記録として

昨日気になったステフの件とオークの件を。

NBAスターのカリー、トランプ大統領称賛のスポンサーCEOに反対

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)、ゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)のステフェン・カリー(Stephen Curry)が8日、自身が契約を交わすアンダーアーマー(Under Armour)のケビン・プランク(Kevin Plank)最高責任者(CEO)がドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は同国の「資産(asset)」だと述べたことを受けて政治論争に加わった。

 プランクCEOのコメントについて問われたカリーは、地元紙サンノゼ・マーキュリー・ニュース(San Jose Mercury News)に対し「発言には同意する。もし『asset』から『et』を取るならね(ass、くそ野郎の意)」と語った。

 2024年まで契約を結んでいるアンダーアーマーのバスケットボール部門において、広告塔の役割を担っているカリーは、今週行われた米経済専門局CNBC(CNBC)のインタビューの中で、プランクCEOのコメントに驚いたことを認めていた。

 米大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏を支持していたカリーは、「こうした企業寄り政策の大統領は、国にとって重要な資産」とするプランクCEOの発言後、アンダーアーマーで働く「数えきれない数の人々」と話したとマーキュリー・ニュースに明かした。

 プランクCEOは8日に発表した声明の中で、メリーランド(Maryland)州ボルティモア(Baltimore)に本社を置くアンダーアーマーは長きにわたって同国の雇用や製造業を支援することに尽力しているとしたうえで、多様性の理解にも力を注いできたと強調。しかし、一方のカリーは「もしリーダーシップが私の根本的な価値観と一致していないと言えれば、どれだけの金があろうと、飛び降りないプラットホームはない」と述べ、自身のシグネチャーモデルのシューズを製造する同社から離れる可能性を否定しなかった。【翻訳編集】 AFPBB News


今日のオブザーバーの後追い記事:Dell Curry proud that son Stephen spoke up for inclusion, diversity

ケンバに続いてアンダーアーマーからジョーダンブランドに移ってもいいよ?(*^_^*)


オークの件:(オブザーバーで見た動画は貼れなかった)

ニックスの元スター、チャールズ・オークリーが試合中に警備員ともみ合って逮捕

2月 10, 2017 2:37午後
NBA Japan
レブロン・ジェームズはインスタグラムにオークリーの現役時代の写真を投稿

ニューヨーク・ニックスの元スター、チャールズ・オークリーが2月8日(日本時間9日)、試合中にマディソン・スクエア・ガーデンの警備員たちともみ合い、連行・逮捕された。深夜に釈放されたオークリーの件について、『New York Daily News』のフランク・アイソーラ記者が伝えている。

かつてのオールスター選手で、1994年のニックスのNBAファイナル進出に貢献したオークリーは、警備員たちに連れ出される前にニックスのオーナーに怒鳴っていたとの見方を強く否定している。

釈放後、オークリーは『New York Daily News』に対し、オーナーのジェームズ・ドーランが自身を望んでいないから退席するようにと警備員から求められたと明かしている。
「私はあそこに4分しかいなかった」。
「私は彼に何も言っていない。母に誓って言う。彼らが来て、なぜ私があそこに座っているのかを知りたがった。私はチケットを買ったんだよ。私は彼らがどうして私をずっと見続けるのかを聞いた。そうしたら彼らは私に退席するよう求めたんだ。そして私はそれを拒んだ」。

だが、MSGや警察からの情報は、オークリーの主張と異なる。オークリーが長年、犬猿の仲であるドーランを怒鳴り続けて挑発したことが原因だというのだ。

一方、『ESPN.com』のイアン・ベグリー記者もこの件を伝えている。
ニックスのフィル・ジャクソン球団社長がドーランを怒鳴るオークリーをなだめようとしたが、オークリーは警備員にその場を動かないと言い、コートへ続くトンネルの外で彼は手錠をかけられた。
ファンはかつての人気選手を支持して「オークリー! オークリー!」と声を上げていた。

両軍の選手たちも目撃しており、ロサンゼルス・クリッパーズのブレイク・グリフィンは「クレイジーだったよ」とコメント。ニックスのカーメロ・アンソニーは、遠くから見ただけと述べている。
「自分はコートの反対側にいた。みんなが立ち上がり、騒いでいるのを見ただけだ。何が起きていたのか、詳しいことは本当にわからなかった」。

ニューヨーク市警察によると、オークリーは警備員の男性3名を殴っており、暴行や不法侵入などの容疑がかけられている。

また、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズは、オークリーを支持しているようで、インスタグラムにオークリーの現役時代の写真を投稿している。


今日、MSGで行われたNHLの試合中にも観客は"CHAR-LES OAK-LEY, CHAR-LES OAK-LEY." と繰り返していたそう。

あと、フィル・ジャクソン、あるいはオークリーの友人が、手が付けられないほど興奮しているオークリーを鎮められるのはジョーダンだけ、ということでMJと連絡を取ろうとしたという話も出てきていて、ただし、逮捕の際にオークリーの携帯電話は没収されたため、MJがオークリーと話すことはできなかった、という。
Report: Phil Jackson Contacted Michael Jordan to Calm Charles Oakley Down
Report: Oakley's pals tried to call Michael Jordan to calm him down before arrest


モーゼス・マローン急逝

殿堂入り選手のM・マローンが急逝

9月 14, 2015 10:48午前
NBA Japan

マローンはシーズンMVP受賞3回、優勝1回という輝かしい成績を残した

9月13日(日本時間14日)、殿堂入り選手のモーゼス・マローンが60歳の若さで急逝したと、AP通信が伝えた。

マローンは週末にマサチューセッツ州スプリングフィールドで行なわれたネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂式典に出席したばかりで、亡くなった13日にはチャリティゴルフイベントに参加する予定だった。

ノーフォーク州警察の話では、マローンは同日の午前8時前に、宿泊していたホテルの部屋で反応がなく、呼吸していない状態でホテルのスタッフに発見され、その場で死亡が宣告されたという。現時点で死因はわかっていない。

米プロバスケットボール史上初めて高校卒業後即プロ入りしたマローンは、オフェンシブリバウンドでNBA歴代1位の成績を残し、1980-85シーズンまでリバウンド王を5年連続受賞。1983年にはフィラデルフィア・76ersを優勝に導き、チームのアイコン的存在と称賛された。

プロで21年間現役を続けたマローンは、通算1455試合に出場し、平均20.3得点、12.3リバウンドを記録。NBAオフェンシブリバウンド歴代1位(6731)のほか、オールスター出場12回、オールNBAファーストチーム選出4回、引退後にはNBA史上最も偉大な50人にも選出された。

[関連記事]

M・マローンの訃報にC・バークリー「彼を親父と呼んでいた」

A・シルバーがM・マローンの訃報に際し声明を発表


7月のHoopTee Celebrity Golfにも来てくれていた(参照)のに?と驚いたら、本当に急なことだったんですね。

私がNBAをNBAと認識して見るようになったのは MJが一度目の復帰をした1995年3月からで、そのシーズンのプレイオフにブルズが2ndラウンドで敗退して以降はデニス・ロッドマン目当てにもっぱらスパーズを見ていました。当然ながら、まだ選手の名前も顔もほとんど知らなくて、いつもタオルを首に巻いた体の大きな「おっさん」がスパーズのベンチにいるな~でもユニフォームを着ているから選手なんだ?と見ていたのが、実はモーゼス・マローンの最後のシーズンだったのでした。残念ながらプレーしているところは見られませんでしたが。

R.I.P



あれ~自分のブログにアクセスできません・・・どのブラウザでもダメだし、タブレットでもダメ。FC2でもアクセスできるところとできないところがある。「アメショっす!」は見ることができるけど「はっちゃん日記」はダメとか。




NBAアフリカゲーム2015

バトゥムも出ているし、やっておこう。
・・・私は眠気に負けてあまり見ていないんですが。(^_^;)

初のアフリカゲームで新旧スターが共演 「忘れられない経験になった」
ISM 8月2日(日)15時0分配信

 NBAは現地1日、南アフリカ共和国のヨハネスブルクでアフリカ大陸初のNBAエキシビジョンゲームを開催。アフリカ出身の選手とアフリカにルーツを持つ選手からなるチーム・アフリカ、それ以外の国の選手からなるチーム・ワールドの対抗戦で行われた。

 NBA史上初の“アフリカゲーム”は、ティップオフ直後にカメルーン出身のルーク・バー・ア・ムーテがダンクシュートを披露し、チーム・アフリカが先制。前半はリラックスムードで進んだが、後半に入るとチーム・ワールドがギアを上げ、第4Qに14対0のランを見せて逆転に成功した。チーム・ワールドはそのまま逃げ切り、101対97でチーム・アフリカを制している。

 チーム・ワールドは、ブラッドリー・ビール(ウィザーズ)が18得点、キャプテンを務めたクリス・ポール(クリッパーズ)は12得点をマーク。一方のチーム・アフリカは、ヤニス・アンテトクンポ(バックス)が22得点、チームキャプテンのルオル・デン(ヒート)は20得点を記録した。

 南スーダン出身のデンは「自分が子どもの頃はNBA選手に会う方法などなかったし、NBAを見ることもできなかった。アフリカでプレーをするチームの一員として戻ってくるなんて、本当に夢のようだ」とコメント。チーム・アフリカのボリス・ディーオウ(スパーズ)も「すばらしい経験をさせてもらった。この大陸を代表することをとても誇りに思う」と語っている。

 また、この試合の第2Qには、アフリカ出身のアキーム・オラジュワン氏とディケンベ・ムトンボ氏の両レジェンドが、現役当時のユニフォーム姿で飛び入り参加。52歳のオラジュワン氏が、その代名詞である“ドリームシェイク”を披露すると、現役のNBAスター選手もベンチから飛び上がって大喜びした。

 ポールは、「忘れられない経験になった。ドリーム(オラジュワン氏の愛称)にも言ったが、今の年齢であの動きができるということは、現役時代の彼は想像もできないよ」と脱帽していた。








Hornets.com
Team Africa : Luol Deng(Miami Heat; Great Britain; born in South Sudan), Al-Farouq Aminu (Portland Trail Blazers; U.S.; parents from Nigeria), Giannis Antetokounmpo (Milwaukee Bucks; Greece; parents from Nigeria), Bismack Biyombo (Toronto Raptors; Democratic Republic of the Congo), Boris Diaw (San Antonio Spurs; France; parent from Senegal), Gorgui Dieng (Minnesota Timberwolves; Senegal), Festus Ezeli (Golden State Warriors; Nigeria), Serge Ibaka (Oklahoma City Thunder; Congo)*, Luc Mbah a Moute (Sacramento Kings; Cameroon).

Team World : Chris Paul (Los Angeles Clippers; U.S.), Bradley Beal (Washington Wizards; U.S.), Kenneth Faried (Denver Nuggets; U.S.), Marc Gasol (Memphis Grizzlies; Spain), Pau Gasol(Chicago Bulls; Spain), Jeff Green (Memphis Grizzlies; U.S.), Marcus Smart(Boston Celtics; U.S.), Evan Turner (Boston Celtics; U.S.), Nikola Vucevic(Orlando Magic; Montenegro).

150801_nbaafrica_batum.jpg

「これは僕たちにとっても僕にとっても、とても大きなこと。僕はフランスで育ち、フランス代表チームでプレーするフランス人だが、父はカメルーン出身だ。僕はカメルーンにルーツがあり、親類もいる。今回は、人生で初めてカメルーンを付けたジャージでプレーする誇りを経験できる。僕の家族も僕自身もそれを誇りに思う。僕にとって特別なことだ」

AIのBIG3

ビル・レインビアだの誰だのが“疑問の余地なく”LBJ>MJと言ったとか、カレッジ・コーチの誰かはMJ>LBJと言ったとか、そういうのは全部見出しだけでスルーしているんですが、40歳になったアレン・アイバーソンのBIG3は、「自分、マイク、シャック」「俺たちは82勝できるよ。君(インタビューしている記者)がバックコートでもね」とのこと。

今は毎晩のようにリーグパスを観戦し、お気に入りはラッセル・ウェストブルックだそうです。
SLAM

ネタ元はBleacher Reportとのことで、面白そうだけど長編過ぎて読んでません。orz

"I didn't want to be Michael or Magic," says LeBron James. "I wanted to be Allen Iverson."

"He changed everything," Carmelo Anthony says. "An entire generation owes him."

Chris Paul calls him simply the most influential player of all time.

20年前の5月7日

20年前のプレイオフはすでにNBAクラスタでしたが、この2つが同じ日だったなんて知らなかった。
カンファレンス・セミファイナルまではブルズしか眼中になかったからなぁ。(^_^;)





ああ、今見ても胸が痛い・・・日本では放送されなかったし、さすがにポンテルで買う気もしなくてハイライトしか見たことがないけど、このあと逆転のチャンスでピップにパスしてTOしてしまうところがまた何ともでねぇ。




おまけ。これも5月7日だったんですね。


前にもあった事件

ジョーダンとレブロンどっちが真のスターで論争、逮捕者も
スポニチアネックス 4月21日(火)14時6分配信

 米フィラデルフィアでNBAのスター選手に関する論争の末に起こった暴力行為で22歳の男性が逮捕された。地元のセンター・デイリーニュース紙が報じたもので、問題を引き起こしたのはダニエル・モンデリス容疑者。同容疑者は17日午前3時50分、自宅アパートで別の男性と「マイケル・ジョーダン氏(52=現ホーネッツ・オーナー)とレブロン・ジェームズ(30=キャバリアーズ)のどちらがNBAの真のスター選手か?」と口角泡を飛ばし始め、その行為がエスカレートして暴行と恐喝容疑で逮捕された。

 3万ドル(約357万円)の保釈金に同意していったんは自由の身となったが、今度は知人女性のアパートに立ち寄って騒ぎ始めたために再び警官が出動。午前6時半に二度目の逮捕となった。ここでは1万ドル(約119万円)の保釈金が設定されたが20日現在で拘置所に身柄を拘束されたまま。同容疑者がどちらのスター選手を支持していたかは明らかにされていない。

 なおジョーダン氏はブルズ時代にファイナルを6回制覇し、シーズンMVPは5回受賞。これに対して現在プレーオフ1回戦に出場しているジェームズのファイナル制覇はヒート時代の2回で、シーズンMVPは4回受賞している。



英語の記事は読む気もしなかったけど、日本でも記事になっていたので一応記録。

全試合見るなんて無理だから、どれを見ようかな~と考えると、ホーネッツはイーストなのにウェストの方に興味があるのは何なんでしょ。今のところ、スティーブ・カーがコーチだし、シャーロット生まれのカリーもいるからウォリアーズに一番シンパシーがあるかと思うんですが・・・でも、ジョーダン・ブランド的にはCP3とグリフィンと二人いるクリッパーズの方が大事かもしれない。^^

Pray for PG

140801.jpg

P・ジョージがエキシビジョンマッチで大怪我、代表離脱の可能性も

NBA.com Japan | Updated 2014/08/02 13:15 GMT+09:00
インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージが、現地8月1日(金)に行なわれたアメリカ代表のエキシビジョンマッチで右足首に重傷を負った。

【負傷時の動画】

http://www.nba.com/video/channels/aiming_for_gold/2014/08/02/20140801-usab-george-injury.nba/

第4クォーター残り9分33秒、速攻からレイアップを狙ったジェイムス・ハーデンを止めようと跳躍した際、バックボードを支える支柱のクッション部分に着地。右足首を大きくひねり、自力では起き上がれないほどのダメージを受けた。すぐにトレーナーが駆け寄り、10分間コート上で治療を続けたが、その後担架で運ばれた。

マイク・シャシェフスキー代表HCは、ジョージへ敬意を表する形をとり、残り時間を消化せずに試合を中止すると発表。試合は81-71でホワイトチームがブルーチームに勝利する結果となった。

ジョージはスペインで開催されるFIBAバスケットボール・ワールドカップに出場する12人の最終メンバーに選出される可能性が高かっただけに、アメリカ代表にとっても大きな痛手となるだろう。

明日、20人から14〜15人まで候補選手を絞る予定だったが、チームUSAはジョージの負傷を受け、保留という判断を下した。

シャシェフスキーHCは、「現時点ではすべてを保留すべき。今回のような怪我が発生した以上、それ以外のことを話すべきではない」とコメント。USAバスケットボール・チェアマンのジェリー・コランジェロとシャシェフスキーHCは、ロスターに関する話を避け、具体的にいつ候補を絞るかも未定であると語った。

アメリカ代表はワールドカップが開幕する30日(土)までに、最終メンバー12人を選出しなければならない。今後は1週間のオフを挟み、14日(木)からシカゴで始まる合同練習で再び集合する予定となっている。

ジョージ本人はツイッターで、「僕は大丈夫、これまで以上に良い状態で戻ってくるよ!!!」とコメントしている。


ぼかしはかかっていましたが、それでも動画を見てしまって思わず絶句しました。
こういうのはきつい・・・
私はポール・ジョージに特に思い入れがあるわけではないけれど、いつどこで誰が大怪我をするか分からない現実に本当につらい気持ちになります。
Pray for Paul George.

MJ: Phil can do it

york-knicks-press-conference-20140318-151908-010.jpg
(Photo by Maddie Meyer/Getty Images)

名将フィル・ジャクソン氏がニックスの球団社長に就任

AFP=時事 3月19日(水)14時25分配信

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)のニューヨーク・ニックス(New York Knicks)は18日、通算11度のNBAファイナル制覇の実績を持つフィル・ジャクソン(Phil Jackson)氏がチームに復帰し、球団社長として迎え入れることを発表した。
 かつてシカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)とロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)で指揮を執ったジャクソン氏は、18日の記者会見で低迷するニックスの球団社長として紹介された。

「全力で取り組む覚悟だ」と前置きしたジャクソン氏は、「チームを作り上げたい。バスケットボールをする上で、ここは最高の場所」と語った。
 ジャクソン氏は自身が在籍していた1970年代のニックスの輝きを取り戻すため、チームに尽力する覚悟を決めている。
 現役時代の1967年から1978年までニックスでプレーしたジャクソン氏には、球団社長としてバスケットボールに関するすべての決定権を与えられた。ジャクソン氏は1973年にニックスのNBAタイトル獲得に貢献しているが、それを最後にチームは優勝から遠ざかっている。
 ジャクソン氏は、「われわれは過去の栄光を誇りに思いつつ、前進していきたい」と語った。
「自分がバスケットボールを始めた場所に帰ってくるのは、素晴らしい感覚だよ」

■初めてのフロント職で期待されるジャクソン氏の手腕

 現在68歳のジャクソン氏は、1990年代にシカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)で6度のファイナル制覇を成し遂げると、ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)では2000年から2010年の間に5度の優勝を果たし、2011年5月にコーチ職を引退した。
 ジャクソン氏は、ヘッドコーチ(HC)としてNBAファイナルを通算11回制覇しており、故レッド・アワーバック(Red Auerbach)氏の9回を大きく上回った。また、HCの通算勝利率としてはNBA歴代最高の70.4パーセントを記録している。

 ニックスのオーナーで、同チームの本拠地マディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)を運営するジェームズ・ドーラン(James Dolan)会長は、「成績にかかわらず、フィル・ジャクソン氏を獲得できるチャンスは逃せないよ。フィル、チームへようこそ」とコメントした。
 3年前の引退会見で、ジャクソン氏は将来的にNBAで指揮を執ることは考えていないと発言していた。しかし、経験したことがないフロント入閣の可能性については一切コメントしていなかった。

 レイカーズのオーナーを務めるジム・バス(Jim Buss)氏の妹ジニー・バス(Jeanie Buss)さんと婚約しているジャクソン氏は、ロサンゼルス(Los Angeles)に自宅を残しながら、ほとんどの時間は球団経営のためにニューヨーク(New York)で過ごすことになるとしている。
 2012-13シーズンにイースタンカンファレンスのカンファレンス準決勝まで勝ち上がったニックスだが、今季は苦しいシーズンが続いているものの、最近では6連勝を飾るなど調子を取り戻しつつある。
 NBAを代表する選手の一人で、チームの得点王でもあるカーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)を擁していながら、ニックスは今季27勝40敗という成績で、プレーオフ進出圏内の8位につけるアトランタ・ホークス(Atlanta Hawks)を4ゲーム差で追っている。【翻訳編集】 AFPBB News


NBA=名将ジャクソンがニックス社長就任、ジョーダンもエール

ロイター 3月19日(水)10時45分配信

[ニューヨーク 18日 ロイター] -米プロバスケットボール協会(NBA)ニックスは18日、本拠地で会見を開き、ブルズやレーカーズで11回のファイナル制覇を成し遂げた名将フィル・ジャクソン氏(68)の球団社長就任を発表した。契約期間は5年で、一部報道によれば年俸は1200万ドル(約12億2000万円)。

ジャクソン氏は2011年までレーカーズを率いていたが、今回の契約にともなってニューヨークに移転するとコメント。「私のキャリアはニックスで始まった。ここで勝つということがどういうことか知っている」と話した。

ニックスはジャクソン氏が選手としてチームに所属していた1973年以来、ファイナル制覇から遠ざかっており、今季は27勝40敗と低迷している。

ニックスのオーナー、ジェームズ・ドーラン氏は「フィル・ジャクソンと勝てるバスケットボールチームは同義語であり、成功するチームを作り上げ、ファイナルを制覇するのに理想的な人物」とコメント。

ブルズでジャクソン氏のもと、6回のファイナル制覇を達成したマイケル・ジョーダン氏も「彼は人心掌握術に優れている」とし、能力があるので成功を収めるだろうと太鼓判を押した。


“ジョーダンもエール”というのはESPNのスティーブン・A・スミスの取材に答えたコメントのことだと思います。
ESPN.com: Michael Jordan: Phil can do it
ざっくり、だいたいこんなこと言ってんだろうな、みたいな~。

「才能豊かな人だから良い仕事ができると思う」「フィルは、さまざまなエゴや個性を操り、皆を共通かつ究極のゴールに向けて一つにまとめ、しっかり力を発揮させることに長けている」
「これまでエグゼクティブの経験がないからといって、彼には無理だということにはならない。しばらく前からフロントの仕事をやりたがっていたし、私は彼にそれが可能なことを知っている・・・必要な人材をそろえることさえできれば」
「フィルはグレイトだ。とても聡明な人だから、自分の仕事に必要なことはすぐに理解するだろう。それに、リーグ内には喜んで彼の力になりたいと思う人間が大勢いるよ。私も含めてね。唯一の問題は、私も含めて誰もそのために素晴らしい選手やドラフト指名権を進んで差し出しはしないということだが、それでも私は彼の幸運を祈っている。彼のことを信じているし、いずれは素晴らしい成功を収めるものと確信している」

お疲れさまでした。

さすがにこの記事は保存しておかないと。

スターン氏、30年間務めたNBAコミッショナー退任へ

AFP=時事 2月1日(土)11時43分配信


【AFP=時事】財政難に陥っていた米プロバスケットボール協会(NBA)を世界屈指の人気スポーツに押し上げたデビッド・スターン(David Stern)コミッショナーが、就任からちょうど30年目の2014年2月1日に退任する。

 ニューヨーク(New York)で調製食料品店のオーナーだった71歳のスターン氏は、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)、マジック・ジョンソン(Magic Johnson)、コービー・ブライアント(Kobe Bryant)、シャキール・オニール(Shaquille O'Neal)、レブロン・ジェームズ(LeBron James)といったスター選手の人気を最大限に活用して市場を広げ、ビジネスとしてNBAを再建した。

 スターン氏は「これまで素晴らしい日々だった。とても楽しかった」と語っている。

 スターン氏がNBAの世界に足を踏み入れた当時は、プレーオフの試合でも録画放送されているような状況だったが、今やNBAファイナルは世界215か国、47か語で放送されるまでになった。

「ファイナルでさえも録画放送を余儀なくされていた」と語るスターン氏は、「チームを削減するようなことはしなかったが、4チームは倒産寸前の状態だった」と明かしている。

 かつては弱体化していたNBAも、現在は年間55億ドル(約5600億円)もの収入を生み出すようになり、世界中にファンを広げ、チームの平均価値は6億3400万ドル(約650億円)、選手の年俸は平均400万ドル(約4億円)にまで上昇した。

 スターン氏は、「ここまで来れたことにとても満足している。今後も世界中でNBAを観戦できることを楽しみにしているし、発展していく様子を楽しみたい」と述べた。


■市場を世界に広げ、NBAの価値を高めたスターン氏

 リーグの最高責任者としてのスターン氏の在任期間は、米スポーツ界での現役としては最長となる。後任には長年にわたり副コミッショナーを務めてきたアダム・シルバー(Adam Silver)氏が就任する。 

 スターン氏はシルバー氏について、「この10年間は彼がコミッショナーのようなものだった。ただコミッショナーとして給料をもらっていなかっただけの話だ」と語った。

「彼なら素晴らしい役割を果たしてくれるだろう。私たちは少なくともこの22年間、一緒にやってきたのだから」

 スターン氏が1978年に総合顧問としてNBA入りすると、その翌年にはラリー・バード(Larry Bird)とマジック・ジョンソンがリーグに加入。同年には、ワシントン・ウィザーズ(Washington Wizards)の前身ワシントン・ブレッツ(Washington Bullets)が、イスラエルのテルアビブ(Tel-Aviv)で初の国際試合に臨み、マッカビ・テルアビブ(Maccabi Tel-Aviv)と対戦した。

 そして1984年にスターン氏がコミッショナーに就任すると、リーグは1992年のバルセロナ五輪で結成されたドリームチームの活躍をはじめ全盛期を迎えた。チームのビジネスとしての価値も、中国や欧州、インドなど世界中にファン層を広げて、徐々に上昇していった。

 スターン氏は「当時は外国人選手が少なく、国際市場も限られていた。しかし今季は米国籍以外の選手登録が、過去最多の92人になった」と語った。

 チーム数も23から30にまで拡大し、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)、ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)、シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)の価値は、10億ドル(約1000億円)以上になった。


■ロックアウトやマジックのHIV告白など、さまざまな問題を対処

 スターン氏は波乱時代のかじ取りにも迫られた。労使交渉が金銭問題で決裂してロックアウトとなり、1999年と2011-2012年シーズンは縮小を余儀なくされた。その一方で、サラリーキャップ制度や、ぜいたく税を導入して年俸の高騰を抑え、チームの均衡化も図った。

 また、インディアナ・ペイサーズ(Indiana Pacers)とデトロイト・ピストンズ(Detroit Pistons)による観客を巻き込んでの乱闘事件や、審判のティム・ドナフィ(Tim Donaghy)が賭博に関与する事件が起きた際には、イメージダウンの歯止めに努めた。

 1991年にマジック・ジョンソンがHIV感染を告白した時にも、スターン氏は彼を支えた。

 1980年代には禁止薬物を使用した選手を永久追放し、リーグのクリーンなイメージを保持した。さらにドレスコードも設けて、ジョーダンを筆頭にNBA選手をファッション誌「GQ」のスターのごとくカリスマ的存在に仕立て、市場にアピールした。

 スターン氏は、「かつてNBAの選手は正当な扱いを受けていなかったが、現在はコートの内外で尊敬されるようになったことを誇りに思う」と述べた。

 29日には、デビッド・レターマン(David Letterman)の米人気トーク番組に出演し、コミッショナーとして学んだことのリストを冗談まじりに読み上げるコミカルな一面を見せた。

 そのなかには、「国際外交が必要な時は、デニス・ロッドマン(Dennis Rodman)を呼べ」、「マスコットの最低賃金は年間500万ドル(約5億円)以上に設定した」、「私は創造性に欠けるが、とにかく活発などこにでもいる子供だ」、「寝ていてもスニーカーのきしむ音が聞こえる」などの項目があった。

 スターン氏が科した最後の罰金は、1月18日にコート上で審判を批判したダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)のオーナー、マーク・キューバン(Mark Cuban)氏に対する10万ドル(約1000万円)だった。

 これまで20回の罰金処分を受け、合計190万ドル(約1億9000円)を支払ったキューバン氏は、「しかるべき別れをせずに、コミッショナーを退任させることはできなかった」とコメントしている。【翻訳編集】 AFPBB News

殿堂入りセレモニー

今年も記録だけはしておくことにします。

G.ペイトン氏、R.ピティーノHCが2013年バスケット殿堂入り

ISM 9月9日(月)14時28分配信

 2013年バスケット殿堂入り式典が現地8日、米マサチューセッツ州スプリングフィールドで行われ、シアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)で活躍したゲイリー・ペイトン氏ら12名が殿堂入りを果たした。
 17年間のキャリアのうち13年間をスーパーソニックスで過ごしたペイトン氏は、NBA歴代選手でただ一人、通算2万得点、8000アシスト、5000リバウンド、2000スティールを達成。優れた守備能力とアグレッシブなプレー、また試合中のトラッシュトークで知られた同氏は、「全ての試合に勝利したくて、必死でプレーをした。とにかく試合が大好きでたまらなかった」と当時を振り返り、殿堂入りの喜びをかみしめた。
 ペイトン氏のほかには、ニューヨーク・ニックスとボストン・セルティックスで監督経験があり、大学では指揮した3校全てでNCAAファイナル4に進出、2度の優勝を誇るルイビル大HCのリック・ピティーノ氏、NBAでの15年間で平均22.5得点をマークしたバーナード・キング氏が殿堂入り。
 また、ノースカロライナ大女子バスケのシルビア・ハッチェルHC、WNBA選手として5度のオールスター出場を果たしたドーン・ステーリーさん、元ニックスのリッチー・ゲリン氏、元NBA副コミッショナーのラス・グラニク氏、ブラジル代表としてオリンピック5大会出場のオスカー・シュミット氏、黒人にバスケットボールを紹介したエドウィン・ヘンダーソン氏、オールスターに4回出場した元NBA選手のロジャー・ブラウン氏、元ネバダ大学ラスベガス校HCのジェリー・ターカニアン氏、元ヒューストン大HCのガイ・ルイス氏が殿堂入りメンバーに名を連ねた。


NBA.comにアクセスできないのでチェックは後にして・・・

Getty Images: 2013 Basketball Hall of Fame Enshrinement Ceremony

ペイトンのプレゼンターはジョン・ストックトンとジョージ・ガービン。
バーナード・キングの隣にいるのはドミニク・ウィルキンス。
オスカー・シュミットにはラリー・バード。
リック・ピティーノはヒュービー・ブラウンとディック・バイタルかな。
ヒュービー・ブラウンさんはシルビア・ハッチェル女史にも付き添っている。
あと、恩師のプレゼンターを務めるエルヴィン・ヘイズ、クライド・ドレクスラー、アキーム・オラジュワン。

0908HOF_GuyLewis_EHayesDrexOlaj.jpg
(Photo by Jesse D. Garrabrant/NBAE via Getty Images)


・・・マイケルと関わりがない今年はえらく手抜きですが。(^_^;)
あとで何か見つけたら付け足そう~。


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード