好きなミュージシャン

もう少しだけフライトスクールの話題。 USA TODAY



▪ 今のNBAで最高の選手はレブロン。最高のtwo-wayプレイヤーはカワイ。

▪ 自分>コービー。

▪ 今の自分がNBAで戦えるとは思っていない。でも、もしかして1試合なら。

▪ 自分にとって一番ガードするのが難しかった選手はアイザイア・トーマス。

▪ スティーブ・カーを殴ったことは覚えていない。「彼がぶつかってきたんだと思う(笑)」

▪ ステフ・カリー vs. ケビン・デュラントの質問には、まったく異なる選手だから比較するのは難しい、とはっきり答えず。

▪ 好きなミュージシャンはドレイク。

*****************

いつの間にかラップが好きに?

キャンパーとの質疑応答

マイケル・ジョーダン・フライト・スクールでのキャンパーとの質疑応答がいくつか話題になってます。まあ、こんな機会でもないとメディアは直接取材できないからね。

えーと、ロンゾ・ボールのお父さんのラバー・ボールに「全盛期の俺ならマイケル・ジョーダンだってコテンパン」と言われた件について。 Charlotte Observer  USA TODAY



「聞かれたから答えるけど、私が片足でも負けないよ」
「君はその根拠も知っておかないとね。彼はカレッジでプレーしたと思うよ、たぶん?アベレージで2.2点とか?」(※ワシントン州立大学で1シーズンだけプレーして平均2.2得点)

また、非常に風当たりの強いボールの育児スタイルについても語り、
「親なら皆、自分の子供をとても誇りに思っている。私はそれをやめさせたりしない」
「(ロンゾ)は本当に良いと思う。良い選手になるポテンシャルを持っている。彼の父親は、彼を、というか自分の子供たち全員を誇りに思っているだろう。どこの父親も自分の子供をとても誇りに思うように。ただ、私が今、彼と腰を落ち着けて話すとしたら・・・口を閉じて、ただ子供たちにプレーさせろと言うね」


あと、レブロン? コービー? の答えは、「5対3(優勝回数)」
Charlotte Observer 

カワイ・レナードは、「今のゲームで最高の two-wayプレイヤー」
Bleacher Report

GSWへの移籍を批判されたケビン・デュラントについては、「ケビン・デュラントは、どこでも好きなところへ行けるフリーエージェントだ。私は、彼らがどこへ行くことを望もうとも、フリーエージェントの全面的な支持者だ。私自身がそうしたかと言えば、たぶんしない。しかし、彼はそうすることを選んだ。それは彼の権利で、彼にはそうする権利がある。私はそれに腹を立てたりしない」
Yahoo! Sports

Reunion!

そろそろだと思っていたのにチェックし忘れていたマイケル・ジョーダン・フライト・スクール(July 28 – August 1 boys & August 2 - August 6 boys and girls)のゲストにスコッティ・ピッペンが

Facebookより
2017flightschool-pip.jpg



ピップはもう一生太らないんだろうなぁ。(^_^;)


後継者問題(笑)

レブロン、M.ジョーダン氏の“亡霊”がモチベーションに

ISM 8月3日(水)17時55分配信

 今年のNBAファイナルを制し、自身3度目のリーグ優勝を果たしたクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが、NBA史上最高の選手といえるマイケル・ジョーダン氏がモチベーションになっていると明かした。

 これはスポーツ専門雑誌『スポーツ・イラストレイテッド』のウェブサイトが伝えたもの。レブロンは今まで、ジョーダン氏がシカゴ・ブルズで成し遂げたリーグ優勝6回を目指すことについて語ろうとしてこなかった。ところが、先日ロサンゼルスで開催されたキャンプで、モチベーションは「自分が追いかけている亡霊であり、その亡霊はシカゴでプレーしていた」と話した。

 キャブスを初優勝に導き、1964年以来初のメジャースポーツのタイトルをクリーブランドにもたらしたレブロンは、同サイトに対し「俺のキャリアとマイケル・ジョーダンのキャリアは完全に異なる。俺と彼とでは経験してきたことが全然違う」とコメント。

「彼の成し遂げたことは信じられないことで、とても尊敬している。そのような偉大なプレーヤーの一人になることは素晴らしいことだと思う。でも、もし史上最高のプレーヤーになることができたら、それは格別なことだ」と語った。

 リーグ優勝6回のジョーダン氏に対し、レブロンはまだその半分。しかし、半世紀以上ぶりにクリーブランドにメジャースポーツの優勝トロフィーを持ち帰り、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナルでは、リーグ史上初となる1勝3敗からの逆転優勝を成し遂げた。レブロンは「1度目と2度目よりも、3度目の優勝は大きい。それがあらゆることを象徴しているからだ」と語り、今年の優勝の重みをかみしめた。


この話題と一緒に、バスケキャンプのQ&Aセッションでキャンパーから Space Jam 2 の主役は誰がいいか質問されたMJが、考えたあげく答えたのはブレイク・グリフィンだった、という話題が並んでいました。
いくらジョーダン・ブランドとは言えタイプが違い過ぎるけど、CBSスポーツの記事では、「グリフィンにはモンスター・ダンクもあるし、笑いのタイミングもいい。それに、実際に Space Jam 2 に出演したいとハリウッドのレポーターに語っている」そうですが。

たぶん、そのQ&Aセッションの日の動画。




・・・レブロンは正直なのかな~。でも、モチベーションそこ?とも思う。

FTクリニック

何にもないのでフライトスクールの動画なんか見ています。



でも、リック・バリー式だと失敗したらしい。



無慈悲

昨日に引き続き、バスケキャンプの話題です。
クリス・ポールとデレク・フィッシャーをゲストに迎えてのシューティング・クリニックで。
記事によって順番が違うんですが、SB Nationによると

Bet 1:「クリス・ポールがショットを全部決めたらキャンパー全員にシューズをプレゼント」=MJ



結果:最後を外す。

Bet 2:「じゃあ、MJが6本中3本外したらキャンパー全員にシューズをプレゼント」=CP3



結果:全部成功。

Bet 3:「デレク・フィッシャーが全部決めたら以下同文」=MJ



結果:フリースローを外すとか。

MJFS 2016

7月末から8月にかけて毎年恒例のバスケットボールキャンプのこと、完全に忘れていた。
今年は7月24から28日と7月29日から8月2日までの2セッション。



で、キャンプに参加した13歳の息子の勇姿をお父さんがYouTubeにアップしているんですが。



地元テレビ局の記事によると、満員の観衆の前でMJや6人のプロ選手と "Around the World."で対戦する相手に選ばれたデイモン・ストック君。「ちょっとナーバスになったけど、とにかく集中した」
で、ゲームに勝ったのだそうです。

途中からお母さんの声援がすごい。お父さんも興奮して画面ブレブレだし。(´∀`*)
キャプチャ画像?だとMJやキャンパーの反応が良く分かる。

WCPO_MJ_Damon_Stock.jpg

エンターテイナー

M・ジョーダン「コービーのことはとても尊敬している」

8月 10, 2015 1:47午後
Sporting News
「コービーは数々のことを成し遂げた選手で、歴史に残る選手の1人」

シャーロット・ホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダンが、サンタバーバラで開催された20回目のマイケル・ジョーダン・フライトスクールで、参加した子供たちから寄せられた質問に答えた。中には、解説者として活動中のシャキール・オニールの発言にあった、歴代最強メンバーによるシカゴ・ブルズとロサンゼルス・レイカーズの対戦、レブロン・ジェイムズ(クリーブランド・キャバリアーズ)とステファン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)との1対1に関するものや、ノースカロライナ大の恩師ディーン・スミスと、ブルズ時代の恩師フィル・ジャクソンのどちらからより影響を受けたかという質問もあった。以下、ジョーダンとの一問一答。

ディーン・スミスとフィル・ジャクソンのどちらからより影響を受けたかについて
「幸運にも、ディーン・スミスが私を今のようなバスケットボール選手になる手助けをしてくれた。ディーン・スミスから試合について教えられた私を指導できたのだから、フィルはラッキーだった」

現役時代に対戦した中で最も印象深いトラッシュトーカーについて
「現役時代に対戦した中で最も印象深いトラッシュトーカーは、たぶんラリー・バードだ。彼は試合中、頻繁に口撃してきた。ただ、酷い内容ではなくて、良いトラッシュトークだった」。

歴代最強メンバーによるブルズ対レイカーズについて
「これを聞かれると思っていたよ! シャックがこの議題について発言したとき、私が何を考えたかって? ただ、彼が話しているくらいにしか思わなかった。これは討論のテーマだ。答えは誰にもわからない。私ならブルズが勝つと思うし、シャックはレイカーズが勝つと言うだろう。君たちが決めてくれれば良い」。

映画スペースジャムについて
「映画の中でバッグス・バーニーがスポットライトを自分のものにしたかって? たしかに、そうだね。彼は映画の中で私よりも有名だったし、いまだに私よりも有名な存在だよ」。

レブロン・ジェイムズ、ステファン・カリーとの1対1について
「もし機会があったら、レブロン・ジェイムズとステファン・カリーのどちらと1対1で対戦するかという質問だが、今のことかな? それとも現役ピーク時期かな? そうだね、私なら(*「今?」と念を押しているので「今なら」と訳した方がいいと思う)ステファン・カリーを選ぶかな。彼より体格が良いから、下がらせることはできるかもしれないけれど、レブロンは少しばかり大き過ぎる」。

チーム・ジョーダンに加えたい選手について
「マイク・トラウト(MLBロサンゼルス・エンゼルスの外野手)の大ファンなので、彼と契約したいけれど、彼はNikeの契約選手なので、それはできないね」

現役ピーク時期にレブロン・ジェイムズと1対1で対戦した場合について
「これはESPNの質問だな。ESPNの全ネットワークに流れるぞ。もし現役ピーク時期ならレブロンに1対1で勝てるかだって? もちろんだ。そして、彼も同じように答えるだろう」

クワミ・ブラウンの指名について
「彼をドラフトで指名したときの印象? 当時のドラフトにかかわった全関係者と同じように、身体能力、サイズ、スピードに優れる彼が欲しかった。それだけ才能に溢れた18歳、19歳の青年だった」。

コービー・ブライアントについて
「コービーと私は良い友人関係にある。頻繁に話もする間柄だ。健康な状態で復帰してもらいたいね。彼は、歴史に残る選手の1人だと思う。数々のことを成し遂げた選手で、心からバスケットボールを愛している。彼のことはとても尊敬している。たとえ私の動きを盗んだとしても、それは構わない。彼のことは、兄弟のように愛している」
Source: Bay Area HQ




NBA JAPANが記事にしてくれたので楽できました。(^_^;)
ちなみにESPNの方がもっと詳しくて、主な内容はほぼトランスクリプト状態なので、リスニングがダメな私は非常にありがたかったです。
Q&A: Michael Jordan says he'd beat LeBron in 1-on-1 in his prime, and that all-time Bulls team would 'kill' all-time Lakers team

上の記事にない話題をざっと。
<1991年のイースタンカンファレンス・ファイナルで4勝0敗とスイープしたあと、デトロイト・ピストンズ(の一部のメンバー)が(試合終了前に)立ち去ったとき、どんな気分だったか?>
「やった、と気分爽快だったよ。我々は彼らを打ち負かし、彼らはそれを恥に感じた。あれは悪いスポーツマンシップだったと思う。ああいう振る舞いは勧められないね。勝っても負けても品位は保たなければいけない。たとえ負けるのが大嫌いでも」

<一緒にピックアップゲームをしたい選手は?>
「今までで最高のピックアップゲームは(1992年の)ドリームチームでの練習試合だった。私のチームは私とスコッティ・ピペン、パトリック・ユーイング、ラリー・バード、クリス・マリンで、相手はマジック・ジョンソン、クライド・ドレクスラー、チャールズ・バークリー、デビッド・ロビンソン・・・で5人かな? そして、我々がやっつけたよ」
【ESPNによる注】ジョーダンは少し記憶違いをしているかもしれない。このスクリメージはスポーツイラストレイテッドで詳細にカバーされていて(*すごすぎて絶句)、それによれば、ジョーダン、カール・マローン、ユーイング、ピペン、バードの5人と、マジック、バークリー、ロビンソン、マリン、クリスチャン・レイトナーの対戦で、スコアは40対36と、ほとんどジョーダンが言う「killing.」にはならなかったが。

<過去に戻って、バスケットボールも野球もできないとしたらどのスポーツをやったか?>
「素晴らしい質問だ。私は大学で文化地理学の学位を取った。文化地理学って何か知ってる? 気象学の入門コースだよ。私はずっとウェザーマンになりたかった。笑わないで、本当にやりたかったんだ。だから、バスケットボールも野球もやっていなかったら、君に明日の天気を教えていただろう」
【ESPNの注】気象学はスポーツじゃないよ。

あと、大好きなミュージックアーティストはロビン・シックとか、誰でも選べるならホーネッツに欲しいのはアキーム・オラジュワンとかも。

それにしてもホント、質疑応答がエンターテイメントになっていると思う。

MJFSの話題

何人かのキャンパーが選ばれて、シュートを決めればチームメイト全員にAJをプレゼント、というセッションで、見事にショットを決め続ける1人の少年。 Bay Area HQ




で、こっちは何か、今アメリカの若者の間で他人の足元を指さして "WHAT ARE THOSE?!?!"と叫ぶイタズラが流行っているらしく、それを知っているかどうかが若さやヒップかどうかのリトマス試験紙みたいになっていて、52歳のMJも当然そんな知識はなく、Q&Aセッションで17歳の少年から "WHAT ARE THOSE?!?!"と言われて、「これが何かって? AJ29のロー(未発売)だよ」と普通に答え、新たな犠牲者になったところだそうです。 The Huffington Post



まあ、その少年はSLAMのインタビューに、見たことのないシューズだったから本当に知りたかった、と答えたようですが。 Yahoo! Sports
あと、その後のサインセッションでは何も言われなかったし、全然覚えていない(根に持たれていない)と思うよ、とも。で、ヽ(´~`; ォィォィ これだから今の若い奴はな~ジョーダンはそういうこと絶対忘れないぞ~と記事で突っ込まれてますが。

バトラーに勝利(?)

M・ジョーダンがJ・バトラーにシュート対決で勝利

8月 3, 2015 12:35午後
Sporting News
52歳にもかかわらず、ジョーダンのシュート力は未だ健在

シャーロット・ホーネッツオーナーのマイケル・ジョーダンが、週末に行なわれたサマーキャンプで、シカゴ・ブルズのジミー・バトラーを相手にシュート対決で勝利を収めた。
両雄の対決は、週末に実施されたマイケル・ジョーダン・フライトスクールで行なわれ、2人は参加者の少年とチームを組んで対戦し、チーム・ジョーダンが勝利をあげた。52歳になるジョーダンだが、トップ・オブ・ザ・キーからバランスを崩しながらも、終了のブザーと同時に3ポイントシュートを成功させるなど、その能力は未だ健在だ。




NBA Japanで記事になるとは思わなかったけど。
というか、ジミー・バトラー組がメインでMJのショットなんか最後の1本だけって、どうせなら両組のショット全部UPしてほしかったなぁ。

ちなみに、ジミー・バトラーはジョーダン・ブランドの契約選手です。あと、彼がツィートしている“la cabra.”は“the goat”だと、ブリーチャーレポートに書いてありました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード