【3】@ミルウォーキー

88-98 (boxscore) 0勝3敗(HOME:0-1, ROAD:0-2)

第1Qの18-27を挽回できないまま、ですね~。
オーガスティンのスタッツは好調(FG9-13(3P5-6), 26pts, 5ast, 4reb)なんだけど、またジェニングスに活躍されている(FG6-8, 20pts, 10ast, 10reb=キャリア初のトリプルダブル)。

ターンオーバーはお互い悪くて18ずつ。リバウンドは全然負け。

ま、シーズン序盤の立ち上がりが悪いのは毎年のことで慣れてますけど~。

オブザーバーにもミルウォーキーの地元AP記者によるリキャップしか載っていないので、ボブキャッツのことがさっぱり分かりません。(^^;

シャーロット市はセントルイス、ミネアポリス、クリーブランドと共に2012年の民主党党大会の最終候補地になっていて、ホワイトハウスを訪問してオバマ大統領にシャーロットでの開催を陳情する市の代表団にマイケルも加わってほしいらしく。アレンジに動いているデューク・エナジー最高経営責任者ジム・ロジャーズ氏が先月と数日前にMJとワシントン行きの件&デューク・エナジーによるボブキャッツへの支援強化について話し合い、スケジュールが許せば一役買うことにやぶさかでない、という感触を得たとのこと。
Charlotte Business Journal

【2】vs.ペイサーズ

101029_pacers_main2.jpg

101-104 (boxscore) 0勝2敗(HOME:0-1, ROAD:0-1)

あり~。_| ̄|○

ホームチームが第4Q 21-31の逆転負けってどうなの…。
ホーム開幕戦でペイサーズなら勝てると思ったが。
FTなんて45-24の大差なのに。
リバウンドも勝ってるし。
それで負けるかな~。

TO多いけどさ…。

試合後のロッカールームは自分を責める選手ばかりという――
「チームに1つ借りができた。俺が最後のスリーを決めるべきだった」と、同点ブザービータースリーを外したジャクソン。「コーチは素晴らしいプレーをデザインしてくれたのに」

残り1分22秒で同点に追いつくフリースローを外すなど、今日はFT12-18だったウォレスも自分に腹を立てて、「今夜はみんなをガッカリさせた。俺は試合の行方を変えるフリースローをたくさん外した」

しかし、「本当の敗因はターンオーバー」とボーネルさんも観戦記に書いていました。
第4Qだけで6回…ペイサーズはゼロ…。

コーチ:「ターンオーバーし続けずに済む方法を解明しないと」
ダラスでは単純で安全なプレーより完璧なパスをしようとしすぎた、とコーチが言えば、ジャクソンも「俺たちは次のパスにつながるパスよりホームラン・プレーにトライしていた」
ただし、常に的確ではなかったとしても善かれと思ってのことで、「このチームは全員アンセルフィッシュだから、ということでもある。俺はこういうアンセルフィッシュなチームにいたい。ただ、俺たちはもっと賢いプレーをしなければいけない」

・いつも品行方正なオーガスティンがテクニカルファウルの新ルール(審判に文句を言うな)を適用されたチーム第一号に。(^^;

・コーチによるとクワミ・ブラウンが少しワークアウトを始めた。

今日の試合、ペイサーズで不遇のハンズブローが活躍したのはちょっとだけ嬉しいかもしれない。
ここはどこよりも「プレーするのに最高の場所」だそうです、困ったことに。(笑)
でも、ペイサーズのマクロバーツ&ダンリービー&ジョーンズ+ボブキャッツのヘンダーソンが目当てのデュークファンが多かったらしく、地元のはずの観客から大ブーイングが起こったそうです。(^^;
Yahoo! Sports (AP)  Charlotte Observer  Charlotte Observer

オーガスティンの4年目(320万ドル)とヘンダーソンの3年目(220万ドル)のオプションを行使。 Bobcats.com

今シーズンのモットー“Win as One,” のTシャツを来た筆頭オーナー。
1029pacers_mj_ap.jpg
(AP Photo/Chuck Burton)

101029_opening_night_19.jpg
(Sean Phaler / bobcats.com)

試合会場は満員にならなかったけどアリーナストアは盛況みたいな。プロモーションの一環で昔のジャンプマンのポスター(ジャンプマンのポスター?)を配ったり、タイムアウト中にNBA 2K11のコマーシャルを流したり、以前は「ショーポニーになりたくない」と言っていたMJも、オーナーになった今は自分の人気をどんどん利用しようと方向転換ですね~オーナーファンには嬉しいことです。(^_^)v

101029_opening_night_10.jpg

101029_opening_night_11.jpg
(Sean Phaler / bobcats.com)

マイケルのインタビュー、コーチのインタビュー、ビジネス関係の記事、読みたいものが大量にあるけどパソコンのことが片付かないと落ち着かなくて。

繰り言

今日は完全に私の独り言のメモです(繰り言とも言ふ)。

『Windows XPのデータを守れ』なんて読んでいるとどんどんうんざりしてきて、そもそも、消えたら惜しいデータ(主にMJの画像とかだな(笑))はあっても本当に消えて困るデータなんかほとんどないじゃないか、と実際思う。
先代のiMacと共にこの世から消失してしまったデータの数々だって、なくなったからって別にどうもないし。
(マイケルの画像はヤフーフォトへバックアップしておいたけど)

とりあえず、困るのはメールアドレス?
あとで全部ヤフーメールのアドレス帳に登録しておこう。

でもって、ハードディスクの寿命が5年だというからやっぱり今のPCは買い換えるべきなんだろうけど。
次はどれにしようか考えるのも面倒になってきて、今のPCがNECのLaVie LL750だから、またLL750でいいか!
NECはマニュアルも分かりやすかったしさ~。

で、今日はついでにカタログもらってきた。
地デジTVなんかいらないし、だったらやっぱりLL750かな。
メモリ4GB、ハードディスク640GB、すげー。
でも、ブルーレイディスクドライブ搭載なのね?
ブルーレイも別にいらんよ~。
そうすると、LL550? メモリは4GBでハードディスク500GB。
だけど、「データ引越し 動画ナビ」が搭載されていない。(別にいらんか)

ブルーレイがあった方が便利ってこともあるだろうか?
Ultimate Jordan: Deluxe Limited Editionてのがブルーレイで発売されるそうだし。
(thehdroom.com: Michael Jordan to Ultimate Dunk on Blu-ray

DVD持ってるからいいけどさ…けどデラックス・リミテッド・エディションてのが気になる~。(^^;

LL750とLL550といくら違うのか要チェック。

とにかく壊れないうちに次のを用意しようよ。

【1】@ダラス

86-101 (boxscore) 0勝1敗(HOME:0-0, ROAD:0-1)

いきなり@ダラスなんてさ~。
今日はもうとにかく、「ジェイソン・キッドがゲームを支配した」(ブラウンHC談)
12pts, 18ast, 3stl, 1TOと見事なPGっぷり。しかも、ジェイソン・テリーの負担を軽くするために、ディフェンスではスティーブン・ジャクソンにマッチアップとのこと。
キッドがプレーした時間帯はダラスが30点リード、つまり、キッドがベンチにいた間はボブキャッツが15点リードしたことになる…(ё_ё;)
ボーネルさんは、ボブキャッツがダラスに勝てるのはジェイソン・キッドの引退後だろう、と。

しかも、ボブキャッツはまたまたターンオーバー病で、21TOから28失点。(イージーバスケットに結びつける大胆なパスがうまくいかなかっただけの)許容されるターンオーバーではなく、「多くは避けられるものだった」(JAX談)
Charlotte Observer

ボーネルさんの感想の一部】
・ベンチスタートのタイラス・トーマスは30分で22pts (FG8-15), 6rebでreally good。
ただ、ディフェンシブ・エンドではもっとインパクトがあるだろうと予想していた。彼のサイズとクイックネスはダーク・ノビツキーを抑えるのに役立つはずだったが、ノビツキーは28pts, 13rebした。ノビツキーのサイズ+高いアーチのシューティングはNBAで最も抑えるのが難しいショットかもしれない。

・本人は決して認めないだろうが、タイソン・チャンドラーはボブキャッツで過ごしたシーズンに少し含むところがあるかもしれない。第4クォーター、彼は何度かジェラルド・ウォレスにラフなトライをした。たぶん、ただ競っただけなのだろうが、そのとき彼の脳裏に、昨シーズン、ウォレスから自分のプレーぶりに疑問を呈されたことがよぎらなかったかどうかと思う。

ショーン・リビングストンが無事にプレーできたのは良かったと思う。AJ履いてました。(^_^)v
1027_Mavericks.jpg
(AP Photo/Mike Fuentes)

***************************************************************************************

先日のザザビーズのオークションにかけられた金の腕時計は匿名の電話入札者が予想を上回る1万6800ドルで落札したそうです。 Bloomberg.com

***************************************************************************************

ちょうど3週間ぶりにPCの雑音が復活してしまいました。
とりあえず今は治まりましたが…。
ずっと気にはしていたんだけど、暑さの次は雨続きで億劫だったからさぁぁ…。
とにかくそろそろフルバックアップのタイミングでもあったので、今からバックアップに励もうと思います。
だけど、頼むからもう少し頑張ってくれ~。

ボブキャッツは開幕前夜

ボブキャッツの初戦は現地水曜なので今日が開幕だということを忘れていました。
というか、念頭にありませんでした。(^^;

リーグはヒートにかつてのブルズのような超絶人気と実力を兼ね備えたチームになってほしいんでしょうね~。
私はもうすっかり悟りを開いたらしく(笑)、ヒートが81勝するとかしないとか言われることも別に気になりません。
レイカーズが73勝の可能性を云々されたときとえらい違いです。

それにしても、昨シーズン契約しなかったらもうスカチャンから勧誘ハガキもメールも来なかったけど、11月にボブキャッツ戦が2試合あってぐらっときてます。@ヒートは勝ち目が薄いけど(^^;16日はホームのウルブス戦だし~。NHK-BSはともかくJスポーツでボブキャッツをやってくれるとは思えないから…。WOWOWはさらに論外でしょうし。
どうしよう。
1万6800円かぁ。
ん?
【この商品は、「パーフェクTV専用チューナー」でご視聴の方はお申し込みいただけません】
数年前ならダメだった…。創設期からの顧客をないがしろにするな~。

そういえば、アイバーソンが現役を続けるためにトルコへ行くしかないことをラリー・ブラウンHCは悲しんでいるそうで、NBA幹部のジョエル・リトビン氏から頼まれたこともあり、アイバーソンに関心を持ってもらおうと他チームに働きかけたがうまくいかなかった、のだそうです。「彼が成し遂げたことを考えると、こんなふうに現役を終えるところは見たくないよ」 Charlotte Observer

あと、昨日のスポーツ・ビジネス・ジャーナルの記事のこと、Bobcats.comにも載っていました。マイケル・ジョーダン“オーナー”の特集号のようで、これが表紙だそうです。
101026_business_journal_main3.jpg

でもって、ボブキャッツ。
開幕前の最終練習でジャクソンが左足首を痛めたものの、「シリアスな怪我じゃない。開幕の準備はできている」(本人談)とのこと。
開幕戦は6年間でいまだ勝ち星を奪えない唯一のチーム(ダラス)が相手ですからね~。
今年は(フェルトンとチャンドラーが抜けたとはいえ)ロスターの大幅な変更がなかったので過去より良いスタートが切れるのではないか、とMJも選手たちも考えているようなんですが。
あと、初めて練習にフル参加できたリビングストンについて、コーチは「God, he just brings so much,」と興奮気味だったとか。 Yahoo! Sports (AP)

ボーネルさんのイーストのプレイオフ予想は、
1. Orlando. 2. Miami. 3. Boston. 4. Atlanta. 5. Milwaukee. 6. Chicago. 7. Charlotte. 8. Cleveland.
ホークスとバックスかブルズが入れ替わるかも。キャブスには反対意見が多いだろうし、ニックス、ウィザーズ、シクサーズという可能性もあるが、ジェイミソン&バレージョ&ウィリアムズ&ヒクソンというコアは十分実力があると思う、とのこと。

7位なら私は十分嬉しい。<弱気(^^;

ソレンセンさんは、『ボブキャッツのスタイルが好きだ。ハッスルし、リーグで最も私心のないチームの一つで、ディフェンスも良い』『しかし、NBAのエリートチームと比較するとミッド・メジャーに見える』
で、『6フィート10インチのタイラス・トーマスは驚異的なアスリートである。ミッド・メジャーでプレーさせるには惜しいほどの。しかし、彼のゲームが彼の才能に追いつかない限り、ボブキャッツはミッド・メジャーを抜け出せないだろう』という感じ。

****************************

つーか、こんだけダラダラ読んでるのに本当に読みたい記事は放置したままってどーゆーこと…_| ̄|○

公開練習とチームストア

月曜日は約8000人のファンを集めた無料公開練習&サイン会&撮影会。
101025_open_practice_01.jpg

101025_open_practice_17.jpg
(Matt Rochinski / bobcats.com)

Bobcats.com Blog  Open Practice Gallery  Open Practice Video

リビングストンも参加し、開幕戦@ダラスもプレーできそうな感じ。
「プレーして(もろいという)評判と縁を切りたい」
「DJ(オーガスティン)と自分の得意分野は大きく違う。自分はサイズ、DJはシューティングとクイックネスだ。僕らは異なる局面を演出できるし、一緒にプレーすることも十分可能だ」

あと、月曜日のスクリメージではプレーしなかったヘンダーソンも開幕戦には間に合わせたいとのこと。
Charlotte Observer

そして、リニューアルしたチームストアの内覧会が。
Team Store Gallery  Team Store Re-Design Video

101025_teamstore_01.jpg
(Matt Rochinski / bobcats.com)

ホーム開幕戦となる金曜日午後5時に再オープンするんですが、100ドル以上買い物をした先着100名にジョーダンシューズを一足ずつプレゼント。そのうち一足はジェラルド・ウォレスのゲームユーズド&サイン入りだそうな~。(まったくのムダ情報)

101025_teamstore_05.jpg

101025_teamstore_06.jpg

財政難に陥ったアリーナ・ストアの前経営者からボブキャッツが経営を引き継ぎ、スペースを拡張。ジョーダン・ブランドから商品を仕入れるスポーツ・ブティックにオーバーホール。ジョーダン・シューズは置かないが、キャップやTシャツ、ショーツ、ウォームアップなどを揃え、ジョーダン・ブランドのボブキャッツギアを購入できる唯一の店舗でもある。オン・コートのユニフォームとアパレルの権利はアディダスにあるが、チームショップでは一定量のジョーダン・ブランドとナイキの商品を販売することが可能。ジョーダンがマイノリティーオーナーになった2006年から少数の製品は販売されてきたが、今回のリニューアル後は40パーセントがジョーダン・ブランドの製品。チーム経営陣は販売増を予測しているが具体的な見積もりや改修にかかった費用の公表は辞退した。「ジョーダン」印が創設7年目のチームに信頼性を与えることも重要だという。
Charlotte Business Journal

もっと詳しい記事を読むには登録が必要でした…。
最近はボブキャッツ関係だけで読むものがいっぱいあるから、「MJ vs. Kobe」とか「MJ vs. ビル・ラッセルどちらがG.O.A.T?」とか「MJ vs. チェンバレン」なんて企画記事を読むヒマがなくて、ちょっとつまりません。(笑)
マイケルのインタビューもコーチのインタビューも全然読めないのに、またスポーツ・ビジネス・ジャーナルやらウォール・ストリート・ジャーナルやらに長いレポートがあって、これがオーナーとしてのレポートだから興味深いし。

あぁ~ちゃっちゃと読みたいけど読む能力がない~。il||li _| ̄|○ il||li

金の腕時計

1998年の6度目の優勝のあと、MJからテックス・ウィンターへ“Thanks, MJ.”と刻印して贈られたパテック・フィリップの金の腕時計が、テックスの家族によってザザビーズの時計オークションに出品されるそうです。
(予想落札価格8000ドルから1万2000ドル)

MJtoTW_patekphilippe.jpg Source: Sotheby's via Bloomberg

・・・ひょっとして療養費に困っていらっしゃるとか?

2010 My Hero Gala

土曜日の夜はタイム・ワーナー・ケーブル・アリーナにて、長老派教会病院コミュニティー・ケア・クルーザー(Presbyterian Hospital Community Care Cruiser)とボブキャッツ・ユース・ファウンデーションを支援する約500名のゲストを招待した第4回My Hero Gala (Presented by Deloitte and Wachovia Wells Fargo)が開催され、

101023_hero_01.jpg
(Kent Smith / NBAE / Getty Images)

正装にバスケットボールシューズ着用というところがいいですね。
今年はオーナーとしてMJも姿を見せてくれました。
101023_hero_15.jpg

Bobcats.com: Release
Gallery: 2010 My Hero Gala
Gallery: 2010 My Hero Behind the Scenes
Video: 2010 My Hero Gala
Video: Michael Jordan at 2010 My Hero Gala (MJのスピーチ)

コミュニティーへの貢献を称えられる受賞者にはタイラス・トーマスも。
101023_hero_26.jpg

バトンルージュ南部で育ったトーマスは、コミュニティーの貧しさと教育資源やロールモデルの乏しさを鋭く感知し、熱心な慈善家になった。自分の財団を組織し、C.A.T.C.H. (Caring and Actively Teaching Children Hope)というユースプログラムに資金を供給している。さまざまな組織とも手を組み、低所得層、単身親世帯などに食料や住居、文房具などを支援。バトンルージュでの活動によって2010 National Nobel Prize for Public Service、ジェファーソン賞を受賞した。(※かなり省略)

そして、24日のシャーロット・オブザーバーに「WIN AS ONE」をテーマにしたマイケルの公開レターが全面広告として掲載されたそうです。こちらのシャーロット・オブザーバーのページからPDFがダウンロードできます。

MJはファンやコミュニティーとの結び付きの強化に熱心なオーナーだと思うんだけど、けっこう皆さんそうなのだろうか…特にスモールマーケットの場合は。少なくともブルズのチェアマンにはそんな印象はないが。(^^;

ヒートについてひと言

【NBA】レブロンとヒートが失ったものと得たものとは?
2010年10月24日(日) 17時0分 ISM

 今夏、レブロン・ジェームスとクリス・ボッシュの入団によって一躍NBAのトップチームに名乗りを挙げたマイアミ・ヒートだが、依然それを快く思わない向きが一部であるようだ。
 特にレブロンは、故郷のチームであるクリーブランド・キャバリアーズを強豪に押し上げるという美しいストーリーが多くの人々の共感を得ていた。それだけに、ヒートへの移籍は「クリーブランドを離れて、よりチャンピオンになりやすいチームに移る」とレブロンが決断したように見え、彼自身に対する評価は急速に冷え込んでいる。
 レブロンは確かにかつてのスーパースター、マイケル・ジョーダン氏(元ブルズほか)のように愛されるチャンスを失ったかもしれない。しかしチャンピオンの座に近づいたのも確かであり、ジョーダン氏も知ってのとおり、優勝は人気投票で決まるものではない。
 そのジョーダン氏は「ブルズが勝ち始めたとき、デトロイトやニューヨーク、クリーブランドの人たちが自分たちを好きじゃなかったのは間違いなかった。もしヒートが快進撃を始めれば、同じことになるだろう」と、自身の経験を引き合いに出し、万人から支持されるのは不可能だとコメント。今はシャーロット・ボブキャッツのオーナーを務める同氏も「彼らが王者になることに関心はない。だが、もしヒートが全てのチームをたたきのめせば、彼らがチャンピオンだ。勝てば、だがね」と語っている。(STATS-AP)


遅くなったけど少しニュースをチェックしておくか、と思ったら・・・
これも金曜日のインタビューでの発言なんでしょうか?(<まだ読んでない<早く読めば分かるじゃん)
ISMも元記事を明示してくれよ~。

23日にセントラル・フロリダ大学とライス大学のフットボールの試合を観戦したジェフとマーカス。
ファーストハーフにバスケ部の紹介があったようです。
1023ucf_rice_football.jpg
(AP Photo/Phelan M. Ebenhack)

ジョーダン兄弟

昨日(現地金曜日)のMJは、タウンホールミーティングでシーズンチケットホルダーからの質問に答えただけでなく、活字メディアの記者とも一対一のインタビューに応じたようで、も、読むモノ倍増…_| ̄|○
たとえばこれとか。 Jordan interview: Full transcript (Gaston Gazette)
Bobcats.comにも記事と動画が上がっています。 
Jordan, Whitfield and Higgins Host Town Hall Meeting

どこから手をつけたらいいか途方にくれるばかりで、まだ何も読んでません。(笑)
ので、途中までやってあったセントラル・フロリダ大男子バスケ部のメディアデーの記事でも。

1014ucf_mediaday.jpg<思ったよりも大きさが違う

jeff-marcus.jpg
(Ricardo Ramirez Buxeda, Orlando Sentinel)

Orlando Sentinel Photo Gallery

Heir Jordans trying to step out of father's shoes: NBC Sports (AP)
マイケル・ジョーダンの2人の息子にとってセントラル・フロリダ大での短い期間は、フープ(hoop)よりも騒動(hoopla)だった。
シューズ論争、ツイッターのポスト、ベガスのビデオ。たぶん、他の誰にとっても小さな間違い。しかし、エア・ジョーダンの息子にとって小さなことなど何一つない。
「みんなが見ている」と、二年生のマーカス・ジョーダンは言った。「それはもう何年も前から知っていたことだけれど、どれほどのものか本当のところは理解していなかった。誰も彼もから本当に四六時中見られているんだということを。でも、今は知っている」

マーカスは8月に、兄のジェフ、チームメイトのA.J. ロンプザと共に父親のバスケットボール・キャンプでラスベガスにいた。ある日、マーカスはアリアリゾート&カジノのナイトクラブなどで5千ドル使ったことをツイッターで吹聴した。そのあと、3人が成人専用のプールラウンジでくつろぐビデオをジェフがポストした。

おそらく、マーカスが未成年云々の問題ではない。

そのポストはネバダ賭博管理委員会をMGMリゾート・インターナショナルの調査に乗り出させるのに十分だった。管理委員会の調査結果は公表されておらず、ジョーダン兄弟は木曜日のメディアデーで具体的な詳細を論じないだろう。
しかし、ドニー・ジョーンズ新コーチは、より賢明な行動についてジョーダン兄弟と話をすると言った。ジョーダン兄弟も、気を散らす出来事を起こしたことをチームメイトに謝罪した。
「まあ、私たちがマクドナルドで100ドル使ったと言いふらすようなものだろう。どうしてそれをいちいち人に知らせるのか、ということだね」と、ジョーンズは言った。「彼らと一緒にスポットライトが付きまといそうだ」

たぶん、今までよりもっと。

ジェフはこの夏イリノイ大学から転校してきた。そして、マーカスの高校二年時以来初めて兄弟がチームメイトになる。ジェフはNCAAの規則で1年間プレーできないが。

大学レベルで兄弟と一緒にプレーする機会があるアスリートはあまり多くない。また、学生寮の自室で父親が主役のビデオゲームをする学生も少ない。あるいは、NBAチームのオーナーを父に持つ学生も。

その影は彼らを追い回しがちだ。

21歳のジェフは7年生の頃から定期的にメディアのインタビューをこなしてきた。弟であるマーカスは、彼らの名字ゆえに引き起こされる大騒ぎや殺到する群衆を体験するジェフを見てきた。

兄弟の有名な父親は、昨年の殿堂入り式典のスピーチで息子たちにのしかかる期待に言及し、「私はお前たちになりたくない」と発言した。

「その中で成長するのは大変だった。プレッシャーがきつかった。バスケットボールをすればどういうことになるかも分かっていたよ」と、ジェフは言った。「だんだんと対処するのが楽になってきたけれどね。本当のところは何も変わっていないんだけど、自分にとって子供だった頃ほどファクターになっていない」

マーカスにとってもカレッジのスタートは順調にいかなかった。

彼は学校が支給するアディダスを拒否し、エア・ジョーダンを履くことで波紋を投じた。UCFはマーカスのリクルートに際してアディダスから承認を受けたと主張したが、アディダスは大学との再契約を見送った。現在はナイキが運動部のアパレルを提供している。

それでも、UCFのキース・トリブル体育局長は、ジョーダン兄弟の影響はネガティブな面よりポジティブな面がはるかに大きいと言う。
「昨年はマーカスの存在によってUCFと我々のバスケットボール・プログラムが世に知られた。彼の父親ゆえに、人々が注目してくれる。そして今年はジェフリーも加わった。世間は、『兄弟が揃うからにはきっと良い大学に違いない』と言ってくれるだろう」

イリノイ大学でウォーク・オンだったジェフは、UCFがより良いチャンスを提供してくれたから転校したのだと言う。UCFでも奨学金は受けず、心理学の勉強を続ける。

マーカスは1年生として全32試合でプレーし、18試合で先発した。1試合平均8得点、3リバウンドという成績だが、シーズン終盤は活躍し、カンファレンスUSAのオール・フレッシュマン・チームに選ばれた。

チームメイトであることには少し慣れを要する。

兄弟2人は今、ジャージーの名字の前にイニシャルを記し、練習ではしばしば互いをガードし、キャンパスや夜のたまり場での鉢合わせは避けられない。

「高校時代みたいな感じがする」と、ジェフは言う。

共同生活はどんなものか?

まあ、彼らには少しスペースが必要である。同じ家で育ったあと、ジェフは絶対に弟との同居を望まなかった。
「もういいよ」と、くすくす笑いながらジェフは言った。「二度と経験したくないことってあるじゃん」

プレシーズン最終第8戦

○99-66 (boxscore) vs.ホークス 4勝4敗

【NBA】MJもご満悦、ボブキャッツがホークスに大勝
2010年10月23日(土) 16時34分 ISM

 プレシーズン最終日の現地22日に行われたシャーロット・ボブキャッツ対アトランタ・ホークスの一戦は、21得点を挙げたスティーブン・ジャクソンがチームをけん引し、ボブキャッツが99対66で大勝。オーナーのマイケル・ジョーダン氏が見守る中、4連勝(4敗)でプレシーズンを締めくくった。
 ボブキャッツは2点リードで迎えた第2Qで、開始から猛攻を展開し31対10と圧倒。続く第3Qも勢いは止まらず30対15のスパートを見せ、第4Qを前に大量38点リードで早々に試合を決めた。ジャクソンの他にはジェラルド・ウォーレス、ボリス・ディーオウ、タイラス・トーマスがそれぞれ12得点をマークするなど、合計8選手が9得点以上を挙げるチームバスケを展開した。
 この日の試合前、珍しくインタビューに応じたジョーダン氏は、2シーズン前のラリー・ブラウンHC就任以来、トレードを9回も重ねて行ってきたチーム再建の効果がようやく出てきたとご満悦の様子。「(今オフに)大きな補強をしなかったことが、かえって成功への道を早めてくれると考えている」と語り、昨季よりもチームはグレードアップするはずと強調した。
 一方のホークスは、前日のマイアミ・ヒートとの熱戦の疲れが取れず、全体のフィールドゴール成功率32%と不発。ボブキャッツに好きなようにやられ大敗を喫した。なお、ジャマール・クロフォードが15得点、アル・ホーフォードが12得点をマーク。エースのジョー・ジョンソンは約16分間の出場で無得点に終わっている。(STATS-AP)


勝敗に意味はないにしろ、4連敗から4連勝で開幕を迎えられるのは良かった。
とりあえず今シーズンも、めったに"great."という言葉を使わないコーチが"We were great defensively,''と言うくらい、ボブキャッツのディフェンスは良いらしい。特にスモールラインアップのとき。ホークスのセンターがホーフォードだったから、ボブキャッツはディアウがセンターでタイラス・トーマスがパワーフォワード+ジャクソン+ウォレスは全員ほぼ同じサイズでスイッチディフェンスも自由自在な最強ラインアップ、とのこと。

25日(月):無料公開練習
27日(水):シーズン開幕戦@ダラス
Yahoo! Sports (AP)  Charlotte Observer

今日の観戦中のマイケルはこれだけですが…(笑)
1022bobcats.jpg (AP Photo/Nell Redmond)

ISMの記事にある「試合前、珍しくインタビューに応じた」というのが、600名から700名のシーズンチケットホルダーを招いたタウンホールミーティングでの質疑応答のことでして。

101022_townhall_01.jpg

Photo Gallery: Bobcats Town Hall Meeting

Bobcats.comはまだフォトギャラリーしか整っていませんが、ビデオも用意されているようです。
APの記事とオブザーバーにあった「一問一答」とファウラーさんボーネルさんの感想も読まなきゃ…またいつまでかかるんだろうか~。

さらに、Bobcats.comにChairman's Cornerというページができたんです。
101021_jordan_main.jpg

Chairman's Corner

MJ's Mailbagsと称してファンからの質問や提案も受け付けています。
I Want to Hear from You
私は3月に、ファンやシーズンチケットホルダーの皆さんにさまざまなボブキャッツ関連の話題についてフィードバックを求めました。その反応はものすごく、我々は皆さんから寄せられたたくさんのアイデアや提案を重く受け止め、それらの多くを実行することができました。
そのフィードバックとともに、私はチームの方向性やバスケットボールのビジネス、NBAの将来についても多くの質問を受けました。いくつかの質問は非常に有意義なものだったので、私の答えと共に提示することを始めるべきではないかと考えるようになったわけです。
ボブキャッツに関連する何にでも -- コートで起こったことから、場内売り場、フロント・オフィス、ハーフタイムショーに至るまで -- 質問やコメントがあれば、insider@bobcats.comへ電子メールを送るか、twitter.com/bobcatsへ直接メッセージを下さい。我々は皆さんの考えや皆さんが何を知りたいかということを知りたいのです。

隣席の女性

先日のヤンキースタジアムの本塁裏の席でMJの隣に座っていた女性は、フォーチューン誌の「Most Powerful Women」で5年連続トップのペプシコCEO、Indra Nooyi氏。 CNN Money

CNN_nooyi_jordan.jpg

ペプシコのスポークスマンは、2人が「友人であり、長年のビジネスパートナー」で、ただプレイオフを楽しんでいただけと説明した。実際にNooyi女史は大のヤンキースファンで、ジョーダンファンとも報じられたことがある。
ただし、今回の件は大きな取引が進行中というサインか?という疑問も浮上させる。(ペプシコ傘下の)ゲータレードの現在の顔であるタイガー・ウッズが醜聞にまみれてしまったため、再びジョーダンにシフトするという?

という記事に、「ジョーダンは1991年からゲータレードの看板アスリートだが、2003年からCMに登場していない。2009年のスーパーボウル用の8分間の変てこなCMに結びのナレーションで登場しただけ」
「ケビン・ガーネットとウサイン・ボルトによるモンティ・パイソンと聖杯のパロディー"quest to find G"で、ジョーダンの低音が"Honorable knights. G is not a place. G is inside of all of you."と語り、 2人がフラスコからごくごく飲むと、ジョーダンの声が"Glorious."」と書いてあったので探しましたとも。

確かにマイケルの声だ、けど確かに変てこ~。(^^;




今年の1月にチラッと見かけましたが、毎年1月にバハマで開催されてきたMichael Jordan Celebrity Invitationalが、2011年からラスベガスで開催されることになったそうです。日程も3月30日から4月3日まで。
cybergolf.com

ロスター15名に

101021_roster.jpg

木曜日にダリアス・マイルズとマット・ロジャーズをウェイブ。 Bobcats.com

ただし、コーチによれば、今の15名がそのまま開幕まで残ると決まったわけではなく。
「ダリアスは単に人数枠に収まらなかっただけで(契約が保証された選手が多くて)、本人のせいではないことを伝えた」
さらに、ロジャーズはいずれNBA選手になるだろう、「彼はなかなか有望だよ。みんなに愛されていた。大きなひざの手術を経てここにいることが奇跡だ。めきめき上達したよ」とのこと。
ロジャーズ本人はDリーグかヨーロッパを考えているそうです。
Charlotte Observer

ちなみに、アダム・モリソンもダメだったようですね~。
(ホントに一応生き残っているクワミより外れ度が高かった…)

ボブキャッツにメロ&CP3の可能性?というおとぎ話がまたありました。
メロ本人の移籍希望先はニックスとネッツだが、ナゲッツにとってニックス(エディ・カリー+アンソニー・ランドルフ&ダニロ・ガリナーリの可能性)やネッツ(デリック・フェイバーズ+数名+現金)の見返りは魅力がない。
で、ナゲッツはジェラルド・ウォレスに気があるので、トレードが成立する可能性もないわけじゃない。ジョーダンが考えているかどうかさえ不明だが、デンバーはあらゆるオファーに耳を貸す用意があると言っているのだし、ウォレスに対する関心を考えれば試してみないのは愚かである、と。
さらに、故郷の人々の前でプレーすることは夢の一つだと語るクリス・ポールも可能性があるかもよ~みたいな~。
Bleacher Report

しかし、そして誰もいなくなった、になりそうじゃん…。
ま、そもそもないけどさ。(^^;

プレシーズン第7戦

開幕が近づいてきたらまた記事が多くなって読みきれない…。ま、とりあえず。

○106-97 OT (boxscore) vs.ホーネッツ 3勝4敗

毎年恒例、カロライナ両州の中学生を招く“Cool School Field Trip”, Presented by Jordan Brand
対戦相手は地元のアイドル、クリス・ポール、とホーネッツ。
今年は103校から1万7000人の生徒&教師&管理者が招待された。
招待された6~8学年の中学生は各校の優等生。 Bobcats.com  

1020observer_2.jpg
(JEFF SINER / Charlotte Observer)

おみやげ付きです。
101020_coolschool_01.jpg
(Sean Phaler / bobcats.com)

子供たちの一番人気はD.J.オーガスティン。
理由は?
「チームメイトから同級生だろって言われたよ(笑) -- 身長と童顔をいつもからかわれるんだ。ぼくは子供が大好きだし、子供たちから好かれるのは嬉しいね」

試合の方は、前半に最大14点差をつけられながらも、ウォレスがコートの端から端までドリブルで突っ切ってオーバータイムに持ち込むレイアップを沈め、オーバータイムにジャクソンのスリーで逆転した。

・リビングストンがアウト、コリンズも足首の捻挫とひざの打撲傷で万全にはほど遠く、オーガスティンをベンチに下げた間はディアウがポイントガードでプレー(出場時間40分のうち約20分も)。さらにスモールラインアップではセンターもプレー。
「スティーブン・ジャクソンとボリスはポイントガードもこなせるが、相手のガードを守るのは厳しい。スイッチできるシューティングガードが必要だ」:ブラウンHC

・ところが、控えSGのヘンダーソンもひざとハムストリングの故障に苦しんでいる。
本人が言うには、もともとひざに腱炎があり、それが原因でハムストリングを痛めたのだろうと。

・ジャクソン、ウォレスにトーマスがPF、ディアウがセンターのスモールラインアップで臨んだオーバータイムの5分間のプレーは、課題山積にもかかわらず今シーズンもボブキャッツがプレイオフに進むだろうと私が思う理由を証明するほど素晴らしかった、とボーネルさん。

・ナハラが移籍後初めてプレー。

・最大の問題はいつショーン・リビングストンがプレーできるほど回復するかということ。
まだ7日の猶予があるというブラウンHCの口調は自信よりも期待感をにじませてのものだった。
もしリビングストンの準備が整わなかった場合、他チームのロスターからもれたベテランPGと契約するためにコリンズをカットするのだろうか。
Charlotte Observer  Charlotte Observer

あったま痛いな~。
15年前はこんなに詳しい情報が入らなかっただけで、ブルズ王朝にもちょこちょこ怪我はあったんだろうか。
(しかし15年だよ、15年!自分で書いててビックリした…)

ミュージック・ビデオに出演(少し追記)

何もない日は何もないのに今日はまだネタがあって。

マイケル・ジョーダンがマイケル・ジャクソンの“Jam,”に出演したことは有名だが、メアリー・J.ブライジの2000年のミュージック・ビデオ“Give Me You”にも出演していることはあまり知られていない、という記事がありました。 Chicago Tribune

18日にシカゴで"Melodies by MJB"という自分のサングラスのプロモーションをしたブライジがインタビューに答えていて、ジョーダンを出演させることは自分のアイデアではなかったが、どんな場面になるか聞かされて喜んだ、「『OK、とっても素敵』みたいに答えたわ」「(ジョーダンは)素晴らしい人だった。彼を表現するのに“素晴らしい(amazing)”という言葉じゃ物足りないくらい」
撮影前のジョーダンは緊張していましたか?
「ううん、私よりリラックスしていたわ」



ジョーダンとブライジが最初に(ちょっと)組んだのは1999年のこと。スティービー・ワンダーの“Overjoyed”をカバーしたものがナイキのコマーシャルに使われたとき、とのこと。

私の秘蔵(死蔵)テープのどこかにこのCMのもっとちゃんとした映像が眠っているはずなんだけどな~。




5月18日に記事にしたメルセデスが再びオークションに出品されているそうです。
つまり、5月には誰も落札しなかったってことね?(^^;
落札最低価格が44万9000ドルから42万9998ドルへ1万9002ドルも値下がりしていてチャンスですヨン。
19日の午前9時30分現在、8300人が閲覧しているもののまだ入札者はいないそうです。
chicago.sbnation.com

MJ mercedes_observer

2007年モデルでMJ以外の手に渡ったことはなく、走行距離962マイル(1548キロメートル)。
「おい~3年間で962マイルしか走らないでガレージに入れておくだけならこんないい車買うなよ~」って。
Charlotte Observer

@ヤンキースタジアム

1019mlb_getty.jpg
(Photo by Andrew Burton/Getty Images)

19日はヤンキースタジアムでテキサス・レンジャーズ@ニューヨーク・ヤンキース第4戦を観戦。
デレク・ジーター所有のスイート席みたいです。

試合は10対3でヤンキースが敗れ、1勝3敗の崖っぷち~。

1019mlb_reuters.jpg (REUTERS/Ray Stubblebine)

1019mlb_ap.jpg (AP Photo/Kathy Willens)

BSでもJスポでも生中継があったのに、再放送はないんですねぇ。
忘れた頃にJスポで再放送があるかもしれない・・・たぶん忘れそう。(笑)


そして本日深夜(21日午前2時)は『ジョーダン・ライズ・ザ・バス』初回放送でございます。

J SPORTS ドキュメント
ジョーダン・ライズ・ザ・バス

今回はバスケットボール史上最高の選手の一人と言われるマイケル・ジョーダンが全盛期に引退し、野球に挑戦した1年半の真実をお届けします。
エアーと称される滞空時間の長いジャンプから次々に信じられないようなダンクを決め、シカゴ・ブルズで91年から3年連続でNBAチャンピオンとなり絶頂期を迎えたジョーダン。
ところが1993年、全盛期にもかかわらず突然の引退を表明し世界中のバスケットボールファンを驚かす。
さらに引退後はまさかのメジャーリーグ挑戦を発表。世界最高のバスケットボール選手、年収100億円、移動はチャーター機というアスリートが、年俸200万円に満たないマイナーリーグの選手としてバスに揺られて遠征を行い、メジャーリーグ昇格を目指す、という前代未聞の挑戦をすることとなる。


プレシーズン第6戦

○102-96 (boxscore) @ヒート 2勝4敗

【NBA】負傷の影響なし? 復帰のレブロンが33得点
2010年10月19日(火) 18時9分 ISM

 マイアミ・ヒートは現地18日、本拠地でシャーロット・ボブキャッツとのプレシーズンゲームを実施。新ビッグ3の一角、レブロン・ジェームスが右太ももの負傷から復帰し、29分間の出場で33得点と大暴れしたものの、チームは96対102で3敗目(3勝)を喫した。
 12日のCSKAモスクワ戦で右太ももを痛め、先週は1試合を欠場し練習も1日休んだレブロンだが、この試合ではその影響をみじんも感じさせないアグレッシブなプレーを披露。ダッシュしてルーズボールをつかみそのままワイルドにダンクを沈めれば、ディフェンダー2人を蹴散らし強引にシュートを決めるなど、2度のMVPに輝いた実力を遺憾なく発揮した。
 5点リードで折り返した第3Qは、まさにレブロンの独壇場となった。フィールドゴール8本中5本、フリースローは7本中6本を成功させた他、4リバウンド、2アシストを記録。このクォーターでリードを9点に広げた。しかし両チーム先発陣がベンチに下がった第4Q、ヒートはボブキャッツに猛反撃を許し逆転負けを喫した。
 新ビッグ3の一角、クリス・ボッシュは14得点、8リバウンドをマーク。ドウェイン・ウェイドは負傷中の上、前妻との間の子供の親権裁判に出廷したため欠場した。
 ボブキャッツは勝負どころの第4Q、デリック・ブラウンがこの日獲得した18得点のうち14得点をマーク。また、タイラス・トーマスも15得点中9得点を挙げてプレシーズン2勝目に貢献した。DJ・オーガスティンが19得点でチーム最多を記録している。(STATS-AP)


ボブキャッツはジェラルドが欠場なのにまったく無視だもんな~。
ま、元になってるAPの記事が一言も触れていないからなんでしょうけど。

・第4Qに活躍したデリック・ブラウンはプレシーズンのシュート成功率が62%と絶好調。
オーガスティン:「集中を保っている。コーチの批判も正しい受け止め方をしているね」
ラリー・ブラウンHCは若手の誤りをかなり激しく指摘することもあるが、
デリック・ブラウン:「コーチの言い方ではなくて、内容に耳を傾けているんだ。コーチの言葉にいちいち傷ついていたらプロのアスリートはやっていけないよ」

・コーチの批判を正しく受け止めて成長の糧にしたのはオーガスティンも同様で、このプレシーズンは14.5PPG、FG55%、6試合で23アシストしてアシスト/ターンオーバー比率は2-1以上という好成績。
「チームメイトの支えが自信を与えてくれるんだ」

・レブロンにはFG10-17, 33ptsされたが、ヒートのシュート成功率を39%に抑えたディフェンスにはコーチも満足していた。今のボブキャッツの最大の課題はリバウンド。今日もヒートにオフェンスリバウンドを14本も許した。レブロンにヘルプディフェンスが必要だったことも一因だが。

・ジェラルド・ウォレスは背中の痛みで欠場。
レギュラーシーズンならプレーした、と本人も言う程度の状態だが予防措置として。

・ジャクソンが怪訝な表情でレフェリーの方向へ寄って行ったらテクニカルファウル。
昨シーズンなら200回も繰り返していた行為。
ファウルの判定に「やってない」と言っただけのボッシュもテクニカルファウル。
今シーズンはテクニカルファウルが乱発されそうだ。
Charlotte Observer  Charlotte Observer  Yahoo! Sports (AP)

とのこと。
本気でシーズン中も続けるんですかねぇ。

ボブキャッツはD.J.オーガスティンとジェラルド・ヘンダーソンの2011-12シーズンのチームオプションを行使するかどうかまだ決めていない。期限は11月1日で、それまでにオプションを行使しないと2人は来オフFAになるわけだが、行使しない理由はないだろう。2人ともアダム・モリソンやアレクシー・アジンザ(ルーキー契約を延長した)よりポテンシャルが高い。さらに、オーガスティンの場合は理論的に1年契約でプレーしている状態(現在3年目のオプション)のため、4年目のオプションを行使しないと本人の同意なしにトレードすることができなくなる。
Charlotte Observer

契約のことは苦手ですが、これはオプションを行使しない理由がないと私も思う。

ジョーダン・ライズ・ザ・バス

Jスポーツで『ジョーダン・ライズ・ザ・バス』放送決定です!
詳しいスケジュールはKenchさんの放送予定でどうぞ!

2K11についてのインタビュー

いつまで引っ張ってもムダなあがきなのでそろそろ見切りを付けます…アバウトなところ&未消化なところは前もってスイマセン。全訳でもありません。

にしても、たぶん大勢の先達への配慮もあって、「コービーは歴代ガードの十指に入る」と言ったら、「はあ!?」「ナニソレ、たったトップ10?」「偉ソー」みたいな反応多し。片言隻句にイチイチウルサイ。自分がN0.1だなんて言っとらんぞ。



シカゴ・スタジアムのトンネルで振り返っての「Are you ready?」はマイケル本人の声だそうです。
CNN.com  USA TODAY 
 
2Kスポーツはここ数年間ジョーダンの参加を望んでいた。

MJ:「自分の子供たちからはずっと、どうしてビデオゲームに登場しないの?と聞かれていたのだが、今まで考えたことはなかったんだ。基本的に、私のことは『スペース・ジャム』の方がなじみがあるという世代に自分を見てもらう機会が与えられたと思う」
「こういうゲームの仕事はもう長い間やっていなかったし、先方からある程度のアイデアやコンセプト、ゲームに導入できることの提案があった。子供たちにも相談したところ、クールだと喜んでもらえたし、それで関与することを決めた」
「私にとっては素晴らしい機会になった。このゲームが(現役時代と『スペース・ジャム』という)点と点を線で結んでくれたと思う」
「子供たちにやってもらっているよ。自分でもプレーしたかって?まあ、いじってはみたけれど、あまり得意ではないね。こういうことをするには指が太すぎるんだ。実際にプレーしてゲームの革新や進化を目にした人たちから寄せられる反応は非常にポジティブなものばかりで興味をそそられる」

ゲームの開発にはどれくらい関与したか?

「開発チームには、どのゲームやどのハイライトの私を使いたいかという構想があった。もちろん、どれも素晴らしいハイライトばかりだ。なので、こちらから言うことはあまりなかった。全体のシナリオの中でどのようになるか見せてもらい、非常にクールだと思った」

Jordan Challengesの中でどれが一番難しいと思いますか?

「私が一番難しかったのは flu gameだ。病気でプレーすることは肉体的なチャレンジであると共に、完全に精神面のチャレンジでもある。ランク付けをするなら、あれを一番に選ぶ。一番やさしかったのは?簡単なものはないけれど、ボストン戦の63得点ゲームが他より楽かな。実際は負けた試合だから」

Jordan Challengesに成功したら、あなたを現在のチームに加えられるところがいいですね。

「異なるチームでプレーさせられるところがこのゲームの一番の売りだと思う。現実はウィザーズ以外でプレーしたことがないし、そういう話をしたこともない。コービーのCMを見たとき、本当にユニークだと思ったよ。たぶん私のプレーを見たことがない子供たちを啓もうして、私にも少し関心を向けてもらえるかな。初期段階ではなかった案が発展したものなんだ」

ゲームはあなたの現役時代からどのように変わりましたか?

「フィジカルな面が抑えられたし、もちろんルールも変わった。今のルールで、私が自分のスタイルでプレーしなければならないとしたら、ファウルアウトするのはかなり確実だと思う。あるいは、たくさんフリースローをもらって100得点するか」

あなたとコービー・ブライアントはずっと比較されてきましたが、NBA史上におけるコービーの位置は?

「それに答えるのは非常に難しい。彼が引退するときは間違いなく史上最高の選手の一人に数えられると思う。その中でどこにランクするか、ポジション別の話をするなら、歴代ガードの十指に入らなければおかしいだろう」

マイケル・ジョーダンの登場はどのように実現したか?

Jason Argent (vice president of marketing at 2K Sports):
「我々にとって、マイケルと働くことは長年の夢だった。しかし、もしマイケルがゲームに登場するのなら、一部分の扱いで終わらせたくなかった。ただカバーを飾るだけとか、形だけの登場で済ませたくなかったんだ。あらゆる場面に組み入れるべきだし、もちろん、我々はそれを実現したよ」

チャレンジのアイデアはどんなポイントで?

エリック・ボーニッシュ(producer of NBA 2K11 development team):
「何年も前から温めていた考えだ。『我々にはあなたとあなたのブランドをゲームに使う素晴らしいアイデアがあります。これを本当に本当に実現したいのです』とアイデアを売り込み、あらゆることが今年ピッタリ収まったような感じだ」

マイケルはどんなインプットを提供したか?

「驚くべきではないと思うのだが、彼が信ぴょう性にフォーカスするレベルには目を見張らされた。ゲームに登場する彼自身のモデルはすべて承認してもらったものだ。どれも非常に似ていると思う。すでに大成功しているビデオゲームをより大きな主流を占める消費者のより多くにもたらしたところがマイケルについて興味深いところだ」

マイケルはflu game がたぶん最も難しいチャレンジだろうと。

「その通り。(まず最初は)身体的にも技術的にも非常に若いマイケル・ジョーダンがいる。非常にアスレティックだが、まだアウトサイドショットはうまくないし、本格的なキラー・インスティンクト(※“殺戮本能”はないしね…闘争本能では弱いか~)も備えていなかった。flu gameはチャレンジの最後の方の1つだが、彼はより成長したプレイヤーだ。体も少し大きくなっていることに気付くと思う。アウトサイドショットもキラー・インスティンクトも確実に備わっている」
「flu gameでは彼の耐久力のトーンを少し変えてあるんだ。プレーしてみれば、普段よりずっと早く疲労することに気づくだろう。アニメーションで疲労を確認することができる。いつものマイケルでないことを感じるように描写した」
「10あるチャレンジのすべてをクリアすると、MJ: Creating a Legendという新しいモードの扉が開く。レート79のルーキーのマイケル・ジョーダンを現在のどのチームに入れることもできる。基本的に、現在のNBAを背景に伝説を再現していく。うまくプレーして、我々が設定したゴールを達成することで、マイケルのレートを上げることができる。今の世代にマイケル・ジョーダンのレガシーを再現してもらうためのゲームだ」

他に何か?

「NBAのカルチャーとして、エア・ジョーダンを取り揃えた。それもまた、マイケル・ジョーダンのブランド面の大きなパートだからね。エア・ジョーダン全25種と、ジョーダン・ブランドの他のシューズも15種用意した。シューズによって選手の性能を高めることができるんだ。MJ: Creating a Legendでマイケル・ジョーダンに履かせて、彼の性能を変化させることができる。どのモードでどの選手にも履かせることができる」

プレシーズン第5戦

○97-94 (bocscore) vs.ピストンズ 1勝4敗

主力がそれなりの出場時間でコリンズやロジャーズやマイルズの出番が少ない。そろそろ仕上げ段階だから?
接戦に持ち込まれた残り1分3秒でオーガスティン(FT11-14)とトーマス(FT9-11)がFTを12本中10本決めて何とか初勝利。ボブキャッツはターンオーバー20、ピストンズは17。ウォレスとディアウがTファウル。ベン・ウォレスとグレッグ・モンローはフリースローでエアボールなど、どちらも雑なゲームだったそうですが。(^^;
Yahoo! Sports (AP)

ボーネルさんによると最もインパクトがあった選手は 6blk, FG3-3, 4reb, 2astのジョップ。
昨シーズンの終わりにコーチから直接、プレーするために必要な条件を告げられ、その筆頭が減量だった。で、「夏休みはとらず、1日2度のワークアウトを続けた」
「今はすごくいい気分だ。これがプレシーズンでも何でもかまわない。出場時間をもらって勝利に貢献できたのだから。ここまで長い時間だったよ」

マグワイアーだけプレーしていないと思ったら、左すねの疲労骨折で6週間アウトだそうです…orz
Charlotte Observer

【ボーネルさんの感想】
・リビングストン、クワミ、マグワイアーと、補強した3人が全滅。
層を厚くする努力は水泡に帰したかも…。

・シェロン・コリンズは太っているし、ポイントガードとしてそんなに良いわけでもない。ボブキャッツはより良い選択肢を求めてウェーバー情報を調べているのではないか、と他チームのアドバンス・スカウトは言う。

・スティーブン・ジャクソンは変人なところもあるが心根は良い男だ。トレーナーのスティーブ・ストリッカーがロッカールームで選手たちに日当を手渡しながら確認のサインをもらって回っていた。ジャクソンはサインしたが、現金はコリンズに渡してやってくれと伝えていた。

・ボリス・ディアウは普段、ロッカールームでは控えめで、さっさとシャワーを浴びて帰途につく。しかし、ジョップの活躍にすっかり魅せられた今夜は、我がチームの「ディケンベ・ムトンボ」を見つけた、と騒がずにいられなかった。
Charlotte Observer
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード