドラフト4位指名権
(解決済みなので省略)

5)マイケル・キッド=ギルクリスト
1年前の2位指名選手。ソリッドなディフェンダーだがオフェンス、特にシューティングはまだ多くの取り組みを必要とする。クリフォード新コーチはキッド=ギルクリストをもっと活かす方法を考えているが、いずれにしろジャンプショットのメカニカルな欠陥は修正しなければならない。キッド=ギルクリストはチームにシューティングコーチの雇用を提案し、ボブキャッツはマーク・プライスを雇って応えた。今後の成長いかんで、平均15得点、7リバウンド、敵のエースを封じるディフェンダーになれる可能性がある。

6)ジェラルド・ヘンダーソン
制限付FAでなければこのリストでもっと上位かもしれない。これまでのボブキャッツは1巡目指名選手をうまく引き止めてこなかったが、ヘンダーソンについては保有する価値ありと見ているようだ。昨シーズンはラスト24試合で二桁得点を続け、その間は18.2得点、46パーセントだった。ヘンダーソンはボブキャッツとの再契約を望むと言い、自分が低迷するチームの一員であったなら、成長の一員でもありたいと語っていた。

7)ビスマック・ビヨンボ
2011年の7位指名選手。昨シーズンはブロックでリーグ10位(1.77)だったが、相変わらずオフェンス面ではマイナスだった。「彼の手は改善すると思う」と、チョーGMは言った。「伸び代は大きい。シュートも少し良くなった。我々がシューティングに重点的に取り組むスタッフを雇おうと考えたのは彼のためでもある」。パトリック・ユーイングの存在もビヨンボの成長に良い影響をもたらすはずだ。

8)ホーネッツというニックネーム
2014-15シーズンから戻る。ファンに人気の高い動きだから、チームがコート上で成長するまでの時間稼ぎになるかもしれない。しかし、懐古の情だけで無期限なサポートは期待できない。

9)新たなコーチ陣
ボブキャッツはここ3シーズンで3人目のヘッドコーチを迎える。連続性の欠如はポジティブではありえない。しかし、クリフォードはNBAの最高のコーチたち、ジェフ・ヴァン・ガンディとスタン・ヴァン・ガンディの下で10シーズン働き、この職責の準備ができているようだ。また、アシスタントのユーイングとプライスの信頼性は、彼らが教える選手たちを通して現れるはずだ。

10)十分なプレーイングタイム
ヒギンス球団社長は、次のシーズンにプレーオフ出場がかなうとは思っていないが、毎試合競うことを望んでいると言った。現時点では、目先の1勝にこだわるよりも出場時間を若手の成長に投資するだろう。オブザーバーのトップ100リストを見ても、若手に時間を与えることが良い結果につながることが分かる。ゴールデンステイトのステフォン・カリーやインディアナのポール・ジョージは、キャリアの初期に十分な出場時間を与えられたことでスキルを磨き、リーグを学び、ランキングが急上昇した。

***************

さてさて、いよいよ夏枯れだよネー。記事がない~。

絶滅危惧種

はしょってます。だいたいこんなことかな、程度で。(^_^;)

Charlotte Observer: Charlotte Bobcats' Jefferson possesses rare skills
Posted: Saturday, Jul. 13, 2013

それがダーク・ノビツキーのせいであれ、マジック・ジョンソンのせいであれ、カレッジの審判や子供の頃のバスケットボール文化のせいであれ、アル・ジェファーソンのようなバスケットを背にしたプレースタイルは絶滅しかかっている。
「ここ5年ほどの問題だ」と、ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバースHCは言った。
「我々のリーグは、ローポストで働くビッグマンがいない時代を経験している。今のビッグマンたちは外からシュートを撃ち、もっと幅広いプレーをしたがっている」
「彼らは腕を磨こうとしているが、自分にふさわしくないスキルに取り組んでいることも多い」

ジェファーソンやメンフィス・グリズリーズのザック・ランドルフのようなローポストのスコアラーは、敵のダブルチームを引きつけ、チームメイトにシュートのアドバンテージを与えるには最高の戦力だ。彼らはそのために、プロの基準から考えても高額な年俸を支払われている――そういうプレーをする選手が少なくなっているからさらに。
「オールド・スクールがニュー・スクールになったから、僕が目立つんだ」と、ジェファーソンは言った。「もうゲームは昔と違う」
しかし、なぜ? ラスべガスのサマーリーグで周囲に尋ねれば、1ダースの理由が聞けるだろう。

Imitation leads to outside migration

ジェファーソンは、「彼のせいにはしたくないが、ダークから始まったと思うよ。あれから、パワーフォワードがシューターになった。でも、ダークは別格なんだけどね」
7フッターのノビツキーはリーグ最高のジャンプシューターの一人である。ジェファーソンが言ったように、ノビツキーは別格なのだが、それでも他の背が高い選手たちは真似ようとすることをやめない。それは、ビッグマンをどんどんバスケットから遠ざける。

一方、リバースHCは異なる名前を挙げた。
「私は、マジック・ジョンソンがゲームを滅ぼそうとしていると冗談で言うよ。今のビッグマンたちは子供の頃に6フィート9インチのマジックがボールを運ぶところを見て育ち、そういうプレーに憧れている」
「ビッグマンとしてのプレーは忘れ去られた技術だ」
リバースはまた、根底にあるもう一つの理由も指摘する。カレッジのルールはディフェンスがレーン内に集中することを許す。そうなるとビッグマンのスコアリングが機能しないため、全員がペリメーターに散る。さらに、カレッジのレフェリーは二人のビッグマンがポジション争いでぶつかり合うと簡単にファウルを吹く。
リバースは2007年のNCAAトーナメントでオハイオ州立大のグレッグ・オデンとジョージタウンのロイ・ヒバートのマッチアップを楽しみにしていた。しかし、「(カレッジではレーン内で)誰にもさわることができない。2人とも3分たたずにファウルトラブルでベンチだったよ」

Big Mo the muse

2004年にボストン・セルティックスから15位指名されたジェファーソンの最初のNBAコーチがリバースだった。コーチは彼に、体格もオフェンスもとても良く似ているモーゼス・マローンを知っているかと尋ねた。

マローンは1995年に引退していたため、リバースはセルティックスのビデオ部門に頼んでマローンのポスト・ムーブのDVDを焼いてもらった。ジェファーソンはすぐに関連性を理解し、マローンが19シーズンで平均20.6得点という成績を残すことができたスタイルの一部をコピーし始めた。
しかし、彼は他の選手からすべてを流用する必要もなかった。
「アルはNBAで一番の天性のポスト・スコアラーだ」と、リバースは言った。
「セルティックス入りして2回目の練習で、まだ19歳だった彼は、私が『誰もあんなプレーは教えていないぞ!』と言うような動きを見せていたよ」
「君も彼がどれほど優れたスコアラーか驚くと思う」

ジェファーソンのモデルであるマローンも同意する。
先週、ボブキャッツのフレッド・ホイットフィールドCOOが主催したチャリティ・ゴルフに参加したマローンは、
「この選手は競り合いを恐れない。体のぶつかり合いを恐れない。ゲームにセンターというものを取り戻している」と言った。
マローンは、ジェファーソンがボブキャッツに9シーズンなかったものをもたらすと言う:ポストのオフェンス力。
「ローポストで敵を止めるのは一番難しいことだ。彼はシャーロット・ボブキャッツに敵のディフェンスを変化させる存在を与えるだろう」

ヘンダーソンと合意(数字を訂正)

ヘンダーソンと3年1800万ドルで合意に至ったようです。

例によって第一報はヤフー・スポーツのワジノロスキー記者:Gerald Henderson finalizing deal with Bobcats
で、オブザーバーも:Source: Charlotte Bobcats, Gerald Henderson reach deal

3年目はプレイヤーズ・オプション。ヘンダーソン側が、年俸700万ドルの3年契約というオファーより2015-162014-15シーズン後にFAになれる方をとったそうです。今週末に細かいところを決めて、来週早々にサインする見込みとのこと。

*3年目がオプションだから2014-15シーズン終了後!というか、元記事にもそう書いてあるし~何やってんだ。

これで今オフの大きな仕事は終わりですね。
来シーズンは、ケンバ、ヘンダーソン、MKG、ゼラー、ジェファーソンのスターターに、Biz、テイラー、ゴードンがベンチからと、なかなかNBAチームらしくなってきた


【メモ】アダム・モリソンは現役を引退して母校ゴンザガ大学のアシスタントコーチになるようですね。
CBS Sports: Adam Morrison joining Gonzaga staff
今は学位取得に向けて授業を受けているらしく、コーチいわく"student assistant,"とか。
「選手たちは本当に彼を尊敬しているから、とても素晴らしいこと」

ゼラーのQ&A

サマーリーグに備えた練習中のインタビューです。
ちょっとテキトー訳で。(^_^;)

Off the Court: Cody Zeller (Bobcats.com)

スペース・ジャムを見たことはある?
うん、スペース・ジャムの大ファンだよ。

ヒマなときは何をしたい?
僕はかなり退屈な人間なんだ――ヒマなときは寝るか、映画を見るのが好きだ。

どういう映画を見るの? 好きな映画はある?
アクションとコメディだね。ウィル・フェレル、オーウェン・ウィルソン、映画は『ウェディング・クラッシャーズ』が好きだよ。

それなら、『Anchorman 2』にワクワクしている?
もちろん。

大学の何が一番恋しくなりそう?
インディアナ大学のアッセンブリー・ホールでプレーすること。信じられないほど素晴らしい場所だった。
あとはケリー経営学部。

学士課程は修了するつもりなんですね?
卒業まであと35履修単位時間なんだ。

というと、あと2年くらい?
ふた夏で卒業できると思う。

あなたは宗教的な信条についてかなりオープンですが、大好きな(聖書の)節はありますか?
ルカ 12:48、"to whom much is given much is required" と、ピリピ人への手紙 4:13、"I can do all things through Christ who strengthens me"

それが特別な理由は特にある?
インディアナのクリーン コーチがよくルカ 12:48の話をしてくれたんだ。あと、ピリピ人への手紙 4:13はそれそのものが理由だよ。

ご家族の非営利団体 DistinXion(http://distinxion.org/)はあなたにとって何を意味するか少し話してもらえますか?
僕にとってはとても意味のあることだ。バスケットボール・コート内外で今の僕があるのは、大勢の人たちから助けられてきたからだと思う。だから、僕や兄弟は自分たちにできることで小さな子たちに手を貸して、お返しをしたいと思っている。

それは、あなたが現役引退後にやりたいと思っていること?
もちろん。プレーしている間も手伝いたいし。

大学在学中は組織とたくさん関わることは許されなかった?
そう、NCAAの規則があって、たとえそれが非営利団体で自分の家族の組織でも手助けはできなかった。だから今は、宣伝もできるし、イベントへも行けるんだ。

あなたはすごいいたずら者という噂だけれど、今までで一番のいたずらってどんなこと?
うちの母は何でも取っておくのがブームなんだ。たとえば、僕らの古い携帯電話とかね。どれかが壊れた場合に備えてだって。だから、うちのクローゼットには15台か20台の古い携帯電話があった。で、ある夜僕は、全部充電して、両親の部屋のあちこちに隠して、夜中に鳴らしてやったんだ。その後、とっておくのは1台か2台になったよ。

自分がいたずら好きだったら、“ルーキーいじめ”も覚悟していた?
うん、当然ね。

仕返しも考えていた?
いや、大人しくいじられるつもりだったよ。

インディアナ州ワシントンで育つというのはどんな感じ?
最高だった。人口1万2000人くらいの小さな町なんだけど、僕らのバスケットボール・ジムの収容人数は7000人もあったんだ。大きなバスケットボール・コミュニティで本当に親密なコミュニティだよ。とても楽しかった。

********************

そう言えば、オーガスティンの代まではドーナツ買いに行かされたり、おかしなバックパックを持たされるルーキーいじめの話題があったのに、ここ数年は全然聞かないな。
もう若い子ばかりで全員ルーキーと大差ないから?(笑)

ジェファーソン歓迎コラム

サマーリーグを経たせいか、かなり今さらな気もしますが。

Scott Fowler: Jefferson gives Bobcats stability
Posted: Wednesday, Jul. 10, 2013

アル・ジェファーソンは伝統的スタイルのビッグマンだ。

で、彼はここでうまくフィットするか? 間違いなく。これは良い契約だったか? もちろん。 ジェファーソンは今シーズン、ボブキャッツをプレーオフへ押し上げるか?

まあ、ない。

しかし、ジェファーソンはシャーロットにある程度の体面とゴール下の戦力をもたらす。また、オーナーのマイケル・ジョーダンが実際に金を使うであろうことも示している。

記者会見やその後のオブザーバーとのインタビューで、ジェファーソンの口調や振る舞いはジェラルド・ウォレスを思い出させた。

ウォレスと同じく、ジェファーソンも深南部出身で、ユーモアのセンスの良さがあり、自分の欠点や性格を正直に話す。ジェファーソンは自分から、彼にボールを渡すと二度と戻ってこないところから付いたミネソタ時代のあだ名、「ブラックホール」を口にした。
「それを否定するつもりはないよ。昔はそうだった」

しかし、ユタで3シーズン過ごしたあと、自分は人間としても選手としても成長し、よりアンセルフィッシュになったと言う。彼と話していると、確かに成熟が感じられる。

ボブキャッツに関しては、ジェファーソンは若いチームメイトからのいかなる弁解も受け入れそうにないベテランという印象だ。
本人いわく、「ここへ来ることで合意したとき、ケンバ(エージェントが一緒で、そこそこ友好関係にある)に言ったことの一つが、『過去2シーズンの低迷に付き合うつもりはないぞ。俺はお前がこのチームを立て直すのを助けるために来るんだ』と。彼は同意した。それは俺たちから始まる。・・・それがやりたいことだし、俺たちにはそれがやれると思う」

私の親しい同僚のトム・ソレンセンは、ジェファーソンとの契約を批判した。その根拠は主に、ボブキャッツが来シーズンも低迷することで、2014年の上位指名権をゲットしてほしいからだ。

理論的には良さそうなことだが、それがめったにうまくいかないことは誰でも知っている。これはNFLではない。たとえ最下位に終わっても1位指名権を得られない確率が75パーセントもある。2012年のボブキャッツは7勝59敗という成績でもアンソニー・デイビスを指名できなかった。

だから、ジェファーソンのような選手をゲットするチャンスがあれば、やってみよう。たった今。彼のキャリアは始まったばかりというより終わりに近づいている。しかし、過去3シーズンはとても丈夫だったし、まだ28歳で、我を張らないロッカールームのリーダーだ。コディ・ゼラーやビスマック・ビヨンボの良き助言者にもなるだろう。

「この業界でローポストのスコアリングはプレミアムだ」と、ロッド・ヒギンス球団社長は言った。「バスケットに背を向けてローポストで得点できる選手を見つけることができるかどうか、通常、そういう選手はなかなか得られない」

過去6シーズンで毎年、最低でも17得点、9リバウンド以上の成績を残した選手はたった二人しかいない。ジェファーソンはそのうちの1人だ。あと一人はドワイト・ハワードである。

ジェファーソンが言うには、ダラスとニューオリンズからも関心を示されたが、所属チームだったユタは若手への切り替えを決め、自分と再契約する意思はなさそうだった。昨シーズンは全センターの中で平均得点が2位(17.8得点)、ディフェンス・リバウンドは6位だった。

それなのに、カジュアルなNBAファンが彼のことをほとんど耳にしないのはなぜか?

彼が派手ではないから。素晴らしい跳躍力があるわけでもなく、仕事のほとんどはリムの下だ。彼はモーゼス・マローンのようなプレーをするし、本人もマローンとの比較を楽しんでいる。そして、おそらく最も大きいことは、NBAでの9シーズンで2度しかプレーオフ経験がなく、どちらも一回戦で敗退したせいだろう。

だから、今のジェファーソンはミシシッピー州プレンティスで育った子供の頃の途方もない夢も及ばないほどリッチだが、それでもまだハングリーだ。

簡単に言えば、彼はエリート選手と見なされるほど勝っていない。そのラベルを貼り変えたければ、シャーロットはありえない場所のようだが、ジェファーソンはそれを決意している。

「イーストとウエストは違う」と、どちらでもプレーした経験があるジェファーソンは言った。「イーストに素晴らしいチームは5~6チームだが、ウエストには12~13チームもある。だから、ボブキャッツの現在の選手たちに自分が加わり、全員がしっかりフォーカスし、全力を注げば、勢力図を変えるチャンスがあると思う」

The Rim Attack

Ball Don't LieBleacher Reportでなぜか同じ日に「ダンクより印象的なMJのフィニッシュの数々」と取り上げられていたYouTubeの動画デス。



いや~すごいな・・・。






いつかヘッドコーチに

オール・サマーリーグ・チームが発表され、ジェフ・テイラーとコディ・ゼラーが選ばれました。
あとの3人は、ケント・べゼモア(GSW)、ジョン・ヘンソン(MIL)、ヨナス・バランチュナス(TOR)。
二人選ばれたのはボブキャッツだけで、ルーキーで選ばれたのはゼラーだけです。
Bobcats.com


ヘッドコーチになることを切望している7月9日のパトリック・ユーイング(父)の記事。
Yahoo! Sports: Ewing stays positive, hopes for head coaching job

現役時代はヘッドコーチなど想像もしなかった。
今はそうなる日が待ち遠しい。

17シーズンの現役生活のあと、アシスタントコーチ歴も9シーズンになるパトリック・ユーイングは、それでも再び先を越されたことに腹は立てていないと言った。それは、自分が究極のゴールに向かってさらに頑張る意欲をかき立ててくれるだけだと。
「落胆することもあるよ。でも、『よし、これからも精を出して働こう』と考えるんだ。今はリーグでコーチングをする機会に恵まれて幸せだ。あらゆる経験が自分のためになるからね」

昨シーズンはリーグから離れていたユーイングだが、6月にボブキャッツの准ヘッドコーチという職を得た。ヘッドコーチのスティーブ・クリフォードとはオーランド・マジックとヒューストン・ロケッツのアシスタントとして8シーズン一緒に働いている。
ユーイングを雇ったことについて、クリフォードは「考えるまでもなかった」と答えた。

ユーイングは2011年にデトロイトの、昨夏はボブキャッツのヘッドコーチ候補として面談を受けている。
「そのとき仕事が決まらなかったから、もうここで働くことはなさそうだと思っていた。しかし、今年クリフが職を得たとき、素晴らしい機会だと思ったよ。筆頭アシスタントとして素晴らしい経験を積むことは、私がいつかコーチになるためのとても良い勉強になるだろう」

ヘッドコーチになりたいという思いの強さには本人も驚いている。
「現役時代はコーチになりたいと思ったことさえないんだ」
しかし、当時のユーイングは、いくつかの点で立派にコーチだった。
彼はニューヨーク・ニックスでプレーしている間も定期的に母校のジョージタウン大学へ戻り、アロンゾ・モーニングやディケンベ・ムトンボにプロで学んだローポストの動きを教えていた。
長男のパトリック・ユーイング・ジュニアとも果てしない時間を練習に費やした。

2002年に現役を引退したあと、ユーイングは長年の友人であるマイケル・ジョーダンと偶然出会い、将来について話をした。「そのとき、自分が何をしたいかわからない、とマイケルに言ったんだよ」

当時ワシントン・ウィザーズの球団運営責任者だったジョーダンは、ベンチ裏で働くアシスタントコーチというスポットをユーイングに提供した。
「もう空きスポットがなかったので、私のために席を作ってくれたんだ。彼は私に、『気に入るかどうかやってみてくれ。もし気に入るようだったらベンチへ移ってもらうし、コーチの仕事が好きではなかったら、フロントに席を用意するからやってみたらといい』と言ってくれてね」

ユーイングはすぐ、コーチこそ自分がやりたかった仕事だと自覚した。
しかし、トップへの道は難航し、自分より経験のない者が次々と先に選ばれた。
ユーイングは、ジェイソン・キッドが現役引退からすぐ、コーチ経験もないままヘッドコーチに採用されたことに腹は立てていないと言う。
「私ほど長い年月を費さなかった人々も選ばれていくが、私は彼らのために喜んでいる」

今オフ早く、ニックスからチームの下部組織であるDリーグのエリー・ベイホークスのヘッドコーチ職をオファーされたが、彼は断った。「一歩後退だと感じたから」

それらの経緯が重なって、息子のユーイング・ジュニアはツイッターで不満を公開した。
「とにかく、父が今までやって来た仕事より一段下のステップではない仕事を本気でオファーする気がないように感じたんだ」
ユーイング・ジュニアは、父親がセンターだったからヘッドコーチの型に合わないという認識がある、ビッグマンは良いコーチにならないと思っている人は多い、と言った。
「このリーグで17年もプレーしたら、体力や運動能力だけではやっていけない。どこかで知性に頼るようになる。父はとても頭がいい。多くの人の認識よりずっといい。さらに、パット・ライリーやドン・ネルソン、ジョン・トンプソンという最高のコーチのもとで長年プレーしてきたんだ」

クリフォードは、ユーイングがNBAコーチのチャンスを得ることを疑っていない。
「彼には偉大なコーチになる資質がすべて備わっている。ゲームへの情熱、素晴らしい知識、とてつもない労働倫理。そして、いかにしてプレーすべきかという明確なフィロソフィ」

今のところ、ユーイングはそれをやり過ごす。
彼の焦点は、ボブキャッツが逆境から這い上がる手助けとして自分にできる限りの力を尽くすことにある。
「(ヘッドコーチになる)チャンスを得たい。ここ何年もの間ずっとそう思ってきた。しかし、今はこれが現実だ。だから、私は働き続けるだけだ」

ベビー

ロイヤル・ベビー・フィーバーの折しも。

MJは離婚の際にパイプカットをしていて、しかし、再婚相手のイベットさんが強く子供を望んでいるため、元に戻す手術をすることになった、と、ボブキャッツに近い情報源が語ったという記事がありました。
Gossip Extra
手術したからと言って子供ができる保証はなく、経過年数によって30~50パーセントの可能性とかですが。

ただし、MJのスポークスパーソンのポートノイさんは、パイプカットについても再接続手術についても否定しているというので、何だかな~ですけど、一応メモ。


別れたあとの養育費とか遺産相続とか考えなくても、イベットさんはもちろん子供は欲しいよね~。

サマーリーグ(6)

今日もまたBiz、MKG、テイラー、ゼラーの4人と、昨日の試合で上唇を縫う怪我をしたユーイング・ジュニアはお休みで、第1シードのウォリアーズに67-75(boxscore)で負けました。
Bobcats.com
これでボブキャッツのサマーリーグな4勝2敗で終了です。

7月8日のユーイング・ジュニアの記事を少し。
Charlotte Observer: Patrick Ewing Jr. following a tougher NBA path than his dad

パトリック・ユーイングには盾突かない方がいい・・・シニアにもジュニアにも。
父親ほどの身長と才能に恵まれなかった息子だが、誇り高い姿勢は受け継いでいる。
ジュニアがジョージタウンでプレーしていた頃、彼をやじり続けたウェストバージニアの一部のファンはそれを思い知ることになった。
「プレゲームの間中、やじり倒されたのなんの。お返しにウィニングショットをブロックしてやったよ」と、6フィート8インチのユーイングは言う。「試合後、ヤジっていた連中に向かって『じゃあな!』と手を振りながらコートから走り去るのが一つの楽しみだったね」
彼がバスケットボールをするようになってからは特に、その名字で成長することは難しかった。しかし、彼はそれもいい経験になったという。
「非現実的な期待に応えなければならないのは大変なことだったけど、おかげで自分をもっと強くプッシュすることもできたと思う」
父と息子は今再び一緒にいる。父はボブキャッツの准ヘッドコーチとして、息子はトレーニングキャンプへの招待を目指すサマーリーグチームの一員として。
このフランチャイズでは目新しいことではなく、ロッド・ヒギンス球団社長の息子のコーリー・ヒギンスは2シーズン前にボブキャッツに所属したし、元ヘッドコーチのバーニー・ビッカースタッフやポール・サイラスは息子をスタッフに加えた。
パトリック・ジュニアは縁故採用と見られることを意識し、練習中は父から距離を置く傾向があり、少なくとも他の選手と同じくらい厳しく扱われたがっている。
父子は2010年のサマーリーグでもオーランド・マジックの一員として同じ状況を経験した。
「必要なときはののしりもするし、必要なときは励ます。どの選手も同じだ」と、シニアは言った。「それでも、やはり親子としての感情はあるが。息子のためにベストを願っている」
パトリック・ジュニアは2008年のドラフトでサクラメント・キングスに2巡目指名され、Dリーグやヨーロッパを渡り歩き、NBAへ戻ろうと試みている。最も長くNBAで過ごしたのは2010-11シーズンの冬と春、ニューオーリンズ・ホーネッツで故障中のデビッド・ウエストの代わりを務めた。
父は、ジョージタウンでプレーする息子を見るときの方が感情的だったと言った。
「観客席でナーバスだったよ。息子がうまくやることを願うただの父親だった」
父子は互いに深い忠誠心を抱き合っている。ブルックリン・ネッツがコーチ経験のないジェイソン・キッドをヘッドコーチに雇ったとき、息子は、10シーズンのアシスタント歴を持つ自分の父親が同様のチャンスを得られなかった不満をツイートした。
自分は決してネッツがキッドを選んだことに文句を言ったわけではない、そこを誤解された、とジュニアは言う。むしろ、なぜヘッドコーチを探す12チームがどこも父親を考慮しなかったのか疑問に思ったのだと。
「まったく後悔はしていない。自分の父さんのことだからね。ツイッターは、自分が知ってほしい考えを外へ知らせることができる手段だ。僕は自分がああ思っていることを知ってほしかったのだから」

サマーリーグ(5)

ビヨンボもテイラーもMKGもゼラーも休養で、それでも第4シードのDリーグ選抜に85-75(boxscore)で勝ち。
Bobcats.com



アブドゥル・ギャディがゲームハイの17得点、トロイ・ダニエルズが13得点、ジェローム・ダイソンが12得点、シャーロット出身のジェイミー・スキーンが12得点&11リバウンド。次は明日、ウォリアーズと準決勝です。

ほぼ二週間前の記事ですがざっくり。
Bobcats want Biyombo to be anchor of defense

クリフォードHCはビスマック・ビヨンボのオフェンスがまだ完成の域に程遠いことを知っているし、それで構わないという。来シーズンはそれよりも、支配的なリバウンダーであり、「我々のディフェンスのアンカー(頼みの綱)」になることを目標にしてほしいと。
ビヨンボのジャンプショットやフリースローやローポストでの動きはそのうちに上達すると考えている。
「彼は細かいところにも気を配る。そこが好きだよ。練習熱心なところや指導を受ける姿勢も好きだ。そういうことは物事を始めるのに大事なことだ。今はまだ一歩一歩学んでいるところだが、彼はゲームを大事にしているし、勤勉で、聡明だ。そういう資質の持ち主は成長する見込みがある」

ビヨンボ本人もクリフォードHCのプログラムに賛成していて、もっと良いディフェンダーとショットブロッカーになりたいと願っている。サマーリーグの練習ではパトリック・ユーイングにくっついて、自分が取り入れられそうなヒントを探し回っていた。
昨シーズンは65試合で先発し、7.3リバウンドしたが、得点は4.8だった。
それでも、クリフォードHCはスコアリングの部分を心配していない。
「今は、素晴らしいリバウンダーになって数字を伸ばすことと、チームのディフェンスのアンカーになることに集中してほしい」
ボブキャッツにはアル・ジェファーソンとコディ・ゼラーが加わったため、ビヨンボはたぶん、それをベンチからすることになるだろう。彼ら二人はチームにローポストでの得点力をもたらす。ビヨンボにとってリバウンドとブロックショットに専念できるという意味では朗報でもある。
ビヨンボは、ロスターのビッグマン全員がオフェンス面で自分より優れていることを知っている。
だから、ユーイングがスタッフに加わったとき、彼はとても興奮していた。
「彼のようにたくさんの経験を積んでゲームを良く知っている人から指導を受けるのは、僕にとって素晴らしくためになることだと思う」
ユーイングはビヨンボのディフェンスに取り組むだけでなく、ローポストでのムーブやショートレンジのジャンパーも指導している。
「僕たちは今、自分が得意なムーブ、相手を負かせるムーブを確実にして、そこから組み立てようとしているんだ。もちろん、僕はジャンプショットやフリースローに取り組む必要がある。でも、僕は上達するし、チームも強くなるよ」


*******************************

私はこれまで、お見合いの帰りに履き慣れないハイヒールでバス停から走って締め切りギリギリの投票所に駆け込んだこともあるなど、きっちり選挙権を行使してきました。棄権したのは全身に蕁麻疹が突発した地方選挙の一回だけだったと思う。(翌日には不思議なほどすっかり消えたんだよね・・・皆勤記録が途切れたのは悔しかったなぁ(笑))
でも、基本的にいろいろ少数派なもので、選挙特番(開票速報)で喜んだことはほとんどないし、ここ数回の選挙ではどんよりが募るばかり。さて本日はどーなるんでしょーか~。

シャーロット・ホーネッツ

ホーネッツへの名称変更が正式に認められて喜ぶシャーロットの記事を3本も読んだんですが、別にあんまりどうでも良い内容だった・・・(^_^;)

とりあえず、シャーロット・ホーネッツ時代はシーズンチケット・ホルダーだったけれど、ホーネッツの移転にむかついてボブキャッツのシーズンチケット・ホルダーにはならなかった、でも、ニックネームがホーネッツに戻ることを知ってシーズンチケットを買った、「ホーネッツに良い状況を与えたい」という人が結構いるらしく、ここ4週間で次の2シーズンをパックにしたシーズンチケットが500セット売れたそうです。

名前が戻ってもチームも変わるわけじゃないのにね?
というか、アル・ジェファーソン効果もあるんじゃないかな。

で、実際にホーネッツになるのは2014-15シーズンからなので、今の熱気を失いたくないボブキャッツは年間通して “Buzz City”キャンペーンを続けるらしく、『ハニー・・・ただいま。(“Honey… I’m Home.”)』なんてビルボードとか。 Charlotte Observer

ホーネッツがどれほど地元に愛されていたかというと、
・1988年から2002年までの14シーズン中8シーズンでホームの観客動員がリーグ最多。
・364試合連続完売を記録。
・しかも、1988年当時の市の人口は現在の約半分。
・ホーネッツのデビュー戦はタキシードやドレスという正装の観客も多く、クリーブランド・キャバリアーズに40点差で負けてもスタンディング・オベーション。
・最初のシーズンを20勝62敗で終えたあと、アップタウンでパレード。

0714observer-hornets2.jpg<市長と筆頭オーナーのジョージ・シン
(DAVIE HINSHAW - Charlotte Observer File Photo)

・1988年12月23日、他チームがプロテクトしなかった選手を寄せ集めただけのホーネッツがマイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズをカート・ランビスのブザーと同時のティップインでアップセット(103-101)したときから、収容人数が2万3000人を超えるシャーロット・コロシアムの364試合連続完売が始まった。

・チャペルヒル出身のアレキサンダー・ジュリアンがデザインしたティール&パープルのホーネッツ・グッズは全米で大人気。

・シャーロット・コロシアムは “The Hive.”と呼ばれ、リーグで一番うるさいアリーナだった。
当時、ワシントンのウェス・アンセルドHCは選手たちに「とにかく観客が鎮まることを祈ろう。でなければうちに勝機はない」と言った。
カレッジからニューヨーク・ニックスのコーチに転身したリック・ピティーノは、シャーロット・コロシアムでの試合後に、ここは(莫大なホームコート・アドバンテージで知られるデューク大学の)キャメロン・インドア・スタジアムよりうるさい、と言った。

・カナポリス出身のジョージ・シンは一時シャーロットのヒーローで、1988年のホーネッツの初戦の夜、カロライナ二州の知事はその日を『ジョージ・シンの日』と宣言した。

・地元では大学バスケの人気が高かったが、UNCファン、デューク・ファン、州立大ファン、ウェイクフォレスト・ファンなどに分かれていた。しかし、ホーネッツのことは皆が愛した。

・蜜月期間が終わりに近づいたとき、ドラフト1位指名でラリー・ジョンソン、翌年は2位指名でアロンゾ・モーニングを獲得し、チームが強くなったことも大きかった。

その後、1995年にモーニングがマイアミへトレードされ、巨額契約を結んだラリー・ジョンソンは背中を痛めてから精彩を失った。ジョージ・シンは性的不品行の裁判に勝ったが、評判は傷ついた。市に新アリーナの建設を求め、住民投票で否決され、最後の2シーズンはプレーオフの試合でも1万席もの空席が目立つ有様だった。そして、2002年にホーネッツは移転した。当時、ジョージ・シンは「ホーネッツ」というニックネームをシャーロットに残さなかったことに遺憾の意を表したが。

現フェニックス・サンズACのケニー・ギャティソン:「ファンはまだそこにいる。眠れる巨人を起こすべきだ」
マグジー・ボーグス:「あの名前はシャーロット市に属しているのだから、ニックネームの変更には賛成だ。きっと助けになる。でも、名前を変えるだけではダメなんだよ。同じことは二度と起こらない。それでも、コミュニティと手を結び、ファンにもう一度絆を感じてもらわなければ。そして何よりもまず、勝たなければ」
Charlotte Observer

本当に超ざっくり。

サマーリーグ(4)

一回戦を勝ち上がったメンフィスに92-84(boxscore)で勝利。



29対7というスタートから53対34で前半終了。それが第3Q終了時は65対62と3点差に詰められ、第4Qも接戦が続き、メンフィスにリードされる場面もあるも、PGのジェローム・ダイソン(コネチカット大出身)がラスト3分で9得点して勝利に導いたと。 Bobcats.com  Charlotte Observer

ダイソン:21pts (FG 7-7, FT 6-9), 9ast, 3reb.
ゼラー:18pts (FG 9-18), 9reb, 2ast, 1blk.
テイラー:18pts (FG 7-15, FT 2-3), 3reb, 3ast, 2stl, 1blk.

トライアウトの選手を長めに起用するため、MKGは休養日。Bizも後半は2分しかプレーせず。
次は土曜日に準々決勝でDリーグ選抜と対戦だそうです。


しかし、今日はこちらの方がずっと大きな話題で、オブザーバーなんて「ちなみにサマーリーグも勝ち進んでます」状態なんですよね~。(^_^;)

130718-buzz-fan-main.jpg
(Matt Rochinski / bobcats.com)

シャーロットのチーム名、再びホーネッツに変更へ

ISM 7月19日(金)16時7分配信

 現地17日、シャーロットがチーム名を『ボブキャッツ』からかつての『ホーネッツ』に戻すことで、NBA理事会の承認を得たことが分かった。正式に名称が変更になるのは2014-15シーズンから。米スポーツ専門サイトの『The Sports Xchange』が同日、報じている。
 『ホーネッツ』という名称は元々のシャーロット・ホーネッツがニューオーリンズに移転した際に、チームと共に移動し『ニューオーリンズ・ホーネッツ』となっていた。しかし、2013-14シーズンからニューオーリンズがチーム名を『ペリカンズ』に変更することになったため、『ホーネッツ』という名前がシャーロットに戻る結果となっている。
 NBAの伝説的名選手であり、現在はシャーロットのオーナーを務めるマイケル・ジョーダン氏は「ホーネッツをシャーロットとノースカロライナに戻すことができてうれしい」とコメント。名称の再変更はファンの希望を元にしていたとし、「彼らの圧倒的多数がホーネッツを希望した。NBA理事会の決定はこれ以上ないものだ」と喜びをあらわにした。
 なお、チームにとっての次のステップは、チームカラー、ロゴ、ユニフォームの変更となりそうだ。


ボブキャッツの申請はオーナー会議で全会一致で可決とのこと。で、プロセスが円滑に進んだのはペリカンズ及びペリカンズのオーナーのおかげということで、ボブキャッツはペリカンズの湾岸保護基金に寄付をするそうです。
Bobcats.com  Photo Gallery: The Buzz is Back Announcement

Bobcats Sports & Entertainment Chairman Michael Jordan: “We’re thrilled to bring back the Hornets to Charlotte and the Carolinas,” “The passion and enthusiasm around this name change by fans in this market has been unmatched. They overwhelmingly told us what they wanted, we listened and we couldn’t be happier with the Board of Governors’ approval of the name change. With the young team we are developing on the court, the direction of our business and the return of the Hornets name, we are extremely excited about our future. The Buzz is Back!”

記事はこれから読むとして、ケンドール・ギル、ケリー・トリピューカ、マグジー・ボーグス、デル・カリーにどこかのおじさんが混じってると思ったら、レックス・チャップマンではないですか~。丸くなってて本気で分からなかった。

130718_hornets_02.jpg
(Matt Rochinski / bobcats.com)

タイトルなしでもUPされてしまうから困る(笑)

サマーリーグのトーナメント、ボブキャッツは第5シードになったので今後の日程はこう。(クリックで元のサイズ)
Bobcats.com
2013summerleague.jpg


で、サマーリーグで良かった選手のトップ3(NBC Sports)にコディ・ゼラーが入っています。
・・・MKGがダメだった選手に入ってるんですが。 
『私はボブキャッツの4位指名が失敗だと思ったことを認める。ゼラーはこのサマーリーグで一番活躍しているルーキーだ。大学時代は主にポストでプレーしたが、来シーズンのボブキャッツはアル・ジェファーソンがポストに位置し、ゼラーはストレッチ4的にミッドレンジでプレーすることが多いだろう。彼はその力があることを示した。15.7得点、9.3リバウンド、ミッドレンジのゲームはなかなかで、かなり器用なパッサーでもある』

木曜日の夜にラスベガスで行われるオーナー会議で『シャーロット・ホーネッツ』が(ほぼ確実に)承認されることを祝して、シャーロットのショッピングモールで旧ホーネッツの選手たち、デル・カリー、マグジー・ボーグス、レックス・チャップマン、ケンドール・ギル、ケリー・トリピューカも顔を見せるイベントが開かれるそうです。
Charlotte Observer

バイロン・マレンズはクリッパーズと2年契約するようですね。
一方、ボブキャッツの最優先事項は今でもヘンダーソンとの再契約であるけれども、SGとSFは多少薄くてもPGとビッグマンは厚くしたいというクリフォードHCの方針から、PGとビッグマンもあと一人ずつ補強したいとのこと。
PGは3人、ビッグマンは6人欲しいのだそうです。で、ヘンダーソンと契約すると総人件費はサラリーキャップ額の5870万ドルに近くなるので、どちらのポジションもベテラン・ミニマムでの契約になるだろう=ジェフ・エイドリアンとかジャネロ・パーゴとか。

<現在のロスター>
ポイントガード:ケンバ・ウォーカー、ラマン・セッションズ。
どのポジションにも劣らず安定している。ウォーカーは2年目のシーズンに劇的に成長した。セッションズはSGのディフェンスもできるので、PG二人の同時起用も可能。クリフォードHCは3人目のPGを求めている。パーゴは昨季のラスト18試合で安定した戦力となり、3Pシュートも期待できる。

シューティングガード:ベン・ゴードン、ジェフ・テイラー。ヘンダーソンは制限付きFA。
チームはヘンダーソンとの再契約を望んでいる。問題は金額で合意に至るか。ヘンダーソンが複数年契約にサインしなかったら、来季は420万ドルのクォリファイイングオファーでプレーし、シーズン終了後にFAになる。ゴードンは来季が契約最終年。テイラーはラスベガスのサマーリーグでSGもSFもできることを示した。

スモールフォワード:マイケル・キッド=ギルクリスト、ジェフ・テイラー。
キッド=ギルクリストは有能なディフェンダーで、クリフォードHCはSGからPFまでディフェンスできると見込んでいる。テイラーも多才なディフェンス力があり、サマーリーグではFG成功率が48パーセント、3Pが38パーセント。

パワーフォワード:コディ・ゼラー、ジョシュ・マクロバーツ、ジェフ・エイドリアン(チームオプション)。
ゼラーとマクロバーツはパッサーやボールハンドラーとしても優秀なので、ハイポストでプレーすることが多くなるだろう。エイドリアンは保証のない契約でチームに籍があるため、キャンプには参加するはず。

センター:アル・ジェファーソン、ビスマック・ビヨンボ、ブレンダン・ヘイウッド。
ジェファーソンはフランチャイズ史上最も高額なFAでの獲得。ヘイウッドは年俸200万ドルであと2年契約が残っている。サマーリーグのロスターからヘンリー・シムズがキャンプに呼ばれる可能性もある。
Charlotte Observer

*ヘンリー・シムズ(ジョージタウン大学出身、6フィート10インチ)
2012年のドラフトで指名されなかったが、Dリーグで活躍し、3月に10日間契約でニューオーリンズで2試合プレーした。サイズのわりに運動能力が高く、ニックス、キャブス、ペリカンズからもサマーリーグに誘われたが、ボブキャッツのスカウトが熱心にDリーグの試合に通っていたため、ボブキャッツを選んだという。「自分が20分、25分、30分プレーする選手でないことは分かっている。NBAでの自分の役割は、リバウンドのためのボックスアウトやスクリーンをセットすること、そしてオープンなショットを決めることだ」
プリンストン・スタイルのジョージタウンではセンターが優れたボールハンドラーであることも必須なので、パッサーとしてのスキルもある。
クリフォードHC:「サマーリーグの最初の3試合では多くの出場機会を与えられなかったが、シャーロットでの練習ではよくやっていた。頭が良く、働き者で、スキルもある選手だ。NBAのロスターに残るチャンスは大いにあると思う」 Charlotte Observer

身内びいきとかさ

マイケル・キッド=ギルクリストが22日から25日にラスベガスで行われるチームUSAのミニキャンプに追加招集されました。 Bobcats.com

バズ・ピーターソンがアパラチアン州立大のHCになるために(その後UNCウィルミントンへ)辞任してから3年間空席だったボブキャッツのディレクター・オブ・プレイヤー・パーソネルに、今までディレクター・オブ・スペシャル・プロジェクトという肩書だったMJの1歳上の兄ラリー・ジョーダンが昇格したそうです。
Charlotte Observer

また何やかんや言われるんだろうなぁ。(すでにコメント欄で言われているよね~)
職務はさまざまなスカウティングで、それをチョーGMやヒギンス球団社長に報告し、答える立場なわけですが。

で、一番最初に報じたYahoo! Sportsの記事によると、MJの長男のジェフリーと娘のジャスミンももっと軽い役職ながらボブキャッツにかかわっているらしい。
ん? ジェフリーはナイキでインターンシップしたり、次男のマーカスも「いずれは親父の仕事を手伝うと思う」と言っていたと思うけど、ジャスミンはまだ大学生じゃなかったっけ?

******************

えーと、これ、北京の路上で5人民元(約80円)で売られているポスターだとか。
Fox Sports: MJ is a general in Chinese poster

130716foxsports.jpg

政治的なことには距離を置いているジョーダンをこういうポスターに使うのは皮肉でもあるけど、実力も美貌も全盛期の彼が自信に満ちた冷徹なまなざしでこちらを見つめているのはなかなかクールではあるね、みたいな。


サマーリーグ(3)

ニックスに84-71(boxscore)で勝ち。(ある意味主役はニックス入りを決めた世界平和さん)



今日もテイラーとゼラーが活躍。第2Q中盤までは38対35と接戦で、そこからゼラー、テイラー、ダイソンの7-0ランで10点差つけ、47対41で前半終了。第3Q序盤にゼラーのジャンパー2本とリバースレイアップなどで10-2ラン。あとは危なげなく勝利と。 Bobcats.com

テイラー:20pts (FG 6-14, FT 7-10), 4stl.
ゼラー:18pts (FG 7-11, FT 4-7), 10reb.
MKG:9pts (FG 3-8, FT 3-4), 3reb, 2stl.
Biz:5pts (FG 1-1, FT 3-6), 11reb, 2ast, 2blk.

クリフォードHCはチームのカギとなる4人、ビヨンボ、MKG、テイラー、ゼラーの間にある程度の相乗効果を引き起こしたくて、サマーリーグの3試合でこの4人をそれぞれ25分以上起用してきた。で、3試合でその目的も達成できたと思う、「コミュニケーションもうまくいき始めているから、今後はこの4人を長くプレーさせる必要もなくなった」
他の10人のメンバーのうち、まだ一度もプレーしていない選手も2人いるが、今後の試合では気要するつもり。
「サマーリーグではどうせ寄せ集めという態度の選手も見られるが、うちの選手たちの姿勢は素晴らしい。彼らにプレーするチャンスを得てほしい」
Charlotte Observer

コディ・ゼラーの4位指名にブーイングした人々は今、自分の行いを考え直したいかもしれない、とジェフ・テイラーは思っている。
「彼はとてもスキルがあってインサイドでもアウトサイドでも得点できる。リバウンドをつかむためにすごく高く跳ぶ。この2試合でのプレーには本当に感心したよ。それに、まだこれから成長する一方だしね」
「7フィートの身長で垂直跳びが36インチなんだから、どれほど高いか想像できるだろう。素晴らしい手をしていて、どんなボールでもキャッチできるし、バスケット周辺のタッチもある。素晴らしい指名だったと思うよ」
クリフォードHCはゼラーの直感を気に入っているので、あえてコーチしすぎないことにしたと言う。
「彼には少しのリミットも設けたくない。彼はボールを手にしたときのクイックで細かい判断によってチームメイトがより良いプレーをするのを助けている。それは教えることができない部分だ」
ゼラー本人は、良いことにも悪いことにも興奮しすぎていない。2人の兄の経験から、サマーリーグは大学からプロへの移行の中間段階にすぎないことを知っているから。
「何がうまくいって何がうまくいかないか、いろいろなことを試してみる期間だから。そうやってレギュラーシーズンへ向けての準備を整えているんだ。チームメイトがどこでパスをもらいたいのか、そういうことを学んでおきたい」 Charlotte Observer


サマーリーグ(2)

ウォリアーズの同窓会。(クリス・マリン、ティム・ハーダウェイ父、ロッド・ヒギンス)
130714_mavs_08.jpg
(Matt Rochinski / bobcats.com)

ボブキャッツはマーベリックスに86-80で勝ちました。(boxscore
勝っても負けても無問題のサマーリーグとは言え、やはり負けるよりは勝った方が気分も上がる。(^_^;)
Bobcats.com

ゼラー:21pts (FG 6-12, FT 9-9), 13reb, 1ast, 1blk.
テイラー:19pts (FG 6-13, FT 5-6), 5reb, 1ast, 1stl.
MKG:11pts (FG 4-4, FT 3-4), 3reb, 1ast, 1stl.
Biz:8pts (FG 2-3, FT 4-8), 7reb, 1blk.

結果は6点差でも、第1Qが20-10、ハーフで50-28と終始リードする比較的楽な展開。ゼラーは前半だけで13得点、9リバウンド&テイラーが10得点、2リバウンドで、前半終了1分前には二人の合計がマブスの全得点&全リバウンド数を上回っていたそう。後半はリザーブ中心のボブキャッツが追いつかれたところでスターター投入~逃げ切り。ビヨンボは8得点中6得点が第4Q後半とのこと。



ジェフ・テイラーはこの夏、3Pショットを警戒された場合に備えて1ドリブルのプルアップ・ジャンパーに取り組んでいる。サマーリーグの2試合ではチームで一番目立っていて、シュートは15-30、3Pは4-10。
去年もサマーリーグで活躍したが、レギュラーシーズンの終盤には少し自信を失っていた。
「1年経験を積んで、自分が取り組むべき課題を知る機会もあったし。完全に世界が違う」
ボブ・ワイスACはテイラーにもっとポストアップを探ってみるように勧めた。
「今までやったことはないけど、いろいろ取り組むためにここにいるんだからね」

ビスマック・ビヨンボは去年、シン・シティ(ラスベガス)を楽しんでいるかという質問に冗談半分で、何もできないから全然面白くないと答えた。ボブキャッツのアンダー21クラブにとってそれは今年も同じこと。最近のロッタリーピック4人のうち3人(というか、ケンバとテイラー加えて5人だけどね)はまだ21歳の誕生日を迎えていない。だから、ラスベガスにいてもカジノで賭けができない。
Charlotte Observer

Bizとゼラーは今年で21歳になるけど、MKGは来年の今頃もまだ21歳未満ね~。

クリフォードHCはコディ・ゼラーにデータをオーバーロードすることに慎重だ。
「彼に対しては他の3人と少し違う扱いをしている。手探りで進ませようというか。NBAのルールは少し異なるが、彼は練習のたびに新しいことを理解できるくらい聡明な選手だ」
ゼラーの成績は初戦と比べて劇的に向上した。単にシューティングが好調だった面もあるが、彼をパッサー兼シューターとして使うためにチームが実行しているハイポストでのプレーがうまくいったことも大きい。
それはバスケット近辺が多かった大学時代のプレーとは違うが、ゼラー本人は自分のスキルがもっと幅広いことを知っていた。「あまり考えすぎたくない。今までずっとバスケットボールをやって来たわけだし、とにかくプレーするだけだ。自分にとって(バスケットから離れてプレーするのも)大きな調整ではない。大学でも練習ではやっていたから」
クリフォードHCにとって、サマーリーグでの1勝よりゼラーの成長の速さの方が喜ばしいこと。
「彼はあらゆることをやってのけた。ボールを動かし、良い判断を下し、リバウンドは素晴らしかった」
「とても頭が良い選手だ。そして、世間が見るよりずっとスキルがある。知性とスキルの高さで、かなり早くNBAになじむだろう」
クリフォードHCは4人のキーパー(ゼラー、キッド=ギルクリスト、ビヨンボ、テイラー)を最低でも26分とかなり長く使った。サマーリーグ・トライアウトの10人のうち5人は出番がなかった。
初戦に続くテイラーの活躍はある程度予想されたが、ゼラーの好調ぶりは目を見張らせるものだった。
「これからも浮き沈みはあると思う。僕はまだいろいろなことを理解しようとしているルーキーで、今夜はうまくいった。辛抱強く、無理はしなかった」
Charlotte Observer

サマーリーグ:練習日

去年の春、ドラフト前のワークアウトであちこちのチームを回った後、ジェフ・テイラーの体重は大学でプレーしていた頃より15ポンドも減ってしまい、結局シーズン中も戻らなかったそうで。
「力が出ない感じだったんだけど、戻すチャンスがなかった。シーズン中に体重を増やすのは難しいんだ」
昨シーズンは6フィート7インチで208ポンドだったが、今は222ポンドまで戻り、パフォーマンスも良くなった。
テイラーはこのオフ、ウエイト・トレーニングとミッドレンジのプルアップジャンパーの改善のために、チームメイトの誰にも引けを取らないほどボブキャッツの練習場に通いつめている。
「一ヶ所で長く練習したかったし、マット(ストレングス・コーチ)に見てもらいたかったから。毎朝ウエイトをやって、それからコートでサイラス コーチと個々の課題に取り組んできた。それが成果を上げていると分かるのはとても嬉しい」
クリフォードHC:「あの試合では練習でできていることが発揮できたね。彼には毎試合ローテーションでプレーするだけのサイズとディフェンス力と十分なオフェンスがあると思う」

あえてトライする:昨シーズンのMKGは、オープンでもパスをしてしまうことがあるくらい自分のジャンプショットに不満があった。昨日の試合では6本のジャンプショットを撃って2Pが2-2、3Pが0-2だった。
クリフォードHCは、それが契約下にある選手にとってのサマーリーグの目的だと:「やらせてみなければ上達するチャンスもない(*まあ、意訳というか)、 というコーチングの格言がある。サマーリーグは確実にそうさせてやるチャンスだ」
昨シーズン、MKGは3Pを9本中2本決めた。今はマーク・プライスACと自分のショットのメカニカルな欠陥に取り組んでいて、「自分にも自分のジャンプショットにもずっと自信を感じるようになった。(プライスは)とても大きな助けになってくれている。毎日毎晩一緒にジムで取り組んで、本当に着々と進んでいると思うんだ」
Charlotte Observer

ミニキャンプの間もケンバ(ピック&ロールにおける意思決定と小柄な選手がやみくもにバスケットへ突進するよりももっと楽に得点するための方法=フローターを教授)とMKGにかかりきりだったらしいプライスACは、MKGのジャンプショットについて、「現時点では手首と肘が最大のポイントだが、良いフットワークとバランスも教わっていない。シューティングは上半身から始まると考える人が多いが、私は下半身からだと思っている。正しくスタートしなければ正しくフィニッシュするのも難しい」
プライスACいわく、MKGはずっと運動能力や他のスキルで得点できたため、シューティングに本格的に取り組んだのはプロになってからで、それには手っ取り早い解決策はない。「私は彼の姿勢が好きだ。毎日練習の前後にショットに取り組み、本人もそれが自分の弱点だと自覚している。一晩で解決するようなことではない。本人的には明日にでも修正したいだろうが、根気強く働き、私を信頼してくれなくてはいけない。私はきっと上達すると信じている」
Charlotte Observer


まだ読んでいない記事が1、2、3、4・・・サマーリーグが終わったらオブザーバーも夏枯れるだろうし、たまった分はそれから読めばいいか~。

サマーリーグ(1)

スパーズが半袖ユニフォームでどこの大学生かと。(いや、ボブキャッツも半袖着るとかどこかで見たかも・・・)

0712ap4-MKG.jpg
(AP Photo/Julie Jacobson)

試合結果はどうでもいいので先に今日のボーネルさん情報いろいろ。

・ケンバ・ウォーカーはアル・ジェファーソン獲得にいくらか仲人役を務めたようだ。
状況をよく知る関係者によると、ウォーカーはジェファーソンをチームのニーズを満たすのに最適なフリーエージェントと特定した。そこでチームは、エージェントが同じというコネがあるウォーカーに、ジェファーソンと接触してボブキャッツへの関心度を測ってみてほしいと促した。ジェファーソンとニューヨークで会ったとき、ウォーカーはボブキャッツ入りを考えるよう働きかけたという。

・ネバダ大ラスベガス校のOBであるラリー・ジョンソンがサマーリーグの開始に合わせて試合会場である母校を訪れ、ボブキャッツがニックネームを変更する(18日にラスベガスであるオーナー会議で正式決定の予定)のは大賛成だと言った。
「素晴らしい考えだと思う。彼らにとって正しい方向への一歩になるはずだ」
ホーネッツがニューオーリンズへ移転したのは自分がニューヨークへトレードされた後だったが、
「少し悲しかったよ。ノースカロライナはバスケットボール天国だから、ファンが応援できる良いチームがあってほしい」
2001年に現役を引退したLJだが、44歳の今も十分プレーできそうに見える。引退後にゴルフを始め、毎日のようにプレーしているそうだ。

・ボブキャッツは金曜日にヘンダーソンの代理人と電話で話した。
状況をよく知る関係者は、話し合いは前向きだったし、ボブキャッツは今でもヘンダーソンとの再契約を優先している、と語った。
モンタ・エリスがダラスと契約した今、シューティングガードの選択肢は減っている。
Charlotte Observer

・コディ・ゼラーはバスケットボールをする三兄弟の一番下で一番小さかったため(8年生で6フィート5インチ、155ポンドだったが)、兄と一緒に年長の少年たちに混じってプレーするときはいつもポイントガードをやらされた。その経験は今、“ストレッチ4”をする役に立っている。
ポストでのプレーが求められた大学時代は見られなかったが、彼は今でもガードとして学んだスキルを身に付けている。パトリック・ユーイング准HCは、プレドラフト・ワークアウトでコンスタントに3Pを決めるゼラーを見て驚いていた。
「自分では普通のことだったけど。いつでも3Pは決められたからね」と、ゼラーは言った。
スティーブ・クリフォードHCとコーチ陣はゼラーを“エルボー”(ファウルラインとサークルの交点)に置いてオフェンスの起点として使うことを考えている。
「新しいコーチから学ぶのはいつでも楽しみだよ」
Charlotte Observer

で、サマーリーグ初戦はスパーズに69-68(boxscore)で負けました。
Bobcats.com
2点を追う残り12秒にテイラーの3Pで逆転するも、残り4秒でコーリー・ジョセフに再逆転され、MKGのロングショットは決まらず~と。
ジェフリー・テイラーがゲームハイの24pts (FG 9-17).
MKGが12pts (FG 6-12), 4reb, 2ast, 1stl.
ゼラーが8pts (FG 4-9), 5reb, 2ast, 1blk.
Bizは11reb(両チーム唯一の2桁リバウンド), 2blk.

ボーネルさんのオブザベーションを読むと、ゼラーは宣伝通り7フィッターとしては走力があるが、速攻のときにベースライン沿いで捕まったとか、本人はまだ大学との細かなルールの違いに不安があって、簡単なハンドチェックを犯してファウルを取られて唖然としていたとか、えーと、ビヨンボは前半苦しんで、ショットもフリースローも全滅で、5リバウンドだったけど3ファウルに3TOも、とか。

*YouTubeにあったので一応。(アップが遅いのな)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード