Season in Review:オブライアント

これで全員だよね。

2016-17 Season in Review | Johnny O’Bryant
Tipping Off
ジョニー・オブライアントは複数年契約獲得を目指して2月下旬にシャーロット・ホーネッツと契約した。オブライアントのシーズンは早々に終わることになったが、彼のプレーはホーネッツにもう一人のフロント・コートのオプションを垣間見させた。

Moving Around
2014年にミルウォーキー・バックスから2巡目指名されたオブライアントは、プレシーズンにワシントン・ウィザーズからウェイブされ、11月中旬にDリーグのノーザン・アリゾナ・サンズに加入。25試合で平均18.4得点、8.7リバウンド、1.6アシストを挙げ、NBA Dリースオールスターに選ばれた。

強い印象を与えるプレーによって1月下旬にデンバー・ナゲッツから2度の10日間契約を得たオブライアントは、7試合で平均6.6分、FG46.7パーセントで2.9得点、1.6リバウンドという成績を残した。

O’Bryant Settles in Charlotte
ナゲッツがシーズン終了までの契約を断ったあと、オブライアントは2月24日にホーネッツと最初の10日間契約を結んだ。3月2日にデビューし、1試合後のデンバーでの試合(112対102で勝利)ではキャリアハイの15得点(FG7-9)にシーズンハイの6リバウンドと爆発した。

その活躍の2試合後、3月8日のマイアミでの試合(108対101で敗北)で右足首を捻挫し、試合途中に退場。結局、その怪我のせいでシーズンは終了したが、ホーネッツは3月16日に彼と契約し、保有権を確保した。
「怪我には落胆した。それまでうまくプレーしていたから、特に。ただ、それもバスケットボールの一部だし、いいことも悪いことも受け入れるしかない」と、4月12日のエグジットインタビューでオブライアントは言った。

Final Numbers
ホーネッツでの4試合では平均8.6分プレーし、FG53.3パーセントで4.5得点、2.0リバウンドを記録。今シーズン、デンバーとシャーロットを合わせた11試合で、23歳のフォワードは平均7.3分、FG50.0パーセントで3.5得点、1.7リバウンドだった。

2017-18 Season Outlook
2017-18シーズンの保証されていない契約は、彼が来シーズンのトレーニング・キャンプ後にロスター入りを果たした場合、チーム・オプションの働きをする。シーズン最後のメディアとの会見で、オブライアントはホーネッツに所属した期間を振り返った。

「10日間契約でここへ来て、すぐにプレーしなければならなくて、その後、残念なことに怪我をした。(シャーロットでの)時間はクールだったよ。チームメイトのこともコーチ陣のことも好きだ。皆が心から歓迎してくれた。自分ではかなりフィットしたと思う。ケンバやMKGや大勢のチームメイトがディフェンスでもオフェンスでもあらゆることで助けてくれた」

「まずは足首をしっかり治す。復帰する前はいつも、可能な限り最高のシェイプでいることを確認したいんだ。そのあとは、自分のシューティングレンジ、オフェンシブゲームに取り組み続けて、タフネスをもたらす準備をする」

オブライアントはトレビオン・グラハムやブリアンテ・ウェバー、新加入のルーキーたちと一緒に7月1日から始まるオーランド・プロ・サマーリーグでプレーすることになっている。

2019オールスター開催決定

OFFICIAL!
0524-19allstar.jpg
Hornets.com

チェアマンのステートメント:
「私たちはシャーロット市がリーグから NBA All-Star 2019を与えられたことに感激しています。シルバー・コミッショナーには、このプロセスにおけるリーダーシップとBuzz CityにNBAオールスターを戻すという決定に感謝申し上げたい。オールスター・ウィークエンドは我々の都市、我々のフランチャイズ、そして我々の情熱的なホーネッツファンを世界中の人々に紹介し、我々のコミュニティーに莫大な経済的インパクトをもたらす国際的なイベントです。私たちはNBA All-Star 2019 のホストとなること、そして、各地から訪問されるお客様をスペクトラム・センターにお迎えできることを楽しみにしております」


オブザーバーの記事(久々のボーネルさん)は長いので未読・・・(^_^;)
ざっと読んだファウラーさんのコラムによると、HB2は撤廃されたというものの、妥協の産物であるHB142はノースカロライナ州の各都市が反差別条例を可決することを2020年まで禁じているとか。なので、まだまだ課題はあるようですが、とりあえずNBAもNCAAもACCもノースカロライナ州でのイベント開催は認めてくれたと。

Season in Review:ウェバー

2016-17 Season in Review | Briante Weber
Tipping Off
2016-17シーズンのブリアンテ・ウェバーの長くて曲がりくねった道のりは、シャーロット・ホーネッツで終点を迎えた。最後の2ヶ月をホーネッツで過ごしたディフェンスのスペシャリストは、すぐに高エネルギーで自信に満ちた根性のあるリザーブという評判を確立した。

Weber’s Journey Begins
バージニア・コモンウェルス出身の24歳のポイントガードは、プレシーズンをマイアミ・ヒートでプレーしたが、11月のスタートにはDリーグのスーフォールズ・スカイフォースに加わった。今シーズン、スカイフォースでの31試合で、平均16.5得点、FG45.5パーセント、7.5リバウンド、7.3アシストとリーグトップの3.3スティールという記録を残している。

ウェバーはスーフォールズで、Dリーグのオールスター指名、オール・ディフェンシブチーム、オールNBA Dリーグ2ndチームを含めてさまざまな栄誉を獲得している。1月31日のオクラホマシティー・ブルー戦(120対115で敗北)では、18得点、11リバウンド、12アシスト、9スティールと、リーグ史上初のクアドルプル・ダブル達成を惜しくも逃した。

NBA Comes Calling
その直後の2月上旬、ウェバーはゴールデンステイトと2度の10日間契約を結び、7試合で平均1.7得点、0.7アシストという成績だった。ゴールデンステイトが契約をシーズン終了まで延長しなかったあと、ウェバーは2月27日にホーネッツと最初の10日間契約を結び、3月2日にデビューした。シャーロットでは、2011年から15年までVCUで一緒にプレーした大学時代のチームメイト、トレビオン・グラハムと再会することになった。

少し変化を期待したスティーブ・クリフォードHCは、3月15日のインディアナでのペイサーズ戦でウェバーをポイントガードの2番手に昇格させた。98対77で敗れた試合で、ウェバーは8得点、シーズン最多の5リバウンド、2アシスト、2スティールを記録した。

3月15日から4月11の10試合で、ウェバーは平均14.6分プレーし、FG42.5パーセントで4.2得点、2.1リバウンド、1.4アシスト、0.8スティールという成績を残している。この間、3月19日にはホーネッツに夏と来シーズンの権利を与える複数年契約を結んだ。4月11日のアトランタ・ホークス戦(103対76で敗北)では、シーズンハイの10得点に2アシストで今シーズンを締めくくった。

Final Numbers
ゴールデンステイトでの成績も合わせると、ウェバーは今シーズンのNBAでの20試合で平均10.3分、3.1得点、FG41.7パーセント、1.3リバウンド、1.1アシストだった。ホーネッツでは13試合で平均12.2分プレーし、3.8得点、FG43.5パーセント、1.6リバウンド、1.3アシスト。

2017-18 Season Outlook
ウェバーの2017-18シーズンの契約は保証されていないが、来シーズンのロスター・スポットの改造には確実に割り込んだ。4月12日のエグジットインタビューでウェバーは、自分が来シーズンもチームのための現実的なオプションであり続けることができたと思う理由を挙げた。

「(シャーロットでは)常にディフェンスが議論されているし、最大の鍵でもある。それは僕のかなりの強みだ」と、彼は言った。「僕の契約はノン・ギャランティーだ。結局のところ、僕は契約が保証されることを確認するために働き続ける。僕は、自分がここに値すること、自分がここにいたいことをチームに見てもらうために、自分の全力を振り絞ってできる限りのことをするつもりだ」

このオフシーズンに改善したいところは、「カルチャーを学ぶ必要がある。シャーロットのことはそれほど知らないんだ。たぶん、マイアミとここの専門用語とかそういうことの違いを理解するために脳を再プログラムしなければ。ピック&ロールのプレーにも取り組みたい。NBAでもっとくつろぎたい。Dリーグではけっこう優位に立っていたんだけど、ステップアップして、NBAでもっと熟達したピック&ロール・プレイヤーになる時が来たと思う」

ウェバーは7月上旬のオーランド・プロ・サマーリーグでもプレーする。昨年はマイアミに所属し、4試合で平均7.3得点、5.8リバウンド、4.0アシストと、トーナメント最多の3.8スティールだった。トレビオン・グラハム、ジョニー・オブライアント、新加入のルーキーたちもシャーロットのサマーリーグのロスターに加わるだろう。

Season in Review:グラハム

全員やるのか。

2016-17 Season in Review | Treveon Graham
Tipping Off
キャリアで初めてシャーロット・ホーネッツで保障されたロスタースポットを確保したトレビオン・グラハムのデビューシーズンは、主にコンスタントな準備とハイレベルなディフェンス、レンジ・シューティングで定義された。

Training Camp Surprise
バージニア・コモンウェルスを出た2015年にドラフトされず、昨シーズンはDリーグのアイダホ・スタンピードで過ごしたグラハムがホーネッツのシーンに初めて登場したのは9月のトレーニング・キャンプだった。これまでサンアントニオ・スパーズ、ユタ・ジャズ、オーランド・マジックに加わったこともあるガード/フォワードのグラハムは、最後のロスタースポットを得るのに十分な印象をシャーロットのコーチ陣に与えた。

NBAデビューは11月2日のホームでのセブンティシクサーズ戦(109対93で勝利)で、2試合後のホームでのペイサーズ戦(122対100で勝利)ではキャリア初得点を記録した。

同じ週、ホームでのラプターズ戦(113対111で敗北)では負傷したマイケル・キッド=ギルクリストの代わりに初先発し、3得点、3リバウンドにキャリアハイの2アシストでフィニッシュした。

シーズン最初の2ヵ月間は出番も少なく、12月31日までに8試合出場、平均7.4分、FG66.7パーセント、2.4得点、0.9リバウンドだった。

Appearances Pick Up
シーズン中盤にチームを悩ませたローテーション・プレイヤー数人の故障のため、グラハムの出場時間はゆっくり増え始めた。1月1日以降の19試合では、平均6.8分、FG41.9パーセント(3Pは55.6パーセント)で2.0得点、0.8リバウンド。

この間、4月10日のミルウォーキーでのバックス戦(89対79で敗北)では、FG4-5でキャリアハイの12得点にキャリアハイ・タイの2スティールを記録。翌日、アトランタでのホークス戦(103対76で敗北)は10得点にキャリアハイの4リバウンドと2スティールを挙げて初めてのNBAシーズンを締めくくった。

Final Numbers
今シーズンは27試合に出場し、平均7.0分、FG47.5パーセント(3Pは60.0パーセント)で2.1得点、0.8リバウンドだった。

サンプルは少ないが、機会を与えられたとき、グラハムは3Pを確実に決めた。23歳のルーキーは、15本以上の試投数で60.0パーセント以上の3P成功率を残した(9-15)リーグ史上わずか3人目の選手となった。これまでにこの記録を達成したのはピート・マラビッチ(ユタ/ボストン:1979-80)とダンテイ・ジョーンズ(デンバー:2008-09)のみ。
※調べたら、マラビッチは10-15、ジョーンズは11-17でした。

2017-18 Season Outlook
グラハムの2017-18シーズンの契約は保証されていないが、次のNBAシーズンが始まるとき、確実にシャーロットの新たなロスター・スポットのミックスの中にいる。4月12日のエグジットインタビューで、グラハムはホーネッツで過ごしたデビューシーズンを振り返った。

「できる限り安定していようとした。出番をもらったときは、ゲームを学び、自分がなすべきことを知ろうと努めた。もちろん、ディフェンス面で。すべてのディフェンシブ・スキームでトップにいるようにした。オフェンスでは、オープンになったら撃った。できる限り着実に。僕の一貫性は(スティーブ・クリフォードHCに)気に入ってもらえたかもしれないと思う」

「(シーズンの)最後の2試合はかなり良いプレーができた。そこからさらに築いていって、コーチ陣に僕ができることを見てもらう。コンディショニングに励んで、もっと体調管理に取り組みたい。コーナー・スリー、エルボー・スリー、キャッチ&シュートなんかを必要な場面で決めることができるように。あと、ディフェンスでは複数もポジションを守れるようになりたい」

グラハムは7月上旬のオーランド・プロサマーリーグでホーネッツの一員としてプレーすることになっている。昨年、優勝したオーランド・マジックのホワイトチームでプレーしたグラハムは、サマーリーグに参加した全選手の中で7位タイの平均得点(16.0)を挙げた。グラハムの他、ジョニー・オブライアント、ブリアンテ・ウェバーも新加入のルーキーと共にシャーロットのチームに加わるだろう。

Season in Review:ロバーツ

2016-17 Season in Review | Brian Roberts
Tipping Off
ホーネッツとなじみがあるもう一人の選手は、昨夏に戻ってきたベテランPGのブライアン・ロバーツ。経験豊かで信頼できるリザーブのロバーツは、2016-17シーズンのチームに非常に必要とされたバックコートの深さとして用いられた。

Roberts Returns to Charlotte
もともと3年前の夏にホーネッツと契約したが、フランチャイズは2016年2月にメンフィス・グリズリーズからコートニー・リーを獲得した3チーム間のトレードでロバーツと決別した。 ロバーツはすぐにポートランド・トレイルブレイザーズへトレードされ、一周してホーネッツへ戻る前にそこでシーズンを終えた。

チーム3番手のポイントガードとして、シーズン前半は出番が少なかった。1月28日までの12試合で平均5.4分、1.4得点、0.7アシスト。

Sessions’ Injury Opens Door for Roberts
ラマン・セッションズのシーズンを終了させた2月上旬の半月板損傷修復手術のあと、ロバーツの出場時間は増加。1月31日から2月28日までの12試合では、平均10.7分、FG41.2パーセントで3.8得点、1.2リバウンド、1.8アシストという成績を残した。

シーズン終盤の22試合中17試合でプレーしたロバーツの数字は上がり続け、平均13.1分で4.6得点、FG39.7パーセント(3Pは40.7パーセント)、1.1リバウンド、1.3アシストだった。

彼のシーズン最高のパフォーマンスは3月10日にホームで行われたオーランド・マジック戦(121対81で勝利)で、シーズンハイの15得点にシーズン最多タイの4アシストを記録した。

Final Numbers
ロバーツは、41試合に出場(先発2試合)し、平均10.1分、3.5得点、FG37.7パーセント(3Pはキャリア最高タイの38.6パーセント)、1.0リバウンド、1.3のアシストでフィニッシュした。

2017-18 Season Outlook
ロバーツは無制限のフリーエージェントで、どこのチームと契約するのも自由。4月12日のエグジットインタビューでは、ホーネッツだけでなく、シャーロット市への帰還についても語った。

「(シャーロットへ戻るのは)クールだった。ここは素晴らしい都市だ。ここでの時間を本当に楽しんだよ。自分にはそういうことも大事なんだ。僕はこの都市も組織も大好きだし、戻るのは間違いなく幸福だった」

さらに、チームの今シーズンについて、「シーズンを迎えるにあたって、自分たちには確かに高い期待があった。いくつか達成できたこともあったけれど、NBA選手ならプレーオフへ進むために82試合戦うわけで、我々はユニットとして十分な仕事をしなかった」

He's back.

heisback.jpg

飲酒運転で停職3か月とかだったんでしょうか。(^_^;)
まあ、これでオブザーバーのホーネッツ放置も何とかなりそうで良かった。


で、オーランドのサマーリーグについての公式の記事。
Hornets To Participate in 2017 Mountain Dew Orlando Pro Summer League

Date Opponent Time (ET)
July 1 Miami Heat 11 a.m.
July 2 Indiana Pacers 5 p.m.
July 4 Oklahoma City Thunder 1 p.m.
July 5 Detroit Pistons 3 p.m.
July 6 TBD TBD

再びハリー・ジャイルズ推し

ケンバが水曜日に左ひざのマイナーな関節鏡処置を受けて、通常は回復に6週間とのこと。

ヘアストンが逮捕されたという。 
Charlotte Observer: Former UNC basketball player PJ Hairston arrested in Wrightsville Beach


ソレンセンさんが再度ハリー・ジャイルズ推し。
Guy who averaged 3.9 points and 3.8 rebounds should be Hornets’ pick at No. 11

私はホーネッツの11位指名に1シーズン前にはロンゾ・ボールより高く評価された選手を好む。
ハリー・ジャイルズ。
ESPNは高校時代の彼を同学年の中で最高の選手とした。
彼は、一方のひざの前十字靭帯と内側側副靱帯、もう一方のひざの前十字靭帯を断裂した。怪我から復帰したときにはデュークのローテーションは確立し、ヘルパーの役割しか残っていなかった。
それでも彼は、6フィート10インチで、アスレチックで、マッチアップ相手に振り回されることはなく、動けて、強くて、現代のビッグマンが求められることが全部できる。
ジャイルズが健康なままなら、彼はホーネッツに貢献しない。彼は、ホーネッツのスターになる。
カロライナ・パンサーズのラインバッカー、トーマス・デイビスは同じひざを3回断裂した。その後、怪我と縁が切れた彼は、若い頃のように動いている。
来シーズンもホーネッツがうまくいかなければ、経営陣は大幅に変更されるだろう。
誰を選んでもギャンブルなら、どうして大きく賭けない?


まあ、11位だから賭けてみてもいいかもな・・・。

Season in Review:プラムリー

ロッタリーの結果は普通に11位ということで。(´・ω・`) ショボーン
過去にはキキ・バンダウェイ(1980年)、ファット・リーバー(1982年)、レジー・ミラー(1987年)、ニック・アンダーソン(1989年)、ロバート・オーリー(1992年)、アラン・ヒューストン(1993年)、J.J.レディック(2006年)、ジェリッド・ベイレス(2008年)、クレイ・トンプソン(2011年)、マイルス・ターナー(2015年)なんかも11位だとか。


2016-17 Season in Review | Miles Plumlee
Tipping Off
ミッドシーズンのコーディ・ゼラーの怪我は2月上旬のマイルス・プラムリー獲得トレードにつながった。シャーロットでの最初のシーズンは予定通りに展開しなかったが、プラムリーのスキルセットと経験は今後長くベンチから役立つビッグマンをもたらすことができる。

Plumlee Returns to North Carolina
今シーズン前半、ミルウォーキー・バックでの32試合で平均2.6得点、1.7リバウンドを挙げていたプラムリーは、2月2日にスペンサー・ホーズ&ロイ・ヒバートとの交換でホーネッツに加わった。アーデンのクライスト・スクールからデューク大学(2008年から12年)へ進んだプラムリーにとってはちょっとした帰郷になった。
「自分がホーネッツに必要なものを提供できることは分っている」と、ホーム・デビュー戦のあとでプラムリーは言った。「運動能力、ハードなプレー、ピック&ロール、相手ディフェンスにプレッシャーを与えること、ディフェンスの融通性、チームメイトへのヘルプ、リムの守り、そういうことをね」

Sidelined by Injury
ホーネッツでの最初の5試合で、プラムリーは平均13.4分プレーしてFG72.7パーセント、3.2得点、4.0リバウンドという成績だった。その間、2月4日のユタ・ジャズ戦(105対98で敗戦)では4得点、2ブロックにシーズン最多の8リバウンドを記録している。

プラムリーはオールスターブレークの直前に右ふくらはぎを痛め、次の19試合を欠場することになった。それは、新しい機会と必要とされた状況の変化を提供したトレードのあとに訪れた、挫折感を抱かせる出来事だった。
「難しかった。NBAで、特にシーズンのあの時期は、練習時間があまりとれない」と、4月12日のエグジットインタビューでプラムリーは回想した。「最善は尽くしたけれども難しかったし、自分のポテンシャルを発揮できないままで終わることにがっかりしている」

5年目のベテランは3月29日のトロント・ラプターズ戦で復帰し、チームのラスト8試合で平均13.4分、1.9得点、2.8リバウンドだった。

Final Numbers
ホーネッツでの13試合で、プラムリーは平均13.4分でFG58.3パーセント、2.4得点、3.リバウンド。ミルウォーキーでの数字を加えた今シーズンの成績は、45試合で10.8分、FG47.8パーセント、2.5得点、2.1リバウンドである。

2017-18 Season Outlook
プラムリーには2019-20シーズン終了までの契約が残っている。5月2日に右ひざの創傷郭清関節鏡視下手術を受けたあと、本人はできるだけ早くコートに戻りたがっている。
「やる気満々だよ。この夏はすごく大事だ。本当にハードにやるつもりだ」「今はがっかりしている。(ミッドシーズンの)トレードで加わって、怪我もして、グルーブを得たりケミストリーを築くのは難しかった。チームにフィットすること、ハードにプレーすることに最善は尽くしたけれど。チームメイトと一緒に練習しながら夏を過ごすのは本当に有益だろうし、皆にも来シーズンの自分に何ができるか見てもらえると思う」

さらに夏の計画に関して、「みんなの近くにいるつもりだ。ここのストレングス・コーチ(マット・フリーア)のことが大好きだし、ブルース(クロイツァーAC)はゲームのシューティング面で素晴らしいコーチだ。彼と練習できるのは本当にワクワクする。彼は僕にとってパズルのラストピースかもしれないと思う。僕は、高校時代はすごく良いシューターだったんだよ。でも、今はちょっと違う。彼は僕が自分のゲームにその要素を加えるのを助けてくれると強く思っている」と、プラムリーは付け加えた。

「我々は、マイルスが我々の力になることができると思った。フロントラインに運動能力とフィジカルな存在を与えてくれると」と、4月13日にリッチ・チョーGMは述べた。「昨日のエグジットインタビューでは、君にとって重要な夏になるだろうと本人に伝えた。私は、彼が健康であれば我々の力になれると思っている」

明日(-人-)

日本時間の明日午前9時30分からドラフトロッタリー。

ホーネッツの確率は
11位:90.7パーセント
12位:6.3パーセント
3位:1.2パーセント
2位:0.9パーセント
1位:0.8パーセント
13位:0.1パーセント

史上最低勝率の見返りが2位指名権に終わった穴埋めに、今度こそとんでもない幸運が起こんないもんでしょうか・・・ボストンが1位の確率25パーセント、最低でも4位指名ってさぁぁぁぁ。(´Д`lll)

ドラフトコンバイン

今年もドラフトコンバインが始まってますが(で、もう終わった)、カレッジの知識がゼロなのでさっぱりです。(^_^;)
とりあえずHornets.comはチェックしましたが。

2017 NBA Draft Combine: Day 1
来週(16日)のロッタリーの大番狂わせを除けば、ホーネッツの指名順位は11位と41位の予定。リッチ・チョーGMは最近、オフシーズンの主要なニーズとしてバックアップPGとリム・プロテクターの補強を挙げている。
ドラフトコンバインのメディア会見の初日、シャーロットの1巡目ピック近辺での指名が予想される選手たちに、ホーネッツに加わる可能性について聞いてみた。

ジョン・コリンズ(ウェイクフォレスト大・フォワード):「(ホーネッツでプレーすることは)間違いなくレジェンダリーなこと。バスケットボールに関してノースカロライナは伝説的な州だ」 「僕はこの先にあるACCの大学へ行った。ウィンストンセーラムから、そして州から寄せられる応援は本当に素晴らしかった」

ジャスティン・ジャクソン(ノースカロライナ大・ガード):「(ノースカロライナでプレーし続けるのは)素晴らしいことだ。大学も近いし、たまには観戦にも行けるだろう。ノースカロライナに残っているチームメイトに僕のゲームを見に来てもらうこともできるし。それは間違いなくクールだ。今までの関係を今後も築き続けていくことができる」

ドノバン・ミッチェル(ルイビル大・ニューヨーク出身・父親は90年代初期にUNCシャーロットでプレー):「ケンバもニューヨークのガードだ。(ホーネッツは)ベンチから出てきてショットを決められて、ケンバのバックアップができるガードを必要としていると思う。僕はその役割に就けると思うし、ディフェンスだってできる」


というか、ステフはシャーロットのアイドルだから最近のオブザーバーはウォリアーズの記事ばっかりなんですけど、何やら日本のNBAファンの間ではGSWはすっかりヒールみたいですね~~~私はまだ今プレーオフでGSWを1回も見ていないせいか実感がないんですが。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード