オフコートの質問

とりあえずオブザーバーの記事がなくなったので、シーズン中にシリーズ掲載されていたBobcats.comの軽いネタを~。

Cats off the Court: Kemba Walker and Jeff Adrien
ケンバ・ウォーカー
オフコートでの隠れた才能は?
「なんだろう・・・ダンスかな」(*アポロシアターで踊ったこともあるらしいですね)
無人島に取り残されるとして、持ち物を5つ選んで?
「X-Box と携帯電話と、もちろんテレビと・・・難しい質問だなぁ・・・いくらかの食べ物とバスケットボール」
自分の人生が映画化されるんだったら、どんなジャンルで、誰に演じてほしい?
「コメディで、ケビン・ハートにやってほしい(笑)」
誰かと1日だけ人生を交換できるとしたら誰がいい?
「わからないけど、考えてみる・・・オバマはありだよね」
一番好きなボードゲームは?
「トラブル」
おまけ:新年の決意は何だった?
「何もないよ。そういうことはしないんだ。意味ないでしょ」

ジェフ・エイドリアン
オフコートでの隠れた才能は?
「クォーターバックのスキル」
無人島に取り残されるとして、持ち物を5つ選んで?
「食べ物と、水と、(笑って)ネットフリックス(ビデオ配信サービス)、携帯電話と、ウェイトトレーニングの道具・・・は、笑いをとるために入れただけ」
自分の人生が映画化されるんだったら、どんなジャンルで、誰に演じてほしい?
「若い頃のクリス・タッカーで、もちろんコメディ」
誰かと1日だけ人生を交換できるとしたら誰がいい?
「ええと、トム・ブレイディだよ。日曜日の試合で彼が見ること、彼がすることを本人になって体験してみたい」
一番好きなボードゲームは?
「モノポリー」
おまけ:新年の決意は何だった?
「ジムに居続けること。嘘、ウソ、ウソ。そんなの他の皆みたいじゃん。僕の決意は一貫したままでいることだ」

Cats off the Court: Byron Mullens
バイロン・マレンズ
バスケットボール以外で夢の仕事って?
「さあ、ソファに座ったまま金儲けとか?(笑って)いや、たぶんコーチ。夏に帰郷したとき、高校生なんかをコーチするのが好きなんだ」
子供の頃、好きだったテレビゲームは?
「そりゃあ、たくさんあるよ。クラッシュ・バンディクーとか、マリオカートとか・・・昔のニンテンドーは最高だった」
ラッキーナンバーは?
「わからないなぁ、7かな?」
iPodに後ろめたい音楽とかアーティストとか入っている?
「それほどじゃないけど。バスではいつもカントリー・ミュージックを聞いている。皆、それを知ってて誰が犯人か探すふりなんかしてふざけているよ」
好きなキャンディバーのトップ3は?
「スニッカーズ、バターフィンガー、トゥウィックス(Twix)」

Cats off the Court: Ramon Sessions
ラマン・セッションズ
バスケットボール以外で夢の仕事って?
「バスケットボール以外でって? リクレーション・センターで子供たちにバスケットボールを教えることかな」
子供の頃、好きだったテレビゲームは?
「ソニック・・・セガ・ジェネシス(メガドライブの米国仕様の製品名)の」
ラッキーナンバーは?
「7。一週間は7日だからね、7じゃなきゃ!」
iPodに後ろめたい音楽とかアーティストとか入っている?
「iPodに? ジョニー・キャッシュが何曲か」
好きなキャンディバーのトップ3は?
「スニッカーズ、スニッカーズ、スニッカーズ」

Cats off the Court: McRoberts
ジョシュ・マクロバーツ
最初のペットの名前は何だった?
「いい質問だね。最初のペット? アディソンというコリーだった」
好きな俳優は?
「誰だといい? ヴィンス・ヴォーンかな、『Swingers』なんか良かった」
何か一つスーパーヒーローの能力を身につけられるとしたら?
「透明人間になりたい」
学校ではどの教科が好きだった?
「歴史」
家が火事になったとき、3つしか持ち出せないとしたら何を選ぶ?
「写真、書類とか大事なもの。新しい物は買えばいいから・・・そういうものが入っているからコンピューターを持ち出すと思う。つまらない答えでもさ、他に何がある? 僕はホテル暮らしなんだよ(笑)」

【82】vs. キャバリアーズ

◇105-98 (Boxscore) 21勝61敗(HOME: 15-26, ROAD: 6-35)

やった~ついに最下位脱出! 
ダンラップHC:「最下位にはなりたくないからね。ハッピーだよ」
ミラクルな好転など期待していなかったが、「家の礎石をまずは置いたという事実を誇りに思う。しかし、それよりも満足なのは、この夏人々に、我々が成長したと言って過ごしてもらえることだ」

勝ち星3倍、最後は3連勝、目標達成。

ケンバ:24pts (FG 6-16, 3P 3-7, FT 9-12), 7ast, 4reb.
マクロバーツ:キャリアハイタイの20pts (FG 6-6, 3P 3-3 !!), 8reb.
ヘンダーソン:15pts (FG 6-13), 6ast.
MKG:11pts(FG 5-7), 8reb, 4ast.



ヘンダーソン:「最下位は絶対に回避したかった。それが確かにシーズン終盤の一つの目標だったよ。もちろん、自分たちが期待したほどうまくはいかなかったけれど、僕たちは一生懸命やった」
「最後の頃はプロらしくプレーしたと思う」
確かに。彼らは最後の15試合で6勝し、新人コーチを救ったかもしれない。まだ今後のことは決定していないが、相対的に力強いフィニッシュはダンラップHCの短い経歴を少し整えて見せる。
「コーチには難しい課題がいくつもあったと思う。彼は間違いなく勤勉な人で、日によって態度を変えたりもしなかった。彼が何よりも得意なのは選手の育成だと思う。それは着任初日から始まっていた」と、ヘンダーソンは言った。
ケンバ・ウォーカーの成長はその一番の成功例かもしれない。クリーブランドが24点差を逆転した第4Qに15得点、最後の3分半で8本のフリースローを決めて試合を締めくくった。
最下位を回避したことが何かを意味するかどうか尋ねられたウォーカーは、「僕にとって一番大きいのは、チームが力強くフィニッシュしたということだ。僕たちはチームとしてまとまった」
Charlotte Observer

・ケンバは2シーズン連続148試合皆勤。
・勝利数3倍増はリーグ史上初。(ちなみに9勝73敗を記録したシクサーズは翌年25勝していますが)
・ホームゲームの最後の10試合は8勝2敗で平均100.4得点。
・ビヨンボは44試合で複数のブロックを記録し、2008-09シーズンのエメカ・オカフォーの43試合を抜いてフランチャイズ記録。

今オフはいろいろありそうですけど、とりあえずいい感じでシーズンを終えることができましたね

みんな、お疲れさまでした。

Cats Care: BOOK BUS

また記事がたまってきたんですが、16日はイベントがあったのでそちらを優先します。(どうせ明後日から長いオフだから記事を読むヒマはいくらもあるよな)

ボブキャッツ・スポーツ&エンターテイメントとノースカロライナ州が本拠のロウズ(Lowe's)が協力して、5歳から13歳の園児・児童・生徒に読書の機会を提供し、読み書き能力の向上を図るために地方を巡回して本を配布するBOOK BUSを寄贈することになり、地元の小学校でお披露目セレモニーがあったとのこと。(移動図書館かと思ったら、貸し出しではなく無料配布だそうです)
Bobcats.com  Photo Gallery  VIDEO
Charlotte Observer
(記事さえ読めれば別にレイアウトなんかどうでもいいわと思っていたけど、そういえば画像は全滅だ・・・orz)

セレモニーにはアダム・シルバー副&次期コミッショナーも参加しています。
130416-cats-care-main.jpg
(Matt Rochinski / bobcats.com)

スクールバスを改造したもので、経費がいくらかかったかは非公表。ボブキャッツとロウズのロゴとバスケットボール・コートのハードウッドがデザインされていて、3000冊の本が積め、車椅子のリフトもあり。毎年6000冊の本を配布する計画。
130416ap-3.jpg
(AP Photo/Chuck Burton)

「ここにある本を全部読むことができたら、ぼくは大学に行ける☆」とか、「ここにあるたくさんの本に囲まれて一生暮らしたい☆」と喜んでいる子供たち。「家庭に本があるということは読み書きの能力や教育の向上に大きな影響があります」と、事業に協力する地元図書館の館長。

ダークスーツはやっぱり素敵。
130416ap-2.jpg
(AP Photo/Chuck Burton)

さらに“ホーネッツ”について

地元では大きな関心事らしく昨日も記事があったんですが、とりあえずまた見落としていた12日付のファウラーさんのブログ Coincidence or not? The Hornet Air Jordans を先に。ジョーダン・ブランドが発売する「ティール&パープル」のバスケットボール・ギアというのはこんなんだそうです。

jordan-grape-collection.jpg
http://slumz.boxden.com/f185/game-plan-jordan-grape-collection-1909145/より

(実は最近、オブザーバーを開くとページのレイアウトがぐちゃぐちゃで、だから記事を見落としまくっているんですが・・・IEもSafariもGoogle ChromeもFirefoxもダメ)

で、以前はジョーダン・ブランドの重役だったボブキャッツのプレジデント兼COOのフレッド・ホイットフィールドは、ファンがこの時期の発売をニックネームの変更と結びつけて考えるのは理解できるが、「まったくの偶然(の一致)」だと言ったそうです。ホイットフィールドいわく、「ジョーダン・ブランドは12ヶ月から18ヶ月前からリリースの日付を予定している。で、我々は12ヶ月から18ヶ月前にはニックネームの変更を考えていなかった。当時ホーネッツはまだニューオーリンズのもので、使えるはずがなかったから。だから、この2つに関連はない」

そして、“ホーネッツ”に関する世論調査をいつ取りまとめるか決まっていないし、この問題について無条件反射的反応(*つまり、ホーネッツが利用可能~ニックネーム変更いつやるか? 今でしょ!になることか)をしないように気をつけている、と。さらに、現在のボブキャッツ・ファンの中には2002年にシャーロットを去ったホーネッツ時代には生まれてさえいない若いファンもいることを指摘したそう。

で、ファウラーさんは、自分は今までにも書いたようにホーネッツになってほしいと思っているが、今回のスニーカーのリリースと、パンサーズのロゴが公式発表の前にナイキのフェイスブックのページで(グローブの画像として)漏れた件を混同しないように、と。ニックネームの変更とジョーダン・ブランドは2本の平行トラックを走っている。この交差点は興味深いが、確定的な保証ではない、とのこと~。

でもまぁ、憶測したくなるよね~。


と、昨夜アップしたはずが下書きのままになっていた。(17日記)

【81】vs. ニックス

◇106-95 (Boxscore) 20勝61敗(HOME: 14-26, ROAD: 6-35)

20勝おめでとう!

ま~すでに第2シードを確保したニックスはあからさまに主力休養日ですけども・・・。
(90年代はこういうチームってあまりなかったよね?少なくともブルズは全然。<2年連続最終戦がニックスでムキになってたイメージ)

だからと言って20勝達成がおとしめられるわけではない、とダンラップHC。
「選手たちには(敵でなく)ゲームを相手にするように言った。我々が間違いなく成長していることは明らかだ」



ヘンダーソン:39min, 27pts (FG 11-16), 5ast.
ケンバ:31min, 23pts (FG 9-15), 13ast

ビヨンボも10得点、11リバウンドのダブルダブル。
あと、マクロバーツが10得点、8アシスト、7リバウンド。

ケンバの13アシストはキャリアハイで、1シーズンの総スティール数もフランチャイズ記録を達成。
リーディング・スコアラーでもあり、受けたチャージ数も3Pプレー数もチームトップのケンバは、これまでPGとして一番重要なプレイメーカーという点では必ずしも素晴らしくはなかったが、ここ11試合で8アシスト以上をマークしたのが5度目。
ダンラップHCいわく、「ラマン(セッションズ)が怪我をしたとき、もっと自分が得点に力を入れなければ、と考えた部分はあると思う」
ケンバ本人も、「チームメイトから得点を期待された時期はあった。だから、ディフェンスを引き付けてキックアウトするようにしたんだ」
いずれにしろ、ボブキャッツのボール回しはだんだん良くなっている、とのこと。
Charlotte Observer


ということで、なぜかブルズは手抜きせず?オーランドで勝ってくれたから、とうとう並んだ!
最終戦の結果次第で最下位脱出も!!

ヘンダーソン:「シーズン開幕当初の目標はもちろんそんなことではなかったけれども、今となってはそれが僕たちの小さなゴールになった」

マジックは@ヒート、ボブキャッツはホームでキャブス。
いくら無意味な1勝とは言え、ヒートだってホームでマジックに負けたくはないよね?
でもって、キャブスはきっとニックスみたいに手抜きはしないと思うけど、同率ならマジックが最下位だから・・・

ヒート頑張れ。<他力本願(^_^;)
不作ともっぱらの今年のドラフト1位指名権の確率が高くなるより最下位脱出の方がいい!

もうじきホーネッツ?

見落としていた11日付のボーネルさんのブログの記事(と言ってもこの日は違う人が書いている)
Nickname change to Hornets coming soon?
によると、
ニックス戦がある15日(月)にアダム・シルバー副コミッショナーも参加する毎年恒例のシーズン・チケット・ホルダーとの“タウンホール”ミーティングがあり、その2日後、シーズン最終戦の日にジョーダン・ブランドから、在りし日のシャーロット・ホーネッツを思い出させるティールとパープルのバスケットボール・ギアが再リリースされる。

(参考画像)
hornets.jpg

また、伝えられるところでは、ボブキャッツはシーズン最終戦に関係する水曜日のイベントに「ボブキャッツの今後を論じる」ために何人かを招待した。さらに、木曜日は一般公開が催される。

open_house_main_window.jpg

2つのファンブログは、これらの動きから、チームがニックネームをホーネッツに変更することを決めたのだという結論を導いている。そして、"Bring Back the Buzz" は、あらゆることが全部「とんでもない偶然の一致」という可能性もあると指摘しているが、ブリーチャー・レポートは、スニーカーのリリースはジョーダンやボブキャッツ経営陣が心を決めたサインだろうと提案している。
水曜日(10日)、あるボブキャッツ関係者はニックネームの変更について、何も「差し迫っていない」と語った。
それが起こらないというわけではない。ジョーダンと経営陣はそれに300万ドルの費用の価値があると決めるかもしれない。決めないかもしれない。一部の人は、ニックネームの変更よりチームが勝つ方がフランチャイズの財政状況を改善すると主張している。
チームはまだ世論調査の結果を公表していない。オブザーバーの調査などによれば、結果は恐らく、変更推進派が宣伝するような大差というより賛否五分五分に近いはずだ。とりあえず、来週中に名称変更の発表は予定されていない。

とのことです。
で、ブリーチャー・レポートの記事はこれか:Are We Watching the Last Games of the Bobcats?

長いけど~~~それほど大したことが書いてあるわけじゃなさそうだな。(^_^;)
筆者はシャーロット・ホーネッツ大賛成で、

・ただの副コミッショナーではなく、近々コミッショナーに昇格するアダム・シルバーが出席するというのはかなり大きなこと。
・ジョーダン・ブランドはボブキャッツのシーズン最終戦の日にJordan V Grape、シャツ、ショーツ、帽子、ソックスなどを発売する。
・それはつまり、ジョーダンとブランドとボブキャッツ経営陣がすでに心を決めた表れに思える。それとも、ファンを容赦なくからかっているか? 私は後者はなさそうだと思うが。タイミングはあまりに完璧で、ジョーダンがシャーロット・ホーネッツ的ギアを売ることで儲けるだろう金額は天文学的だ。
・シャーロットではホーネッツを取り戻す運動が日増しに大きくなっている。通りを歩けば必ず "We Beelieve" Tシャツを目にする。それはシャーロットのバスケットボール・ファンのほぼ全員一致の意見だ。
・ジョーダンと経営陣がどちらに決めたということはできないが、どちらかに決めたことは間違いないと思う。
そして、Jordan Grapeの再リリース、シルバーの訪問、あらゆることが時代が変わっていることを指し示していると思う。
・つまり、我々はボブキャッツの最後の試合を観戦しているのか? 変更はこのオフシーズンか? それとも、あと1年待たねばならないのか?
・ホーネッツの権利はすでにNBAが所有しており、何も問題はない。費用に300万ドルかかるということだが、そんなものはジョーダンにとってトイレットペーパー代だ。
・最大のハードルは、ユニフォームのデザイン変更やスタジアムの改修、広告、プロモーションのやり直しだが、それも大した問題ではないだろう。もともとボブキャッツは大してギアを売っていないし・・・。
・ホーネッツになったら、シャーロットは再び自分たちのチームを誇りにする。「自分たちのチームだから固執する」誇りではなく、純粋な「どんなにひどいチームでも自分のチームを愛する」という誇り。
・チームの勝敗を直接左右するものではないが、これまでより熱狂的な観客と、自分たちのニックネームには地元の歴史があるという選手たちの自覚が良い影響を与えるかもしれない。
・ティールとパープルのストライプがターンオーバーを減らしたりクラッチのフリースローを決めてくれるわけではない。しかし、無関心だったコミュニティからの注目はコート上のパフォーマンスに驚くべき刺激をもたらすこともできる。モチベーションは神秘的なものだから。再ブランドは客席を埋め、金を生む。フランチャイズにとって資金はとても重要だ。このフランチャイズが財政的に潤うことは、クイーンシティのバスケットボールの未来を救う。それが最も重要なこと。
・だから、マイケル・ジョーダンがNBAの経営者として初めて本当に良い動きをする時が到来した。

的な。で、こんなアンケートも。
Hornets or Bobcats? 
Hornets 86.6%
Bobcats 8.4%
Cougars 3.8%
Other 1.2%
Total votes: 2,774

【80】vs. バックス

◇95-85 (Boxscore) 19勝61敗(HOME: 13-26, ROAD: 6-35)

最近ホームで強いボブキャッツ! これで20勝60敗のマジックと1ゲーム差。頑張れ~。

ダンラップHC:「今夜はコート上でたくさん笑顔が見られて良かった。厳しいシーズンだったが、チームメイト同士がお互いとの交わりを楽しんでいるところはとても素晴らしい」みたいな。

ケンバ:21pts, 4reb, 3ast.
マクロバーツ:18pts (FG 7-9, FT 4-4), 9reb, 9ast!
ビヨンボ:13pts (FG 6-9), 17reb, 2blk.
ヘンダーソン: 12pts, 4reb, 3ast.

・エイドリアンは20分で6得点 (FG 2-4, FT 2-2)は普通だけど、7reb, 4stl, 3blkという活躍。

・ケンバが157スティールで2005-06シーズンにブレビン・ナイトがマークしたフランチャイズ記録に並んだ。

・マクロバーツは18得点がシーズンハイ(キャリアハイには2点及ばず)で9アシストがキャリアハイ。
「ここへ来てまだ短いけれど、ボールを手にする機会が得られて満足している。自分は1試合30得点するような選手にはならないだろう。でも、他のメンバーの得点を手助けすることはできるよ」
ダンラップHC:「今夜はリバウンドが良かった。それで相手のショットにプレッシャーをかけることができた。あとはアシストだ。今シーズンは20アシスト以上するのに苦労した時期もあったが、その点でもジョシュが貢献してくれている」

・ビヨンボの17リバウンドはキャリアハイタイ。
前半の最後はバッドパスがTOになってバックスにイージーな得点を許したが、試合の最後(残り10秒)で観客が総立ちになるようなダンクを決め、ニコニコ顔でコートを後にしたと。
「いつでも笑顔はいいよね。僕たち全員にとって期待通りにいかない厳しいシーズンだったけれど、時間とともにさまざまな面で改善している。まだ先は長い。でも、僕たちには(明るい)未来がある。僕たちは若い。だから毎日が勉強なんだ」
Charlotte Observer  Yahoo! Sports (AP)



ケンバのダンクに大喜びしている出番がなかったレジー・ウィリアムスとタイラス・トーマス・・・こういうの見ると、やっぱタイラス嫌いになれないんだなぁ。オブザーバーのソレンセンさんも3月に、「トーマスのプレーが好きだったし、今でも応援している自分に気がつく。理由は分からない」と言ってたっけ。

【79】@デトロイト

◆93-113 (Boxscore) 18勝61敗(HOME: 12-26, ROAD: 6-35)

20点差つくとは思いませんでしたが、まあ、プレイオフも関係ないチーム同士の対戦となると、ホームで(ボブキャッツなんかに)負けたくないというモチベーションは強いと思うしね。
前半はケンバの24得点のおかげで6点差だったものの、第3Qで引き離され。
というか、どちらもシュートは良いのにTOは多い、けっこう緊張感のないゲーム?(^_^;)

ダンラップHC:「ベテランと若手の融合は少しずつ進むプロセスで、一足飛びにはいかない。状況が好転するまでは耐えて頑張るしかない」

あと2勝

8日は遠征先のメンフィスで病院を訪問。Bobcats.com: Memphis Hospital Visit - 4/8/13

130408_bobcats.jpg

そして、10日はジェフ・テイラーが小児病院を訪れて、入院中の子供たちが使うiPadの購入費用5000ドルを手渡し、その後、DVなどから逃れた家族が暮らすシェルターを訪ねて5000ドル分のグッズを寄贈。
Bobcats.com: Jeffery Taylor Gives Back  VIDEO

130410-taylor-main.jpg
(Sean Phaler / bobcats.com)


さて、残り4試合となって、ボブキャッツの目標はやはり「20勝&最下位脱出」とのことです。
Charlotte Observer: Bobcats chasing Magic to avoid league’s worst record

ダンラップHC:「本当に20勝したい。昨シーズンの勝ち星から3倍増は大きいよ。もっと勝ちたかったのはもちろんだが、20勝できたらスペシャルだ。それはこのフランチャイズがプレイオフへ達する長い道のりの第一歩だと思う」

残り4試合は金曜日の@デトロイトと、バックス、ニックス、キャブスのホーム3連戦である。今シーズンのボブキャッツはピストンズに1勝2敗だが、負けた2試合も合計7点差という惜敗だった。あとの3チームには1勝6敗と分が悪い。ただし、ニックスはプレイオフに備えてスターターを休ませるかもしれない。

「今シーズンは自分たちで期待したようなプレーができなかった。でも、最後の4試合で最低2勝して、20勝して、オーランドをつかまえたい。僕らにとって、そのためにプレーすることが重要だと思う」と、ヘンダーソンは言った。

現在20勝59敗のマジックとは1.5ゲーム差ある。マジックの残り3試合は、セルティックス、ブルズ、@マイアミだ。(*プレイオフが決まったチームはもう本気でやらないもんねぇ・・・)
ボブキャッツが最下位に終われば、1位指名権を得る確率は25パーセントある。もし、複数のチームが同率最下位になったらコイン・フリップで決めることになる。
(*マジックとボブキャッツなら、直接の対戦成績でボブキャッツが上だよね?)

しかし、コーチもヘンダーソンも、マジックをマークすることがコート上のパフォーマンスに何か役立つわけではないことを知っている。
「我々が唯一フォーカスするのは、自分たちに可能な限り良いプレーをすることだ。影を追っても何の役にも立たない。プロセスがあり、結果があるだけだ。残念ながら、人々が期待するよりプロセスに時間がかかり、結果はまったく期待に応えていないが、最後までやり抜くことが私たちの仕事だ」



【78】@メンフィス

◆75-94 (Boxscore) 18勝60敗(HOME: 12-26, ROAD: 6-34)

第3Qに13-4ランで53対53の同点に追いつくまではいったようです。

あとデトロイトだけだけど、もうロードで勝てる気がしないなぁ。
となると、残り4試合で区切りよく20勝!は高望みか・・・。


昨日のマクロバーツの記事から。
Charlotte Observer: Former Duke star Josh McRoberts quietly transforming Charlotte Bobcats

・ジョシュ・マクロバーツにとってシャーロットへのトレードは、再びスターターになる機会と、デューク大学時代のチームメイトであり友人のジェラルド・ヘンダーソンと再会するチャンスでもあった。そして、ここへ来てから6週間、ヘンダーソンはマクロバーツのアッシーをしている。
「オーランドから車を運んでいないから、どこへ行くのも僕が送迎しているんだ。遠征のときはホテル(マクロバーツはホテル暮らし)で拾ってから空港へ行くし、帰りもホテルへ送っている。でも、友達だし、チームメイトだからね」と、ヘンダーソンは言うが、マクロバーツは、「ほとんど空港への送り迎えだけだよ。やつに好き放題言わせないでくれ」。

・バイロン・マレンズの代わりにスターターを務めた14試合で、マクロバーツの成績は9.3得点、8.5リバウンド、2.5アシスト。ボブキャッツは5勝9敗で、平均得点は3点近くアップしている。
ダンラップHCは、オフェンスリバウンド争いでのマクロバーツの強さと共に、ポストからオープンなチームメイトを見つける能力を称賛した。

・ドワイト・ハワードのトレードで昨オフにレイカーズからオーランドへ移籍したが、
「彼ら(オーランド)は僕の使い方についてプランがなかった。出場機会を得られるチームへトレードしてくれたことに感謝している。ボブキャッツはプレーするチャンスをくれた。僕はそれを最大限に活用し、チームが成長する力になろうと努めている」

・シーズン終了後にフリーエージェントになるマクロバーツだが、シャーロットに戻ることにもオープンなようだ。
ダンラップHCは、マクロバーツを再建のための一員と考え、再契約を望んでいる。
「それはジョシュ本人の希望とフロントの意向次第で、私に決められることではないが」

・過去2シーズンはペイサーズ、レイカーズとプレイオフチームに所属していたため、マジックやボブキャッツでプレーした今シーズンはつらかった。
「他チームからリスペクトされるようなプレーがしたい。ここ数試合は苦しい状況だけど、僕はL.A.で2年契約をもらったし、プレイオフ出場チームのスターターだったのもそんなに昔のことじゃない。まだチームに貢献できることを示したいと思う」
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード