MAX楽観的

ボーネルさんがTwitterで紹介していたbasketballinsider.comのコラムです。
ボーネルさんも「ちょっと楽観的」と言うほどホーネッツを高く評価していて、褒められて悪い気はしないんですが、まあ、話半分に思っておいた方がいいよね。(^_^;)
イーストでクリーブランドの一番の難敵になりそうなのはボストンやアトランタ、トロントよりシャーロット・ホーネッツ、なんだそうです。以下、ものすごくざっくり、ざっくり過ぎ。

How Charlotte Became Cleveland’s Biggest Eastern Obstacle
With an improving Kemba Walker and versatile defenders, the Hornets are the Cavaliers' main challengers out East.

もともとホーネッツは良いチームで、昨シーズンはエリート・チームの指標で一つのあるオフェンスでもディフェンスでもトップ10(どちらも9位)に入った5チーム(他はGSW、SAS、CLE、LAC)の一つだった。
今オフシーズンの動きも軽視されている。
マルコ・ベリネリのトレードは少し腑に落ちなかったが、その後の動きはA+。リッチ・チョーGMは2015年のギャンブルだったニック・バトゥームと長期契約を結び、チームを去ったジェレミー・リンの代わりのバックアップPGとしてラマン・セッションズとチームに有利な条件で契約、サマーリーグで活躍したクリスチャン・ウッドもかっさらった。
しかし、彼の最高の手腕はマービン・ウィリアムズとの再契約であり、ウィリアムズから大きなディスカウントを引き出しただけでなく、アーリー・バード例外条項を適用することで、かつて最優秀ディフェンス賞の候補にもなったロイ・ヒバートとの契約もまとめた。
結果、チームの層が厚くなり、シューティングを犠牲にすることなく敵にサイズで対抗できるようになる。

3Pが大きく改善したウォーカーは、すでにアシスト/ターンオーバー率で優秀な数字を残している。また、サイズ的に限界はあるがディフェンスでも大きく進歩した。ESPNのDefensive RPMでは2シーズン前のボトム3から昨シーズンはトップ3に飛躍している。
さらに、マイケル・キッド=ギルクリストが怪我から復帰する。昨シーズン、彼の短い復帰期間にホーネッツは9点差でキャバリアーズを破った。
キッド=ギルクリストのシューティングには難があるが、優秀なフィニッシャーで、パスの能力もある。それに、まだ22歳だから今後の成長も見込める。
バトゥームとキッド=ギルクリストはカンファレンス内でも最高のレブロン・ディフェンダーだ。
また、対レブロンという面でヒバートほど成功したビッグマンはいない。彼はもう2013年のヒバートではないだろうが、ディフェンダー潰しのバイロン・スコットの下でプレーしたあとの29歳を無価値とみなすのは早まり過ぎだ。昨シーズンのヒバートはまだ、有能なコーチの下でなら優れたリム・プロテクターだった。
ウィリアムズは、オフェンスでケビン・ラブをストレッチし、ディフェンスでも十分対抗できる。MKGはジェームズもアービングもチェックできるし、ゼラーやカミンスキーはイーストの他のどのチャレンジャーよりチャニング・フライとベンチユニットに対抗するフット・スピードがある。
ホーネッツはすでに世間が思うより良いチームだった。そしてリーグ屈指のオフシーズンのあと、彼らは良くなるばかりだ。イーストの第2シードを争う準備を整え、ディフェンディング・チャンピオンの最大のチャレンジャーとして名乗りを上げることもできる。


1年も放置

新しいPCにしてから「バッテリ・リフレッシュ」を一度もやっていないことに気が付いて(通知された)、今実行中。
そう言えばデフラグも全然やってない…。
とりあえず、あとでやろう。

と、メモ。φ(..)
(あとで「いつしたっけ?」となったときに探しやすいので)<あ、チェックすりゃ分かるっけ…。

ホーネッツのこと

ノースカロライナ州の反LGBT法(House Bill 2)が改正されるか廃止されれば2019年のオールスターゲームはシャーロットへ、という話にはなっていますが、ここで「シャーロット市のオファーはまだ有効である」旨をきちんとリーグに伝えておいた方が良いというホーネッツの提案で、シャーロット市議会は改めて2017年と同じ条件で2019年のオールスター招致を議決とのこと。
Charlotte Observer

コーディ・ゼラーがBasketball without Borders (BWB)に初参加。
8月31日から9月3日まで開催されるキャンプのためにアンゴラへ。
Hornets.com

ビヨンボは今年も参加。
なかなか所属先が決まらなかった去年と違って、今年はスターの仲間入りを果たしての凱旋ですね~。(*^_^*)

Hornets.comにはゼラーとカミンスキーとラムの練習風景やインタビューがアップされてます。
あと、ボーネルさんがカミンスキーを取材しているんだけど、まあ、
「自分はもっと良いディフェンダーにならなきゃいけない」
「活躍できたかと思えばまったく存在感がなくなくなったりしない、もっと一貫したプレイヤーでありたい」
ということは自覚しており、
「マービンは僕が知る中で最高のハードワーカーの一人だから、もちろん手本にしている」
そして、クリフォードHCがNBAで初めてのコーチなのは運が良かったと思う、
「彼はいつも、『試合では準備した通りのプレーしかできない』と言う。僕は彼ほど準備ができている人はいないと思う」

五輪のち台風

オリンピック終了と引き換えに台風襲来・・・
しかも直撃。( ̄д ̄;)


で、今朝、気温は高くないものの湿度が高いので軽く冷房を入れたんですが。
しばらくしたら勝手に切れて電源ランプが点滅! リモコンも効かない~。

「電源スイッチを切り、数分後に入れても点滅するときは販売店にご連絡ください」の状態ではないか

まあ、10数分後に入れたら動いたんですが。
その間、ネットでエアコンの価格について調べまくり。(^_^;)

何年か前に買い替えを検討したときは、結局それきり特に問題もなかったので放置してきたけれど、やっぱり本当に買い換えないとダメかとビビりました。
西日本のような猛暑続きではないにしても、とにかく夏に冷房がないのは恐怖過ぎる。
うちは事情があってリビングに大型エアコン(今のは32平方メートル用)を設置しているので、価格もそれなりだからなかなか踏み切れないんですよね…。
買い換えたら毎月の電気代は確実に安くなるだろうけど。

最近はもう親は面倒がって電化製品について私に丸投げなんだもん…とは言え、私もネットで見てもようわからんので、コ○マとか行って見てくるかなぁ…
せめて今夏は無事でいて下さい。(-人-)




男子4×100Mリレー

銀メダル!

体操も柔道も競泳もレスリングも卓球もバドミントンもシンクロも重量挙げの三宅宏実選手も競歩の新井広宙選手もカヌーの羽根田選手も錦織選手も…他にメダリスト忘れてないか?…あと、四強に届かなかったけど女子バスケも、素晴らしかったけど、日本が陸上の短距離種目でアメリカに競り勝って銀メダルなんて!
思わず叫びました。
ボルトがいない東京なら金メダルだって夢見られるかもしれないと思ってしまうほど。



・・・しかもイケメン揃いだし。(不純でゴメンナサイ)

スペクトラム・センター

0817Spectrum Center
Courtesy of the Charlotte Hornets

今年5月にタイム・ワーナー・ケーブルがチャーター・コミュニケーションズに買収されたため、タイム・ワーナー・ケーブル・アリーナは10月下旬の来シーズン開幕までにスペクトラム・センターと改称されるそうです(公式発表は水曜日)。

何か聞き覚えがあると思ったら、昔のシクサーズのホームアリーナが「スペクトラム」だったんですね。

Charlotte Observer
スペクトラムはチャーター(大手ケーブルテレビ事業者)のデジタル・ブランドで、テレビ、インターネット、音声サービスを提供する。
名称変更はスコアボードやコート、外壁などアリーナのありとあらゆる個所から名刺、レターヘッドに至るまで何百項目にも及び、一般的にそのような費用の支払いはスポンサーに課される。
タイム・ワーナー・ケーブルは2008年から20年間の命名権を獲得しており、推定で年間500万ドルがチームの収益になる。
地元のケーブル・サービスがタイム・ワーナー・ケーブルからチャーター・コミュニケーションに切り替わるのは来年からだが、アリーナは現在700万ドルの新スコアボードなど(※幻となったオールスター・ゲーム開催に向けての)リニューアル中なので改称を早めた。


生存報告(笑)

オリンピック観戦のせいで寝不足で頭が重い…。

オブザーバーの経済面のホーネッツに関する記事でも読もうと思うんですが、毎晩睡魔に負けてます~。
深夜 or 早朝の観戦に備えなくちゃならないし。(^_^;)

2016-17日程


一応、来シーズンのゲームスケジュール。

プレシーズン

2016-17preseason.jpg

レギュラーシーズン  カレンダー

▪ 1月後半にホーム5連戦、その最終戦1月25日にvs. GSWとステフィン・カリーを迎える。

▪ レギュラーシーズン開幕は10月26日の@ MIL、28日の@MIAとロード2連戦。
ホーム開幕戦は29日のvs. BOS。

▪ レギュラーシーズンのホーム最終戦は4月8日のvs. BOS。
そして、10日の@ MILと11日の@ ATLでシーズンを終える。

▪ 11月23日のホームゲーム vs. SASと1月25日のvs. GSWがESPNで全米中継。
3月6日のホームゲーム vs. INDがTNTで全米中継。

▪ 大晦日のvs. CLEを含めて、41試合のホームゲームのうち18試合が年内。
さらに、ホームゲーム41試合のうち18試合が金曜日か土曜日。

▪ バック・トゥ・バックは16回で平均的な数字。
NBAが特に削減に取り組んでいる5日で4試合は11月下旬に1度ある。

▪ 「ビジネス面から言うと、ほぼパーフェクトなバランスでワクワクする。ウィークデーの入りは微妙なので金曜と土曜のゲームが多いのはありがたい」:Pete Guelli (Hornets’ chief sales and marketing officer)
さらに、ホームでのキャバリアーズ戦が2試合あるのもプラスになる(昨シーズンは1試合しかなかった)。特に大晦日のゲーム、そして感謝祭のあとの土曜日のゲーム(vs. NYK)も大入りが見込めるだろう。

▪ 2月15日から22日の一週間はオールスターブレイクで試合がない。(・・・○| ̄|_)
Charlotte Observer


プレゼント

1ヶ月ほど前、全身ブルズ時代のMJになりきって草バスケを楽しむ男性が話題になっていたんですが。



その男性について地元放送局がMJのビジネスマネージャーを通して知らせたところ、金曜日にMJ本人からAJやTシャツ、ショーツなどなどに手紙も入った大きな箱が届き、さらにMJ本人からの電話もあったと。
KREM.com: 'CDA MJ' gets special delivery from his idol
Man behind Jordan uniform faces battles on and off the court



0813present.jpg

実は、この33歳の男性は自閉症で、仕事に就くことができず、MJの恰好でピックアップゲームに参加してもからかわれたり笑われることも少なくないらしいのですが、4歳の時からMJに夢中で、毎朝目が覚めるとMJのビデオを見て動きを研究し、2010年からMJになり切ってプレーしているとのこと。MJの恰好でプレーすることは人生でさまざまなことを克服するモチベーションにもなっているようです。

開店休業

MJにもホーネッツにもブログに残したいような話題がないので~。
(いよいよ来シーズンのスケジュールが発表になりましたが)

で、わたし的にはかなりオリンピック見てます。
時差が12時間だから夜更かしも早起きも許容範囲だからかな。

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
05年4月から08年12月まで
My Dear Airness
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お気に入り
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
INFO
内容と関係ない宣伝目的のコメント・トラックバックは無断で削除する場合があります。どうぞご了承ください。
プロフィール

まき

Author:まき
趣味:マイケル・ジョーダン

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード