MJCI:30日

ラスベガス・サンで紹介されていた29日の動画。
2012 MJCI Michael Jordan, Angie Everhart, Aaron Rodgers, Wayne Gretsky at the first tee.



で、30日のマイケル。Las Vegas Sun: Photo
0330lasvegassun-6.jpg

クラブだけじゃなくカートも一人だけ特製。
0330lasvegassun-7.jpg
(Sam Morris)

地元テレビ局KTNVのニュース動画  記事

こちらは55フィートのロングパットを決めるNBCの映像。

Breaking sports news video. MLB, NFL, NBA, NHL highlights and more.



Wire Image: 11th Annual Michael Jordan Celebrity Invitational - Day 2

今年もメイク・ア・ウィッシュで難病の少年とその家族を招待。
0330MJCI-D2-make-a-wish.jpg
(Photo by Bryan Steffy/WireImage)

夜はガラ・パーティー。
Wire Image: 11th Annual Michael Jordan Celebrity Invitational Gala
Getty Images: 11th Annual Michael Jordan Celebrity Invitational Gala

(最近はGettyもWireもお互いの画像を掲載しているようですね)

0330getty-gala.jpg
(Photo by Ethan Miller/Getty Images for MJCI)

0330MJCI-gala.jpg (Photo by Ethan Miller/Getty Images for MJCI)
0330MJCI-gala-yvette.jpg やっぱりイベットさんはかなり好み♪

【49】vs.ナゲッツ

88-99 (boxscore) 7勝42敗(HOME:4-21, ROAD:3-21)

ナゲッツは25ターンオーバー、だからFGAがボブキャッツ98、ナゲッツ73と大差なのにFGMは36-38と負けているという…(^_^;)

前半は8-0ランで1点差に追い上げて終了したものの、もはやお約束の第3Qの沈没。
相変わらずペイント内の得点が38対58、リバウンドは15本差。
それでもコーチは頑張りに満足で、「精一杯プレーしたし、ギブアップしなかった。それがすべてだと思う。選手たちがただコートに立って動いているだけだったら、私は本当に問題を抱えていることになるが、うちの選手たちにこれっぽっちも問題はない」 Yahoo! Sports (AP)

・マゲッティが右のアキレス腱を痛め、少なくとも一週間欠場。ボーネルさんは、「ベテランの復帰を急かす必要もないわけだし、一週間は楽観的な予測だろう」と。で、これでいよいよ最下位は決定的だな、とも。 
Charlotte Observer

・実はオーガスティンも一週間ほど前から右ひざの腱炎で、木曜日の練習は休まされ、コーチ曰く「D.J.は痛みがあっても言わないんだ。体調が悪い時や怪我をしたときはちゃんと教えるように言い聞かせた」
本人は、「試合を休みたくない。僕らは残り18試合(※現在17試合)戦い続けたいと思っているんだ。僕もプレーできることを願う」

・タイラス・トーマスもひじの滑液包炎で練習は休んでいる状態。 Charlotte Observer


明日はBSのJスポーツが無料放送らしいので、“Future Bobcat?”アンソニー・デイビスでも見てみようと思っています。(スカパーは父親の部屋のテレビに接続しているので、BSで見られるのはありがたい)

MJCI:28日&29日

開催地をバハマからラスベガスへ移して2年目の第11回 Michael Jordan Celebrity Invitational が29日から始まりました。
まず28日夜に歓迎レセプション。
Wire Image: 11th Annual Michael Jordan Celebrity Invitational

0328welcomereception_wire.jpg
(Photo by Isaac Brekken/WireImage) 透かしが入らないサムネイル画像使用

2012 MICHAEL JORDAN ANNUAL CELEBRITY INVITATIONAL - Welcome Reception



【29日】Photo Gllery
Las Vegas Sun 2012 MJCI: Day 1 at Shadow Creek
Wire Image  11th Annual Michael Jordan Celebrity Invitational - Day 1
Getty Images NV: 11th Annual Michael Jordan Celebrity Invitational - Day 1


0329MJCI-Lasvegassun-1.jpg
(Darrin Bush/Las Vegas News Bureau)

会場のシャドー・クリーク・ゴルフコースは普段はベラージオに宿泊しないとラウンドできないらしく、一般ファンに開放されたのは去年のこの大会が初めてだったそうです。(ちなみに、マイケルは数少ない永久会員の一人とか) Golf Las Vegas Now

29日(木)と30日(金)がThe celebrity-amateur tournamentで、1人の有名人と4人のアマチュア参加者がペアになってラウンド。31日(土)と4月1日(日)がThe Michael Jordan Celebrity Invitationalで、セレブ2人一組で36ホール。
今年の主な参加者は、昨年マイケルとペアを組んで優勝したトニー・クーコッチ、ジュリアス・アーヴィング、マイケル・フィンリー、シカゴ・ブラックホークスのキャプテンだったクリス・チェリオス、元シカゴ・ベアーズのリチャード・デント、2Aバーミングハム・バロンズ時代の監督だったテリー・フランコーナ(ボストン・レッドソックス前監督)、ケン・グリフィーJr、ジョン・スモルツ、ロジャー・クレメンス、ウェイン・グレツキー、マリオ・レミュー、スチュアート・スコット、マイケル・ウィルボン、アーマド・ラシャド、シュガー・レイ・レナードら。

で、去年は“砂漠の死骸に群がるハゲワシのように”午前3時にホテルのロビーにたむろしてスターを付け狙うプロのコレクターやメモラビリア・ディーラー、オートグラフハンターが大挙して押し寄せ、手に負えなかったので、今年は排除することになったそうな。スポーツ・メモラビリアやコレクター商品を持ち込もうとする人はゲートで止められ、ジャージは着用していればOK、さもなければ没収と。
サインや写真を欲しがる一般ギャラリー、特に子供たちのための措置なので、普通のファンがサインをねだるのは大丈夫。ただ、イベントに影響するほど混乱する場面もあったので規制はすると。
去年のギャラリーは1万人以上、メイク・ア・ウィッシュ財団やサンディエゴ癌研究所などへの寄付金は600万ドル以上になったそう。 LAS VEGAS REVIEW-JOURNAL

一応こんなとこかな~。

【48】vs.ティンバーウルブス

83-88 (boxscore) 7勝41敗(HOME:4-20, ROAD:3-21)

ルビオもペコビッチもいないから少しは勝機があるかと思ったんだけど、ケビン・ラブ1人にやられました。
40pts, 19rebですってさ~。しかも、3Pが4/6て、手が付けられない。

サイラスHCは、「今のままのプレーを続ければ史上屈指の選手になるだろう」と。
「とにかく強い…うちの坊やたち(ビヨンボとマレンズ)には太刀打ちできなかった。唯一スローダウンできたのはナハラだけだったね」(ナハラが前半にプレーした7分間はボブキャッツの20対9ランで、ラブは無得点だったらしいです)
Yahoo! Sports (AP)

この記事、面白かった。

S・バン・ガンディHCがケンタッキー大はNBAのチームに勝てないと語る

Mar 29, 2012 14:11

オーランド・マジックのスタン・バン・ガンディHC オーランド・マジックのスタン・バン・ガンディHCは現地時間28日、「ケンタッキー大がNBAのチームをに勝てるという考えは馬鹿げている」と話した。

バン・ガンディHCは、ゲイリー・ウィリアムス前メリーランド大HCがワシントンのラジオ局で語ったことに対してコメントを求められ発言。ウィリアムス氏は、「ケンタッキー大は本拠地ラップ・アリーナで1試合行えば、NBAのワシントン・ウィザーズに勝てると思う」と話していた。

ケンタッキー大は来週に開催されるNCAA決勝戦の有力チームとなっているが、チームにはNBAのロッタリーピックになると予想される選手が数名いる。フォワードのアンソニー・デイビスは、もしドラフトにエントリーすれば全体1位指名になると思われる。

バン・ガンディHCは「それだけでは十分ではない」とニューヨーク・ニックス戦の前に語り、「笑止千万な話だ。ケンタッキー大には4名のNBA候補選手がいる。だが相手チーム、ウィザーズには13名いる」と話した。

さらに、「才能レベル、経験、選手の年齢を考えると、ウィザーズ(11勝38敗)のようなひどい成績のチームでも、NBAチームの方が有利だ」と続けた。

「1試合ならどんなことでも起こり得るって?もちろん、大番狂わせはいつでもあり得る。だが、それは稀なことだ。接戦にもならないだろう。そんなものだ。ジョン・カリパリHCは才能ある選手を多く抱えているが、NBAの選手を13名持っていない。たとえ全員が高いレベルだとしても、全員がNBAではルーキーだ。つまり、そういうチームが過去NBAで成功したことがあるだろうか。あり得ない。だから勝てないと思う」と、結論づけた。


「ケンタッキー大には4名のNBA候補選手がいる。だが相手チーム、ウィザーズには13名いる」

確かに!(笑)
NCAAチャンピオンになった1981-82シーズンのノースカロライナ大はウォージーが1位指名、パーキンスが4位指名、マイケルが3位指名だったし、1983-84シーズンのメンバーだって、パーキンスが4位、マイケルが3位、ブラッド・ドアティーが1位、ケニー・スミスが6位(もう一人のスターターのマット・ドハティは6巡目119位)だったけど、それでもNBAのチームに勝てるか?ったら勝てないよね~。いや、今のボブキャッツにならどうよ?(^_^;)

史上ワースト2

とりあえずあと1勝すれば史上最低勝率更新は免れるわけで、最近そちらの話題は目につかなくなりましたけど、今度は別のワースト記録の話が…。

ボブキャッツは負け数が多いだけでなく大差で負ける試合が多いため(40敗中15敗が20点差以上の大敗)、今のボブキャッツの1試合平均得失点差 -13.1点というのは、1976年にNBAとABAが合併してからの36シーズンでワースト2になるんだそうです。

Team Point-differential/game Final Record
Mavs ’92-93 minus-15.2 11-71
Bobcats ’11-12 minus-13.1  ???
Nuggets ’97-98 minus-11.8 11-71
Rockets ’82-83 minus-11.6 14-68
Clippers ’99-00 minus-11.5 15-67

ここ12シーズンでマイナス10点以上のチームはなく、今シーズンのワースト2はウィザーズの -7.3点とのこと。T_T

普通はオフェンスかディフェンスどちらかがどちらかより強いものだけど、ボブキャッツの場合は差がなく(悪く)、得点(87.6PPG)とFG成功率(41.6%)がリーグ最下位で、失点(100.7PPG)が28位、相手に許したFG成功率が27位(47.1%)。

マゲッティいわく「得点できる選手はいるんだ」ということで、それより問題なのはリバウンドとローポストのディフェンスであり、リバウンド率(47.1%)はワースト3位、ペイント内の失点が1試合平均約50点。(…うわ、それはひどい)

サイラスHCは、オフェンスもディフェンスも大問題だが、やはりディフェンスの方が問題は大きいと言い、チームディフェンスを良くするためには選手間のコミュニケーションを改善する必要があると。
Charlotte Observer

まあ、得失点差の記録なんて普段は誰も知らないと思うから、最低勝率更新ほどは気にならないんですけども。
そーいえば、72勝したシーズンのブルズは得点が105.2PPGでリーグ首位、失点が92.9PPGでベスト3位、得失点差が +12.3点で、「得失点差が2ケタなんてちょっと記憶にない」と日本の解説者(声の記憶は倉石さん)がおっしゃってましたよね~。
てことは、マイナスで2ケタもやっぱりドえらい記録なんだな…。(^_^;)

【47】vs.セルティックス

95-102 (boxscore) 7勝40敗(HOME:4-19, ROAD:3-21)

1Q: 15-33
2Q: 35-19

ヘンダーソン(FG9-14, 21pts, 3ast, 3reb)を除くスターターよりリザーブの方がずっと生産性が高く、ベンチの得点は59対9とセルティックスを圧倒。特に第2Qはマレンズ(18pts, 7reb, 2blk)とブラウン(16pts, 7ast=キャリアハイ)の活躍でミラクルなカムバック。(まあ、第3Qに入ってすぐ10点差に戻されたわけですが、それはそれとして)
コーチも満足げに、「試合前に、走って、ボールを前へ進め、フィニッシュするようにと話した。今日はその通りのプレーができたし、今後もこういうプレーを続けていきたい」 Yahoo! Sports (AP)

試合前、コーチはマレンズのタフさについて、
「バイロンはセンターではなくパワーフォワードだ」
「タフでない選手をタフガイに仕立てられるものかどうか」
と疑問を呈したそうなんですが、今日はリーグ屈指のタフガイであるガーネットとの押し合いにも引かず、KGの上からスリーを決めたかと思えば次はアリウープ・ダンク!と。(^^)v
ひょっとして地獄耳?(笑)

サイラスHC:「今日は今までよりタフなプレーができていた。バイロンは良かったし、デリックもタフだった」
マレンズ本人は、「ここ数試合の敗因はある程度セカンドユニットにあったから、今夜は気合を入れてプレーした」
1万6000人余の観客の半数がグリーンを身に着けてセルティックスを応援していたことも、
「やっぱり嫌だよ。(早々に大差をつけられて)恥ずかしかった。特に、ホームの観客から『セルティックス!』と連呼されたらね」 Charlotte Observer

あと、サイラスHCは残り試合でマレンズをパワーフォワードとしてビヨンボと一緒にプレーさせてみたいらしいんですが、6フィート9インチで245ポンド(111kg)しかないビヨンボが自分より大きな敵のセンターを相手にして、肉体的に長期間持ちこたえられるかという問題はあるということです。
「“ビズ”は基本的にパワーフォワードだと思っている。うちには長期的にセンターを任せられる選手がいない」
(ジョップはまだ来シーズンの契約も残っているが、今はハムストリングを痛めて欠場中)
Charlotte Observer

********

そう言えば、ケンタッキーのアンソニー・デイビスもパワーフォワードなんですよねぇ。
センターだったら完璧なのにな~とか今のうちに言いたい放題言ってみる。(笑)

NCAAトーナメント

Jスポーツの生中継でUNCがリージョナル・ファイナルで敗退するところを見てしまい(途中までだけど)朝っぱらから少しへこみました。う~ん、別にUNCファンというわけじゃないのに…。
ついでに、ジャスミンちゃんの彼氏がキャプテンのシラキュースも第2シードのオハイオ州立大に負けてますね~。
こうなったらもう、来シーズンはボブキャッツの子になる(かもしんない)アンソニー・デイビスくらいしかNCAAトーナメントの興味はないなぁ。

しかし、ダントツ最下位でも1位指名権が当たる確率は25%しかないって酷じゃないか!と改めて思う今日この頃ですが、オブザーバーのボーネルさんも "Maybe the draft lottery needs some fine-tuning."と書いていて。
2004年にコミッショナーがシャーロットへ来たとき(ボブキャッツ創設時)、ドラフトロッタリーはまだ必要かどうか尋ねたそうです。したら、バスケはたった5人でプレーする競技で、5年か10年に一人は画期的な選手が出現する、だから1位指名権を手に入れるためにわざと負けるチームを防ぐことが重要なのだ、と言われたそうな。
それは分かるが、たとえば今季のボブキャッツのようなひどいシーズンを送ったチームが結局4位指名権に終わったら、ファン的には何か搾取されたような気分になるし、もう少しパーセンテージを上げてくれてもいいんじゃないのかねぇ、みたいな。 Charlotte Observer

いやまったく。せめてもう少し希望を持たせてほしいわけですよ…。

えーと、それから、今季で契約が切れるポール・サイラスHCは、できればあと1シーズン コーチを続けさせてもらって、ある程度再建の行方を見届けて、さらに息子にヘッドコーチ職を譲ることができたら最高だと。
さすがに「ものすごくフラストレーションのたまるシーズンだった」ことは認めていて、お金に困っているわけでもないし、妻と二人で悠々自適の生活を楽しむのも「悪くない、と思ったことも2、3度ある(笑)」そうですが。
Yahoo! Sports (AP)

それでも、スティーブン・サイラスACによると今でもまだチームの雰囲気は驚くほどポジティブ、というところが救いです。それはやはりコーチのおかげなんだろうし、ドラフト1位指名権が当たって、サイラスHCにあと1年やってもらって、来年の今頃はめでたしめでたし(ま、いきなりプレーオフじゃなくてもいいからさ)にならんかな~と。

ホントもうプレーオフ争いなんて別世界の話なんで、今の楽しみは若手の成長とドラフト・ロッタリーだけ。(^_^;

【46】@ニュージャージー

89-102 (boxscore) 7勝39敗(HOME:4-18, ROAD:3-21)

FG%は同じ(44.3%)なのにアテンプトが違い過ぎる(79-88)のはオフェンスリバウンドの差(8-16)か。
第3Qがドツボ(16-33)なのも恒例になっとりますな。

今日の好調:マレンズ 17pts(FG6-9), 10reb.

・第3Q、デロン・ウィリアムスの顔にマゲッティの肘が入ったように見えて、くってかかったデロンがテクニカルファウルを取られた場面があったらしく。マゲッティは「コート上で誰かを故意に傷つけようとしたことなんか絶対ない。彼が何の話をしていたのか本当に分からないんだが、一人の男として謝るよ」とか。 Yahoo! Sports (AP)

・スティーブン・サイラスACが父親のポール・サイラスHCから指揮を任された試合はこれで5試合目(うち2試合はサイラスHCの退場後を引き継いだもの)で、通算2勝3敗になりました。
アシスタントコーチとヘッドコーチの違いを聞かれて、「アシスタントコーチとして進言したことがうまく働かなくても、それが自分の責任になることはない。(ヘッドコーチとして)試合中にラインアップを変更したり、ディフェンスのコンセプトを変えたら、それは試合に直で影響する。本当に大きな違いだ」
アシスタントなら考えもしなかったことを心配する場面も:たとえば、控えメンバーが14点リードを7点差まで詰め寄られたとき、スターターを戻すのが正しいことだと分かっていても、それをリザーブがどう受け取るか気になる。「(ベンチに下げたら)彼にどういう影響を及ぼすだろうか、とか、私のことをどう思うだろう?と考えてしまう」
ポール・サイラスHCは息子の筆頭アシスタントをしている間、「プレッシャーがないのは100パーセント違うよ。気の毒には思うが、まあ、本人の胸一つだ」 Charlotte Observer

てことで、今後もヘッドコーチの実地訓練は続くのでしょう。

【45】vs.バックス

92-112 (boxscore) 7勝38敗(HOME:4-18, ROAD:3-20)

プレーオフがかかっているバックスに勝てるとは思わなかったけど、ホームで2試合連続20+点差はきついな~。
ペイント内の得点が34対72だって…。
さすがに72点はないだろうってことで、コーチも「多いな」と呆れた表情とか。
穴だらけのディフェンスを改善するには、「心身ともにタフでなければならないし、経験も必要だ。うちの選手は大方がまだ経験が浅いから、学んで上達するしかない。それが現状だ」

良かったのは、モンタ・エリスとのミスマッチを利用してポストアップで攻めたヘンダーソン 29pts(FG13-19, FT3-3), 6reb, 3ast. と、デリック・ブラウン 13pts(FG5-9, FT3-4), 5reb. くらい。 Charlotte Observer

・試合前、ロスターの空きをどうするか質問されたサイラスHCは、しばし真剣なふりをして、自分がユニフォームを着たいんだけどフロントが許可しないだろうと答えたそうな。 Charlotte Observer

だったらオーナーを。( ̄。 ̄ )ボソ...
というお約束は置いといて、タフなリバウンダーが欲しいんですね、わかります。


ディオウはやはりスパーズでしたね。めでたし、めでたし。

1ヶ月前のイベントのまとめ

22日はシーズンチケットホルダーさんを招いて選手全員のサイン会。
STH Team Signing Session - 3/22/12
120322_sthevent_16.jpg

120322_sthevent_07.jpg
Eryn Gradwell / bobcats.com

オーナーもいれば完璧だったのにね。(^_^;)

それで思い出したのが1ヶ月前のボブキャッツ全スタッフが参加したフードバンクとのチャリティー活動のことで。
もう今さらキチンとまとめる情熱はないんですけど、個人的趣味でオブザーバーのレポートから拾い読みを。

続きを読む

さよなら、ボリス

21日(水)にディオウとのバイアウトが成立しました。 Bobcats.com

金額は不明とのこと。
で、スパーズが獲得する気満々みたいですね。
仲が良かったというヘンダーソンは、「どこへ行っても活躍すると思う」と言っているし、確かに強豪チームにとっては本当に重宝な選手だろうと思う。でも、若いチームをガンガン引っ張ってくれるタイプじゃないんだもん…。ラリー・ブラウンさんと違ってサイラスHCはディオウのノンシャランなところを嫌っていたし、今日も「その件については何も話すつもりはない。我々は現有戦力で進むしかないし、彼の幸福を願うのみだ」とだけ。
Yahoo! Sports (AP)  Charlotte Observer

ボーネルさんの感想コラムざっと。 
Charlotte Observer
元シャーロット・ホーネッツのコーチだったアラン・ブリストウは、かつてラリー・ジョンソンについてこう言った:今でもプロ・バスケットボールの試合会場が兵器庫で、一晩の支払いが10ドルしかなかったら、それでも全試合でプレーするNBA選手はラリー・ジョンソンくらいだろう。

ボリス・ディオウはLJと違う。ジョンソンはバスケットボールを自分のアイデンティティーと考えていた。ディオウはバスケットボールを自分の仕事と考えている。

水曜日にボブキャッツとディオウはバイアウトで合意した。ディオウとポール・サイラスHCにはどうしても離婚が必要だった。

サイラスの前任者であるラリー・ブランは、ディオウの幅広いスキルを愛し、放任的な振る舞いを許した。ディオウはラリー・ブラウンの下で“ポイント・フォワード”として成功した。

サイラスはブラウンほどディオウの気まぐれに寛容ではなかった:サイラスは自分の選手に真剣さや情熱を求める。ディオウの情熱はバスケットボールだけに限定されない。

水曜日、サイラスはディオウについてコメントしなかった。

ディオウは確かに個性的だった。セグウェイに乗って通勤するボブキャットは彼が最初で最後だろう。彼は世才があり、趣味も幅広い。チーム内でも親しかったマット・キャロルは、移動の飛行機でディオウの隣に座ると料理やら写真撮影やらいつも何か新しいことを学んだと言った。

彼が誰か他のボブキャットに似ているとしたら、エメカ・オカフォーだと思う。2人とも知的で、24対7のバスケットボールに血の出るような思いを期待したら、がっかりすることになる。

ディオウはとても利口だ。かつてブラウンが、「ボリスはNBAで一番利口な選手だ。本人に聞いてごらん」と冗談で言ったように。それはつまり、おだてて最大限の力を発揮させるということで、ディオウにいちいち指図をしてもうまくいかない。

ディオウは、ベンチに降格されるずっと前から始まったサイラスの鋭い批判に憤慨した。一部の選手は批判することで奮起させることもできる。ディオウを批判してもコーチ陣を無視させる結果しか招かなかった。

ディオウはふくれっ面をしたり降格にブツブツ言ったりしなかった。キャロルは、インアクティブになってスーツ姿でベンチの後ろに座っているときでもチームメイトをサポートしたディオウは称賛に値すると言った。また、ボブキャッツでの3シーズン半、毎試合プレーの準備ができていたことも称えるべきだと言う。

それは全部真実だが、それがすべてではない。サイラスがよく言うように、NBAは「wins business」で、選手たちはただ姿を見せるだけでなく、全力を尽くす責務がある。ディオウの場合は、もっとコンディションを整え、コーチが求めるのならもっとシュートを撃つということだ。

問題はこのように要約される:サイラスはディオウ本人が自分に求めるよりも多くのことをディオウに期待した。そして、誰もボリス・ディオウに何かをさせることはできない。

********

これでロスターは14人になったけど、テレンス・ウィリアムスはキングスが、J.J.ヒクソンはブレイザーズが獲得したようですしね~。もうこのままかな。

********

その他、20日はデリック・ブラウンとレジー・ウィリアムスが地元のボーイズ&ガールズクラブでバスケクリニック。
Bobcats.com  Photo Gallery  Video

21日はマゲッティやケンバ、ビヨンボ、ナハラ、マレンズたちがシーズンチケットホルダーさんに「いつも応援ありがとう」コール。 Photo Gallery  Video

かつてはシカゴの愛の巣

ハイランドパークの豪邸売却のニュースに続き、今度はファニータ前夫人がシカゴ市内のペントハウスを500万ドルで売りに出すそうです。 Chicago Tribune  Chicago Sun-Times  Gallery

こちらは90年代後半に300万ドルで購入したマンションの最上階で、離婚の財産分与でファニータさんの名義になった不動産。子供たちは全員巣立ったし、ファニータさんは2007年に購入した470万ドルのマンションに住んでいるので必要ないそうな。
「いずれ子供たちの誰かが住むと思っていたのだけれど、長男のジェフリーはすでに自分でマーケティング・ビジネスを始めていて、シカゴとフロリダを行き来しているし、次男のマーカスも大学を卒業したら同じようにするんでしょう。娘のジャスミンはニューヨークのシラキュース大学の一年生だし」(Chicago Sun Times
3層のメゾネットで8000平方フィート≒743平方メートル、4寝室、バスルームが5 1/2(1/2はいわゆるトイレだけってことですかね?)、メディアルーム完備、全面採光・眺望抜群とのこと。^^
ん?サンタイムズには40階と41階と書いてありますけども~。ま、どっちでもいいっスね。(笑)

0320tribune.jpg

ボブキャッツは中3日もお休みだし、ネタ切れです。ww
さ、「相棒最終回SP」見よっと。

17年前の今日!

Michael Jordan Returns (March 19, 1995)

Chicago SB Nation

私の人生が少し変わった日。

もう17年もたったのかぁ。このあとの3年間はホントに楽しかったなぁ~。
でもって、飽きっぽい私が17年もファンを続けているってのもすごい。


【44】vs.シクサーズ

80-105 (boxscore) 7勝37敗(HOME:4-17, ROAD:3-20)

PHI vs. CHA:ディビジョン決戦を前にシクサーズが連敗を3で止める!

Mar 20, 2012 14:04

 シクサーズが連敗を3でストップ! 現地時間19日(月)に行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ対シャーロット・ボブキャッツ戦は、第3Qに入ってから堅守、そしてバランスの良いオフェンスで一気にリードを広げたシクサーズが105-80で快勝し、連敗を3で止めた。
 イースタン・カンファレンスのアトランティック・ディビジョン首位を走るシクサーズは、今週にディビジョン2位のボストン・セルティックス、そして3位のニューヨーク・ニックスとの対戦を控えているだけに、リーグ下位のボブキャッツを相手に取りこぼすわけにはいかなった。
 2点リードで迎えた後半、シクサーズは第3Qだけで30-19とボブキャッツを圧倒し、試合の行方をほぼ決定づけた。
シクサーズではジュルー・ホリデーが20得点、6アシスト、タディアス・ヤングも20得点、ルイス・ウィリアムスが19得点を記録し勝利に貢献した。
 ウィリアムスは、「あまり先のことは考えたくはないけれど、3連敗していると自分達のプレイが出来ていないと考えてしまいがち。俺達はディビジョン優勝を本気で狙っている。今週はディビジョン2位と3位のチームと対戦するし、今日は重要な試合だと思っていた」とコメント。
 エルトン・ブランドは、「ハーフタイム中にHCから言われたことを実行したまで。この試合はチームにとってすごく大事だったし、リバウンド、ルーズボールを懸命に奪って、自分達のプレイを心がけようと話し合った」と語った。
 一方のボブキャッツは、前半こそFG成功率49%と健闘したが、第3Qに入って流れが一変。22本中6本しか決められなくなり、呆気なくリードを奪われ敗れた。
 ポール・サイラスHCは、「守備のプレッシャーが後半から強くなって、得点を決められなかった」と、試合を振り返った。
 また、「我々は若いチームで、学ぶべきことは多い。相手は経験豊富で、若い選手達には厳しい相手だ。こちらはミスも犯すし、まだ相手のようにはプレイ出来ない。勝つ方法を身につけるには、最低でも2、3年はかかるから」と、サイラスHCは続けた。
 ボブキャッツでは、ジェラルド・ヘンダーソンが14得点、ケンバ・ウォーカーが13得点を記録した。


後半は失点と被FG%でリーグトップのシクサーズのディフェンスに本気を出されて、外から無理なシュートを撃たされ、外しまくり、という感じ。しかも、リバウンドが31対51でセカンドチャンスポイントが11対24…。

・マゲッティは背下部(腰)の打撲傷で欠場(ラプターズ戦で観客席に突っ込んだせいか)。
コーチ:「彼は経験を積んだベテランで、どうやってプレーしたらいいか知っている。うちは若いチームだから、そういう選手がいないと厳しい」

・ディオウのバイアウトは進展なし。

・キングスからウェイブされたJ.J.ヒクソンはノースカロライナ州立大出身でもあり、ボブキャッツは2008年のドラフト20位で指名を狙っていたのだけれども、19位でクリーブランドに指名されてしまった。ボブキャッツに不足しているローポストのスコアラーで、残り230万ドルの契約も特に高くはないから、獲得して残りのシーズンで試すのも悪くないかもしれない、とか。 Charlotte Observer

ドラフトのおさらい

ボーネルさんによるボブキャッツの過去のドラフトの可否について。

2004年
指名:エメカ・オカフォー(2位)。
別の可能性:アンドレ・イグダーラ(9位)、ジョシュ・スミス(17位)、アンダーソン・バレジャオ(30位)。
結論:特にセンターは埋めるのが難しいポジションだし、オカフォーは新しいフランチャイズにとって無難な指名だった。それでも、イグダーラとスミスとバレジャオはオールスター級の選手になった。

2005年
指名:レイモンド・フェルトン(5位)、ショーン・メイ(13位)。
別の可能性:ポートランドからあった3位指名権⇔5位+13位指名権のオファーを受けていればデロン・ウィリアムスかクリス・ポールをドラフトできた。
結論:当時のビッカースタッフGM兼HCはブレイザーズの求める代償が高すぎると判断し、逆に5位指名権+将来の1巡目指名権というオファーを返したが、ポートランドに断わられた。たぶんフランチャイズ史上最悪の結果:どちらのポイントガードもボブキャッツ史上最高の選手だったろう -- 在籍期間にかかわらず。

2006年
指名:アダム・モリソン(3位)。
別の可能性:ルディ・ゲイ(8位)、レイジョン・ロンド(21位)。
結論:これはまさにマイケル・ジョーダンが関わった手始めの間違った判断だった。ロンドは誰の予想よりもずっと良い選手だったわけだが、ゲイよりモリソンを選んだのは大失敗だ。

2007年
指名:ブランデン・ライト(8位)=交渉権をゴールデン・ステートにトレード、ジャレッド・ダドリー(22位)。
別の可能性:ジョアキム・ノア(9位)、ウィルソン・チャンドラー(23位)、ルディ・フェルナンデス(24位)、マーク・ガソル(48位)。
結論:ドラフト当日のジェイソン・リチャードソンとのトレードは、柱になるスコアラーとベテランが必要だったボブキャッツにとって理にかなった動きかもしれない。しかし、ノアはセンターという穴を埋めただろう。22位のダドリーは良い選択だった。

2008年
指名:D.J.オーガスティン(9位)、アレクシー・アジンザ(20位)。
別の可能性:ブルック・ロペス(10位)、ロイ・ヒバート(17位)、サージ・イバカ(24位)。
結論:ボブキャッツのフロントはロペスとオーガスティンのどちらを選ぶか決めかねていた。オーガスティンは堅実な選手だが、多分ロペスの方がベターだったろう。アジンザは大失敗。ボブキャッツは20位でヒバートかJ.J.ヒクソン(19位)の指名を希望していた。当時リッチ・チョーがいれば、イバカをドラフトしたかもしれない(チョーがいたサンダーが指名した)。

2009年
指名:ジェラルド・ヘンダーソン(12位)。
別の可能性:タイラー・ハンズブロー(13位)、タイ・ローソン(18位)、タージ・ギブソン(26位)。
結論:スロースタートだったが、ヘンダーソンは優秀なシューティングガードに成長した。これは正しい選択。

2010年
1巡目指名権なし。

2011年
指名:ビスマック・ビヨンボ(7位=トレードによって獲得した指名権)、ケンバ・ウォーカー(9位)。
別の可能性:ブランドン・ナイト(8位)、イマン・シャンパート(17位)、クリス・シングルトン(18位)。
結論:本当の判断を下すには時期尚早だが、ビヨンボのリムを守る能力はディフェンスの悪いボブキャッツにとってかなり貴重だし、ウォーカーはポイントガードとして進化している。
Charlotte Observer

私もクワミよりモリソンの方が失敗だったとは思ってまして…。それにしても、2001年といい2006年といい、これという選手がいない年に高順位の指名権という不運もあったんでないかな~。

【43】vs.ラプターズ

○107-103 (boxscore) 7勝36敗(HOME:4-16, ROAD:3-20)

ネッツやウィザーズには勝てないのに、なぜかラプターズには2勝目。(^^)v
今日も父に代わって指揮を執ったスティーブン・サイラスACから、ピック&ロールのあともっと自分でゴールへアタックするように言われたオーガスティンの第3Qの活躍(FG4-4, FT2-2, 12pts, 4ast)で逆転し、第4Qの追い上げもかわして何とか逃げ切り~。
ヘンダーソン:24pts(FG11-14)
オーガスティン:23pts(FG6-11, FT9-9), 11ast
マゲッティ:21pts(FG3-11, FT14-14)
タイラス・トーマス:11pts(FG3-6), 4reb

Toronto Raptors Vs Charlotte Bobcats Highlights


セントパトリックデーでケンバは前半だけグリーンのシューズ。

ラプターズはメンフィスでオーバータイムを制した翌日という連戦で、しかもチャーター機の異常でシャーロットへ到着したのが試合当日の午前4時半ごろだったため、マゲッティも「第3Qはガス欠みたいだったね」と言ってますが。 Charlotte Observer

・2009年のドラフトで指名を考えていたテレンス・ウィリアムスが金曜日にロケッツからウェイブされたそうです。
(11位のネッツがウィリアムスを指名したので12位のボブキャッツはジェラルド・ヘンダーソンを選択)
でも、ボブキャッツはウィリアムスの230万ドルの年俸を引き受ける気はなさそうで、正式にウェーバーになったら10日間契約を考えるかも、とのこと。 Charlotte Observer

当時はヘンダーソンよりウィリアムスの方が大きい分だけいいんじゃないかと思っていたんですが…。(^_^;)



未来の婿?

シラキュース大学1年生のジャスミンがバスケ部のキャプテン スクープ・ジャーディン(23歳の5年生?大学院生? fifth-year graduate student)と付き合ってるかもという記事がありました。
ジャスミン本人がツイッターにジャーディン君の11番のジャージを着た写真を投稿したのだとか。

0315jasmine.jpg
Frank Ordonez / The Post-Standard; Twitter photo by @MickiJae

2人は交際しているわけではなく、「ただのとても仲の良い友人」と言う人もいるとか。
彼女はお父さんから「何か魂胆があって近づく男もいるかもしれないから、あまり縛られずに大学生活を楽しむように」と言われている、と複数の関係者が証言したとも。(笑)
とりあえず、ツイッターでは頻繁にやり取りしていて、ジャスミンが「スクープは私が自分に夢中だとか思ってるけど、とんでもない!(笑)」など、実際かなり仲良さげですけど。

詳しくはこちらの記事でどーぞ。
syracuse.com: Is Syracuse basketball's Scoop Jardine dating Michael Jordan's daughter Jasmine?

あと、7000人のファロワーからの質問に、プロのバスケ選手とデートしたことがあるとも答えていたり。
それと、身長は6フィートだそうです!ってジェフとほとんど同じ~。子供の頃から、「容貌が一番似ているのは2人の息子より末娘」と噂でしたけど、背の高さも一番受け継いでいるんですねぇ。でも運動能力は受け継いでないのかな…。

【42】@ダラス

96-101 (boxscore) 6勝36敗(HOME:3-16, ROAD:3-20)

D.ノビツキー27得点! マブスがボブキャッツに逆転勝利

ISM 3月16日(金)16時43分配信

 ダラス・マーベリックスは現地15日、ホームでシャーロット・ボブキャッツと対戦。第2Qの14点差を跳ね返し、101対96で逆転勝利を収めた。これで今季25勝20敗。エースのダーク・ノビツキーは27得点、6リバウンド、5アシストの活躍でチームをけん引した。
 第2Q半ばに最大14点差をつけられたマブスだったが、前半終了間際にフリースロー5本を含む7対0のランで6点差に。第3Q残り5分54秒にはノビツキーのスリーポイントシュートで逆転に成功した。以降、マブスは調子を取り戻し、一時は10点以上の差をつけるなどしてボブキャッツの反撃を振り切った。
 マブスではそのほか、ジェイソン・テリーが18得点、ロドリーグ・ボーボアは14得点、ビンス・カーターは11得点をマーク。マブスは、ボブキャッツとの対戦成績を15勝0敗としている。
 今季ここまでリーグ最下位のボブキャッツは、今季36敗目(6勝)を喫した。コーリー・マゲッティーが21得点、タイラス・トーマスが14得点、8リバウンドだった。


前半は54対48とリードするも、第3Qは敵のゾーンディフェンスに対応できず14対26でひっくり返され、
サイラスHC:「力は尽くしたのだが、第3Qはゾーンを敷かれてショットを決めることができなかった」
ケンバ:「もっとペネトレイトやカッティングで攻めればよかった」  Yahoo! Sports (AP)

そのままズルズル17点差まで開かれ、でも、残り2分を切っても10点差あって余裕をこいたダラスがノビやテリーを下げたところからマゲッティの頑張りでジリジリ詰め寄り、40秒切った最終盤にノビとテリーを引っ張り出してやったわ。ファウルゲームをしながら5点差、4点差、3点差まではいったんだけどなー。

タイラスが14pts, 8rebなのも良かったと思う。

とりあえず後半はざっくり見たので、あとで前半を見て楽しむんだ。<好きなおかずは最後にとっとくタイプ。(笑)
ヒートとは1点差だったしニックスには勝ったし、不思議とWOWOWで放送する試合は悲惨なことにならないよね。

ディオウやオーガスティン絡みでいろいろ話はあったものの、結局キャップスペースを削る価値があるオファーはなかったということでトレードはなし。
ヒギンス球団社長:「全盛期を過ぎた800~900万ドルの選手のためにサラリーキャップの柔軟性を失うことはしたくなかった」
ディオウの場合、相手チームが引き換えたがったのは(当然ながら)複数年の契約が残った選手で、オファーされたドラフト指名権や若手選手はキャップの柔軟性を手放すのに十分な条件ではなかった。現在、ディオウはほとんど出場機会もなく、プレーオフ・チームとサインできるようにバイアウトの交渉に入るかもしれない。
スパーズのトニー・パーカーは「サンアントニオは歓迎する」とコメントした。ディオウが他チームのプレーオフのロスターに登録されるには、23日までにウェイブされる必要がある。
オーガスティンについては、ブレイザーズ、レイカーズ、サンダーなどと話し合いがあったと情報筋は言う。
ヒギンス球団社長:「D.J.オーガスティンはうちの先発PGだし、我々は大いに彼を気に入っている。12月には契約を延長しようとしたんだ」  Charlotte Observer

ということで、とりあえず来シーズンは残留ですね。

【41】@ヒューストン

87-107 (boxscore) 6勝35敗(HOME:3-16, ROAD:3-19)

今日はもう、シーズンをあきらめたのかね?という感じだったらしく。 Charlotte Observer
コーチも "We just didn’t play tough enough."
一生懸命プレーした選手としてレジー・ウィリアムスの名前しか挙げなかったようです。
で、今後はやる気の見られる選手だけ使う、と。

まあねぇ、6勝35敗じゃモチベーションを保つのも大変だと思うんですが、自分の将来のためにもきちんとプレーしなきゃ…。
マゲッティも「若手にとって秀でるチャンスがそこにあるのに、皆それを利用しているとは思えない。ビスマックはそうしたし、ケンバも良くなってきたが……」とのこと。

明日は名誉挽回できるでしょうか。
って、フランチャイズ創設以来まだ一度も勝ったことがないマブスと敵地で対戦だもんなぁ。
しかも、久しぶりにWOWOWの生中継だよ~ん。何のイヂメですか。


そして、セントラルフロリダ大も56対81で負けてます…。

髪はすぐ伸びるしね

バックス(なんでやねん)ウォリアーズがモンタ・エリスをトレードしてバックスからボガットを獲得したことにより、ステフォン・カリーがボブキャッツに来る可能性はほぼなくなったんじゃないか…とボーネルさん。確かにね~。まあ、もともと「地元+お父さん」でどこまで引っ張れるのかな?とは思っていたけど。 Charlotte Observer

マーカスのセントラル・フロリダ大学(22勝10敗)はNCAAトーナメント出場ならず、14日にNITトーナメント1回戦でドレクセル大学(27勝6敗)と対戦するようです。 2012 NIT Bracket (PDF)

んで、昨日UPし忘れた動画。うひー。

Razor Sharp Cutz - Michael Jordan


Yahoo! Sports: Ball Don't Lie


カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード