AMAから撤退

噂の通り、Michael Jordan MotorsportsはAMAレースから撤退し、今後はMotoGPやワールドスーパーバイクへの参戦を目指すとか。
長い記事は読んでいないんですが。(^_^;)
CycleNews.com: Michael Jordan Out Of AMA Racing But Headed Overseas!



4万9800円のお人形

いよいよ2014年シーズンからMotoGP参戦か、という記事がありました。
バイクはヤマハで、こーリン・エドワーズが所属、という噂もあるとかかんとか。
Auto Evolution.com

いつかMotoGPで、というのはレーシングチーム発足当初からの夢でしたからね。

***

ところで、例の香港のとっても良くできたMJフィギュア、日本でも限定200体・予約販売開始だそうですね~。
ttp://www.selection-store.com/item/28955.html
(このショップ、何か買ったことがあったなぁ)

最初見たときは欲しいっと思ったんですけど、考えたら別にマイケルの分身でも何でもないただのお人形だもんね・・・このちょっとうつむき加減の立ち姿なんかかなりゾクゾクするんですが。

99年の引退直後は心の空洞を埋めるためにバカ高い輸入物の写真集を何冊も買っちゃったり(只今絶賛後悔中)、まだ見ぬマイケルのプレー目当てにポンテルで十数万円分のビデオも購入しましたが(こちらには満足)、今回はどうしよう、5万円のフィギュア~~~~~と、迷うくらいなら大して欲しくないってことかな~。

今年のバイク

普段はすっかり忘れているMichael Jordan Motorsportsですが、今年もAir Jordan にインスパイアされた新シーズンのバイクのお披露目記事があったので。(公式サイト23race.comで発表されていますね)
Roadracing World   Global Grind

mjm_2013_bike_xx8_shoe.jpg

#23 Jordan Suzuki GSX-R1000 ライダーはダニー・エスリック。
fc2blog_201303182041381eb.jpg

#54 National Guard Jordan Suzuki GSX-R1000 ライダーはロジャー・ヘイデン。
main_page_image_03.jpg

Michael Jordan Motorsportsも今年10周年で、ボブキャッツと違ってけっこう成功しているわけですよ。(^_^;)
というか、撮影場所はシカゴのウィリスタワーのデッキということですが・・・ここに乗っかってみたい~

main_page_image_02.jpg


ちなみに、思い出して検索したら、今は東京タワーの展望台にも強化硬質ガラスをはめ込んだ「ルックダウンウィンドウ」というのがあるんですね。私が行った大昔はもっとずっと小さい窓で全然つまらなかったなぁ。

久々にレーシングチームの話題

その前に、

新HC探すボブキャッツ、ペイサーズB.ショウACらと面談へ

ISM 5月29日(火)15時21分配信

 新HC探しをしているシャーロット・ボブキャッツが、インディアナ・ペイサーズACのブライアン・ショウ氏とロサンゼルス・レイカーズACのクイン・スナイダー氏と、早ければ来週中に会う見通しであることが分かった。米スポーツ誌『ESPNマガジン』が伝えた。
 今シーズンを7勝59敗とリーグ史上最低の勝率(.106)で終えたボブキャッツは、ポール・サイラスHCと契約を更新しないという決断に至った。
 現在ボブキャッツは次期HC探しの真っ最中。伝えられているところによると、すでに、ユタ・ジャズ元HCのジェリー・スローン、パトリック・ユーイング氏、ネイト・マクミラン氏、サイラスHCの息子のスティーブン・サイラス氏らと面接を行ったという。
 今回名前が挙がったショウ氏とスナイダー氏は若くて優れた次期HC候補で、ショウ氏はペイサーズに加わる前はレイカーズで名将のフィル・ジャクソン前HCの右腕として活躍。スナイダー氏はサンアントニオ・スパーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、フィラデルフィア・セブンティーシクサーズで経験を積んだ。


これで何人でしたっけ。でも、HC候補の皆さんは、とりあえずオーランドの動向待ちじゃないのかなぁ。(^_^;)
そして、オーランドはまず先にGMを決めるようですし。

新GM探しのマジック、ターゲットはサンダーとスパーズの幹部

ISM 5月28日(月)18時3分配信

 オーランド・マジックが、現在空席となっているGMのポジションに、オクラホマシティ・サンダーかサンアントニオ・スパーズの幹部を採用したい考えがあることが分かった。米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が現地26日に伝えた。
 現在、マジックの新GM候補として名前が挙がっているのは、サンダーの副球団社長でアシスタントGMのトロイ・ウィーバー氏とスパーズのアシスタントGMのデニス・リンジー氏。情報筋によると、マジックはウィーバー氏との面談の許可をすでに得ており、スパーズからも間もなく許可をもらえる見込みだという。
 マジックは、サンダーの別のアシスタントGMで元スパーズのフロントのロブ・ヘニガン氏との面談の許可も取りつけていると伝えられている。
 マジックのCEOのアレックス・マーティンス氏は、先日解任したスタン・バンガンディHCの後任探しを新GMに任せたい意向があるという。マーティンス氏とマジックのフロント陣は来週から候補者との面談を始める予定とのこと。



コーチが決まる前に、いよいよ迫ってきた運命の日…マジドキドキ
どーか!1位指名権を!! ( ̄人 ̄)

***

最近は全然追っていない Michael Jordan Motorsportsですけど、先週末にレースがあったユタの地元テレビ局がこんなビデオをアップしてくれていたので。マイケル本人もチラチラ映ってます。
ABC4 takes you inside Michael Jordan Motorsports


NBAの経営者としては完全に落第点をつけられている現状ですが、こちらはファクトリーチームに伍してそこそこ成功しているじゃないか~。

バイク販売

アッパーデックがMichael Jordan Motorsportsのバイクを4台販売するそうです。
実際にレースを走ったもので、1台4万ドル(3万9999.99ドル)。

詳しくはこちらで⇒Upper Deck Is Offering Authentic Michael Jordan Motorcycles For $40,000
                                          

と、まぁ、とりあえず。

9月の予定

2-4 AMAレース Millville, NJ

15-17 Trent Tucker Celebrity Tournaments
去年は不参加でしたけど…。

スケジュールをチェックしたついでにrace23.comで去年5月のESPNの番組の動画を見つけました~。
これ、当時(去年5月1日)話題にしたのに、それきり忘れていたらしい。(^_^;)



Michael Jordan talks with ESPN reporter Hannah Storm about Michael Jordan Motorsports and his love of motorcycles. Filming started in the summer of 2009 and finished at Daytona International Speedway in March of 2010. MJ was on hand to see National Guard Jordan Suzuki rider Jake Zemke get the first 2 AMA Superbike wins for Michael Jordan Motorsports.

****************

やれやれやっと書くことがあったわ…。英文を読めばネタもあるんだけど、一昨日昨日と風邪っぽくてしんどくて、で、総合感冒薬を飲んだら気持ち良く眠かったりで、全然はかどらないもんですから。でも結局風邪ではなかったみたいなんだけど。それにしても早く台風が消滅してくれないと蒸し暑くてかなわない

1ヶ月ぶりの消息

最近すっかり忘れっぱなしのAMAレース(シーズン第2戦の@カリフォルニア州ソノマ Infineon Raceway)にお出ましのようです。といっても証言のみで写真の1枚もないんですけど。

レース場関係者:「この週末、彼がここにいることは知っているが、会ってはいない。過去にも何度かメディアとの会見に応じてもらおうとしたのだが、いつも断られてしまうんだ」
スイート席からトラックを撮影していた地元新聞社のカメラマンは、15~20人のグループの中にブラウンのスポーツコートを着たジョーダンがいることを確認し、「彼は確かに私と私のカメラを見た。でも、私は彼にカメラを向けるほどばかじゃない。それは私の仕事ではないからね」
ジョーダンはメディアと会わないし、セレブが集まるガレージ・エリアにも姿を見せない。
ライダーのベン・ボストロム(No.23)とロジャー・ヘイデン(No.45)は、サインをしたり、エンジニアと働いたり、家族やビジネス関係者と昼食を共にしているところが見られたが、オーナーのジョーダンはどこにもいなかった。
見物人がチームのラウンジを掃除していたマイケル・ジョーダン・モータースポーツのコックに「ボスは?」と聞くと、直線コースの上にある特別観覧席を示し、「二階にいるよ」という答えが返ってきた。
Comcast SportsNet Bay Area

今年のバイクはブルーじゃなくて赤なんですね。(Photo by MJ MotorSports
normal_DaytonaTest_0315.jpg
normal_MJM_Daytona_11_0329.jpg
normal_MJM_Jennings2_0019.jpg

ベン・ボストロム

Michael Jordan Motorsports Signs Ben Bostrom for American Superbike (23race.com

ベン・ボストロムって、私でも名前は知っている~。
ひょっとして元Moto GPのライダーとか?

ん?弟がエリック・ボストロム?知ってる名前はエリックの方だったかな?(^^;

@ New Jersey Motorsports Park

「来る」と報じてちゃんとフォローもしてくれるニュージャージーのメディアは親切~♪
それにしても、現在ポイントレースで3位とは!すごいな。
初めの頃は桁違いの資金力のファクトリーチームと勝負にならないって感じでしたのに。

0905pressofatlanticcity_L.jpg
Press of Atlantic City

カメラ目線めずらしい!o(^o^)o
0905courierpost_L.jpg
CODY GLENN/Gannett New Jersey (CourierPostOnline.com)

Press of Atlantic City
地元のリムジンサービスが用意した黒のリンカーンナビゲーターでニュージャージー・モータースポーツパークに到着したマイケル・ジョーダンは、大きなテントの後ろの隅に座った。
ジョーダンが姿を現したのは、自分とゲストのためにリザーブしてあったサンダーボルト・レースウェイを見渡すタイミングタワーの屋上へ向かう短い間だけだった。(※こちらの記事によるとレースはここから観戦したようです)
ジョーダンは、ほとんどのファンがいることさえ気付かないほど目立たない姿勢を保っていたが、自分のレーシングチーム(MJM)を観戦するために訪れたのである。
「まあ、適当なタイミングに適当な場所にいれば、うろうろしている彼を見ることもできるんだけどね」と、MJMのクレイグ・ロビンソンは言った。「だけど、あの人はすごく速く動くから、まるで幻のようなんだ」
ジョーダンのチームにはスーパーバイクライダーのジェイク・ゼンケとブレット・マコーミックが所属している。マコーミックとゼンケは日曜日のレースで5位と6位に入った。ゼンケはシリーズの順位表で3位である。

ジョーダンは11時少し過ぎに到着し、タワーへ向かうまでの1時間ほど、自分のチームのテントでトレーナーたちの隣に座っていた。
21歳のティム・ロップは父親と話しながら数分間ジョーダンのテントの入口のところに立っていた。彼らはチームの招待客である。しかし、ロップはそのとき、自分がジョーダンと10フィートしか離れていないことをまったく知らなかったのだ。
「そう!あそこに座っていたのに!僕は見てもいないんだよ」
ほとんどのファンはジョーダンが目につく場所にいることも気付かず、テントのすぐそばを通り過ぎた。立ち止まったのは一部のファンだけである。
47歳のジョー・オルティスはジョーダンの写真を何枚か撮り、サインももらおうとしたが、チーム関係者に断られた。ジョーダンはここにいると思われていないから、という相手の弁解を残念がるオルティスだが、プライバシーは尊重すると言う。
「彼はここから無事に出ていかなくてはならないしね」
32歳のマンディープ・ギルは、レースの一部を見逃すことになってもジョーダンを探し続けるつもりだと言う。
「今なら、彼と会うために妻だってトレードするよ」
彼の妻、タミーはあきれて横目でにらんでいた。

2004年にMJMを始めたジョーダンは今でもレースの半分に顔を出す、とロビンソンは言った。
今回はジョーダン本人だけでなく、チームのメンバーや招待客からも彼について公式なコメントはもらえなかった。
しかし、ロビンソンは、自分たちはわざわざ彼を隠そうとしていないと主張した。
「彼は一人のファンとして来るのだから、我々は彼のために快適な経験を用意したいんだ」
そして、ジョーダン本人もまた、レースチームから注目を奪いたくないと思っているのだという。
「ジェイク・ゼンケがデイトナ(3月3日~5日のシーズン開幕ダブルヘッダー)で連勝したとき、彼は本当に、降りて来て表彰台でチームと一緒に祝うことを望んでいた」と、ロビンソンは言う。「我々にとってスーパーバイクでの初勝利だったからね」
「でも、彼が降りて来たら、たちまちすべてのカメラが彼の方を向くだろう。そして彼の方は、チームの成功は整備士やエンジニアやライダーの働きであって、彼らが称賛されるべきだと思っているから」

日曜日、ほとんどカメラはジョーダンを見つけなかった。彼はチームと一緒にピットでも過ごしたが、何とか少しのファンファーレでテントやタワーと行き来することができた。
「人々が彼のことを彼だと気付く頃には、本人はもう10歩遠ざかっている」と、ロビンソンは言った。「そういうことに慣れているんだと思うよ」

MJ's passion for Motorcycle Racing

サンダーもナゲッツも敗退して、ちょっと応援したいチームも全滅です。
東のライジングチームであるバックスはね~ボブキャッツと対戦したときの荒っぽい印象が何か嫌い。

さて、久しぶりにMichael Jordan Motorsportsの話題ですが。
5月4日にESPNのE:60という番組で独占インタビューが放映されるようで、その一部が公開されています。



CycleNews.com
NBAシャーロット・ボブキャッツのマジョリティオーナーとなる契約が完了する2週間前、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで、ジョーダンはAMAのオーナーとして初めての勝利を得た。
NBAを引退して1年未満の2004年に、ジョーダンはMichael Jordan Motorsportsを結成した。国内最高峰のロードレーシングクラスであるスーパーバイクレースに参戦して6年目のシーズンとなる今年、ジョーダンの粘り強さ、献身、競争への意欲がチームを表彰台のトップへと導いた。
ジョーダンのオートバイへの執着はオーナーズボックスに収まらない。彼は情熱的なライダーでもある。2003年にNBAから引退し、ライディングを禁じたNBA契約の制約事項から解放されたジョーダンは、シカゴ近郊のガソリンスタンドで自分の運命を変える思いがけない出会いを体験した。その後すぐ、彼は命知らずのスピードでシカゴの街路を飛ばすようになった。以下はインタビューの一部――

ハンナ・ストーム:初優勝まで何年くらいかかると思っていました?
MJ:こういう性格だから、最初の年から勝ちたいと思っていた。メカニック的に優勝するだけの装備がないことは承知していたが、だから勝利を望まないということにはならない。私はこの競技に自分の時間とエネルギーを注いだと言いたいし、最も高いレベルのチャンピオンシップを勝ち取れるチームでありたかった。知ってのとおり、私はスズキやヤマハなどのメーカーを相手に戦っているんだよ。

ハンナ・ストーム:夜にシカゴのストリートをライディングするのはどんな感じでした?
最初の頃は、たぶん出すべきでないスピードで走ったりしていたから、恐ろしいよね。楽しかったよ。爽快だった。何度か、安全とは言えない速度でストリートを飛ばしたことがある。157の直線道路とか思い出すなぁ。今となれば、あの頃はスピード狂だったと思う。

**********************************************************************************************************
まあ、この内容は以前のインタビューで知っていたことばかりですけど…。
何年か前のインタビューだったか、スズキやヤマハのようなファクトリー・チームとは投入する資金の桁が違うから勝つのは難しいという話でしたが、それも克服してきたんですね~。ボブキャッツもぜひ優勝を狙えるチームに!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード